まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 【韓国ドラマ】2023年注目の10選!パク・ソジュン、イ・ミンホ、ジュノ、ロウンら主演のロマンスやドロドロ系も!

【韓国ドラマ】2023年注目の10選!パク・ソジュン、イ・ミンホ、ジュノ、ロウンら主演のロマンスやドロドロ系も!

サンキュ!

6

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
【韓国ドラマ】2023年注目の10選!パク・ソジュン、イ・ミンホ、ジュノ、ロウンら主演のロマンスやドロドロ系も!
【韓国ドラマ】2023年注目の10選!パク・ソジュン、イ・ミンホ、ジュノ、ロウンら主演のロマンスやドロドロ系も!

出典:PR TIMES

2023年は、パク・ソジュンやキム・スヒョン、イ・ミンホなどスターたちが続々ドラマにカムバックし、注目の韓ドラが目白押し!本記事では、イ・ミンホ、ジュノ、ロウンら主演のロマンスから、『愛の不時着』脚本家の待望の新作、『ペントハウス』制作陣×俳優陣が集結したドロドロ系まで、2023年の注目の韓ドラを一挙ご紹介します。

『涙の女王』



出典:PR TIMES

2023年最大の期待作といえば本作!『星から来たあなた』、『青い海の伝説』、そして日本でも大ヒットを記録した『愛の不時着』を手掛けたパク・ジウン作家の待望の新作『涙の女王』!さらに演出は、『愛の不時着』などで演出力を認められたチャン・ヨンウ監督と、『ヴィンチェンツォ』『シスターズ』を手掛けたキム・ヒウォン監督が共同で担当するという超スペシャルなタッグ!

『星から来たあなた』、『プロデューサー』に続き、パク・ジウン作家と三度目のタッグとなるキム・スヒョンと、『私の解放日誌』で熱演を見せたキム・ジウォンが財閥の夫婦役を演じます。

パク・ジウン作家特有のユーモラスさと共に、家族の大切さも感じさせる感動的な物語に期待大です!

『キング・ザ・ランド』



出典:PR TIMES

大ヒットロマンス史劇『赤い袖先』でシンドロームを巻き起こしたジュノ(2PM)がついにドラマカムバック!ジュノとユナ(少女時代)という歴代最高の出会いに加えて、世界を熱狂させたゾンビアクションスリラー『今、私たちの学校は…』を執筆した作家のチョン・ソンイルがクリエイターを務めることで、大きな期待が寄せられているのがドラマ『キング・ザ・ランド』です。

本作は、気難しい性格の財閥後継者ク・ウォン(ジュノ)が、VVIPビジネスラウンジ「キング・ザ・ランド」に入ったスタッフのチョン・サラン(ユナ)と出会い、そこで繰り広げる物語。ジュノが今作ではツンデレな財閥御曹司を演じるとのことで、また女心を撃ち抜くレジェンドキャラクター誕生の予感です!

『星たちに聞いてみて』



出典:PR TIMES

ついに今年、グローバルスターであるイ・ミンホがドラマ『星たちに聞いてみて』でロマンスドラマにカムバック!さらにヒロインは、『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~』『椿の花咲く頃』などで名実ともにラブコメクイーンに君臨するコン・ヒョジンというスペシャルタッグ!

『星たちに聞いてみて』は、『パスタ』『嫉妬の化身』を手がけたソ・スクヒャン作家が5年間の準備期間を経て完成した韓国初の宇宙を舞台にしたドラマで、宇宙観光客として宇宙旅行に合流する産婦人科医と、完璧主義者の宇宙飛行士が出会うことで繰り広げるラブコメディ。

オ・ジョンセ、ハン・ジウン、キム・ジュホン、イ・エルなど助演も超豪華で、新たなロマンチックコメディの大作が誕生しそうです…!

『京城クリーチャー』



出典:PR TIMES

情報が公開されるやいなや、大きな期待を集めたのがNetflix『京城クリーチャー』。『キム秘書はいったい、なぜ?』、『梨泰院クラス』をはじめ数々のヒット作を誕生させてきたパク・ソジュンがついにドラマカムバックすることに加えて、製作陣も超豪華!『浪漫ドクター キム・サブ』『九家の書』を執筆したカン・ウンギョン作家と、百想芸術大賞で作品賞を受賞した傑作『ストーブリーグ』のチョン・ドンユン監督が集結する注目の一作です。

『京城クリーチャー』は、時代の闇が最も濃かった1945年の春、二人の若者が、貪欲の上に誕生したモンスターと対抗するスリラードラマ。『わかっていても』、『マイネーム:偽りと復讐』で圧倒的存在感を示すハン・ソヒをはじめ、スヒョン、キム・ヘスク、チョ・ハンチョル、ウィ・ハジュンというHOTな俳優たちが加わり、大作誕生の予感がする見逃せない一作です。

『7人の脱出』



出典:PR TIMES

2023年放送予定の作品ラインナップの中でも、特に期待が高い作品として挙げられているのが『7人の脱出』。数々のマクチャンドラマ(日常では起こり得ない、非現実的なことが勃発するどん詰まりドラマ)を誕生させ、メガヒット作『ペントハウス』シリーズを成功させたキム・スノク作家とチュ・ドンミンPDが、オム・ギジュン、ユン・ジョンフン、シン・ウンギョンといった“ペント”でお馴染みの豪華俳優陣と共にカムバック!

ファン・ジョンウムやイ・ドクファ、チョ・ユニなども加わり、歴代級キャストで注目を浴びています。

偽りと欲望が絡み合っていなくなったある少女に関わった7人の人物が大きな事件に直面することで繰り広げられる物語を描きます。キム・スノク作家特有の最後まで目が離せない大どんでん返しの連続に期待大です!

『ヒップに』


韓国で多くの視聴者から「人生ドラマ」に選ばれる『まぶしくて―私たちの輝く時間―』や、2022年多くの人々に慰めと希望を与えた『私の解放日誌』などを演出したキム・ソギュン監督の新作で、農村を背景にするドラマ。

過去キム・ソギュン監督作である、『まぶしくて―私たちの輝く時間―』に出演していたハン・ジミンと『私の解放日誌』に出演していたイ・ミンギが再び監督とタッグ!超能力を持つ獣医師と、熱血刑事のコンビが小さな犯罪事件を解決していく物語を描きます。

『庭のある家』


夕暮れ時の美しい豪華な家の外面
hikesterson/gettyimages

キム・テヒが『ハイバイ、ママ!』以来3年ぶりにドラマカムバック!『恋愛ワードを入力してください~Search WWW』や、2022年日本でも人気を博した『二十五、二十一』のチョン・ジヒョン監督が演出を引き受け、期待作にあげられる一作『庭のある家』。

本作は同名の推理/ミステリー小説を原作にした作品で、医師の夫と賢くハンサムな息子を持ち、足りないもののない裕福な家庭で完璧に幸せな女性が、ある疑いから「幸せな我が家」という価値の幻想が覆るという物語。
新たなサスペンスホームスリラーの傑作誕生に期待大です!

『D.P. -脱走兵追跡官-』シーズン2


今まで触れられなかった韓国の徴兵制の闇に迫り、 昨年の百想芸術大賞テレビ部門ドラマ「作品賞」をはじめ三冠に輝き、韓国でも「2021年最高のNetflixオリジナル作品」との声も上がっている『D.P. -脱走兵追跡官-』の待望のシーズン2が2023年ついに配信!

シーズン2は、チョン・ヘインやク・ギョファン、ソン・ソックといった既存のメンバーに加えて、『サバイバー: 60日間の大統領』のチ・ジニや、『39歳』のキム・ジヒョン、『二十五、二十一』のチェ・ヒョヌクが新たに合流し、作品に重さを与える予定で、また新たな傑作が誕生しそうです!

『この恋愛は不可抗力』



出典:PR TIMES

平均視聴率14.4%、最高視聴率は16.7%と高数値を記録して、今なお多くの視聴者に愛される『100日の郎君様』を執筆したノ・ジソル作家の5年ぶりの新作とあって注目を浴びるのが、『この恋愛は不可抗力』。

『偶然見つけたハル』、『恋慕』、『先輩、その口紅塗らないで』などで視聴者をときめかせてきたロウンがついにドラマカムバック!そしてヒロインは、『九尾狐伝』や『フォレスト』でキュートな魅力を見せてきたチョ・ボア。
300年前に徹底的に封印された禁書を得た女性とその禁書の犠牲となった男の不可抗力のロマンスを描きます。胸キュン必至のロマンス誕生に期待大です!

『いつかの君に』


累計再生数が10億回を超えた台湾の大人気ドラマ『時をかける愛』の韓国リメイク作で、大きな期待が寄せられているのがNetflixオリジナル『いつかの君に』。本作は、恋人の死を乗り越えられずに1998年にタイムスリップし、過去を生きることになった女性と、亡くなった恋人にそっくりな青年が出会い繰り広げられるロマンスドラマ。

『社内お見合い』での心ときめく演技で、次世代の“ラブコメキング”に躍り出たアン・ヒョソプ、『恋愛体質~30歳になれば大丈夫』『ヴィンチェンツォ』で強烈な存在感を示しているチョン・ヨビン、『赤い袖先』で強烈な印象を残したカン・フンとホットな俳優たちが集結!珠玉の本格派ロマンス誕生に期待です!

P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

記事を読んだ今の気分をシェアしよう!

無料会員登録はこちら

会員登録して
今の気分をシェアするだけで
ポイントをゲットしよう!

無料会員登録はこちら 他のニュース記事を読む

リクエストの形式が正しくありません。
記事ページの感情ボタンをクリックしてください。

感情の保存に失敗しました。
ブラウザを更新してもう一度感情ボタンを押してください。

4つの気持ちの中から選ぼう!

みんなの気持ちの集計結果

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「ふーん」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。