まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • ワンオペ育児に身も心も限界…でも「いつかいい思い出になる」と頑張るべき?

ワンオペ育児に身も心も限界…でも「いつかいい思い出になる」と頑張るべき?

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

3歳児神話や母性愛神話のような古い価値観に基づく情報ではなく、最新の科学的知見に基づいた育児情報を知りたい人へ。漫画コウノドリの取材協力医師であり、Twitterで最新の医療情報を発信する「ふらいと先生」こと今西洋介先生の書籍『ふらいと先生の 子育て「これってほんと?」答えます』(西東社)の試し読み連載をお届けします。

>>『新生児科医・小児科医ふらいと先生の 子育て「これってほんと?」答えます』のほかの記事も見る

ワンオペ育児はつらいけどいつかいい思い出になる?

6 1

いいえ

夫婦ふたりでもたいへんな育児を、ひとりで担うのは人類史上初の異常事態!

現在のワンオペ育児は、あまりに過酷です。専業主婦が多かった時代も、夫は仕事で、妻はひとりで家事育児という役割分担が主流でした。しかし、子どもの面倒を見合うセーフティネットが地域社会にありました。現在は身近に助け合える人がおらず、母親が孤軍奮闘するという、異常事態になっています。

24時間気の抜けない0歳児育児は、大人ふたりがかりで臨んでもたいへんなものです。最近になって男性が育休を取得して夫婦いっしょに子育てをする家庭も増え、0歳児育児のたいへんさが可視化されています。育休を取得した男性に、自分自身にポジティブな変化はあったかを聞いた調査では、「パートナーの負担を理解できるようになった」と答えた人がもっとも多かったそうです。*1 育児の現場にいなければ、そのしんどさはわからないものだと思います。

母親によるワンオペ育児の解消には、男性が育児を”お手伝い”ではなく当事者意識をもって参加することが求められます。これは男性個人の問題だけでなく、長時間労働や育休のとりにくさといった社会的要因によるところが大きく、国単位で根本から解消していく必要があります。

夫が育休をとることで妻の負担が増えるのでは意味がないので、効率よく家事育児を分担できるよう話し合うことも大事です。何にせよ、夫婦協力して育て、苦労も喜びも分かち合ったほうが、ワンオペよりいい思い出になることは間違いありません。

(答えた人 前田 晃平 認定NPO法人フローレンス)

*1 積水ハウス男性育休白書 2021

https://www.sekisuihouse.co.jp/ikukyu/library/pdf/dansei-ikukyu-hakusyo-2021.pdf

(今西洋介・監修『新生児科医・小児科医ふらいと先生の 子育て「これってほんと?」答えます』(西東社)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

>>『新生児科医・小児科医ふらいと先生の 子育て「これってほんと?」答えます』のほかの記事も見る

<関連リンク>
夫のワンオペ体験! 子どものお世話を丸一日やった結果はいかに!? ママたち110人に聞いてみた

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』

【漫画】娘はギャン泣き! 出社すると……育休明けママを待ち受けていた洗礼『不平等育児 #1』

書籍『新生児科医・小児科医ふらいと先生の 子育て「これってほんと?」答えます』について

ネットの掲示板やSNSで見かけたあの育児情報。
ママ&パパの親や近所の方など上の世代からの育児アドバイス。
育児界隈にはいつだって、「これってほんと?」と思うような情報があふれています。

その情報は正しいのか、いったい何が本当なのか……。
根拠のない育児情報にふりまわされて悩むのはもう終わりにしましょう!

Twitterフォロワー10万人強、正確な医療知識の発信に奮闘する”ふらいと先生”こと今西洋介先生待望の書籍が登場しました。
本書は、巷で言われる育児のうわさ・神話・迷信に対して、今西洋介先生をはじめとした医療、教育、社会福祉等の専門家たちが、最新の知見に基づいて科学的に答えていく本です。

・赤ちゃんは親を選んで生まれてくる
・産めば自動的に母性が湧き上がる
・帝王切開で生まれた子は体が弱い
・お父さんの出番は3歳から
・離乳食は手づくりがいちばん …

思えば、多くのうわさ・神話・迷信は、お母さんだけに育児の負担や責任を押しつけるもの。
本書の心強いのは、そのひとつひとつを「これってほんと?」と問い直し、専門家が「はい」「いいえ」と明朗回答、その理由もくわしく説明してくれることです。
苦しむお母さんを救いたい、と社会への問題提起を続ける今西洋介先生の思いが伝わります。

最新の科学的知見に基づいて育児をしたいママ&パパはもちろん、育児情報をアップデートしたい祖父母など、赤ちゃんや子どもに関わるすべての人におすすめの1冊です。

今西洋介先生(ふらいと先生)のプロフィール

新生児科医・小児科医、小児医療ジャーナリスト、一般社団法人チャイルドリテラシー協会代表理事。漫画・ドラマ『コウノドリ』の取材協力医師。作中の今橋先生のモデルでもある。NICUで新生児医療を行う傍ら、ヘルスプロモーションの会社を起業し、公衆衛生学の社会人大学院生として母親に関する疫学研究を行う。SNSを駆使し、小児医療・福祉に関する課題を社会課題として社会に提起。一般の方にわかりやすく解説し、小児医療と社会をつなげるミドルマンを目指す。3姉妹の父親。趣味はNBA観戦。

Twitter:@doctor_nw

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。