まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「年収1000万円50代女性」に申し込み殺到…「お金のある女性と結婚を」同世代の婚活男性たちが考える“老後”

「年収1000万円50代女性」に申し込み殺到…「お金のある女性と結婚を」同世代の婚活男性たちが考える“老後”

オトナンサー

5

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
婚活業界の常識に変化あり?
婚活業界の常識に変化あり?

 行き先の見えない不安な時代といわれています。今年に入ってからというもの、飛び込んでくるのは値上げのニュースばかり。それも日用品、食料品、ガソリンなど、日々の生活に必要なものが軒並み値上げされています。これからの生活に不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。こんな時代を反映してか、最近は男女ともに、パートナーに求めるものが“その人の持つ経済力”になってきているのです。

しっかり稼げる自立した女性が希望

 これまでの婚活業界の常識では、女性が男性に最も求めるのは「経済力」、男性が女性に最も求めるのは「若さ」でした。ところが最近は、男性が女性に対して、経済力を求めるようになってきています。結婚後、女性に専業主婦を求める男性はまれで、「家事は分担するので共働きを希望する」男性が増えてきているのです。

 濱田まさおさん(41歳、仮名)はメーカー勤務で、年収は550万円でした。そして2人の女性、秋田しおさん(35歳、同)、小田よしみさん(38歳、同)と「仮交際」をしていました。しおさんはパートをしており、よしみさんは看護師として病院に勤務していました。

 結婚相談所には「仮交際」と「真剣交際」の区分があり、仮交際の期間中は何人と交際してもいいですし、新しいお見合いをしてもいいことになっています。その中で、「この人とは真剣に結婚を考えたい」と思ったら、真剣交際に入ります。そのときは、他はお断りをして、お一人と向き合います。

 あるとき、まさおさんに交際の進捗(しんちょく)を尋ねる面談をすると、こんなことを言いました。

「まだ、それぞれ2度しかお会いしていませんが、2人ともお人柄はいいですし、会話も楽しいです。ただ、どちらと結婚を考えたいかといったら、よしみさんなんですよね。看護師さんですから、その資格があればどこの地域に住んでも仕事には困らないし、経済的にもしっかりしている。結婚して僕に何かあったときに、パートのしおさんだと、共倒れになってしまうこともあると思うんですよ」

 ただ、「2人と仮交際が始まったばかりなので、もう少しお付き合いして様子を見たい」とのことでした。ところが、その1カ月後に、しおさんの相談室から真剣交際の打診が来たのです。そのことを伝えると、まさおさんは言いました。

「しおさんと真剣交際に入ったら、よしみさんをお断りしないといけなくなりますよね。よしみさんの仕事が忙しくて、まだ3回しかお会いできていないのですが、よしみさんの相談室に真剣交際の打診をしていただいてもいいですか?」

 そこで、私はよしみさんの相談室に「真剣交際に入りたい」旨のご連絡をしました。しかし返ってきた答えは、「真剣交際に入るのは時期尚早で、もう少しこのままお付き合いをしたい」とのことでした。

 一方で、しおさんからは真剣交際の申し込みが来ている――。どうするか悩んだ末に、まさおさんは、私に言いました。

「やはり、今の気持ちはよしみさんに向いています。しおさんの相談室には、『もう少し仮交際を続けたい』と伝えてください。それで交際終了になったら、それも仕方ないと思います」

 そして、そう伝えるとやはり「交際終了」が来ました。ところが、今回の件でまさおさんは、腹をくくったようです。

「結婚生活はこれから何十年も続くものだし、僕の年収は飛び抜けて高いわけではない。やっぱり経済的に自立している女性がいいです。よしみさんとうまくいかなかったら、新しいお見合いをします」

 そして、こう付け加えました。

「新しいお見合いをするとしたら、今度は女性の仕事もきちんとチェックして、お相手を選んでいこうと思います。今回の件で、女性の経済力も結婚には大切だというのを痛感しました」

 男性によって考え方はさまざまでしょうが、まさおさんのような考え方をする男性は、増えてきています。

男性の経済力に頼る女性は敬遠される時代

 佐藤ふみやさん(40歳、仮名)は、IT関係の自営業を営む年収1300万円の男性です。秋山とみかさん(36歳、同)と真剣交際に入り、結婚間近でした。ところが、プロポーズ直前で、その話が破談になりました。

 とみかさんの相談室から「交際終了」の連絡が来たのです。それを伝えると、ふみやさんは言いました。

「そうですか。ここまでお付き合いしてきたのだから残念ですが、ほっとしている自分もいます。彼女が僕と結婚したかったのは、経済的安定を手に入れたかったから。結婚の話を具体的にするようになったら『結婚したら、仕事を辞めて専業主婦になりたい』『ずっと行きたいと思っていた料理教室に通いたい』と、何だか僕の給料を当てにして、セレブ生活ができるんじゃないかと勘違いしているようでした」

 そこで、ふみやさんはとみかさんに言ったそうです。

「僕はこれまでも堅実な生活をしてきたし、それを変えるつもりはないよ。今は仕事がうまくいっていても、自営業はいつ仕事の風向きが変わるか分からない。だから、パートナーの女性には自立した考えを持っていてほしいし、共働きを希望しているよ」

 すると、それを聞いていたとみかさんは、みるみる不機嫌になっていったというのです。そして、交際終了が来たのでした。

 ふみやさんは、私に言いました。

「相手は僕ではなくても、経済的に支えてくれる男性なら誰でもよかったのではないかな。専業主婦をさせてくれないなら、もう結婚したくないということでしょう?」

 昭和の時代、“結婚は永久就職”といわれていたことがありました。これは、結婚して専業主婦になることを言い表す言葉でした。その価値観を持ち続けている女性もいると思いますし、その考えは決して悪いことではないでしょう。ただ、それを受け入れてくれる男性は、少なくなってきているのです。

老後を一緒に生きていくなら、経済力のある女性

 大木あきこさん(57歳、仮名)は、大手企業に勤めながらも不動産投資などを若い頃からしていて、給与の他に家賃収入もあり、年収も1000万円近くありました。60歳の定年も見えてきているのですが、再雇用制度は利用せずに退職をして、これまでの貯蓄や入ってくる不動産収入を使いながら、ご自身で起業したいと考えていました。

 そんなことを、自己PRの欄に載せていたのです。

 すると、57歳という年齢ながら、同世代の男性たちからたくさんのお申し込みが来ました。ただ、50代後半や60代の男性たちとお見合いをすると、必ず話題にしてくるのが、あきこさんが持っているお金のことでした。

 彼らは、お金のない女性ではなく、お金のある女性と結婚したい。つまり、貯蓄がしっかりあり、これからも稼いでくれそうな自立しているあきこさんに興味があったのです。

 10人近くお会いした後に、あきこさんが私にこんなことを言いました。

「これまでお見合いしてきた人たちは、60歳前なら定年間近で再雇用制度で会社に残ったとしても、稼ぐお金は少なくなっていく。65歳前なら再雇用終了が目前で、あとは年金と貯蓄を切り崩しながらの生活になっていく。残りの人生をどうしようかと思っているときに、ある程度経済力のある女性と結婚した方が、老後が楽ではないか。そんなふうに考えて、私に申し込みをかけてきている気がします。お見合いの席で必ず聞かれるのが、お金のことでした」

 しっかり働いてきた男性なら、定年後を考えて貯蓄もしてきたでしょうし、年金もあるから暮らしてはいけるでしょう。ただ、人間はあるもの(貯金)を崩していく生活に対し、とても不安になります。勢いのなくなっていく自分の隣にパートナーが欲しい、ではどんなパートナーが理想かといえば、全くお金がなくて自分に経済面を頼ってくる女性よりも、経済的に自立していて、ある程度の蓄えがある女性の方が心強いと感じているのではないでしょうか。

 行き先の見えない時代だからこそ、男性が女性にも経済的なことを求めてしまう――。女性の皆さんは、これからの時代、男性に甘えて生きていこうとしていたら、男性から選ばれなくなるというのを自覚した方がよいかもしれません。そして、それは年を重ねるほどに、顕著に現れてくる気がするのです。

仲人・ライター 鎌田れい

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。