まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「チガウ!チガウチガウチガウ!ギャーン!」えぇ、何……?【2歳児の新語に走る戦慄】

「チガウ!チガウチガウチガウ!ギャーン!」えぇ、何……?【2歳児の新語に走る戦慄】

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

とにかくよくしゃべるという2歳の男の子。あるとき飛び出した新語「トカク」の正体とは……?

間違えると爆発だギャーン!

2歳の息子さんを育てるひみつのうつ子ちゃん(@utuko_chan)さんがTwitterに投稿した「子育てをして分かったこと。」という書き出しで始まるツイートに、共感が集まっています。わかる、わかるよ……! いやわからないんだけど、わかるのよ!

この時期のおしゃべり、何を言ってるのか全然わからないことあるーーー!!!(泣)
そして「違う、ギャーン!」までセットですよね。ほら、わかるわかる。

小さな子どもの新語を解読するのはなかなか難しいタスクで、間違ったらギャン泣きされちゃうし、その都度、緊張が走るというおうちは多いのではないでしょうか。

それにしても、「トカク」って一体何のこと? 投稿主さんにお話を聞いてみました。

――おしゃべりが増えてくるととっても可愛らしい一方で、解読は大変ですよね。息子さんの新語は必ずリピートするようにしているのでしょうか?

ひみつのうつ子ちゃんさん はい。はじめは何をしゃべっているのか知りたくて、こちらから積極的にリピートするようにしていました。「ママ」や「パパ」など、簡単な言葉でこちらも聞き取りやすくリピートしやすかったのです。

――「ママ」や「パパ」ならわかりやすいですね。でも……

ひみつのうつ子ちゃんさん 最近は色んなコトバをしゃべりはじめ、リピートしようにも何のことを言っているのか分からず、きちんと息子が思っている単語を当てないと、息子は悔しくて大泣きしてしまいます。
なので今では、何か分からないコトバをしゃべったときは夫と目くばせをし、できるだけ「当てにかからない」ようにしていますが、本人はどうやらリピートしてほしいみたいで、当てられたときは平和に終わりますがやはり当たらないときは大泣きします。

――ドンピシャで当てるのは難しそうです。その後、「トカク」の正体は判明したのでしょうか?

ひみつのうつ子ちゃんさん 車に乗っているときに判明しました。急に「トカク!」とテンション高めに繰り返しだし、運転中の夫と必死にいろんなことを言ってみるも分からず。息子は大泣きしながら何度も「トカク」と繰り返すので私たちは困り果てていましたが、ふと外に目をやるとトラックが見えたので、「もしかしてトラック!?」言うと、ピタっと泣き止み何度もうなずきました。

――「トカク」は「トラック」だったのですね! ママとパパに伝わったとき、息子さんはとても嬉しかったでしょうね。なかなかわからなかった新語は他にもありますか?

ひみつのうつ子ちゃんさん 「ぱっぱちゅう」は「パイナップル」、「おかし」は「お絵描き」、「あたちい」は「新しい」などでした。とくに「おかし」は「お菓子」を指すときと「おえかき」を指すときがあるので、理解に一ヶ月くらいかかりました(笑)。

――「おかし」がダブルミーニングとは! ハイレベルですね。最後に、息子さんがいろいろな言葉を発したり覚えたりと日々成長する姿を見ていて、感じることを教えてください。

ひみつのうつ子ちゃんさん 何か一生懸命にしゃべろうとする姿は本当に愛おしいです。息子が何かを伝えようとしてくるので、こちらも必死に読み取ろうとしますが、それがなかなかうまくいかないときは、私ももどかしくなってしまいます。ただ、こんな時期も今だけなのかと思うと寂しい反面、楽しい時間でもあるなと思っています。日々泣いたり笑ったりする息子との思い出をたくさん作っていきたいと思います!

――今だけの貴重な時間ですよね。ひみつのうつ子ちゃんさん、可愛らしいお話をありがとうございました。

====================
投稿主 ひみつのうつ子ちゃん さん
Twitter @utuko_chan

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事>
「定時で帰って何してるの?」その答えはこちらです。2児のパパが退社後にしていること公開【分刻みのスケジュール】

「会社休んで見に行きますね」保育園の0歳児クラスで点呼すると悶絶するほど可愛い光景を拝めるらしい

お医者さんに名前を聞かれた2歳の末っ子ちゃん、練習と全然違う回答に「キャワイーーーー♡」

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。