まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「お母さん、これ見てー!」に「ちょっと待って」を言わなくなったー! 親も子も気持ちよく過ごせる神対応がこれ!!

「お母さん、これ見てー!」に「ちょっと待って」を言わなくなったー! 親も子も気持ちよく過ごせる神対応がこれ!!

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

忙しい時間に子どもからの「お母さん、これ見て!」コール。みなさんは、なんて返事していますか?

一言で、驚くほど気持ちよく過ごせた!

日常でよくある、子どもの「お母さん、これ見て―!」というセリフ。家事や仕事をしている最中だと手が離せず、つい「ごめん、ちょっと待ってて!」と言いがちなものですよね。

年長さん・年少さんの姉妹を育てる ちこ(@ChikopdiaNet)さんは、あるときこの言い方を変えてみたところ、親子とも驚くほど気持ちよく過ごせたといいます。

「ごめん、××が終わるまでちょっと待ってて」
を、
「オッケー! ××したらすぐ行くわ!」
に言いかえているのですね。

行動は同じなのに、言い方を変えるだけで、なんだかハッピーな空気になるから不思議なものです。
言う方も、言われる方も、気持ちが全然違ってきますね。

「実践したい」という声が多数寄せられているこの投稿。ちこさんに、そのときの様子についてお話を聞きました。

ものすごい変化!

――以前は「ごめん、ちょっと待ってて」ということもあったのでしょうか?

ちこさん ありましたね。今すぐに行けないとき、それに対して「ごめん」って謝ること、「行けない理由」を伝えることが誠意だと思っていました。でも今思うと、別に手を止めれば行けるのに、自分の用事を優先しているだけで、行けない理由を正当化している節もあったと思います。そのときは子どものところに行くまで「早くー」と言われ続けていました。

――「ちょっと待ってて」では、子どもの気持ちは収まらないですもんね。

ちこさん 今回の「謝る・断るのをやめて、まず明るく誘いに乗って、行きたい!って気持ちを前面に出したあと、ちょっと遅れる旨を伝える」ようにしたら、「いいよ、いいよ、終わってからで!」と子どもたちも私の事情に配慮してくれて、気持ちよく待ってくれるようになりました。すごい変化でした。

――それはすごい! ちこさん自身の気持ちも全然違いますか?

ちこさん 全く変わりました。以前は何度も何度も「見て!」「来て!」と言われると、「あーもう! みんなが食べたお皿を洗ってるのよー!」と大人げなく恩着せがましい言い方やキツイ言い方をしてしまうときも多々あったと思います。
でも今回のことを意識してからは、まず「行きたい! 見たいー!」というポジティブな感情の返答を先に出してあるので、表情も明るく気持ちも晴れやかで、そばに行くときもそのままのテンションで子どもと向き合えました。

――言う側にとっても、大きなプラスの変化ですよね。

ちこさん よく考えたら子どもにとっては「私より皿洗いのほうが大事なんだ」と曲解して、無意識にそれを払拭するために何度も何度も呼んで、そうでないことを証明したかったのかもしれません。

――とても考えさせられます。この投稿には多くの方から反響がありましたね。

ちこさん みんなも同じなんだな、と思うと少しホッとしました(笑)。そして、みんなそれをどうにかしたい、気持ちよくいたいんだな、ということがすごく伝わりました。簡単な考え方や言い方の違いでコミュニケーションが円滑になったり、逆効果になったりすることも改めて実感したので、Twitterやネットの力を借りて私も少しずつスキルアップしたいと思います。

――ほかにも子育てで意識していることはありますか?

ちこさん 朝起きたとき、送り出すとき、お迎えのとき、家で出迎えるときなど、子どもに挨拶をするシチュエーションでは可能な限り元気よく挨拶するように心がけています。
ずっと明るくニコニコしていられたらいいんですが、なかなかそうは出来ないので(笑)、せめて挨拶のタイミングくらいは意識してポジティブな空気で接するようにしています(笑)。

――すごく大切な意識ですよね。子どもだけでなく親自身も、気持ちを整えることができそうです。ちこさん、お話を聞かせてくださりありがとうございました!

====================
投稿主 ちこさん
Twitter @ChikopdiaNet

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事>
大人の「ちょっと」と子どもの「ちょっと」が全然違った! 母には「5分くらい」の感覚でも……

「めんどうくさいタイプの男に育つかもしれません」パパが書いた保育園の連絡帳が面白すぎる!

テレビ画面に向かって「あ~ん」、娘よ、それは子育て番組の先生なんだよ……!

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。