まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > シェークスピア研究からSMクラブで働くことを選んだエリート女子大生

シェークスピア研究からSMクラブで働くことを選んだエリート女子大生

P R
P R
シェークスピア研究からSMクラブで働くことを選んだエリート女子大生

シェークスピア研究からSMクラブで働くことを選んだエリート女子大生

小野一光「限界風俗嬢」

有名大学に通う、眼鏡の似合う“女の子”

 彼女と最初に出会ったのは、SMクラブが用意した個室だった。
 
 レンガ模様の壁紙に、手枷てかせがついた十字架の磔はりつけ台、それに分娩台を思わせる形状の椅子とベッドがあるだけの、必要最小限の用途に特化した部屋だ。
 とはいえ、ここは客のためのプレイルームではない。店が宣伝のために用意した、動画や静止画を撮影するための取材部屋である。時折、従業員の休憩室としても使われているようで、灰皿に煙草の吸い殻が残っていたり、ユニットバスの洗面台に置かれたコップのなかに、歯ブラシが何本も入っていたりする。だからなのか、妖しい雰囲気にもかかわらず、室内には淫臭よりも生活臭が漂う。
 
 店名を出して風俗嬢の話を聞き、写真を撮るという、スポーツ紙で週一回やっていた連載の取材でのことだ。馴染みのこの部屋には何回どころか何十回も来ている。だから物珍しさに室内を見回すようなこともない。
 ガチャリ。
 扉が開く。なかに入ってきたのは、セルフレームの眼鏡をかけたおとなしそうな女の子だ。ちなみに風俗業界では、たとえ中高年の女性であっても“女の子”との呼称を使う。だが彼女は正真正銘の女の子だった。幼さの残る顔立ちから想像するに、二十歳前後といったところだろう。

「よろしくお願いします。アヤメです」
 ややうわずった声で言う。
「学生さん?」
「そうです。××大学の三年生です」
 
 通常、匿名性を保つために学校名までは言わないものだが、彼女はみずから口にした。誰もが知る有名大学だ。とはいえ驚きはない。風俗業界、とりわけSM業界には時折、飛び抜けた高偏差値の学生や、エリート会社員が混じっていたりする。源氏名としてアヤメを名乗る彼女もその一人、といった程度の感想に留まった。

初回取材時のアヤメ。色白で化粧っ気のない顔には、まだ幼さが残っている  (撮影/小野一光)初回取材時のアヤメ。色白で化粧っ気のない顔には、まだ幼さが残っている  (撮影/小野一光)

 聞けば、現在二十一歳のアヤメは、SMクラブで働き始めて三カ月ほどだという。ここでの彼女の仕事は“M女”。つまり男性客からSMプレイを受ける側である。縄での縛りや、手枷での拘束、さらにはムチやロウソク、大人のオモチャを使った責めを受ける。店のプレイリストにはAF(アナルファック)もあるため、当然ながら肛門に男性器を受け入れてもいる。

 世間が“風俗嬢”との単語で思い浮かべる、濃いめの化粧だったり、肌の露出の多い服装というステレオタイプの印象とは真逆の、色白で化粧っ気のほとんどないさらっとした顔立ち。それに、露出の少ない白シャツに紺地のジャンパースカートという地味な出で立ちの彼女が、前述のハードなプレイをこなす姿を想像する人はいないだろう。
 風俗店で働くこと自体が初めてだというアヤメが、なぜよりにもよってSMクラブを選んだのか。私はまずその理由を尋ねた。

「大学で文学を勉強していて、シェークスピア史を研究しているときに、SMがイギリス発祥だと出てきて、実際に体験したらわかるかなって思ったんです」

 じつのところ、SMはフランスを中心としたヨーロッパが発祥との意見もあり、諸説はさまざまである。とまれ、あまりにきれいにまとまった理由から、私は、そのうち何割かは本当かもしれないが、他にも理由があるに違いないと想像した。だがしかし、今回の取材は真実を追求することが目的ではないため、彼女の発言をそのままメモに取る。

「私って中学から高校にかけてエンコーをしてたんですね」

 この店で初めてSMを体験したというアヤメに、プレイは平気だったかと問いかけたところ、笑みを浮かべて言う。

「縛りやロウソクなんかを初めて経験して、気持ちいいって感じました。それも肉体的にというより、性的な興奮と心の快感があるんです。実際に体験してみて、私はもともとそういうのが好きなんだなって自覚しました」
「どういうプレイにいちばん興奮した?」
「やっぱり縛りには興奮しちゃいました。身動きがとれずに、すごくドキドキしているところを、オモチャで責められて、いい意味で仕事を忘れて快感に浸りました」

 大胆なことを淡々と語る。その落ち着いた態度の裏に性的な経験の多さを感じた。
「これまで風俗の仕事は経験あるの?」
「いえ、風俗はこの店が初めてです。ただ、私って中学から高校にかけてエンコーをしてたんですね。だからそういう意味での抵抗はありませんでした」

 エンコー、つまり援助交際という名の、端的に言ってしまえば売春行為である。私自身は取材で過去に何人もの援交少女の話を聞いてきたが、こればかりは本当に相手の外見から判断がつかない。ごく普通に街中を歩いている、あの子やこの子が援交をしていたりするのだ。また逆に、いかにも援交をしていそうなあの子やこの子が、そういう世界にまったく近づかずにいたりもする。

 もっとアヤメに話を聞きたいと思ったが、取材で私に与えられているのは三十分ほど。そのなかで記事のための、下着や上半身ヌード姿の撮影もしなければならない。
 当時、私は週刊誌で、“訳あり”の一般女性に、これまでの人生や性体験について振り返ってもらう連載を始めることが決まっており、下準備を始めていた。援交少女だった彼女の体験も、その企画趣旨に合うのではないかと頭に浮かぶ。

「あの、ところで……」
 インタビューに続いての撮影を終え、服を着ようとしているアヤメに向かって私は切り出した。いずれ始める週刊誌の連載で、ぜひとも話を聞かせてもらいたいのです、と。その記事では店名を出すことができないため、店を通しての取材申し込みではなく、個人的に連絡を取って、改めて外で話を聞く機会をいただけないかとお願いした。

「べつにいいですよ」
 アヤメはなんの躊躇ちゅうちょもなく、即答した。「ただ……」彼女は続ける。
「けっこうびっくりしちゃうと思いますよ。私って小学生の頃から学校でイジメられたりとかしてたし、いろいろあったから……」
「いや、そういう内容も含めて話を聞ければと思ってるから」

 私はさして深読みすることなく、話が聞けることに舞い上がっていた。件くだんの週刊誌の連載準備に際しては、活字映えする事情を抱えた女性を探すことに苦労している。今回、アヤメに取材の約束を取り付けたことで、一回分がなんとかなる。そういった種類の安堵が自分のなかにあった。
 その日、取材を終えてこれから“仕事”だという彼女とは、連絡先を交換して和やかに別れた。

※第2回に続く

アヤメが口にした「けっこうびっくりしちゃうと思いますよ」という過去とは……? 小学生時代から始まった壮絶な「イジメ」が明かされる第2回は、11/15(金)更新予定です。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年