まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > No.1教習車、車種変更のナゼ 「アクセラ」から「デミオ」へ、5ナンバー化の狙い

No.1教習車、車種変更のナゼ 「アクセラ」から「デミオ」へ、5ナンバー化の狙い

P R
P R

マツダが新型の教習専用車「マツダ教習車」を発売。国内未発売モデルをベースにした車種で、既存の「アクセラ教習車」よりも一回り小さい5ナンバーサイズになります。国内で大きなシェアを誇っていた「アクセラ」、それをなぜ変えるのでしょうか。

一時期はシェア4割を占めた「アクセラ教習車」

 マツダが2019年5月27日(月)に、新型の教習専売車、その名も「マツダ教習車」を発売します。

Large 190513 kyoshu 01「マツダ教習車」。海外で販売されている「マツダ2」(日本名「デミオ」)のセダンがベース(画像:マツダ)。

「マツダ教習車」は「マツダ2セダン」がベース。「マツダ2」は日本名「デミオ」のことですが、そのセダンタイプは日本国内で発売されていません。「マツダ教習車」も、タイの工場で生産されたものを輸入のうえ、日本のマツダ子会社で教習車として仕立てられ供給されます。

 マツダはこれまで約15年にわたり、「アクセラ」のセダンをベースにした「アクセラ教習車」を販売。2014年には生産累計1万台を達成し、このころには教習車市場で約4割のシェアを占めるなど、国内トップを誇っていました。それをなぜ、日本未発売の車種を輸入してまで変えるのか、同社に聞きました。

――なぜベース車種を変えるのでしょうか?

 当社では「アクセラ」をまもなくモデルチェンジします(編集部注:同時に日本名も、グローバルネームである「マツダ3」に変更する見込み)。教習車としても、ベース車種の発売から5年以上が経過し、「そろそろ新型の開発を」と考えていた際に、そのままの車種で投入するのが正しいのか、ということになりました。そこで、より取り回しがしやすく、かつ教習車の要件に適合することを考慮した結果、「マツダ2セダン」をベースに教習車を開発するのが最良と判断しました。

――新型「マツダ教習車」の強みはどのような点でしょうか?

 全幅は「アクセラ」から100mm小さい1695mm、全長は200mm小さい4410mmで、3ナンバーサイズから5ナンバーサイズになります。最小回転半径4.7mという小回りのよさ(「アクセラ」は5.3m)、無理なく自然に運転操作ができるコックピット環境のほか、視界の改善などにより車両感覚がつかみやすくなり、教習所内、路上ともに教習生の方々が余裕を持って運転できるでしょう。また、タイヤサイズも16インチから15インチになり、燃費も向上するなど、ランニングコスト面も改善しています。

 そして、「アクセラ」と同じく(昨今のマツダ車におけるデザインコンセプトである)「魂動(こどう)」デザインによるスタイリッシュな内外装も、「また運転したくなる」「次の教習が楽しみになる」要素となり得るのではないかと考えております。

ライバル車は5ナンバーが主流

 3ナンバーサイズから、ひと回り小さい5ナンバーサイズに変更されるマツダの教習車ですが、ライバル車を見ると、ホンダが2015年7月に教習車モデルを投入した「グレイス」や、トヨタが1990年代から教習車として販売してきた「コンフォート」、それに代わり2018年2月に登場した「カローラアクシオ」ベースの「トヨタ教習車」は、いずれも5ナンバーサイズの小型セダンです。また、スバル「インプレッサG4」の教習車は3ナンバーサイズですが、全幅においては「アクセラ」の1795mmが、教習車モデル設定車のなかで最も大きい数値でした。

 とはいえマツダによると、3ナンバーサイズが不評だったわけではないとのこと。「アクセラ教習車」を導入している東京都内の教習所も、5ナンバーサイズの教習車と比べて指導内容が変わったり、生徒の上達に影響したりしたことはなく、むしろ生徒からは「かっこいい」と好評だと話します。

Large 190513 kyoshu 02既存の「アクセラ教習車」(画像:マツダ)。

 マツダは、今回のベース車種変更について、「新型開発に際して教習車としての理想を初めから考え直した結果」といいます。

「当社は1970年代から、『カペラ』『ルーチェ』『ファミリア』そして『アクセラ』と、教習車を手掛けてきました。この長年にわたる教習車開発を通じて培ってきた、クルマとしての基本性能の高さが、新型『マツダ教習車』でも引き続き皆様から認めていただけることを願っております」(マツダ)

 なお、「マツダ教習車」の計画販売台数は年間800台。おもに「アクセラ教習車」の置き換え需要を見越しているそうです。ただ、タイから船便で輸送するため、従来よりも納期が長くなるとのこと。「各教習所にとって最適なタイミングをご案内していきます」としています。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年