まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > よくぞこんな居酒屋を作ってくれました……誰にも教えたくない、でも教えたい! 〜モツ酒場kogane〜

よくぞこんな居酒屋を作ってくれました……誰にも教えたくない、でも教えたい! 〜モツ酒場kogane〜

P R
P R
よくぞこんな居酒屋を作ってくれました……誰にも教えたくない、でも教えたい! 〜モツ酒場kogane〜

よくぞこんな居酒屋を作ってくれました……誰にも教えたくない、でも教えたい! 〜モツ酒場kogane〜

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

モツってどんなイメージですか?
煙モクモク、ガード下、安い、鍋、煮込み……、って感じでしょうか。
モツ食べに行こうって言われたら、洗濯機で洗える服を選ぶし、どうもモツとオシャレって結びつかなかったけど、できたのです! ほんの数週間前、外苑前に!

2019年4月25日にオープンした「モツ酒場kogane」です。モツ屋さんとは思えない外観でしょ?
2019年4月25日にオープンした「モツ酒場kogane」です。モツ屋さんとは思えない外観でしょ?

このお店のことを知ったのはプレス関係者向けのプレオープンでした。

モツ居酒屋×燗酒のお店というコンセプトに興味をそそられてお伺いしたのですが、お店に入ると良い感じの空気が流れていて、しかもオシャレな内装。
席についてメニューを開くと「おぉぉぉ!」とつい言ってしまったくらい、ワクワクする料理名がずらりと書いてある。
これは“アタリ”ってやつか?と思いましたね。

実際にいくつかのお料理とそれに合わせた日本酒をいただいて、これは通わねば!と誓いました。

だって、おいしい! 楽しい! 居心地が良い!の三拍子が揃っちゃったら通うに決まってるじゃありませんか。

あったら必ずオーダーする厚切りハムカツとポテトサラダですが、ここのはかなり高得点!
あったら必ずオーダーする厚切りハムカツとポテトサラダですが、ここのはかなり高得点!

メニューには「名物」「酒肴」「逸品」「揚げ物」「サラダ」「さっぱり!」「飯」「甘味」に分かれていて、それぞれ2〜11品くらいあります。
ひと皿ひと皿は結構ボリューミーなのに、価格は400円〜とびっくり。
いちばん高額なのは「牛ハツのタタキとパクチーのヤム風サラダ」「白センマイとクルミのサラダ」「栃尾揚げとランプレドットのカプレーゼ風」などが3〜4人分入った「モツ料理5種盛り合わせ(1,950円)」です。
おひとりさまには嬉しいカウンター席だけの「日本酒と肴のセット」ってメニューがあって、オススメの日本酒1杯とペアリングした5種の肴で、なんと1,000円! う〜ん、嬉しい!

いちばん高額のモツ5種盛りは下の2つがちょいちょい変わります
いちばん高額のモツ5種盛りは下の2つがちょいちょい変わります

居酒屋さんなのでジャンルは和洋中さまざま。
モツ料理もジェノベーゼ味だったり韓国の唐辛子を和えたりでバラエティ豊かな味つけです。
「フレンチフライ」や「マグロの酒盗カプレーゼ」など、モツが苦手な人にも楽しめるメニューがあるってところもポイント高いですよね。

「何でもあるのが居酒屋の楽しいところだと思います。それでいて普通の居酒屋にはないメニューを考えています。だから料理はスタッフ全員が意見を出しているんですよ」と話してくれるのは、オーナーソムリエの渡部武志さん。

そっか、どんなお客さまが来ても食べたいものがあるって良いよね、こういう料理だとお酒もいろいろ合うよね、ってことで燗酒をおすすめしていますが、ありますよ〜、何でも!

お酒のことなら何でも聞いてくださいとイケメンの渡部さん。元はワインのエキスパートですが今は日本酒にどっぷり浸かってます
お酒のことなら何でも聞いてくださいとイケメンの渡部さん。元はワインのエキスパートですが今は日本酒にどっぷり浸かってます

こちらには日本酒だけじゃなく、国産のナチュールワインも3〜40種類おいてあります。そのラインナップはソムリエさんも太鼓判をおすくらい。

加えてサワーやハイボールにもこだわりが!
タネだけ外して皮ごとをミキサーにかけた濁りジュースで作るレモンサワーは1日ジュースを4リットル作っても売り切れてしまうそう。
わかる〜、レモンの苦味と酸味がめっちゃくちゃおいしいサワーになっていますから。
ハイボールも生ビールのようにタワーから出すので、いちばんおいしい状態で飲めます。氷だって製氷機から出してから、さらに冷凍庫で締めたものを使う。このひと手間で氷のおいしさが格段に違うのです。
こんな見えないところにも心配りをしてくれるお店なんです。

すべてはお客さまに喜んでくれるもらうため。う〜ん、最高!

味噌ボロネーゼが今までにない味わいでびっくりするおいしさの「茄子の煮浸し味噌ボロネーゼ(600円)」
味噌ボロネーゼが今までにない味わいでびっくりするおいしさの「茄子の煮浸し味噌ボロネーゼ(600円)」

ところで燗酒ってどうやってお料理に合わせているのでしょうか?

「燗酒は温度によって違う味わいを楽しめるのが醍醐味です。だからウチは60〜65度でお出しして、ゆっくり飲んでもらっています。だんだんぬるくなっていくと香りも甘みも変化してくるのでそれに合わせて料理を召し上がっていただいています」と渡部さん。

燗酒には火入れしたものより生酒が良いそうです。渡部さんのおおすすめは川西屋酒造の「隆」
燗酒には火入れしたものより生酒が良いそうです。渡部さんのおおすすめは川西屋酒造の「隆」

ではそのようにゆっくり飲んでみます。

最初は香りが立っていて胃にカツンとくるドライな感じ。人肌くらいになるとなめらかになってほぼ常温だと甘みが出てくるみたい。もちろん銘柄によっても違うのでしょうが、確かに温度で味わいは変わりますね。

今まで冷酒か熱燗かぬる燗かを選んで飲んでいたので、こんな風にひとつのお酒の変化を楽しむことを今更ながら教わりました。う〜ん、楽しい!

味がしみ込んだイクラにふっくらしたサーモンのせいで何杯でもイケる「信州サーモンとイクラの炊き込みご飯(1,500円)」
味がしみ込んだイクラにふっくらしたサーモンのせいで何杯でもイケる「信州サーモンとイクラの炊き込みご飯(1,500円)」

ヤバうますぎる「テールスープのチャンポン麺(1,600円)」はスープがたまらんおいしさなのです
ヤバうますぎる「テールスープのチャンポン麺(1,600円)」はスープがたまらんおいしさなのです

酒の肴もおいしければ、当然〆ごはんもおいしいワケで。
パスタもあるしおにぎりもお茶漬けもあるし炊き込みご飯もあるしチャンポン麺もあるので迷います。
お酒飲むとお腹いっぱいになるって人もぜひ食べてみて!

特にチャンポン麺はコッテリスープが、オリジナルレシピで作ってもらった麺に絡んでうまいのなんのって! 至福の瞬間が訪れます。
ちっちゃく見えて普通に1人前の量ですが、まぁまぁ酔ってたらスルスルと1ついっちゃいますよ。
それくらいおいしいってことです。

シンプルでオシャレ度抜群の店内はいつも大賑わい。予約を取ってというよりフラリと立ち寄る人が多い(今のところは……、ですが)
シンプルでオシャレ度抜群の店内はいつも大賑わい。予約を取ってというよりフラリと立ち寄る人が多い(今のところは……、ですが)

本当によくぞこんなお店を作ってくれました。感謝しかありません。

客層はどうやら女性の方が多いようです。
わかります、だって女性ひとりでも明るく楽しくおいしく、モツと日本酒を食べて飲めるオシャレなお店ってなかなかないですから。

混んじゃうと困るので本当は誰にも教えたくないけど、誰にでも教えてあげたい、そんなお店です。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年