まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 体温付きクッキーを贈り、じか箸で料理を…お見合いの“距離感”を間違えた男女たち

体温付きクッキーを贈り、じか箸で料理を…お見合いの“距離感”を間違えた男女たち

P R
P R
お見合いで“距離感”を間違えると…

お見合いで“距離感”を間違えると…

「お見合い婚活での出会い」と「生活圏内の出会い」とでは、関係性の築き方が大きく違います。お見合いで出会い、お付き合いに発展したとき、好意を伝えたつもりが思わぬ失敗に結び付くことがあるのです。そんな事例を見ていきましょう。

「お見合いに手作り菓子持参」は、YES or NO?

 お見合い婚活の出会いと生活圏内の出会いは、どこが大きく違うのでしょうか。

 生活圏内の出会いとは、大学や会社、取引先、趣味のサークルなどにおける出会いのことです。日々の生活の中で、そこに行けば顔を合わせます。最初は恋愛などを意識せず、自然に会話を交わしていくうちにお互いの人柄を知って引かれ合い、お付き合いが始まるのです。

 一方、婚活では「結婚相手を探す」という目的のもとに出会います。お相手のことを、1時間程度のお見合いでまずは判断します。そのため、人柄がまだ十分に分かっていません。

 お見合いでの印象をよくするために、小さなプレゼントを持っていく人がいます。相手が負担に思わぬように500円程度のお菓子にすることが多いのですが、たまに、手作りのお菓子を持参する人がいます。

「真心を込める」という意味で手作り品にするのでしょうが、これに抵抗を感じる人たちもいるのです。

 昨年の話になりますが、加藤秀治さん(41歳、仮名)は、渡辺千枝さん(35歳、仮名)とのお見合いを終えて、私に連絡をしてきました。

「今終わったのですが、これから事務所に伺ってよいですか?」

 お見合いをしていたカフェが事務所のすぐ近くだったので、彼は数分後にやってきました。そして、小さな紙の手提げを私に差し出しながら言ったのです。

「今日の方はお断りでお願いします。しゃべっているときに口臭がとても気になりました。別れ際にこの手作りクッキーを頂いたのですが、僕は食べる気持ちにはなれないので、引き取ってもらえませんか?」

 お相手を受け入れられなかった彼にとって、手作りのお菓子は微妙なプレゼントだったのでしょう。これが愛する恋人からだったら、最高にうれしい気持ちになったはずです。

 もちろん、「そんなことは気にならない。お菓子はお菓子!」と割り切っておいしくいただく人もいると思います。でも、手作り品を贈るのは、仲を深めてからの方がよいでしょう。お見合いの席には、既製菓子を持っていった方が間違いなさそうです。

 しかしながら、既成菓子を持っていくにしても、気を付けなければならないことがあります。

 赤城洋子さん(33歳、仮名)が、大井祥太郎さん(40歳)とお見合いをしたときのこと。ホテルのティーラウンジで1時間程度お話をしました。終えて別れ際、祥太郎さんがジャケットの内ポケットから小さな包みを出して言いました。

「よかったら、これ食べてください」

 小さな包みはクッキーでした。

 お見合いを終えた洋子さんが、私に連絡を入れてきて言いました。

「今日の方はお断りでお願いします。話が全く弾みませんでした。別れ際に彼の体温付きのクッキーを頂きました。どうしても食べる気持ちになれません」

 これもまた、相手が恋人だったら、全く気にならないでしょう。気にならないどころか、「彼の体温付きクッキー」だと思ったら、胸キュンポイントになるかもしれませんよね。

 皆さんも気を付けてくださいね。

じか箸で料理を取る彼 気になる? 気にならない?

 こちらも昨年のお話です。

 持家貴江さん(32歳、仮名)が、向田正平さん(37歳、仮名)との初めてのデートを終えて、私に連絡を入れてきました。

「日本食のお店に行きました。お料理をいくつか頼み、それをシェアすることにしたんです。運ばれてきたお料理には、どれも取り箸が添えられていました。でも、彼は自分が食べている箸でお皿の料理を取り、取り皿にも移さず、直接口に運んでいました。ちょっと、そこに違和感を覚えました」

 これがマナー違反かどうかは賛否両論、分かれるところでしょう。食事をしている女性をもう“身内”だと思い、気を使っていないからそうする場合もありますよね。

 グルメの会などの趣味サークルでは、こうしたことは何の抵抗もなく行われているようです。おいしいものを少しずつ味見したいから、大皿料理でもじか箸で、取り皿にも移さずにどんどん食べていく…そんなことを、グルメの会に入っている女性が言っていました。

 食事のマナーというのは、育った環境や仲のよい友達、付き合う仲間と、どんなスタイルで食事をするかでも大きく変わっていくのかもしれません。

 貴江さんは言いました。

「取り箸もあったし、小皿もあったので、まずは食べる量を小皿に取って食べるのが自然なのではないかって。私が細かいことを気にし過ぎなのでしょうか」

 また、こんなことを言っていた男性もいました。

 太田道彦さん(41歳、仮名)が、依田治美さん(35歳、仮名)とお見合い後、初めてのデートに出掛けたときのことでした。

 ランチに有名な老舗の洋食屋さんに行き、道彦さんはオムライス、治美さんはミートドリアを注文しました。

 運ばれてきた料理を食べながら、楽しく会話をしていたのですが、3分の2ほどドリアを食べた治美さんが言いました。

「このドリア、ボリュームがあって、もうおなかいっぱいになってしまいました。食べ切れないので、よかったら残りを食べませんか?」

 そのときのことを、道彦さんは私にこう言いました。

「手を付ける前に『こんなに食べられないから、少し食べませんか?』と言うのなら分かるのですが、食べ残しをすすめてくるってどうなんだろうと。ただ、そのとき、『これはもしかしたら、僕が潔癖症かどうかを試しているのかもしれない』って思ったんですよ。だとしたら、食べておいた方がよいと思って、かなりおなかいっぱいだったんですが、『あ、いただきます』と言ってきれいに平らげました」

 この話を、先述のグルメの会に入っている女性にしたところ、彼女は言いました。

「そういう細かいことを気にしているから、その男性は41歳になっても結婚できないんですよ。全く共感できないし、『潔癖症かどうかを試している』とか考える男性なんて、私は絶対に結婚相手に選びたくないわ」

 人それぞれに考え方は違いますが、相手との仲が深まるまでは、大皿料理はじか箸でなく取り箸で小皿へ取り分ける。食べ切れない料理は手を付ける前に相手にすすめる。それが無難ですね。

 今は新型コロナウイルスの問題もあって、ますますこういったことを気にする人が多くなるかもしれません。

ファーストデートでツーショット写真は、OK or NG?

 飯島真樹夫さん(38歳、仮名)は、城島紗英さん(32歳、仮名)とお見合い後、交際に入りました。紗英さんは、男性と恋愛した経験がほとんどありませんでした。

 ファーストデートは分かりやすいように、お見合いをしたホテルの中に入っているレストランを真樹夫さんが予約しました。そして、プレゼントには、使い勝手のよさそうなポシェットを持っていったそうです。

 ランチの当日、それを渡すと、紗英さんはとてもうれしそうに受け取りました。その後は楽しいおしゃべりをしながらのランチ。食事を終えて、真樹夫さんが紗英さんに聞きました。

「一緒に食事をした記念に写真を撮りませんか?」

「えっ、写真ですか?」

 真樹夫さんはウエーターを呼んで、自身のスマホを渡し、ツーショットの写真を撮ってもらいました。

「あとでLINEに送りますね。あ、LINE交換をしましょう」

 すると、紗英さんは言いました。

「私、LINEはやっていないんです」

「そうですか。それじゃあ、携帯メールに今日の写真を送りますね」

 ランチをして別れ、その夜には紗英さんから、とても丁寧なお礼のメールが来ました。

「今日はごちそうさまでした。かわいらしいポシェットもありがとうございます。大切に使います」

 ところが翌日、紗英さんの仲人さんから「交際終了」の連絡が来たのです。私がそのことを真樹夫さんに伝えると、彼は「昨夜、丁寧なお礼のメールを頂いたのに、なんで交際終了なんですか?」と、キツネにつままれたような顔をしていました。

 私は、紗英さんの仲人さんから聞いたお断りの理由を真樹夫さんに伝えました。

「ランチをしたときに、ツーショットのお写真を撮ったでしょう? あれがとても嫌で、怖かったみたいなの。今、SNSが発達している時代だから、どんな形で悪用されるか分からない。体がこわばったそうよ。怖かったから、怒らせないように丁寧なお礼のメールを送ったんですって」

「悪用なんて、僕はしませんよ」

 真樹夫さんは紗英さんと食事ができたことが楽しくて、その記念に写真を撮った。つまり、全く悪気はありませんでした。しかし、昨今は芸能人がファンの人に頼まれて一緒に写真を撮り、それがマスコミに流されて、スキャンダルに巻き込まれることもあります。

 こんなご時世だからこそ、ツーショット写真を撮ることを警戒する人がいるのです。ツーショット写真を撮るのは、結婚を約束した恋人同士になってからがよいようです。

 では、まだ本格的にお付き合いしようと決めていない相手に、「一緒に写真を撮りましょう」と言われたら、どうしたらよいのでしょうか。

 最も無難なお断りの仕方は「写真写りが悪いので、写真を撮られるのは苦手なんです」と、ちょっと恥ずかしそうに言うことでしょう。こうすれば角が立ちません。

 お見合い婚活の場合、お付き合いが始まったばかりの頃は、相手を知ることに手探りの状態ですから、距離を縮めるスピードを相手に合わせることが大切ですよ。

仲人・ライター 鎌田れい

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年