まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「嘉手納のF-15C/D」後継はどうなる? トップに聞く 騒音対策もここまでやっていた!

「嘉手納のF-15C/D」後継はどうなる? トップに聞く 騒音対策もここまでやっていた!

乗りものニュース

ビジネス

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

米空軍嘉手納基地の運用で注目されるのが「航空機の騒音対策」と「現在行われている戦闘機の暫定配備」の今後です。これについて同基地のトップに聞いてみました。

「近隣の学校の卒業式」で飛行自粛も

 米空軍嘉手納基地が、基地周辺地域の住民とコミュニケーションを心掛ける中、航空機の騒音対策は避けて通ることができません。また、現在行われている戦闘機の暫定配備に課題はないのでしょうか。そこで、嘉手納基地司令官のニコラス・B・エバンス准将にそれについて伺いました。

Large 01嘉手納基地での「エレファントウォーク」(画像:アメリカ空軍)。

――基地の周辺地域への騒音対策は何を心掛けていますか。

 発着する航空機の騒音抑制には、日米両政府間で結ばれている協定を順守し外来機も守るよう、離着陸には予め定められた経路上を飛ぶように教育しています。

 日本側から飛行運用調整を求められた場合は、丁寧に対応をしています。3月6、7日の沖縄県立高校入試時に飛行を自粛し、最近は嘉手納町立嘉手納外語塾の卒業式のために飛行自粛を1時間延長しました。エンジン排気に臭気があると指摘されるE-3早期警戒管制機は、基地境界付近には駐機しません。

 ただ、上級司令部からの命令で、休日や夜間にも飛行する時があります。上級司令部と基地の運営、地域住民への配慮、これらのバランスをうまく取りながらの運営を心掛けています。

――長年配備されていたF-15C/Dの本国帰還によりF-22、F-35などが基地に来ています。暫定配備は兵士の負担になりませんか。

 司令官として暫定配備による疲労へ兵士がどのように対処しているかは、常に考えています。F-15C/Dのような常駐機と異なり、米国本土などから展開する機体の管理には独特の取り組みが必要です。

 その一方、暫定配備される飛行隊は到着後、ほかの部隊と一緒に一糸乱れず嘉手納基地に溶け込んだ運用もできるようにもしています。到着後の数日以内に航空自衛隊と一緒に訓練を行い、これまでF-15C/Dが行っていた任務を切れ目なく受け継ぐことができるようにしています。

 2024年4月10日に実施した40機以上の配備機による地上走行、通称「エレファントウォーク」もその一環です。走行後は離陸し、多くの種類の航空機による一体的な運用を確認しました。

F-15C/D後継はF-15EX「イーグルII」?

――日本国内の報道によると、F-15C/Dの後に嘉手納基地へ恒久配備されるのは、中身を一新したF-15EX「イーグルII」が予測されています。

 F-15EXの配備は、私もうわさを聞いたことがあります。しかし、まだ日米両政府の間でF-15C/Dの次の配備機種にするかは結果が出ていません。日米間で決定されたのなら、話をしたいと思います。

 新しい機種の配備は決定がされるまでは、ほかの飛行隊が嘉手納基地に来ることで、今後も戦闘機の配備が切れ目のないようにしたいのです。切れ目を無くすことで、インド太平洋地域での責務を果たしていきたいと考えています。

Large 02インタビューに答えたエバンス第18航空団司令官(相良静造撮影)。

 このほかにもエバンス司令官にさまざまなことを質問しましたが、インタビューを通して「能力を上げつつ緊張は高めない」「抑止」という言葉を用いつつ、「現状変更」には毅然と対応する姿勢が伺えました。

 同時に、航空自衛隊については常に「コークウジエイタイ」あるいは「JASDF(ジャスダッフ)」と、「SD(Self Defense)」を含んだ名称を用いていました。海外の航空トレードショーでは、多くの出展社が「Japan(Japanese) Air Force」とも便宜上呼んでいますが、「ジャスダッフ」と語るエバンス司令官からは、日本の置かれた立場も充分に理解していることが伺えました。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。