まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > クルマを洗車機に通す前の「予備洗い」どうすべき?機械の弱点補う手洗いのポイントは

クルマを洗車機に通す前の「予備洗い」どうすべき?機械の弱点補う手洗いのポイントは

P R
P R

クルマの洗車機の近くに、「予備洗い」のための手洗い洗車道具を用意している店舗があります。洗車機の弱点を補い、クルマをよりきれいにするための予備洗い、そのポイントを専門家やメーカーに聞きました。

「洗車の順番が回ってくる直前」にするのがベター

 ガソリンスタンドなどで、洗車機の近くに「予備洗い」用のブラシや洗剤入りの水などが用意されていることがあります。洗車機待ちの車列が長いときなど、これらを使ってクルマ全体をあらかじめ手洗いしている光景も見かけますが、どのような効果があるのでしょうか。

Large 191024 yobi 01洗車機を利用するイメージ(画像:写真AC)。

「洗車ソムリエ」と呼ばれる資格の試験や講習を行う日本洗車ソムリエ協会によると、ボディに砂粒や泥などがついたままだと、それらに洗車機のブラシが当たったときに傷がついてしまう可能性があるとのこと。ただ「クルマが著しく汚れていない限りは、ボディー全体を予備洗いしても、さほど効果は期待できません。予備洗いは基本的には、洗車機のブラシが届きにくいところを補うものです」と話します。

 また洗車機メーカーのビユーテー(名古屋市港区)によると、特に炎天下では予備洗い後に洗剤などが乾き、残りジミの原因になってしまうことがあるので、「できれば予備洗いは、洗車の順番が回ってくる直前に行ってほしいですね」とのことです。

 予備洗いが効果的な場所としてビユーテーは、細かな隙間が多いフロントグリルや、ナンバープレート付近のくぼみ、ドアミラー付近、リアスポイラー(クルマの後部に取り付けられるエアロパーツ)の下などを挙げます。

 日本洗車ソムリエ協会によると、いまの洗車機のブラシは「きしめん」のような形状のスポンジブラシがほとんど。ブラシによる傷を防止するために進化した結果ではあるものの、そのぶん、どうしても細かな隙間や凹凸のある箇所が洗いにくくなっているといいます。

 ビユーテーは、「いちど洗車機での水洗いやシャンプー洗車を試して、ご自分のクルマのどこが洗えていないかを確認するとよいでしょう。次回からその箇所を予備洗いすることで、楽に洗車ができるかもしれません」と話します。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年