まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 第五子妊娠のダルビッシュ聖子さん、すでにお腹は大きく「年齢的に検査多め」。夫・ダルは「最高の旦那様」

第五子妊娠のダルビッシュ聖子さん、すでにお腹は大きく「年齢的に検査多め」。夫・ダルは「最高の旦那様」

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

女子レスリング世界選手権金メダリストで、大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手・ダルビッシュ聖子さんが、第五子を妊娠中であることを発表しました。

まもなく出産予定

0623daruseiko

ダルビッシュ聖子さんオフィシャルブログより

ダルビッシュ聖子さんは41歳。2007年、前夫の間に第1子男児を出産し、2014年にダルビッシュ有さんとの交際を発表してから15年に次男、17年に三男、19年に長女が誕生しています。先日中学校を卒業した長男は14歳で、もうすぐ誕生する赤ちゃんを含めて5人の子どもたちの母となります。

有さんが、かなりお腹の大きくなった聖子さんの写真と、赤ちゃん・哺乳瓶の絵文字をTwitterに投稿すると、その投稿を引用する形で6月22日、聖子さんは「新しい命」のタイトルでブログ記事を更新。「突然ですが、我が家にもうじき新しい家族が増えます」と報告しました。

2015年の第二子出産からおよそ6年にわたり、「ずっと妊娠中か授乳期だった」という聖子さん。友人から「四人(の子育て)は大変だよね」と言われることもあるそうですが、「1人は1人の時の大変さが2人は2人の3人は3人の…それぞれ違うし子供の性格だって」「私はこれだから私が1番大変!なんて思わないかな」と常にパワフル。第五子妊娠中の現在も、有さんが遠征から急遽帰宅するとなると、子どもたちが寝る前にパパと少しでも会えるよう、全員を乗せて飛行場まで運転していったといいます。

先日の「父の日」には、有さんについて「家のことを押し付けることは一切せず 私の負担をどうしたら軽くできるかを いつも考えてくれる 最高の旦那様に出会え」「忙しくても自分がどんな状況でも 子供達と真剣に向き合い 遠くに居ても帰る時間が遅くても何かあれば長男と話し合い 最近は次男も話し合う年頃に」「家にほとんど居なくても子供達がまっすぐ育ってくれてるのは 間違いなく主人のおかげです」と感謝の気持ちを綴っていました。

家族が増え、さらに賑やかになるダルビッシュ家。40代になった聖子さんは今回の妊娠では「年齢的に検査多め」だったそうですが、「新しい命を授かれた事に感謝して残りのマタニティ生活頑張ります」と意気込みを明かしていました。

何歳からが高齢出産?

日本では、経産婦に関しては特に高齢出産の定義はありません。ただ、国際産婦人科連合(FIGO)は、二人目妊娠に関しては40歳以上を高齢 “妊娠”としています[*1]。高齢妊娠からの出産が高齢出産となるので、二人目の場合は40歳を超えてから妊娠して出産することを高齢出産とする考え方もあるようです。

なお、日本産科婦人科学会は35歳以上の初産婦を「高年初産婦」としていますが[*2]、高年初産婦は流産や早産、低出生体重児、胎児の先天異常などのリスクが高くなるため、妊娠中から注意してケアや医療管理が行われます。

また、年齢が高くなると妊娠によって体に負担がかかり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群といった妊娠合併症が起こりやすくなります。合併症によって早産のリスクも高まると考えられています。

このように高齢出産にはいくつかのリスクが伴いますが、医療機関では無事に出産ができるよう全力でサポートを行っています。高齢出産によるリスクをできるだけ下げられるよう、妊婦健診はしっかり受けましょう。そうすることで、さまざまな合併症の早期発見にもつながり、必要に応じて適切な治療が受けられます。

参考文献

[*1]特定非営利活動法人ひまわりの会『母子健康手帳アプリ』

[*2]医療情報科学研究所/編・2014年・『病気がみえるvol.10 産科 第3版』・メディックメディア・P74

<関連記事>
第一子出産の夏菜さん、産後は「立てないぐらい体調が悪くて」長女の病気も告白

紗栄子さん「離婚したくなかったから……」最初で最後の号泣事件を明かす

辻希美さん「パパが好きな物だらけ」の食卓、第二子妊娠の吉木りささんは「我が子パンツ」をプレゼント! 盛り上がる父の日

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。