まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 香川真司、“復活”への26分間。海外組でも稀有な経験値、重要なのはリーグの格にあらず

香川真司、“復活”への26分間。海外組でも稀有な経験値、重要なのはリーグの格にあらず

P R

P R

香川真司【写真:Getty Images】

香川真司【写真:Getty Images】

トルコ・スュペルリグ第21節が現地時間9日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはホームでブルサスポルと対戦し、2-0と勝利した。香川は67分から途中出場。前節のような鮮烈なインパクトこそなかったが、随所に持ち味を発揮している。長く日本代表の10番を背負った男は新天地のトルコで、今後も自身の力を証明していくのではないか。(文:青木務)

香川真司はまだまだ錆びついていない

トルコ・スュペルリグ第21節が現地時間9日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはホームでブルサスポルと対戦し、2-0と勝利した。香川は67分から途中出場。前節のような鮮烈なインパクトこそなかったが、随所に持ち味を発揮している。長く日本代表の10番を背負った男は新天地のトルコで、今後も自身の力を証明していくのではないか。(文:青木務)

——————————

 世界トップレベルを経験した選手は、どのリーグでプレーしようと自分を見失わない。香川真司は、早くも新天地で居場所を見つけつつある。ベシクタシュでのデビュー戦となったスュペルリグ第20節では、投入直後のゴールなど3分で2得点を挙げてみせた。

 先発出場が期待された今節のブルサスポル戦もベンチスタートとなったが、前節よりも早い67分からの登場となった。トップ下での出場だ。チームは開始から相手との差を見せていた。右サイドを中心に攻め立て相手にダメージを与えると、前半のうちに先制に成功。その後も相手を上回り63分に追加点を奪うと、香川が呼ばれた。

 投入直後からポジショニングの良さを披露。相手の間に立ってボールを呼び込む。仮にパスが出てこなくても相手に注意を向けさせているので、間接的にチームの助けとなった。周囲との関係も良く、ワンタッチのフリックからすぐさま次のプレーに移るなど動きも軽快だった。85分には左サイドで絡みながら中に侵入し、味方とのコンビネーションを見せた。アディショナルタイムを含め約26分間の出場。相手の嫌なところを突こうとするプレーは健在だった。

 ドルトムントでは今季、自身の価値を示すことができなかったが、そもそも証明する場が与えられなかったと言える。ポジション争いに勝てなかったのは確かだろうが、香川の力はまだまだ錆びついていない。ヨーロッパで足跡を残してきた男がそう簡単にフェードアウトするはずがなかった。

 今冬も日本人選手の海外挑戦が目立った。いずれはビッグクラブへ、という野心を持つ者ばかりだろう。一方で香川はすでに多くのことを経験している。彼はピッチに立ちさえすれば、自分の力を発揮できる。

トップオブトップも経験

 AFCアジアカップ2019決勝で日本はカタールに1-3で敗れた。2022年ワールドカップのホスト国の強さを見せつけられ、多くの人が危機感を抱いたことだろう。この試合のスタメンが発表された時、あることが話題になった。先発11人全員が海外組、というものだ。

 多くの選手がさらなる成長を目指し、日本を飛び出している。健闘を見せながらも壁に直面したロシアワールドカップ、もはや優勝はノルマではないと痛感させられたアジアカップ。2つの国際大会を経験する中で、海外でプレーする年長者たちは、海を渡ることの重要性をメディアに語ってきた。選手同士でも話題となるテーマだろう。

 例えば今回のアジアカップで奮闘した堂安律と冨安健洋の20歳コンビは、それぞれオランダとベルキーでプレーしている。競争力の高いリーグではあるが、彼らはここで終わるつもりはないだろう。いずれはビッグクラブへ飛躍しようと野心を燃やしているはずだ。

 彼らのような若い才能は行けるところまで行くべきだ。一方で、キャリアを重ねるなかでトップオブトップを経験した選手は、どこでプレーしていようと自身の力を発揮することが重要になる。蓄積してきたものがあるから、どのリーグ、どのクラブでプレーしようと自分の出し方を知っていると言える。

今後への期待

 例えば長友佑都は名門インテルでも主力を張り、日本人サイドバックのパイオニア的存在となった。彼は今トルコのガラタサライでプレーしている。リーグの競争力だけを見ればリーガエスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガなどには及ばないが、長友は所属クラブで自身のパフォーマンスをしっかり発揮することで、現在も日本人トップクラスの実力者として君臨する。アジアカップでも森保ジャパンの左SBは長友のものだった。

 そして、トルコでは新たな日本人選手がプレーすることになった。香川真司はドルトムントで出場機会に恵まれずこの冬、新天地へ旅立った。

 香川のキャリアも輝かしい。21歳でドルトムントに加入すると早速、大活躍。爆発的な勢いで成長し、2012年にはマンチェスター・ユナイテッドに移籍。継続して活躍することはできなかったとはいえ、ユナイテッドに所属すること自体、サッカー選手にとっては一つの到達点だ。

 その後は再びドルトムントに戻り、プレースタイルも変化させながら居場所を見つけてきた。今季は出番に恵まれず、好調なチーム状況も重なって主力に割って入る余地がなくなっていた。

 ただ、香川は世界トップレベルの戦いがどんなものか知っている。どのクラブでプレーしていようと、自分を表現することでチームが輝くことも知っている。

 2試合連続ゴールはならなかったが、ホームデビュー戦でも上々のパフォーマンスを披露。前節の活躍で一躍時の人となった香川だが、今後も継続してチームに貢献していくのではないだろうか。栄光も不遇も経験した29歳は、“復活”への道を進んでいる。

(文:青木務)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年