まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「どこでヘルメット脱いどんねん!」 怒った現場監督が“連帯責任”としてトイレ掃除命令に「悪しき慣習」【漫画・作者インタビュー】

「どこでヘルメット脱いどんねん!」 怒った現場監督が“連帯責任”としてトイレ掃除命令に「悪しき慣習」【漫画・作者インタビュー】

オトナンサー

エンタメ

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。
漫画「現場の恐怖政治」のカット(福田雄一さん提供)
漫画「現場の恐怖政治」のカット(福田雄一さん提供)

 現場監督から理不尽な罰を科された作業員たちについて描いた漫画「現場の恐怖政治」が、Instagramで合計2万3000以上のいいねを集めて話題となっています。

 作業員が汗を拭っていたら、外してはいけない場所でヘルメットを外したとして叱りつけた現場監督。連帯責任として、同じ班の作業員たちにもトイレ掃除を言い渡して…。読者からは、「私も似たような経験があります」「現場の悪しき慣習ですよね」「理不尽はマイナスの効果しか与えないと思います」などの声が上がっています。

権力を持つと勘違いする人が存在

 この漫画を描いたのは、Instagramで漫画を発表している、イラストレーターの福田雄一さんです。福田雄一さんに、作品についてのお話を聞きました。

Q.今回、漫画「現場の恐怖政治」を描いたきっかけを教えてください。

福田雄一さん「普段の生活ではなかなか見られないであろう、現場の出来事を漫画にしてみました」

Q.福田さんの学生時代、このように一方的な「恐怖政治」はありましたか。

福田雄一さん「基本的に毎日が恐怖政治でした。私が学生の頃は殴られることが当たり前の時代だったので(笑)」

Q.工事現場で「恐怖政治」を行っているのは、どのくらいの世代の人でしょうか。

福田雄一さん「現場では、世代というより、立場が上の人や地位が高い人などがしているイメージですね」

Q.こういった理不尽な「恐怖政治」をなくすために、どのようなことが必要だと考えますか。

福田雄一さん「完全になくすことは難しいと思います。権力を持つと勘違いしてしまうタイプの人が、どの環境にも常に一定数いると思っているので」

Q.漫画「現場の恐怖政治」について、どのような意見が寄せられていますか。

福田雄一さん「『私も似たような経験があります』『悪しき風習ですよね』といった共感のコメントや、『これは理不尽ですね』のように同情していただけるコメントが多かったです」

オトナンサー編集部

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も20年以上!900万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。