まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 新型コロナは「犬」「猫」に感染する? 飼い主が感染したら?

新型コロナは「犬」「猫」に感染する? 飼い主が感染したら?

P R
P R
新型コロナウイルスが犬や猫にも感染?

新型コロナウイルスが犬や猫にも感染?

 世界的に流行中の新型コロナウイルスが、「猫にも感染した」という報道がベルギーでありました。香港では、犬に感染したという事例も報告されています。今のところ、犬や猫への感染事例は少ないようですが、人間の間で感染が急拡大しているだけに、不安に感じる飼い主も多いことでしょう。

 新型コロナウイルスの、犬、猫への感染の可能性や対策について、獣医師の増田国充さんに聞きました。

香港の2例はほぼ無症状

Q.犬の新型コロナウイルス感染事例について、症状や、どのように感染したと思われるのか、教えてください。

増田さん「新型コロナウイルスに関する状況はめまぐるしく変化していますので、3月末時点での情報に基づいてお話します。以降の回答も同様です。

これまで、犬から新型コロナウイルスが検出され、『低レベル感染』といわれる状態だったと報告されたのは、香港で発生した2例です。この2匹は、ほぼ無症状だったと報告されています。その後の追跡検査では陰性となりました。

感染経路について、OIE(国際獣疫事務局)は『人間から動物への感染例の可能性が高い』との見方を示しました。犬がこのウイルスに感染するとしたら、人から犬への感染と考えられるという可能性を示唆したわけです。3月末時点では、動物間、あるいは犬や猫から人への感染を示す報告はありません」

Q.猫の新型コロナウイルス感染事例について、症状や原因を教えてください。

増田さん「猫の新型コロナウイルスに関する情報は3月下旬に発表されました。ベルギーのゲント大学の発表や現地の報道によると、飼い主が新型コロナウイルスに感染、発症した1週間後に猫も体調不良を示し、症状として、下痢や嘔吐(おうと)、呼吸障害がみられたそうです。そして、ふん便からウイルスが検出されたと発表されています。

ただし、この症状が本当に新型コロナウイルスに由来したものなのか、あるいは猫固有の病気によるものかという点については触れられていません。ウイルスの検出方法についての詳細も記載されていません。猫の感染事例に関しても、3月末時点で本症例1つであり、他では発生が確認されていません」

Q.犬、猫とも日本での感染事例は報告がないようですが、実は気付いていないだけで感染が広がっている可能性はないのでしょうか。

増田さん「犬、猫いずれに関しても海外での報告であること、さらに、その件数が非常に少ないことから、詳細が明らかになっていない部分が非常に多いのが現状です。これまでの報告から判断されることとして、現段階ではヒトから動物に感染した可能性が高いと考えられており、動物間での感染や動物からヒトへ感染したということを示すものはありません。

全世界で多くの人が感染していながら、家庭で飼育されている犬や猫でそれに比例した発症報告がないことから、仮に感染があったとしても限定的であるという見方を専門機関はしています」

Q.犬や猫がどのような状態のとき、新型コロナなどの感染症を疑うべきでしょうか。その場合、どこに連絡あるいは相談すべきですか。

増田さん「犬ではほぼ無症状であること、猫の場合も症状から新型コロナウイルスに感染したとされる特徴的な症状に乏しい点から、その判断は現段階では難しいと考えられます。今後、国内で犬や猫の発症報告が出た場合、それを精査しながら、どのようなリスクがあるのかを検討していくことになるかもしれません。

新型コロナウイルス感染症については、まずヒトの感染症であるという点が最も重要であり、愛犬・愛猫のことが心配というお気持ちは十分にお察ししますが、まず、ヒトの医療体制を安定することを最優先にする必要があります。

飼い犬や飼い猫が、新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触があったことが確認され、かつ、その後体調不良が生じた場合はまず、かかりつけの動物病院に連絡をして、その指示を受けてください」

もし飼い主が感染したら?

Q.飼い主の新型コロナウイルス感染が疑われる場合、犬や猫とはどのように接するべきでしょうか。

増田さん「前提として、飼い主さんが新型コロナウイルスに感染しないよう注意することが重要です。飼い主さんが感染してしまった場合、他の家族や動物との接触を避けることが対策となります。飼い主さんが入院する必要が生じた場合は、信頼のおける人にお世話をお願いしましょう。自宅で世話することが困難な場合も同様です。

東京都獣医師会からの飼い主さん向けのお知らせでは、犬や猫の被毛(体を覆っている毛)にウイルスが付着している可能性を考慮して、シャンプーを行うことが望ましく、キャリーバッグや首輪、リードなども、0.05%の濃度に薄めた家庭用塩素系漂白剤で拭き取った後、塩素を拭き取る目的で水拭きすることを推奨しています」

Q.それでは、飼い主の新型コロナウイルス感染が判明した場合、飼い犬や飼い猫はどうすべきでしょうか。

増田さん「先ほどお話をした、感染疑いの事例と同様の注意、対策をしてください。飼い主の感染が判明したケースでは、濃厚接触をしている可能性が高い犬や猫も極力、他の人と接触を避けることが望ましいでしょう。それでも、先ほど述べたシャンプーや消毒はしてください。

ただし、現状では、犬や猫が重症化するリスクはヒトと比べると限りなく低いわけですので、冷静な対応をお願いします」

Q.犬の散歩や普段の生活で、犬の感染予防のために気を付けるべきことはありますか。

増田さん「感染が心配な場合、人混みを避けることになりますが、そういう場所以外で感染する可能性は低いと考えられます。飼い主さんと犬とが極度に密接しないよう気を付けることも挙げられます。排せつの管理については、普段と同様の衛生管理に気を配っていただければよいかと思います」

Q.猫を飼っている人が、猫の感染予防のために気を付けるべきことはありますか。

増田さん「猫については、室内にいることが安全確保につながります。新型コロナウイルスに限らず、猫の他の感染症を予防する上でも重要です。基本的に猫については、新型コロナウイルスが大きな脅威になる可能性は極めて低いというのが現在の見解ですので、これまでと同じように愛情をもって接していただければと思います。

なお、犬、猫ともに、今回の回答はなるべく私見を排除し、公式にコメントを発表している獣医療の専門機関『日本臨床獣医学フォーラム』『公益社団法人東京都獣医師会』のアドバイスを参考にして一部引用しています。新型コロナウイルスに関する状況は日々変化していますので、両機関や厚生労働省のホームページなどで、新たな情報を確認するようにしてください」

オトナンサー編集部

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年