まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 繊細で華麗な高麗仏画、修復復元と材料研究で彩色技法を解明

繊細で華麗な高麗仏画、修復復元と材料研究で彩色技法を解明

P R
P R
奈良国立博物館所蔵の「水月観音像」の月光が、描き手によってどのように表現されたのか。それを解明するために復元模写を通して作品制作が始まった。

奈良国立博物館所蔵の「水月観音像」の月光が、描き手によってどのように表現されたのか。それを解明するために復元模写を通して作品制作が始まった。

10世紀初めに朝鮮半島で成立した高麗(こうらい)王朝は、李氏朝鮮(朝鮮王朝)が成立する1392年までおよそ500年続き、始祖は仏教を国教と定めた。この時期に描かれた多くの高麗仏画は、阿弥陀仏(あみだぶつ)や観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)などを繊細な筆致と華麗な色調で描き、今に至るまで世界中で高い評価を受けている。

世界で高麗仏画は165点、うち日本に130点も

世界中にある165点ほどの高麗仏画のうち、なんと130点以上が日本にあるという。その理由を、公益財団法人韓昌祐・哲文化財団の2018年度助成受贈者で文化財博士である金慧印(キム・ヘイン)(東京藝術大学文化財保存修復 日本画研究室専門研究員)は次のように説明してくれた。

「絵によって、いつ日本に渡ってきたのかははっきりしていないのです。記録もありません。ただ、高麗王朝から李氏朝鮮に変わった時、国教も仏教から儒教へと変わったため廃仏運動が起きました。こういう時期に来たものもあるでしょうね」

明治時代、日本では廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の嵐が吹き荒れ、貴重な仏像が壊されたり海外に流出したりした。幸いそれは短期間で終わったが、朝鮮半島では李氏朝鮮が500年ほど続いている。高麗王朝は美しい仏画や工芸品を作り、1995年ユネスコ世界文化遺産に登録された海印寺(ヘインサ)の「高麗大蔵経」(こうらいだいぞうきょう)を編纂したが、李氏朝鮮はそれとはまったく違う宗教的な歴史を刻んだと言えるだろう。

一方日本では、請来(しょうらい)した高麗仏画を非常に大切にしてきた。博物館や美術館にあるものもたまに公開される程度だし、寺院や神社にあるものは「お宝」どころか、それ自身が本尊(ほんぞん)や御神体(ごしんたい)となって信仰の対象とされている。

「あまりにも大切にされているので、ご開帳でもない限りは一般の方の目に触れることはありません」

繊細な高麗仏画を保つには必要なことかもしれないが、その魅力を伝えるためにはやはり見てもらうことも大事である。そこで行われるのが復元画の制作である。高麗仏画が描かれた当時のものに近い材料を使い、技法を研究し、寸分違(たが)わぬように模写していくのである。

金(キム)が描いた奈良国立博物館が所蔵「水月観音像(すいげつかんのんぞう)」の復元模写の画像を見せてもらった。実に品のある観音菩薩(かんのんぼさつ)がほのかな月の光に照らされて座っている。上方には金泥(きんでい)で淡い月が、下の方には岩や水の中にいる龍が描かれている。

観音菩薩がまとう衣には繊細な紋様が描かれ、装飾の細かさは当時の絵師の高度な技術をうかがわせるものだ。もちろん実際に描いたのは金自身だが、正確に技術を再現しているため、そのように思わせるのである。

「高麗仏画は彩色(さいしき)が美しいところに特徴があります。金泥の線もきれいに残っています。それが韓国の仏画のアイデンティティだと思います。ところが国内には15点くらいしか残っていないのです」

金はこれらの技術を、東京藝術大学大学院で学んだ。彼女は韓国の美大で東洋絵画を専攻したのち、2年間働いて学費を作り大学院に進んだ。

「韓国で東洋絵画を専攻していた頃、自分の描いた絵が雨に濡れてしまったことがありました。乾かせば問題ないと思っていたのですが、顔料が乾燥する過程でヒビが入り始め、変色して保管できなくなったのです」

あれだけ苦労して描いた絵が、ちょっと雨に濡れただけで失われてしまう。材料に問題があったのが原因だったが、金には大変なショックだった。それをきっかけとして絵の修理や材料研究に興味を抱き、高麗仏画の復元研究に取り組むことになった。それなら日本で学ぼうと考えた。

独特な彩色技法の秘密は材料にあった

2009年9月に来日、2年間日本語学校に通って日本語を身につけると、この分野の最先端である東京藝大の大学院に進む。

だが、基礎を身につけるのは大変だった。修士課程の2年間で修理の基本を学べたのは紙本(しほん)の復元作業2点だけ。博士課程になると複雑な絵の復元を手掛けるようになるが、あまりにも繊細な作業のため、人によっては3年かけても終わらずに次の院生に引き継ぐこともあるという。

「私は藝大に入るまで模写を一度もやったことがなかったので、とても困りました。描いていると先生方が5〜6人も来られて私を囲むんです(笑)。『なぜこの色を使ったの?』『その根拠は何?』『なぜこの葉っぱを先に描いたの?』などと訊(たず)ねられ、それに対してちゃんと答えられなくてはいけませんでした」

質問に答えるよう努力するうちに、自分で考える大切さを自覚し、それがのちに復元作業をする際にとても役立ったという。

日本画には「上げ写し」という技法がある。仏画を原寸大で撮影し、その上に紙を置いて写していく。大きなサイズの仏画は分割して撮影し、さらにパソコン上で詳しく確認する。その作業が終わると原寸大の写真を印刷して移す作業に入る。

「細かい画像をじっと見続けるため、どんどん視力が落ちてしまいました」

もう一つの技法は、ガラスに入れた仏画を隣に置いて、それを模写していく「臨写」(りんしゃ)である。

「正面から見るのと横から見るのとでは、絵の具の厚みが違うのです」

院生時代は厳しく基礎を叩き込まれた。岩絵具(いわえのぐ)や金泥の扱い方、筆の使い方。正確な復元作業を行うためには、まず材料の扱い方を含めた技法をしっかり身につける必要があった。

博士論文は「浅草寺(せんそうじ)所蔵『水月観音像』の復元研究――月光の表現について」である。浅草寺が寺宝として大切に受け継いできた「水月観音像」の想定復元模写を手がけた経験を、論文としてまとめたものである。

2018年3月、金は東京藝大大学院の博士課程を修了した。09年に来日してから9年近く。慣れない日本語と格闘しながらの学究・修行生活であった。

その経験が、次の奈良国立博物館所蔵「水月観音像」の想定復元模写制作に注ぎ込まれた。

「月光を表現するためには金泥をたくさん使います。金は衣や月に入ってくるだけでなく、実は岩の下にたくさん使われています。水源に近いほど金が濃い。水面にも細かい点々で金が入っています。普通に月の光が当たるなら、岩の上が光るはずなのに、なぜ岩の下にこれほど金泥が使われるのかが疑問でした。考えていくうちに、水から反射したものが光っているのだろうと思い当たりました」

たくさん使われる金泥によって、月そのものを描かなくても月光の反射をリアルに表現することで、月の存在を感じさせているのではないか。そういう発見の一つ一つが復元をしていく際の参考になる。確かに、高麗仏画の間接的な表現は繊細で美しく、品格を絵に与えている。

「問題は資金でした」

この作業を自力でやっていくには材料費をはじめとして多額の資金が必要だった。悩んでいたとき、大学の先生から韓昌祐・哲文化財団の助成金があると教えられた。申請すると助成計画の意義が選考委員会で高く評価され、助成対象者に決まった。

金泥、天然岩絵具、細い線を描くために特殊技法で作られた高価な絵筆、仏画にふさわしい装丁、ギャラリー展示のための賃貸料金や告知ポスター、資料制作その他、資金の使い道は実にさまざまである。

「助成金がなかったら取り組めなかったと思います」

金は、ただ仏画を復元するだけではなく、日韓両国、特に高麗仏画を見る機会が日本以上に少ない母国で広く見てもらいたいと考えていた。

「2020年2月19日から27日の9日間、ソウルのGallery Hanokで展覧会を開くことができました。残念ながら新型コロナウィルス騒ぎで、企画していたワークショップを開くことはできませんでしたが、思いがけないほどたくさんの人が来てくれました。4回も通ってくれた人もいました。私の話を聞いて自分で描いてみると、質問したいことが出てきたそうなのです。例えば韓国のやり方と明らかに違うところについて訊ねられたり、『大きな絵なのになぜムラなく彩色できたのか』と質問されたり。貴重な仏画の復元模写の許可をどのように取ったのかという質問もありました」

復元模写を韓国で紹介、母国に正しい技法を伝える

韓国の高麗仏画専門家を交えたギャラリートークも開催した。韓国でも復元模写はあるが、いろいろな国の技法を取り入れていて、中には正しくない材料の使い方がされているケースもあるという。

「基礎がちょっと弱いですね。でも最近では、できるだけ描かれた当時の技法を取り入れようという雰囲気が出てきています」

金はこれからも韓国でシンポジウムやワークショップを開き、間違った技法を正していきたいと考えている。

「それが私の仕事だと思っています」

画家としての創作活動に意欲はあるのだろうか。

「そうですね。韓国と日本には異なる彩色技法があります。私にはそれがわかります。韓国はこれ、日本はこれとはっきり分けて、どちらも生かした創作活動をしていきたいですね。高麗仏画が何百年も大切にされ、評価されているのと同じように、私の作品が500年先に評価されるものになったら嬉しいです」

かつて、描いた絵が雨に濡れただけでダメになってしまったのは材料がよくなかったからだ。日本では材料についても深く研究することができた。

金は高麗仏画の研究者としてだけでなく、芸術家として長く評価される作品を残すためにも、さらに日本での活動も深めていきたいと願っている。(敬称略)<J-CASTトレンド>

(ノンフィクションライター・千葉望/写真・渡辺誠)

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年