まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 和牛の最高峰が信じられない価格で! 原価完全無視・奇跡の肉料理

和牛の最高峰が信じられない価格で! 原価完全無視・奇跡の肉料理

P R
P R
和牛の最高峰が信じられない価格で! 原価完全無視・奇跡の肉料理

和牛の最高峰が信じられない価格で! 原価完全無視・奇跡の肉料理

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

ここ数年で急激に肉激戦区となった西麻布。

【叙々苑 游玄亭】や【十々】といった老舗から【うしごろ】、比較的新しい【The INNOCENT CARVERY(イノセント・カーベリー)】、そして2019年にオープンした【誇味山】まで、ファンを多数抱える名店が、このエリアに密集して肩を並べている。

そんな肉の激戦区・西麻布に、和牛好きがヨダレを垂らして食べたがるクオリティの牛肉を信じられないお手頃な価格で食べさせてくれる【極上肉料理 だいごろう】が2019年3月に殴り込みをかけてきた。

だいごろうはオープン当初、中目黒で営業していたが、その後恵比寿に移転し、満を持して今年西麻布への移転してきたのだ。

ちなみに店名の由来が気になっている方もいると思うが、だいごろうの店主は服部さんといって、服部さんが子連れ狼の大五郎少年に似ているところから店名になったとのこと。

だいごろうが仕入れる牛肉は、メジャーブランドの松阪牛と神戸ビーフがメイン。

だからと言ってメジャーブランドの名前で商売はしていない。

松阪牛であれば何でもいい
神戸ビーフであれば何でもいい

そんなお店すらある中で、しっかりと中身を吟味し、自分が食べたいと思う牛肉だけを仕入れるこだわりや意地が強く感じられる。

脂の質や、赤身の濃厚な味わい、焼いた時に鼻孔をくすぐる和牛特有の香りを重視すると、自然と長期肥育の雌牛しか使えなくなり、しまいには血統まで気になってしまうものだ。

そして、そうなると、自然と生産者が絞られてくる。
この好みを仕入れ先に伝え、気に入らない牛肉が届くとケンカをしてしまう。

そんな熱量がある店主が焼くステーキ。

これは美味しいに決まっている。

店主の熱量で焼かれたかのような極上の肉に出会える店主の熱量で焼かれたかのような極上の肉に出会える

だいごろうが仕入れる牛肉のクオリティを存分に楽しめるコースは、3種類用意されている。

それが

●松阪牛コース
●神戸・松阪食べくらべ
●神戸ビーフコース

の3種だ。

なにより驚かされるのがその値段で、松阪牛コースが8,000円、神戸・松阪食べくらべが10,000円、神戸ビーフコースでも11,500円となっている。

後ほど、コース内容も紹介したいが、正直値段を知らないで食べていると、1.5倍から2倍の価格を想像してしまったほどだ。

上記3コース以外にも

おまかせ特選 (13,000円)
おまかせ極上 (16,000円)

が用意されているが、最初は3コースの中のどれかで十分。
何を選んでも、その美味しさと価格の手頃さにビックリする。

最初の訪問でハマってしまった肉好きは、安心して次なるおまかせ2コースに進んで、国内最高峰、いや世界最高峰の牛肉の世界を堪能してみて欲しい。

(※ちなみにこれらの価格に消費税は含まれていない)

圧巻のステーキたち圧巻のステーキたち

肉バカが最近訪問した時は「神戸・松阪食べくらべ」をオーダー。

松阪牛は伊藤さんが肥育した月齢40ヶ月の雌牛(松阪牛は全て雌牛)で、神戸ビーフは田村さんが肥育した月齢43ヶ月の雌牛という極みのレベル。

コースは、和牛を贅沢に使った前菜から始まるが、この前菜から弥が上にもテンションが上がる。

松阪牛のイチボを使ったローストビーフは、レア過ぎず、火を入れすぎでもない絶妙な塩梅で、それが繊細な食感に現れている。

肉本来の旨味も素晴らしく、噛むという行為に対する喜びに襲われる。

また、兵庫県の但馬牛を素材として、何ヶ月もの時間と手間をかけて作られた和牛ブレザオラは和牛の生ハム。

鼻に抜けて独特な香りは唯一無二のもの。

贅沢とは、まさにこの事かもしれない。

手間ひまかけられた極上の和牛生ハム手間ひまかけられた極上の和牛生ハム

炙りの雲丹のせには、松阪牛のトモサンカク。

トモサンカクは炙られることで、サシが軽く溶け出し、まろやかな舌触りと甘みが増す。

トモサンカクと雲丹のハーモニーに酔うばかりトモサンカクと雲丹のハーモニーに酔うばかり

ゴロゴロと太切りにされた炙りユッケは、松阪牛ではなく神戸ビーフ。

肉の旨味を感じるにはこれ以上ないくらいの計算がされているのではないだろうか。
タレは甘口で強すぎない味付け。

それが肉の味わいを一切邪魔しないのだ。

絶妙なタレの味わいこそ炙りユッケの真髄絶妙なタレの味わいこそ炙りユッケの真髄

煮込みは優しい味わいで、これから訪れるメインの前に胃と気持ちを落ち着かせてくれる。
その後、遂に揚げ物の登場。

松阪牛と神戸ビーフのトマト煮込みの湯葉巻きをモッツアレラチーズと一緒にカツにした松神カツがそれ。

それまでの素材そのもの味を第一としたコースの流れで、突然現れるインパクトの強い味付けが、食欲を刺激しまくる。。

衣の中にはトマト煮込みの湯葉巻きとモッツアレラチーズが衣の中にはトマト煮込みの湯葉巻きとモッツアレラチーズが

メインはもちろんステーキ。

松坂牛と神戸ビーフのそれぞれに対して、モモ系のランプ、イチボ、シンシン。

これらのお肉は炭火で焼かれるが、そこまで高温ではなく、炎があがることは少なく、じっくりと焼くことが出来る。
焼かれたステーキも断面がキレイに仕上がっている。

松阪牛と神戸ビーフの食べ比べになるが、もちろん個体によって味わいは違うので、毎回その感想は変わってくるだろう。

それがこういった食べ比べの醍醐味でもある。

今回の個体でいえば、焼く前は神戸ビーフよりもサシが強めに見えた松阪牛だが、食べてみるとどちらも脂の主張が強いわけではなく、しっかりと赤身の旨味を楽しむことが出来る。

繊維の食感から香りに至るまで、部位による違いも舌と鼻を楽しませてくれる。

断面の美しさに息をのむ松坂牛のランプ、イチボ、シンシン断面の美しさに息をのむ松坂牛のランプ、イチボ、シンシン赤身の旨味が見るからに食欲をそそる神戸ビーフ赤身の旨味が見るからに食欲をそそる神戸ビーフ

〆のTKGも極上の一言。

卵はあくまで脇役。

主役は牛肉。

うれしいTKGセットもよーく見ると……うれしいTKGセットもよーく見ると……主役は卵ではなく、間違いなく和牛!主役は卵ではなく、間違いなく和牛!

いっぱい食べたそうな人や、牛肉が好きで好きで仕方なさそうなお客さんが来ると、ついついステーキの量が多くなってしまいがちのようだが、それでなくとも基本の一人前の量は充実している。

何よりその肉質は都内トップクラスで、他のお店ではなかなかお目にかかれないだろう。

それでいてこの価格だというのがいまだに信じられない。

手元に残るお金よりお客さんの笑顔を選んだ店主のこだわりを、ぜひとも味わってみてほしい。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年