まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 「マイアミの奇跡」。歓喜と絶望の5日間が日本サッカー発展の架橋に【日本代表平成の激闘史(3)】

「マイアミの奇跡」。歓喜と絶望の5日間が日本サッカー発展の架橋に【日本代表平成の激闘史(3)】

P R
P R
前園真聖(左)と中田英寿【写真:Getty Images】

前園真聖(左)と中田英寿【写真:Getty Images】

時代は平成から令和へ。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい平成に起きた名勝負を、各ライターに振り返ってもらう本企画。今回は平成8(1996)年7月に行われたアトランタ五輪での日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

青年指揮官と若武者たちの奮闘

 平成30(2018)年、ロシアワールドカップの日本代表を率いた西野朗監督が一躍、知名度を上げる大舞台となったのが、平成8(1996)年のアトランタ五輪である。

 昭和43(1968)年メキシコ五輪の銅メダルから28年。アジアの壁に阻まれ、冬の時代を強いられてきた日本サッカー界を世界へと導いたのが、当時41歳の青年指揮官だったのだ。

 川口能活や城彰二、前園真聖、中田英寿らを擁した日本はブラジル、ナイジェリア、ハンガリーと同組に入った。中でも7月21日の初戦の相手・ブラジルは、2年前の米国ワールドカップ優勝メンバーであるベベット、アウダイールらを擁する「ドリームチーム」。彼らを倒すのは不可能に近いと思われた。

 実際、4万6000人が集まったマイアミ・オレンジボウルのスタンドも大半がカナリア色。若き日本はアウェーの状況下での戦いを強いられたのである。

 西野監督が考えたのは、相手の爆発的攻撃力を徹底的に封じること。3-6-1の布陣を採用し、鈴木秀人にベベット、松田直樹にサビオ、服部年宏にジュニーニョをマンマークさせ、自由を奪う秘策を取ったのだ。さらには、ダイナミックな攻撃参加をウリとする左サイドバックのロベルト・カルロスのシュートを事細かく分析し、その特長を川口らに叩き込ませたのだ。

 こうした守備対策が功を奏し、日本は序盤からシュートの雨嵐を降らされながらもゴールを死守。失点を許さなかった。試合は前半45分をしのぎ、後半に突入した。

 ブラジルの攻撃の圧力はより一層強まったが、川口の神がかり的なスーパーセーブが飛び出し、ブラジルはどうしてもゴールをこじ開けられない。ベベットもサビオもジュニーニョもリバウドも苛立ちを募らせ、日本の術中にはまっていく。

“奇跡”は起きた

 そして後半27分、日本に千載一遇の得点機が巡ってくる。左サイドの路木龍次がゴール目がけて山なりのアーリークロスを送った。

 次の瞬間、城の動き出しに反応したアウダイールとキャッチに行ったGKジーダが衝突。ゴールに向かって転がったボールに伊東輝悦が走り込み、無人のゴールにシュート。誰もが予想だにしない形で、日本が先制点を奪うことに成功する。

 実は日本のテクニカルスタッフは「アウダイールとジーダの間の守りが弱い」と分析。その情報を選手たちも頭に入れていたからこそ、歴史的な1点を奪うことができたのだ。

 焦ったブラジルはそこから猛攻に打って出たが、放ったシュートが次々とポストを直撃したり、川口に弾かれたりして、どうしても1点が取れない。ブラジルサポーターがピッチになだれ込むアクシデントまで発生した。

 それでもスコアは動かず、2分30秒のロスタイムも過ぎ、タイムアップの笛。シュート数は28対4という圧倒的な内容の差にもかかわらず、日本は奇跡的な金星を挙げ、重要な初戦を白星スタートしたのである。

 第2戦・ナイジェリア戦は2日後の23日。オーランドのシトラスボウルでのゲームだった。西野監督は遠藤彰弘に代えて白井博幸を先発起用したが、10人はブラジル戦と同じだった。相手はヌワンコ・カヌやオーガスティン(JJ)・オコチャらを擁するスーパーチーム。最終的に頂点に輝くことになるのだが、日本の選手たちはブラジルより御しやすい相手だと考えていたことだろう。

 だが、実際にゲームが始まってみると相手のパワーやスピードなど卓越した身体能力に翻弄される場面が目立つ。それでも意思統一された守備で何とか乗り切って前半を0-0で折り返した。

窮地に追い込まれた日本

 ところが、ハーフタイムに攻撃陣と守備陣の意見が衝突。特に中田は「攻めに出たい」という考え方が強く、西野監督も感情的になり、チームに暗雲が立ち込めた。こうした意思統一の乱れに加え、ブラジル戦から続く予想以上の体力消耗が重なって、後半の日本はペースダウンを余儀なくされる。

 そこに追い打ちをかけたのが、後半27分の田中誠の負傷交代だ。ここまでリベロとして奮闘してきた守備の要がいなくなったことで、肝心な守りも綻びが生じ、とうとう後半37分にオウンゴールで先制点を奪われてしまう。

 もし、この1失点だけでとどめていたら、その後の展開も変わっていたのだろう。しかし、終了間際に鈴木秀人がペナルティエリア内でハンドを取られてPKを献上。0-2で苦杯を喫することになった。初戦の奇跡的勝利から一転、日本は窮地に追い込まれた。

 最終戦は2日後の25日。場所は同じオーランド・シトラスボールだった。この時点でナイジェリアが勝ち点6、日本とブラジルは勝ち点3で並んでいたが、得失点差はブラジルが+1で日本が-1。最終戦でブラジルがナイジェリアを下した場合、日本は彼らを得失点で上回る必要がある。

 ハンガリー相手に大量得点勝利が求められた西野監督はこれまでの1トップから城と松原良香の2トップへと布陣変更。より攻撃的な形にして泥臭く勝ちに行った。

 ところが、気負いすぎたのか、日本は開始早々の2分に失点。前半39分に前園がPKで同点弾を決めて前半を折り返したものの、後半立ち上がり早々に再び失点し、またもリードを許した。

交代策が窮地を救う。しかし…

 この状況のまま時間は刻一刻と過ぎていき、敗色濃厚となった後半終了間際、西野監督は上村健一を投入。その上村が直後の前園のCKをドンピシャのタイミングで合わせてゴール。2-2の同点に持ち込む。

 そしてロスタイムには前園が伊東の右クロスに飛び込み、滑りながら左足シュートを決め、逆転に成功。キャプテンの意地を見せると同時に、決勝トーナメント進出の道を切り開いたかと思われた。

 しかし、タイムアップの瞬間に飛び込んできた情報は「ブラジルがナイジェリアに1-0で勝った」という皮肉なものだった。日本は勝ち点6を挙げながら、2位のナイジェリアに得失点差で2及ばず、3位で終わり、8強入りの夢は叶わなかった。初戦白星というアドバンテージを生かしきれなかったことは西野監督や選手たちを大いに落胆させた。

 ただ、28年ぶりにアジア予選を勝ち抜いて五輪本大会に出場し、ベベットやリバウド、オコチャをはじめとする名だたる選手たちと対峙した経験は、彼らにとって非常に大きな財産となったに違いない。だからこそ、川口や前園、城、中田らはいち早く98年フランスワールドカップに目を向けることができた。彼らの経験値がA代表に還元された部分は少なくなかった。

 そして、西野監督自身もこの修羅場をくぐったからこそ、22年後のロシアワールドカップで思い切った采配を振るえたはず。指導者を大きく育てた点でもアトランタ五輪は日本サッカー界に大きな意味をもたらしたと言っていい。

(文:元川悦子)

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年