まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > G大阪・遠藤保仁と今野泰幸、2人はずっと離れずに。言葉はいらない信頼関係が生む機能性【西部の目】

G大阪・遠藤保仁と今野泰幸、2人はずっと離れずに。言葉はいらない信頼関係が生む機能性【西部の目】

P R

P R

ガンバ大阪の遠藤保仁と今野泰幸【写真:Getty Images】

ガンバ大阪の遠藤保仁と今野泰幸【写真:Getty Images】

明治安田生命J1リーグ第3節を終え、ガンバ大阪は1勝2敗で11位。決して好調な滑り出しとは言えないが、かつてリーグを席巻した時のような「らしさ」は戻っている。その中心にいるのはやはり遠藤保仁で、そして今野泰幸が支えている。(取材・文:西部謙司)

2人で1つ

明治安田生命J1リーグ第3節を終え、ガンバ大阪は1勝2敗で11位。決して好調な滑り出しとは言えないが、かつてリーグを席巻した時のような「らしさ」は戻っている。その中心にいるのはやはり遠藤保仁で、そして今野泰幸が支えている。(取材・文:西部謙司)

——————————

 優れた選手とのコンビネーションが確立されるまでに、どれぐらい時間がかかるものなのか。そう質問されたディエゴ・マラドーナは「10分」と答えている。

 サッカーにほとんど言葉はいらない。最近は「言語化」が流行だが、コンビネーションを生み出すのは言語以外の何かだ。だからサッカーは世界に広まり、人々を束の間でも幸せにできるのかもしれない。音楽にも言葉の壁はなく、悲しい音は不思議なことに世界のどこでも、聞いた人を悲しい気持ちにする。絵画や造形物も同じく、そこに言語は必要とされていない。明確ではないが確実に伝わる、言葉よりはるかに強い何かがある。

 コンビネーションには相性もある。ほとんど互いに口もきかない間柄なのに、フィールド上ではなぜか息ぴったりという例は珍しくなく、人間的な相性とサッカー的な相性は全然別だったりするのだが、フィールド内外で仲が良いにこしたことはない。

 今野泰幸が「ヤットさんのゴルフ」について楽しそうに話していたのを思い出す。

「普通は打つ前に素振りしたりするじゃないですか。ところが、ヤットさんはスタスタ歩いて行ってそのまま打っちゃうんですよ(笑)」

 FKやCKを蹴るときに素振りしないでしょ? 遠藤保仁ならそう言いそうだが、その独特の感性に対して今野は憧憬の念を抱いている。一方、今野のアジリティとボール奪取力は遠藤にはない能力だ。遠藤と今野、互いに補完し合う関係のセットである。

 ビルドアップでセンターバックが左右に大きく開いたとき、MFがその間に下りてくることはよくあるが、ガンバ大阪では遠藤と今野が2人ともセンターバックの間にすっぽり入りそうになることさえある。それぐらい2人で1つの関係になっていて、2人はずっと離れずにいる。

違う個性の組み合わせ

 ジネディーヌ・ジダンとクロード・マケレレ、アンドレア・ピルロとジェンナーロ・ガットゥーゾ、古くはヨハン・クライフとヨハン・ニースケンスの「2人のヨハン」…ユニットとしてのコンビは正反対の個性の組み合わせが目立つ。

 似た者同士が共振関係なら、真逆のコンビは補完関係だ。補完のコンビは離れたら意味がない。遠藤の近くに今野がいることで守備が補強され、今野の近くに遠藤がいることでボールは円滑に動く。

 今季のG大阪は、G大阪らしさが復活している。長谷川健太監督が率いて三冠を獲ったのが最近の偉業だが、このときのG大阪はあまり「らしく」はなかった。宮本恒靖監督の現在のG大阪は、4人ぐらいが片側サイドに集結して短いパスを回し、守備の穴を探して強力な2トップのフィニッシュへつなげていく。そのパスワークの中心に遠藤がいる。つまりG大阪らしさとは、結局のところ遠藤らしさなのだろう。

 G大阪がスタイルを確立したのは西野朗監督が10年間率いた時代だった。遠藤、二川孝広、橋本英郎といった面々を生かすためのサッカーだったわけだが、西野監督が「ポイント」としてあげていたのが明神智和だった。遠藤や二川とは異なるタイプのMFである。甘い汁粉にひとつまみの塩を入れるように、華麗なパスワークの隠し味として明神の存在が重要だった。

 遠藤と今野のプレーぶりについては、いまさら記すまでもないだろう。ただ、このユニットがG大阪の軸になっているように、遠藤と今野の関係も互いが不可欠になっている。2人の間の信頼関係、最少単位のチームプレーが全体の機能性を決めていて、そこにあるのは言葉を超えた何かだ。言葉を超えたものを言葉で説明するのは無理なので、ファンの皆さんには是非見て、感じとっていただきたい。

(取材・文:西部謙司)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年