まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 鳥栖・松岡大起。17歳の俊英は、久保建英だけじゃない。“3つの顔を持つ男”の青春の日々

鳥栖・松岡大起。17歳の俊英は、久保建英だけじゃない。“3つの顔を持つ男”の青春の日々

P R

P R

サガン鳥栖の松岡大起【写真:Getty Images】

サガン鳥栖の松岡大起【写真:Getty Images】

サガン鳥栖に2種登録された松岡大起が評価を高めている。同学年のFC東京・久保建英に注目が集まる中、高校生、サガン鳥栖U-18のキャプテン、トップチームのスタメン…3つの顔を持つ17歳は充実の日々を送っている。(取材・文:藤江直人)

カレーラス監督も賛辞を惜しまない逸材

サガン鳥栖に2種登録された松岡大起が評価を高めている。同学年のFC東京・久保建英に注目が集まる中、高校生、サガン鳥栖U-18のキャプテン、トップチームのスタメン…3つの顔を持つ17歳は充実の日々を送っている。(取材・文:藤江直人)

——————————

 3年への進級を直前に控えた、ごく普通の県立高校生。プリンスリーグ九州で3連覇を目指すサガン鳥栖U−18のキャプテン。そして、2種登録されたトップチームで居場所を手に入れつつあるホープ。3つの顔をもつ17歳の松岡大起はいま、充実感あふれる青春の真っ只中にいる。

 サガン鳥栖には2年連続で2種登録されている。もっとも、多度津FC(香川県代表)との天皇杯2回戦で9分間出場しただけだった昨シーズンとは対照的に、幕を開けたばかりの今シーズンで松岡はすでに公式戦で4試合に出場。そのうち3度で先発フル出場を果たしている。

 身長170cm体重65kgの体に宿る、稀有な潜在能力にすっかり魅せられているからか。今シーズンから指揮を執る、スペイン人のルイス・カレーラス監督は「非常に信頼しているし、大いなる未来がある選手だと思っている」と、異国の地で見つけた逸材への賛辞を惜しまない。

「評価しているのは謙虚な姿勢であり、学ぶことへの意欲であり、指導者が求めることをしっかりと実践できることだ。彼にはいろいろな要求をしていきたい。なぜならば、彼はもっと、もっとできるからだ。日本代表の監督にも、彼のことを見てほしいと思っている。17歳と若い彼がトップリーグでプレーしていることに対して、私はシャッポを脱いで敬意を表したい」

 名古屋グランパスとの開幕節はベンチ外だった。しかし、0−4の大敗を喫した悪い流れを変えるために、リオデジャネイロ五輪代表のMF原川力に代わって、ヴィッセル神戸との第2節での先発に抜擢された。敵地・ノエビアスタジアム神戸は、2万5172人の大観衆で埋め尽くされていた。

久保建英と対面。負けん気の強さで奮闘

「周囲に大勢の人がいるなかでプレーすることの緊張感が、ユースとは一番異なりました」

 こう振り返る松岡が任されたのはトップ下。スタンドの視線がダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキに注がれるなかで、1トップのフェルナンド・トーレスの周囲を思い切り動き回った。総走行距離はチーム3位の11.386kmを数えた。

 ビジャに来日初ゴールを決められ、試合は0−1で敗れた。しかし、試合後に「両チームを通じて一番よかった」と松岡を絶賛したカレーラス監督は、中3日で迎えたベガルタ仙台とのYBCルヴァンカップのグループリーグ初戦でも、トップ下として先発フル出場させている。

 一転して敵地・味の素スタジアムに乗り込んだ、10日のFC東京との第3節では左サイドハーフでの先発を告げられた。この瞬間から謙虚さと並ぶ松岡の武器、負けん気の強さが頭をもたげてくる。相手チームの対面、右サイドハーフには覚醒の感を漂わせる久保建英が先発していたからだ。

 2人はともに2001年生まれで、誕生日も松岡の6月1日に対して久保は同4日と、わずか3日しか違わない。それでも、年代別の日本代表で顔を合わせたことはない。常に注目を集めてきた久保は、飛び級でひとつ上のカテゴリーに招集され続けてきたからだ。

「同じ17歳ということは、かなり意識していました。常に一歩、二歩、三歩と先を行く存在だったので、しっかりぶつかってボールを奪ってやろう、と思っていました」

 カレーラス監督の指示は、松岡によれば「サイドバックに何もさせないくらい、徹底してプレスをかけること」だった。森保ジャパンの常連となった、右サイドバックの室屋成を相手に指示を実践。そのうえで久保がボールをもてば、メラメラと対抗心を燃やした。

お気に入りのキャラクター。背番号「41」への思い

 ピッチ上で幾度となく火花を散らし、もつれ合ってともに倒れ込んだシーンもあった。試合後の久保は、松岡に対してこんな言葉を残している。

「ルヴァンカップも含めて、1週間で2試合、フル出場している。自分ならかなり消耗してしまうところで、今日も90分間プレーしていた。声もすごく出していたし、気迫もあった。同じ年の自分が言うことじゃないですけど、若いのにあのがむしゃらさはすごいと感じました。これから2人ともどうなるかわからないですけど、いつか一緒に代表でプレーできる日がくれば、と思っています」

 FC東京戦における松岡は、最終的に3つのポジションでプレーした。新外国人のMFイサック・クエンカがデビューした60分から右サイドハーフに回り、直後に2枚目のイエローカードをもらったMF高橋秀人が退場すると、最終ラインの前に並んだ3枚のボランチの右を務めた。

「自分は(中盤の)どこのポジションでもやれる自信はあるので、そのポジションに入ったときの役割にプラスアルファ、得点に絡めるシーンを出せていけたら、と考えています」

最も得意とするのは、U−18で務めるボランチとなるだろう。憧れの選手を聞くと、フランス代表のエンゴロ・カンテ(チェルシー)という名前が返ってきた。身長169cm体重65kgとほぼ同じサイズの体に、常人離れしたスタミナとボール奪取術を搭載する中盤の汗かき役を目指している証だ。

 ボランチに強いこだわりをもつからか。昨シーズンの「42」から「41」へ変更された背番号に、笑顔を浮かべながら「この先、もしもプロへ上がれたときも、できればこの『41』でプレーできれば」と胸中に秘めてきた希望を打ち明ける。

 漫画週刊誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館刊)で連載されている、人気サッカー漫画『アオアシ』を愛読している。お気に入りは主人公の青井葦人ではなく、高校2年生ながらJリーグでデビューしている栗林晴久。その背番号が、今シーズンの松岡と同じ「41」だからだ。

「プロのサッカー選手も圧倒するような(栗林晴久の)キャラクターが、ものすごくカッコよくて。ボランチというポジションでも似ているんです」

片道1時間半。過酷な両立にも意欲

 熊本県出身の松岡は地元のクラブチーム、ソレッソ熊本で心技体を磨きあげてきた。そして、中学生年代となるU−15からの卒団を前にして、金明輝監督(現サガン鳥栖トップチームコーチ)の情熱的な指導のもとで、急速に力を伸ばしていたサガン鳥栖U−18に魅せられた。

「ソレッソ側も勧めてくれましたし、僕としても『このチームしかない』と信じてやって来ました。金さんは自分の調子がいいときには、鼻っ柱をへし折るくらいの強い言葉をかけてくる。逆に上手くいっていないときは、自分でしっかり考えられるように導いてくれる。そういう指導は自分的にも本当に助かっているし、もっと、もっとやらなきゃいけないという思いにもさせられます」

 サガン鳥栖U−18は全寮制で、県内の2ヵ所にある寮のうち、松岡は下部組織の練習拠点となる佐賀市内の佐賀市健康運動センターの近くにあるそれで生活している。そして、トップチームの練習場がある鳥栖市まで、片道だけで実に1時間半をかけて電車で通っている。

 一方でまもなく最上級生になる、佐賀県立高志館高校も佐賀市内にある。トップチームでの活動がメインになってくれば、たとえば久保のように通信制高校へ転校することも、サッカーに集中するうえでは考えられうるのではないか。そう問われた松岡は、強い意志を込めて首を横に振った。

「学校からも『協力する』と言っていただいているので。テストなどでいい点数を取ることを含めて、トップチームとの両方でやるべきことをしっかりとやっていきたい」

 原則として午前中に行われるトップチームの練習を終え、急いで佐賀市内へ戻って午後から授業に出席。夕方から行われるU−18の練習にも「声をかけるとか、水くみをするなど、チームのために何かできることをしています。一応、キャプテンなので」と可能な限り顔を出している。

勝負は細部に宿る。心を震わせた先輩たちの姿

 J2柏レイソルのホーム、三協フロンテア柏スタジアムに乗り込んだ、13日のYBCルヴァンカップのグループリーグ第2戦では新たな経験を積み重ねた。1−0で迎えた88分から、右サイドハーフで先発していたルーキーの樋口雄太(鹿屋体育大学卒)に代わってピッチへ送り出された。

 カレーラス監督の指示はしっかりと試合を締めて、勝利で終わらせること。いつ訪れるかわからない出番に備えて、特に後半はウオーミングアップをしながら集中力を研ぎ澄ませ続けた。

「終盤は相手に押されている時間がかなり長かったので、とにかく走って、まずは守備から入って貢献しようと考えていました。途中から出るときは試合の流れを読み、すでに試合に出ている選手以上の準備をしたうえで、やるべきことをやらないといけない。一人だけ準備ができていない、というのは絶対に許されないことなので」

 ここまで公式戦で4連敗と、J1の18チームで唯一、勝ち点をあげられなかった鳥栖はピッチ上の全員が体を張って、柏の猛攻をはね返し続けた。そして、4分のアディショナルタイムを超えて初勝利を告げるホイッスルが鳴り響いた瞬間、松岡は拳を小さく握り締めている。

 ベンチスタートとなった状況が、やや控え目な勝ちどきとなったのか。ちょっぴり悔しさを漂わせながら、目の前で先輩選手たちが何度も見せた、鬼気迫る執念に松岡は心を震わせてもいる。

「勝負は細部に宿るじゃないですけど、やっぱり最後は気持ちが左右すると思うので。そこを絶対的な原点としながら、プラスアルファで技術を出していけなければいけないと、あらためて思いました」

闘志を高める同世代たちの台頭

 同時間帯に行われた神戸とセレッソ大阪の一戦では、来年から後者へ加入することが内定し、JFA・Jリーグ特別指定選手としても登録されたFW西川潤(神奈川・桐光学園2年)が途中出場。右足から放ったシュートがポストを叩くなど、スコアレスドローのなかで見せ場を作った。

「高校サッカーを見ていても、西川選手はすごく技術の高いフォワードだなといつも思っていました。東京ヴェルディの山本選手もそうですけど、自分よりも上手い選手が本当に大勢いる。そういう選手たちが、いい刺激になっています」

 久保や2002年の早生まれの西川だけはない。今シーズンから飛び級でヴェルディへ昇格したMF山本理仁や、昨年9月に横浜FCとプロ契約を結んだFW斉藤光毅ら、21世紀に生まれた同世代の俊英たちの台頭が、指揮官からセットプレーのキッカーも任される松岡の闘志を否が応でも高める。

「キックの質をとっても、まだまだなので。もっと練習して、相手が嫌がるようなボールを蹴れるようにならないと。相手を確実に潰せるくらいの体の強さも必要だし、判断力を含めたスピード感ももっと上げていきたいと思っています」

 鳥栖は移動用の公式移動着として、イタリアのカジュアル・ブランド『DIESEL』製のおしゃれなジャケットやシャツ、デニムを採用している。松岡が身にまとえば、あどけなさを残すルックスと相まって、ますます普通の高校生に見えてならない。

 ただ、華奢に映る体の内側にはプロサッカー選手に必要な向上心と対抗心、そして自らが信じた道をまっすぐ歩ませる覚悟と信念が力強く脈打っている。

(取材・文:藤江直人)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年