まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 【ミニマリストやめました】捨てすぎて陥ってしまったデメリット3選

【ミニマリストやめました】捨てすぎて陥ってしまったデメリット3選

P R
P R
【ミニマリストやめました】捨てすぎて陥ってしまったデメリット3選

【ミニマリストやめました】捨てすぎて陥ってしまったデメリット3選


小5、小2、年長児のママ、サンキュ!STYLEライターのchocoです。

今回は、ミニマリストをやめた私が、過去にものを捨てすぎて陥った3つのことをご紹介します。几帳面な性格が災いして、窮屈な生活を送ることになってしまいました。

1. 必要なものまで捨てる



フルタイムの仕事、3人の子どもたちのサポートに家事、毎日が目まぐるしくすぎていくなかで、部屋中にものがあふれていきました。
イライラして怒ってばかりの日々に嫌気が差し、ものを減らすことにしました。

不要なものをどんどん捨てていくと「あると便利だけど、なくてもいいもの」と分類されるものまで捨てるようになりました。

それがトースター、炊飯器、電気ケトル、電子レンジなどのキッチン家電です。

魚焼きグリルでパンを焼き、鍋でごはんを炊き、お湯も鍋で沸かし、食品を温めるときは水を張った鍋で蒸していました。

私は不自由ながらも、ものがない方が快適だと思い込んでいましたが、夫は面倒だと不満げでした。

家電なし生活が2年ほど経ったころ「不便すぎる!」と我慢の限界に達した夫が家電を買いに行きました。

私はものが増えることに抵抗感がありましたが、使ってみると家電の便利さを再認識させられ、今まで無理をしていたことに気づきました。

2.買うことに罪悪感を感じる



ものを捨てすぎると「ものが少ないことがいいこと」だと勘違いするようになりました。
新しくものを買うことが悪いことに思えて、ものが増えると罪悪感を感じるようになりました。

今まで好きだった買い物がまったく楽しくなくなり、必要最低限のものしか買わない、彩りのない日々をすごしていました。

そんななかで、ものは自分を苦しめる厄介者ではなく、自分をサポートしてくれる相棒なんだと考え方を変えてからは、買い物も徐々に楽しめるようになりました。

3.楽しみがなくなる



必要最低限のものしか買わなくなると、ムダなことはしてはいけない、とお金を使うことも躊躇するようになり、これを試してみよう、これやってみようというチャレンジ精神がなくなっていきました。

コロナ禍も影響し、毎日毎日同じことの繰り返しで、刺激もなく何の楽しみもないと感じるまでになっていました。

浪費は控えるべきですが、少し遠くまでドライブしてみる、こどもたちといっしょにお菓子作りを楽しむ、など必要不可欠なことではないけど心を豊かにしてくれるレジャーや体験に、もっと取り組みたいなと思い始めました。

数年ぶりに出かけた先では、子どもたち以上に私自身も思いきり楽しめました。
次はあんなことがしたいな、次はここに行きたい!と日々の活力になる目標が次々出てくるようになりました。

捨てすぎに注意


「捨てること」「ものを減らすこと」にばかりとらわれて、自らを苦しめる結果になってしまいました。
ですがその苦しみを経て、自分が本当に大切にしたいことに気づけました。

今回ご紹介したのは極端な例ですが、みなさんも捨てすぎには注意してくださいね。

記事を書いたのは・・・choco
10歳、7歳の女の子、5歳の男の子のママ。ものを減らしてシンプルに暮らす工夫、整理収納のコツをご紹介。

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの気持ちボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある気持ちボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイントの獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。