まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 田村淳さん慶大院進学に批判コメント殺到、根底に“怒り”が引き起こす情動のパニック

田村淳さん慶大院進学に批判コメント殺到、根底に“怒り”が引き起こす情動のパニック

P R
P R
田村淳さん

田村淳さん

 今週、話題になった記事があります。「ロンブー田村淳さん、慶應大学院生になっていた。理由は『死者との対話』を学ぶため」。ハフポストからヤフーニュースに転載され、トピックスのトップにもなったので、ご覧になった方も多いと思います。

素晴らしいチャレンジを評価する

 これは、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが4月から、慶応義塾大学大学院のメディアデザイン研究科(KMD)で大学院生になったことについて、取材記事としてまとめています。なぜ、大学院へ進学しようと考えたのか。何を学び、何を実現しようとしているかについて、つまびらかに語られています。

 淳さんが「大学」と向き合うようになったのは、2017年のことでした。青山学院大学法学部を目指して、センター試験に向けて勉強する様子は「AbemaTV」の番組企画としても放送されました。しかし、結果は全て不合格。その後、2018年4月から慶応義塾大学通信課程の学生として大学生活をスタートさせます。

 しかし、通信課程がしっくりこなかった淳さんは「他の学び方がないか」と考え始めます。それが大学院という選択肢でした。2019年4月に大学院に入り直し、4月から週5日、大学院に通学する生活を続けているようです。

 自分自身がやりたいことを実現するために学ぶという行動。素晴らしいチャレンジだと思います。KMDを修了すれば、キャリアは確実にアップするでしょう。努力やその原動力となった向上心が評価されると思います。充実したキャリアを送ることは、長い人生を過ごす上でとても大切です。

 ところが、ヤフコメが炎上します。その多くは淳さんを肯定するものではありませんでした。心無い言葉が並びます。批判している人の多くは、KMDに入学した淳さんに嫉妬をしているのです。しかし、淳さんは入試という正規の手続きを経て現在に至っています。批判されるゆえんなど全くありません。

 本来は、淳さんのやりたいことではなく、いかに芸能生活で勝ち抜くことが過酷であるかということ、その経験は大学卒業に匹敵することを盛り込むべきだったように思います。芸能の仕事は分かりにくいので、芸能活動のどういう部分が評価されたのかという点に、きっちりフォーカスすればよかったのでしょう。

人はなぜ「嫉妬」をするのか

 筆者は人事アセスメントの専門家でもあるので、その視点で嫉妬について解説します。次のような場面を想定してください。あなたは入社5年目の中堅社員です。上司や同僚にも気に入られて、大きなミスもなく過ごしてきました。そんな中、Bさんが中途入社してきました。Bさんは周囲から気に入られているようで、あなたは面白くありません。

 あなたは、毎日提出する日報に次のように書きました。

「私は毎日、一生懸命に頑張っています。でも最近は、みんなBさんのことばかりを気にかけています。部門の打ち上げに行ったときも、Bさんがいないことに気付いて、『どうしたんだ? 早く呼んでこい!』。私はとても悲しい気持ちになります。どうして、Bさんばかりが気に入られて優遇されるのか不思議でなりません」

 これは会社でよくある現象です。「自分よりも優遇されている」と思うと、これまでの実績が否定されてすべてを失う感覚に陥ってしまいます。上司も同僚も当たり前の対応をしているだけですが、嫉妬の気持ちがどんどん膨れ上がっていきます。揚げ句の果てには「会社辞めようかな」と破壊的な感情が芽生えてしまうのです。

 このとき、あなたの中には、情動(感情)のパニックが起きています。怒りの感情は、フラストレーションを高めて情動のパニックを引き起こします。自分にとって大事なものを遮断されたときに発生する感情です。この感情は優れている相手には抱きません。「中途入社」「年下」など「条件が自分よりも劣っているのに」と思うので、スイッチが入るのです。

 そして、破壊的な人格に変身してネット上で書き込みをします。嫉妬は発作に近いので、淳さんがどのような正論で対峙(たいじ)しても収まることはありません。そういう相手は無視するのが一番です。無視することで相手は孤独感を感じるようになります。触らなければ時間の経過とともに収まるのです。淳さんは、過度な反応は控えた方がよいでしょう。

 さて、意欲ある人が学ぶための環境が整いつつあります。淳さんのようなケースが増えるのは歓迎すべきことです。研究結果が公の場で発表されることを楽しみにしています。なお、淳さんは個人的に好きな芸人さんなので、エールを送ります。

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年