まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

「日銀は政府の子会社」...安倍氏発言は本音か?焦りの表れか?

J-CAST ニュース

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
日本銀行本店
日本銀行本店

「日銀は政府の子会社だ」。安倍晋三・元総理のこの発言が大きな波紋を広げている。政府・日銀はこれを真っ向から否定しているが、政府内では「安倍さんの本音が出た」と見る向きも多い。

中央銀行の独立性は「金融政策の初歩の初歩」

発言が飛び出したのは2022年5月9日、大分市で開かれた会合だった。安倍氏は1000兆円の政府債務のうち、半分は国債の形で日銀が購入しているとしたうえで、「日銀は政府の子会社なので満期が来たら、返さないで何回借り換えてもかまわない。心配する必要はない」と解説してみせた。

安倍氏は2012年末に政権に返り咲くと、翌13年1月に日銀に「物価目標2%」の導入を飲ませ、日銀にアベノミクスの一翼を担わせてきた。黒田東彦氏を総裁に据えたほか、副総裁、審議委員といった日銀の最高意思決定機関の人事も任命権者とし牛耳り、日銀を事実上、政府の支配下に置いてきた。

この間、空前の異次元の金融緩和を続けさせるなど、日銀を「便利使い」してきたと言っても過言でない安倍氏としては、「政府の子会社」発言に何の違和感も抱かなかったのかもしれない。

しかし、思わぬ批判が沸き起こった。「身内」であるはずの政府・与党内からの猛批判にさらされているのだ。

「日本銀行は政府がその経営を支配している銀行とは言えず、会社法でいうところの子会社にはあたらない」

鈴木俊一財務相は2022年5月13日の閣議後記者会見でこう強調した。

「政府は日銀に55%出資をしているが議決権は持っていない。また、日本銀行には日本銀行法によって金融政策や業務運営の自主性が認められている」とも述べ、安倍発言を全否定した。

安倍氏に推されて日銀トップに就いた黒田東彦総裁も同じ13日の講演で、鈴木氏と同様の説明をしたうえで、「日本銀行の金融政策や業務運営は、日銀法により自主性が認められていて、日本銀行は政府が経営を支配している法人ではない」と反論した。

政府が中央銀行を財布のように扱う「財政ファイナンス」は、各国で深刻な経済の混乱を引き起こしてきた。日本でも大戦中、戦費調達のため大量の国債を日銀に引き受けさせた結果、終戦後のハイパーインフレを招いた。

中央銀行の独立性は「金融政策の初歩の初歩」(アナリスト)とも言える。政府は1997年、新日銀法を成立させ、中央銀行の独立性を明記したほどだ。

「アベノミクス失敗」の批判に、財政政策で挽回か

与党内では、発言の背景に「安倍氏の焦り」を指摘する向きもある。

アベノミクスの下、黒田・日銀は異例の大規模金融緩和に踏み切った。デフレ脱却が狙いだったが、ゼロ金利が長期化すると、いくら借金をしても利払い費が低く抑えられる環境に慣れっこになり、政府の財政のたがが緩みはじめた。

いまや、財源の多くを国債発行に頼るいびつな予算編成が常態化している。

安倍首相在任中に2%の物価目標の達成ができず、野党などから「アベノミクスは失敗だった」との批判も強まっている。そこで、最近の安倍氏は、財政政策に力点を移しているとされる。

自民党の「財政政策検討本部」の会合にも最高顧問として毎回顔を見せ、積極的に発言もしているが、首相を務めた重鎮がこの手の会合に頻繁に顔を見せるのは異例だ。「金融政策でデフレ脱却ができなかったため、財政政策でカバーし、アベノミクスは失敗との批判を回避しようということではないか」(与党関係者)との声がある。

だが、借金漬けの財政運営は容易ではない。巨額の政府債務を抱えたまま、日銀が「物価目標2%」の達成が見えたとして金融政策を変更すれば、国内の金利が上昇して政府の利払い費が膨れあがり、国家財政が一気に傾くリスクもある。

そんな中での「日銀子会社発言」だけに、ある政府関係者は「有権者に政府の借金がいくら膨れ上がっても『心配ない』と強調すると同時に、日銀に対し、金利上昇につながる政策変更はするなとクギを刺す狙いがあったのではないか」と解説する。

この発言が安倍氏の本音なのか、それとも現状への焦りの表れなのか。真相は分からないが、どちらにしても日本の財政・金融政策のゆがみが深刻ゆえに飛び出した発言であることだけは確かなようだ。(ジャーナリスト 白井俊郎)

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。