まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 夫婦生活がなくなった今どう思う?みんなのリアルな声

夫婦生活がなくなった今どう思う?みんなのリアルな声

P R
P R
夫婦生活がなくなった今どう思う?みんなのリアルな声

夫婦生活がなくなった今どう思う?みんなのリアルな声


Rawpixel/gettyimages

近年、夫婦生活の問題に悩む人は多いようです。実際に夫婦生活がなくなってしまった人たちは、現状をどう受け止めているのでしょうか?「ウィメンズパーク」に、リアルな声が寄せられていました。みなさんにも、共感できる声があるかも……。

1. さみしい・つらい


圧倒的に多かったのが、「夫婦生活がなくなってさみしい、つらい」という声でした。夫婦生活がなくなってしまった人たちは、自分には女としての魅力がないのではないか、夫から必要とされていないのではないかと、悩んでいるようです。

・夫にとって、夫婦生活は子どものためでしかないようです。つらくて夜中に泣いたこともありましたが、もう期待しないと心に決めてからは楽になりました。でも、さみしい……。悲しいし、夫とふれ合いたいです。夫婦生活なしの仲よし夫婦には、私はなれないようです。

・夫婦2人だけのときはほぼ毎日のようにありましたが、子どもが生まれてからは私から誘っても、ほとんどはぐらかされています。断られることをみじめに思い、夜中に何度も泣きました。自分が好きな人に必要とされていないのがとてもつらいです。もう一生このままかも……と思うと、悲しくて気が遠くなります。

・産後、夫婦生活がほとんどなくなりました。夫に自分の気持ちを何度も伝えましたが、レスは変わらず……。むなしくて何度も布団の中で声を殺して泣きました。父親としては完璧で、夫婦生活がないこと以外は文句はありません。でも、抱きしめてほしいです……。

2. むしろなくなってほしい


逆に、「むしろなくなってほしい」という声もありました。夫婦生活がなくなってほしいと思っていても、本当に拒否している人は少なく、夫のために仕方なくつきあっている人がほとんどでした。

・子どもは1人いて、パート勤務で疲れているうえに、2人目は考えていません。夫からは月1回は夫婦生活がしたいと言われますが、私からすれば月に1回でも多いです。そんなにしたい気持ちはありません。いちいち体をさわられるのも不快……。

・スキンシップなんていりませんよね。求められるので仕方なく、月に2回程度は応じていますが……。夫としては嫌いではないし、普通に会話して買いものして旅行できるのだから、スキンシップなんて不必要じゃないですか?

3. とくに何も感じない


夫婦生活がなくなっても、とくに悲しいともうれしいとも思わない、という声もありました。夫婦生活がなくても、夫と仲よくいられる人もいるようです。

・結婚してからしばらくは恋人のようにラブラブでしたが、子どもが産まれてからはお互い家族愛になりました。親とか兄弟に近い感覚ですね。そうなってしまうと、もう夫婦生活もできなくて……。かといって、さみしいという気持ちもありません。

・夫とイチャイチャはないですね。私としては、少しさみしい気持ちもありますが、ジョギングやお酒など趣味を見つけて楽しんでいます。子どももいるし、夫婦生活がなくても「まあいいか」という感じです。

4. まとめ


夫婦生活のとらえ方は、夫婦によりそれぞれ。夫婦生活は何よりも大切だと考える人も、そうでないと考える人も、どちらも間違っていません。夫婦生活に関しては夫と話し合って、お互いが苦痛にならない程度の距離感を保つのがよさそうですね。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年