まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「生理的に無理」と感じる心理、その正体は? 心理カウンセラーに聞いてみた

「生理的に無理」と感じる心理、その正体は? 心理カウンセラーに聞いてみた

オトナンサー

7

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
「生理的に無理」…どんな心理状態?
「生理的に無理」…どんな心理状態?

 はっきりとした理由や原因を説明するのは難しいけれど、相手に対して何となく「無理だ…」「受け付けない」と感じ、遠ざけた経験があるという人、実は多いのではないでしょうか。「理由がうまく言えないけど、苦手意識は自覚できる感じ」「一度、そう感じてしまうと交流するのが苦痛になる」「説明できないのに苦手というのが、ちょっと申し訳ない気もするけど…」など、さまざまな本音が聞かれますが、その心理についてつかみきれていない人も少なくないようです。

「生理的に無理」と感じる心理とは、どのようなものなのでしょうか。その正体について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞きました。

理由を説明できないのは「心理的苦痛を伴うから」?

Q.ずばり、「生理的に無理」とは、どういう心理から来るものなのでしょうか。

小日向さん「この心理は、大まかに『衛生面』『文化・道徳概念』『出産リスク』の3つに大分できます。

まず、不潔な人に生理的嫌悪を感じる人は多いと思いますが、これは『衛生面』からの理由です。病気や感染症をもらってしまうと自身の命を脅かす要因になるため、嫌悪を感じます。

次に『文化・道徳概念』とは、その人が生きてきた文化や道徳観念から外れた人を嫌悪するというものです。全く異なる文化や道徳概念を持つ人とは、コミュニケーションが困難なことが多いため、対人衝突や不快を避ける意識が働きます。

最後の『出産リスク』は、女性が生涯で出産できる可能性が限られていることに起因します。限りがあるからこそ、より有利な遺伝子を選択したいと女性は本能的に感じ、そうでない人と選別するという意識が働くのです」

Q.「生理的に無理」と感じたとき、その理由や原因を“うまく説明できない”人も少なくないようですが、これはなぜだと思われますか。

小日向さん「『生理的に無理』という感覚を掘り下げていくと、自身が抱えているトラウマに向き合ったり、対人許容度などを認識する、変化させることに心理的苦痛を伴ったりする場合があるからではないかと考えます。例えば、性嫌悪を感じている人がその原因を突き詰めていくと、幼少期の傷つき体験と向き合うことになる、といったことがあります。全てがそうではありませんが、『理由を説明できない』ケースには、『誰かに説明するほど自身の内面を掘り下げたくない』という心理が働いている場合があると思います」

Q.心理において、「生理的に無理」と「嫌い」は同じものでしょうか。それとも、異なるものでしょうか。

小日向さん「異なるものではなく、『嫌い』というざっくりとした概念の中に『生理的に無理』という感覚が包括されていると考えます。『嫌い』という理由の中には、明確な理由があるものとないものがあり、ないものの方について『生理的に無理』という表現をしているのではないでしょうか。

ただし、実態としては嫌いになる理由はあるのに、『ないもの』として自分に認識させていることもあります。そのケースは、先述した『誰かに説明するほど自身の内面を掘り下げたくない』という心理の働きによるものと思います」

Q.対人コミュニケーションにおいて、相手に対し「生理的に無理」と感じやすい、また感じさせやすい人の特徴はあるのでしょうか。

小日向さん「先述の『不潔な人』は、最も『生理的に無理』という感情を抱かせやすいといえます。不潔な状態は感染症や疾病リスクが高いため、そうした人の近くにいることは、自分自身の命のリスクも高くなるからです。

また、男性より女性の方が生理的嫌悪を感じることが多いといわれていますが、こちらも先述したように、女性は出産に伴うリスクがあるからです。人を含め、生命体には生存本能があります。そのため、『生命をよりよい状態で維持できないリスクはなるべく排除しよう』と行動するのは、一種の防衛だといえます。そういった意味では、反社会的な言動をする人も生理的嫌悪を抱かせやすいといえるでしょう」

Q.相手に対して「生理的に無理」と感じてしまった場合、どうするのがよいですか。

小日向さん「最も適切な対処方法は、その相手から距離を置くということです。本能的にリスクを感じている対象に、無理やり認知を変えて近づくことは、リスク管理の観点からもお勧めできません。

ただし、先述したように、生理的嫌悪感は自身のトラウマやなじんできた慣習に起因していることもあり、その場合は相手に原因はありません。露骨に嫌悪感を示すことは、当人に対して失礼にあたることがあるので、そこは十分に配慮した言動を心掛けることが大切です」

オトナンサー編集部

P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

記事を読んだ今の気分をシェアしよう!

無料会員登録はこちら

会員登録して
今の気分をシェアするだけで
ポイントをゲットしよう!

無料会員登録はこちら 他のニュース記事を読む

リクエストの形式が正しくありません。
記事ページの感情ボタンをクリックしてください。

感情の保存に失敗しました。
ブラウザを更新してもう一度感情ボタンを押してください。

4つの気持ちの中から選ぼう!

みんなの気持ちの集計結果

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「ふーん」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。