まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

はつめが気になる新作ゲームを語る あっ、2曲目の歌も出したよ

J-CAST ニュース

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
「『風の旅人』ほんとにずっと見てた」
「『風の旅人』ほんとにずっと見てた」

いしたにまさき:さてさて、5月に予定されている新作の話でもしようかと思うのですが、気になるものとかありますか?

はつめ:個人的に気になるゲームも貼っていいですか。

いしたに:どうぞどうぞ。

ゲーム大好きなクリエイター

はつめ:「Omno」です。これ既にPC版が出てるんですが、4月末にスイッチとかでも配信されたんですよね。

いしたに:不思議な感じのゲームだ。

はつめ:この手のゲーム大好きなんですよね。昔でいうと「風の旅人」とか、スマホでいうと「Sky」とか。

いしたに:「風の旅人」は、私も今言おうと思ってました。それ系ですよね。

はつめ:風の旅人、私が中学生くらいの時のニコニコで実況がたくさんあがってて、ほんとにずっと見てた。

いしたに:なんていうんだろ、インタラクティブ叙事詩とでもいえばいいのかな。私も当時、かなりやって記事にもしました。

はつめ:ずっと黙ってたけど「Sky」やってます。最近できてないけど。知らない海外のプレイヤーに手を引かれて、色々なところ連れてってもらった。

いしたに:これか。ああ。まさに「風の旅人」系だなあ。

はつめ:作った人(Jenova Chen氏)一緒ですよ。

いしたに:あ、そういうことか。ストーリーがあるようでないような、ないようであるような、「ゲームにはこういう楽しさもあるんだよ」って教えてくれるクリエイターですよね。

はつめ:本当にゲームが大好きで、とってもきれいな心を持ってる人ですが、クリエイターのピュアなところがゲームに全面に出ていて、本当に好きです。

いしたに:ですねえ。

はつめ:なんか、すごい音楽家みたいな感じ。

いしたに:これはいかんな。インストールいつまで我慢できるか。

はつめ:「Sky」はいいぞ~。

「マトリックス」新作のままの世界

いしたに:さてさて、4月、ゲーム業界である意味いちばん大事なトピックスがありまして、「UE5」が発表されました。ゲーム知らない人は、「マトリックス」の新作の、あのCGを作ったやつという理解をしてもらえれば、とりあえず結構です。ゲームの発表ではなく、ゲームエンジンの発表ということですね。

はつめ:ゲームだけじゃなく、3DCGを作るための最新ツールってところですかね。

いしたに:ええ、今時のゲームって、ホントにゼロからすべてを作ることは少なくなっていて、こういうゲームエンジンと呼ばれるものを使いながら開発を進めていくのが主流です。もちろん、同じゲームエンジン使っても、同じゲームにはならないのですが、それが新しくなると、一気にできることも増える。それで注目されているわけです。

はつめ:UE5のウェブサイト見たんですけど、「これ写真じゃないの」っていうのいっぱい出てきて、びっくりしちゃった。

いしたに:UEは、正式名称は「UNREAL ENGINE」です。今回のUE5に合わせて、とあるデモも公開されていましてね。それが「City サンプル」なんです。まあ、要するに「マトリックス」新作のままの世界がデモとして使えてしまうという衝撃

はつめ:現実よりきれいじゃん。人の目で見るよりきれい。

いしたに:いやあ、なんかね。「マトリックス」はもう現実なんだなとかおかしなことを思ったりもする程度には、どうかしているデモです。

はつめ:何が起きるかって簡単に説明すると、これから出てくるゲームやCG映像のクオリティーがとんでもなく上がるってコトですよね。

いしたに:そうです。ただ、今回デモとして使えるデータもセットで公開されたため、そのデータでいきなりみんな動画作り始めてましてね。例えば、これです

はつめ:これ見た~!!

いしたに:「バイバイン」の怖さが体感できるよね。

はつめ:そりゃ、ドラえもんもすげえ顔するわって思う。

いしたに:これは動画なんですけど、UE5なので、ゲームだと動画じゃなくて、そのままこの世界の中で動けてしまうわけですよ。

はつめ:早くフルダイブさせてください。

定期的にお歌は出したいな

いしたに:話少し変わるんですけど、はつめさん、またなにやら録音していますよね。

はつめ:その話しますか。

いしたに:ええ、ぜひとも。

はつめ:実は今、2曲レコーディングが終わってて。定期的にお歌は出したいなと。

いしたに:おお、着々と進んでますねえ。

はつめ:自分が普段やってることって、面白おかしく人を笑わせたりみんなを元気づけることだと思うんですが。まあそれが「光のはつめ」だとして、普段の動画やSNSで発信できない自分の感じた気持ちとか感情をもっと共有したくて。
不安な気持ち、言葉で表現すると人を不安にさせちゃうかもしれないけど、音楽とか音って不安をきれいに伝えられると思っていて、それが自分にもできればと、カバー曲を出してます。

いしたに:ふむふむ。で、最初の曲のときから思ってたんですけど、音楽といえば、まあ「PVありき」みたいなところありますよね。

はつめ:目でも楽しんでほしいですよね。

いしたに:実際にちゃんと撮影するのは、すげえ大変なわけですけど。

はつめ:うんうん。

いしたに:でもですね。UE5のCityサンプルみたいなものがあれば、歌い手をアバター化さえしてしまえば、もうやりたい放題なんじゃないのかって思ったんですよ。

はつめ:なんでもできちゃいますよね。

いしたに:そしたら、もうやってる人たちがいました。

はつめ:ほんとだ、すげえや。

いしたに:きっと既に制作は進めていたんだと思うんですけど、そこに今回のCityサンプルをはめこんだら、すごいうまくいってしまったってことなんだと思います。

はつめ:技術の発展で表現の幅が大きく広がるの、とってもいいことですよね。

いしたに:なので、こういうの見てしまうと「メタバース」はバズワードではなくて、すぐに使える現実なんだということを今回も言いたいわけです。話が少し飛びましたけども。

はつめ:まあ本来であれば、あと100年くらいしたらドラえもん生まれるんですけど、それより先に、ドラえもんよりすごいことできそう。

いしたに:ここ数年単位でもすごいことになっているのを見ていると、意外とドラえもん追い越せそう感はあります。

はつめ:メンタリティーが子どもなので、わくわくしちゃう。

いしたに:まあ、未来は明るいということで。次回はまた、いつもと違う告知も少しできると思います。お楽しみに。

はつめ:ありがとうございました!

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第二形態」<J-CASTトレンド>

はつめ
現在フリーのストリーマーとして活動している元プロゲーマー。高校時代にesports業界へ飛び込み、18歳にプロ契約。格闘ゲームのプロゲーマーとして、全世界で行われるCAPCOM Pro TourやEVOへも参加。2020年頃よりApex Legendsのゲーム実況をはじめ、当時の最高ランクに昇格するなど、FPSでも活躍している。米国発スポーツアパレルブランド「Kaepa」のブランドアンバサダーを務めている。テレビ番組「お願いランキング!」「王様のブランチ」「マツコ会議」への出演をはじめ、新聞やメディア出演も多数。
Twitter:https://twitter.com/hatsumememe
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCq1FEiGmyh-52yYGeOMTVLA

いしたにまさき
ウェブサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。2002年メディア芸術祭特別賞、第5回Webクリエーションアウォード「Web人ユニット」賞受賞。著書に2010年11月に単著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である(技術評論社)」など共著も多数。2011 年9月より内閣広報室・IT広報アドバイザー就任。同年アルファブロガー・アワード受賞。「ひらくPCバッグ」などネット発のカバンデザインも好調。ひらくPCバッグで2016年グッドデザイン賞受賞。Evernote ECL・ScanSnapアンバサダー・HHKBアンバサダー。Yahoo!ニュース個人オーサー。
Twitter:https://twitter.com/masakiishitani
ブログ:https://mitaimon.com/

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。