まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 中田英寿は「ふてぶてしいくらいの自信があった」。歴史的勝利を生んだ大胆采配の裏側【日本代表平成の激闘史(4)】

中田英寿は「ふてぶてしいくらいの自信があった」。歴史的勝利を生んだ大胆采配の裏側【日本代表平成の激闘史(4)】

P R
P R
当時20歳だった中田英寿【写真:Getty Images】

当時20歳だった中田英寿【写真:Getty Images】

時代は平成から令和へと代わり、その間、ワールドカップに6回連続出場を果たすなど、日本代表は大きな躍進を遂げた。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい日本代表名勝負を振り返る本企画。今回は平成9(1997)年に行われた、フランスワールドカップアジア最終予選での日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

世界への壁をこじ開けた瞬間

 2-2で迎えた延長後半13分。背番号8をつけた中田英寿が疲労困憊のイランDF陣をドリブルで抜いて、ペナルティエリア内に侵入。迷うことなく強烈な左足でシュートを放った。それをGKアベドザテが弾いた瞬間、快足FW岡野雅行が飛び込んできて右足を振り抜いた。

 シュートが枠に吸い込まれ、ゴールデンゴールが決まると、長髪の14番はピッチを駆け回り、チームメートが追いかける。ベンチにいた岡田武史監督は号泣。途中で退いたカズ(三浦知良)も若手を力いっぱい抱きしめた。

 平成9(1997)年11月16日、マレーシア・ジョホールバルのラルキンスタジアム。日本サッカー界が世界への分厚い壁をこじ開けた瞬間だった。

 ここに至るまでの日本の戦いというのは苦難の連続だった。神戸連続児童殺傷事件で酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが逮捕された6月28日にフランスワールドカップ1次予選の最終戦となるオマーン戦が終わり、最終予選進出を決めた日本には4カ月の時間があるはずだった。

 ところが、セントラル開催が決まっていた最終予選が7月になって急きょ、ホーム&アウェー方式に変更。初戦は9月7日のホーム・ウズベキスタン戦に決まり、準備期間が大幅に短縮された。8月28日のJリーグ外国人選抜とのJOMOカップを壮行試合にしなければならないほど、代表を取り巻く環境は慌ただしかった。

絶体絶命の窮地

 それでも、初戦・ウズベキスタン戦はカズの4ゴールを含む大量ゴールで6-3の白星発進。続く9月19日のUAE戦を0-0で引き分けたところまでは問題なかった。

 しかし、9月28日のホーム・韓国戦を1-2で逆転負けしたところで一気に暗雲が立ち込める。当時のアジア枠は3.5で、日本は韓国と同じこのグループで1位にならなければ、フランス切符を手にできなかったからだ。2位になれば第3代表決定戦に回ることになる。

 それだけは避けたいと誰もが思っていたが、そのシナリオが現実味を帯びてきた。実際、筆者も韓国に負けた翌日に早速、旅行代理店に行ってその試合が行われると目されたマレーシアのクアラルンプール行きの航空券を購入した。早い段階から覚悟は決めていたのだ。

 しかしながら、チームはさらなる混迷に陥る。10月のカザフスタン・ウズベキスタン遠征で、ドローに終わったカザフスタン戦後に加茂周監督が更迭され、ヘッドコーチだった岡田が昇格するという予期せぬ出来事が起きた。

 報道陣の末席にいて現地に行っていなかった筆者は「日本代表を取材しようと思うなら、全試合を追っていないとダメだ」と痛感させられ、自身のスタンスを変える決意をした。そういう意味でも、この更迭劇は非常に大きなものだった。

 ただ、日本代表は岡田体制になってからも劇的な浮上は果たせず、韓国にいち早く首位通過を決められた。10月26日のホーム・UAE戦が1-1のドローに終わったことで自力2位が消滅。暴徒化したサポーターによるカズへのイス投げ事件も起きた。

 もはや絶体絶命の窮地に追い込まれた日本はここから息を吹き返し、11月のアウェー・韓国戦とホーム・カザフスタン戦に連勝。第3代表決定戦行きを決めた。

 その地がクアラルンプールではなく、ジョホールバルに決まったため、筆者は結局、国内便を追加購入する羽目になったのだが、マレーシア行きチケットがムダにならずに済んだ。奇しくもこの日は友人の結婚式だったのだが、それも丁重に断って現地入り。大一番に備えた。

イランの“先制攻撃”

 前日練習がイラン、日本の順で行われた。イランを指揮するブラジル人のバドゥ・ビエイラ監督は自信満々だった。が、公式練習中にボクダッド・アジジが負傷。宿泊先のホテルで車イスに乗ってロビーに姿を現した。

 そこには多数の日本人メディアやファンが宿泊していたため、大騒ぎになったが「イランの陽動作戦だろう」と誰もが冷静に見ていた。案の定、翌日の決戦にアジジはピンピンした様子で現れ、アリ・ダエイとともに2トップを形成した。

 イランからマレーシアの移動に手間取ったうえ、絶対的ボランチのカリム・バゲリが欠場と彼らも数々の困難に見舞われていたが、手強い相手なのは間違いなかった。

 日本の先発はGK川口能活、最終ラインは(右から)名良橋晃、秋田豊、井原正巳、相馬直樹、中盤は山口素弘が底に入り、右に中田、左に名波浩、前に北澤豪という構成。2トップはカズ、中山雅史の黄金コンビだった。

 序盤から一進一退の攻防が続いたこの試合。先手を取ったのは日本である。前半39分に名波から中田にボールがつながり、ラストパスをゴール左側で受けた中山が左足を一閃。先制点を奪う。

 このとき、中山は岡田監督と小野剛コーチから「プルアウェイ」というDFの視野から外れる動きを学び、すぐさま実践してゴールにつなげた。30歳を過ぎてからの彼の吸収力の高さは凄まじく、日本サッカーの大きな力になったのは確かだ。

 1-0で折り返した後半開始早々、日本を戦前からかく乱してきたアジジが同点弾をゲット。この13分後にはダエイに逆転ゴールを決められた。

エースを代える大胆采配の裏側

 そこで岡田監督は2トップ2枚替えという大胆策に打って出る。ベンチに置いていた呂比須ワグナーと城彰二を揃って投入。彼らに日本代表の命運を託した。

「岡田さんは咄嗟に判断したと。『自分でもよく分かんないんだ』と後に言っていました。最初に呂比須を入れるというゲームプランはあったけど、『城も呼べ』と言っていたと。僕はもう頭が真っ白。アップもロクにしてなかったから。とにかく点を取らなきゃいけないとだけ考えて入りました」と城は述懐する。カズを交代させるという大胆采配の意味を城自身もしっかりと認識していた。

 中田のクロスをこの背番号18がヘッドで叩き込んだ後半31分のゴールがなければ、延長戦にもつれ込むことも、日本がフランス行きを果たすこともなかった。「世界へ行くのは当たり前」だと思っていた彼らアトランタ五輪世代の強気な姿勢が2点目、3点目を呼び起こしたと言ってもいいだろう。

「彼ら若手の刺激は素晴らしかった。ヒデも城も力がありましたし、ふてぶてしいくらいの自信があった。彼らがそういう雰囲気を作ってくれたのが大きかった」と井原もしみじみ語る。岡田監督が若手を思い切って抜擢したことが奏功したのである。

 イランが消耗して足が止まったのも幸いし、最後の最後に岡野の歴史的ゴールが生まれ、日本はついにアジアの壁を乗り越えた。この日のラルキンスタジアムの凄まじい熱気と興奮は、当時を知る世代にはもちろん忘れられないものだし、それを知らない世代にも認識してほしい。

 世界への扉をこじ開けたこの日があったからこそ、日本サッカーはここまで成長できたのである。

(文:元川悦子)

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年