まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > みんなの「子どもの学費」「想定外の子ども費」で大変だったエピソード14

みんなの「子どもの学費」「想定外の子ども費」で大変だったエピソード14

P R
P R
みんなの「子どもの学費」「想定外の子ども費」で大変だったエピソード14

みんなの「子どもの学費」「想定外の子ども費」で大変だったエピソード14


主婦164人のうち子どもがいる人に、「想定外にかかった子ども費」で大変だったこと、また中学生、高校生、大学生の子どもがいる先輩ママには、子どもの学費(入学金、受験料、塾代など)を支払ううえで大変だったことを聞きました。いったい何に、どれくらいかかって大変なことになるのでしょう?

「想定外の子ども費」エピソードとは?


子ども費で、想定以上にお金が必要だったエピソードを聞きました。

「ミルク代。母乳育児が途中でできなくなり、ミルク缶の高さにびっくりしました。」

「赤ちゃんの頃の任意の予防接種代がけっこう高いです。」

「お宮参りや初節句など、成長にともなうイベントは意外とお金がかかるなと思いました。」

「スタジオ写真代です。欲しい写真が1枚増えるごとに数千円単位で支払いも増えるので。」

「幼稚園行事の度に業者さんが撮ってくれる写真やDVDの単価が高く、年間3〜4万円くらいかかってしまう。」

「ランドセル代。1万ぐらいかと思っていたら7万円もした!」

「ピアノを習っているのですが、月謝のほかにも教材費が年2回、発表会費も高かった!」

「習い事の遠征費。大会に行くための交通費が高いです!」

先輩ママの、大変だった「子どもの学費」とは?


中学生、高校生、大学生、専門学校生がいる人に、「子どもの学費」(入学金、学費、受験料、奨学金、教育ローン、塾代など)を支払ううえで大変だったことを教えてもらいました。

「私立の中学に入れることになり、入学金と学費がかかってます。」

「塾代がかかるようになり赤字続き。教育費の貯蓄がみるみる減りました。」

「吹奏楽部の楽器購入代金です。」

「中学のジャージがメーカー品で、上下で1万数千円したこと。部活に入るので洗い替えでもう1セット必要だし・・・。」

「家庭教師をつけることになり、毎月の月謝に教材費が入るととても払える額ではなく、貯蓄を切り崩して教材を買い、月謝は私のパート代を充てています。」

「教材としてタブレットを買わないといけなかったりします。」


低年齢でもなかなかお金がかかることが多い


子どもが小さいうちは貯めどきといわれているけれど、ミルク代や予防接種に始まり、幼稚園や習いごとなど、想定以上だったという声が多くあがりました。成長すれば、かかる金額もさらに大きくなってくるもの。想定している額よりも多めに準備しておいたほうがいいかもしれませんね!


(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター164人アンケート調査 2018年11月実施

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年