まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 今年こそコートは「買い」なの? 東京・新規感染者2ケタと「4年ぶりの寒冬」で考える

今年こそコートは「買い」なの? 東京・新規感染者2ケタと「4年ぶりの寒冬」で考える

P R
P R

東京の新規感染者、2ケタ台に

 一気に寒くなった2021年10月の東京。都内の新型コロナウイルス新規感染者数は11日(月)以降、13日連続で2ケタ台となっており、25日(月)にも飲食店への時短要請が解除される見込みとなっています。

 徐々に“お出かけ機運”が増している今、せっかくだからと新しいコートの購入を検討している人もいるでしょう。

 今回は「東京で働く大人の女性たち」に向けて、アパレル各社の今季新作からトレンドの傾向を探っていきます。

2021年度に期待のアパレル業界

 帝国データバンク(港区南青山)の発表によると2020年度は、新型コロナ禍で外出機会が激減したことにより上場アパレル業者(男女・子ども服小売、卸売)45社のうち8割超が減収に。

 英国を代表するアウターブランド「マッキントッシュ」などを展開する三陽商会(新宿区四谷本塩町)はじめ、大手が前年度比で30%超もの減少幅を記録しました。

 昨冬は東京で飲食店への時短要請が出され、忘年会など冬の外出イベントが軒並み中止に。さらに東・西日本で冬の平均気温として気象庁の統計開始以来もっとも高い記録を更新する「暖冬」となったことも重なり、コートの購入には縁遠いシーズンとなりました。

 一方、2021年度の業績見通しについては上場アパレル業者62.2%が増収増益を見込んでおり、コロナ収束後の需要回復に期待が掛かっています。

 また気象庁の寒候期予報によれば、12~2月にかけて東日本の気温が平年より低くなる可能性は40%。東日本などは3年連続で暖冬だったため、4年ぶりの寒い冬となる見込みです。

2021年、あなたはコートを買う予定はありますか?(画像:写真AC)

 消費者側のマインドにも、積極的な購買意欲が見られます。

 SNS上にはコート・アウターをめぐって、

「今年こそ新しいコート買いたい。去年買わなかったから」
「いきなり寒くなったから週末アウター見に行こう」

といった書き込みが散見されるなど、折からの寒気も手伝って購入を検討している様子がうかがえます。

トレンドは「異素材」組み合わせ

トレンドは「異素材」組み合わせ

 そうした2021年冬に、アパレル各社はどのような新作を発売しているのでしょう。個性的な意欲作から長く着られる定番シルエットまで、各社の狙いが垣間見える一例を紹介します。

 まずは、おそらく誰もが一度は手にしたことのある定番アイテム、ステンカラーコート。

 ベーシックなアイテムなだけにコーディネートによってはちょっと地味な印象に陥りがちですが、今季多く見られるのは、異素材を組み合わせて個性を出したタイプです。

 たとえばエコレザー製のショートブルゾンと重ね着できるセットは、コートの中に着る服次第でガーリーなテイストにもモードな印象にもできる着回しの良さが特徴。

 明るめのアイボリーやベージュカラーを選べば、春先まで活躍する強い味方になってくれそうです。

「ECRIRE(エクリール)」のステンカラーコート(画像:クロスプラス)

 異素材を組み合わせたコートはほかにも。

 前身頃がキルティング、後ろ身頃はボア、また袖にはスエードのような微起毛の素材を使用したコートは、キャメル色で統一されているので奇抜過ぎないのにほかの人とは被らない新鮮さが特徴。

 ゆったりしたシルエットで重ね着もしやすく、さっと羽織れる手軽さも魅力です。肩の切り替えが腕まで落ちる位置に設けられているので、着ぶくれしやすい冬のコーディネートを華奢(きゃしゃ)にまとめてくれそうです。

手入れしやすい素材にも注目

手入れしやすい素材にも注目

 新型コロナの感染拡大以降、日常における衛生観念はより高まりを見せました。

 外出から帰ったら洋服をすぐに洗濯する、あるいは抗菌・除菌をうたった洗濯洗剤を選ぶなど、行動様式が変化した人もいるのではないでしょうか。

 コートは気軽に丸洗いができないため、自宅でも簡単に手入れができるという点に着目するのも今季コート選びのキーワードのひとつかもしれません。

「MEDE19F[メデ・ジュウキュウ]」のオーバーカバーオール(画像:フェリシモ)

 その点エコレザーやナイロンのはっ水素材を使用したジャケットは、布製品と違って汚れをさっと払えるからとても便利です。風の侵入も防いでくれるので、防寒面でも信頼が置けそう。

 機能性だけでなくファッション性の高いアイテムを各社が発表しているので、「汚れを落としやすい素材」という点にも注目してみてください。

長く愛用できる定番コートも

 せっかく買うなら長く着られるベーシックなものがいい、という人にも、今季は定番ながら洗練されたコートがいくつもお目見えしています。

 たとえば毎シーズン発売されるチェスターコートは、ミニマルなデザインだからこそシーンを選ばず長く着られる1着。とはいえ少しだけ今っぽい要素として、カラーには「くすみグリーン」が採用されています。

 グレーに近い色味なので悪目立ちせず、ほかの人とは少し違ったニュアンスを表現できるお薦めカラーです。

ファッション通販サイト「d fashion(R)」で購入できる「MOUSSY」のチェスターロングコート(画像:マガシーク)

 また、ヒップや太もも周りまですっぽり覆ってくれるロングのモコモコなコートは、寒さが厳しい冬でも心強いアイテム。

 ボリューム感があるのでボトムはタイトなものを合わせ、さらにインナーをブラックでまとめれば、スラッとしたIラインのシルエットを作れます。年齢を問わずカジュアルなシーンで長く愛用できそうな1着です。

久しぶりに冬のお出かけを

久しぶりに冬のお出かけを

 仕事などあらたまった場面で華やかさを表現するなら、えりなしのスッキリとしたノーカラーコートも気になります。使いやすいホワイトカラーなら、重くなりがちな冬のコーデに明るさと抜け感を添えてくれます。

ファッション通販サイト「d fashion(R)」で購入できる「nano・universe」のオーバーサイズノーカラーコート(画像:マガシーク)

 マフラーなどの巻き物やタートルネック、足元のブーツなど、好きなカラーを足せるのも白ならではの魅力です。

※ ※ ※

 たくさんのコートを眺めているうちに、久しぶりに冬のお出かけへ繰り出してみたくなった人も多いのではないでしょうか。

 東京都内では11月以降、恵比寿ガーデンプレイスや丸の内仲通り、東京ミッドタウンなどでのイルミネーションが始まります。

 感染予防対策は大前提ですが、また少しずつ外出の機会を増やしていきたいもの。そのひとつのきっかけとして、この冬コートの購入を検討してみるのはいかがでしょうか。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの気持ちボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある気持ちボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイントの獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。