まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

「危ない!」子どもが道路に飛び出し。大声で止めたあと叱るのはNGだった

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

3~6歳児の現役パパママ300人が太鼓判を押した「親のひとこと」ベスト50が一冊に!『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典』(三笠書房)から、つい子どもに言いがちな言葉のベストな言い換えを紹介。今日からぜひ使ってみてくださいね。

>>『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典』の
  ほかの言い換えフレーズも見る

子どもが道路に飛び出しそう!

子どものとっさの行動に対して、子どもの身を案じたとはいえ、思わず大声を出してしまった場合、どんなフォローをすればいいのでしょうか。

3 1

家の前の道路に飛び出しそうになったマリちゃんに、
ママが大きな声を出して怒って止めました。
「マリ! 危ない!」
マリちゃんはびっくりして、怖くて泣いてしまいました。
ショックだったようで、泣き止みません。
「飛び出したマリが悪いんでしょ!」
マリちゃんはもっと悲しくなって大号泣です。

3 2

「あなたを守るために怒った」ときちんと説明しよう

言葉を発する時は、言葉を話すこと以外の行為も同時に実行しています。たとえば、「ごめんなさい」と言うのは、単に言葉を発しただけではなく、「謝罪」という行為を実行していることになります。
このように、言葉を発することによって実現される行為を「言語行為」といいます。同時に2つ以上の言語行為を実行していることも少なくありません。
注意しなくてはならないのは、「非難」や「命令」などのネガティブな言語行為を重ねてしまうこと。言いがちフレーズの例はその典型です。単に「質問」をするだけではなく、「非難」、そして裏の意味として泣くのをやめなさいと「命令」もしています。

一方、おすすめフレーズでは、まず「びっくりしたね」と子どもに共感を示したうえで、非難をせずに注意を促していることがポイントです。子どもがびっくりしていることをわかったうえで、「そういう気持ちなんだね」と寄り添い、道路に飛び出すと危険なこと、道路に飛び出してはいけないことを伝えてあげると、子どもはきちんと理解をしてくれます。
注意を促したい、危険なことを教えたい時ほど、言語行為がポジティブになるような声かけを意識するといいでしょう。

お母さん、お父さんへのアドバイス

子どもは怒られてしまった時に「嫌われてる」と感じてしまうものです。「言わなくてもわかってくれるだろう」ではなく、「大事だから怒っている」ことをきちんと伝えないとダメ。

「大事だから、守るために、つい怒っちゃったんだよ」ということを、言葉にして説明してあげて。そうすることで、愛情が伝わったり、嫌われてなかったと安心することにつながって、子どもは落ち着きやすくなります。

泣いてる子に何を言っても響かないので、時間が経って落ち着いたら、道路にはどんな危険があるのか、しっかりと教えてあげたい。

もっとやる気にさせる応用フレーズ

●車や自転車とぶつかったら大変だから飛び出さないように気をつけようね

●君がケガして、パパと一緒に遊べなくなったらパパは悲しい

(子どもの声かけ検討委員会・著、堀田秀吾・監修『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典 』(三笠書房)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

>>『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典』の
  ほかの言い換えフレーズも見る

<関連リンク>
【劇的に変わる叱り方】子どもにイライラしたときは、なでながら叱るべし『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』

【魔法の言葉】落ち着きのない子ども……「じっとして!」よりも効果的な声かけがあった!『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』

【悪魔の口ぐせ、使ってない?】親が無意識で言ってしまうNGな怒り方とは?『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』

書籍『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典』について

3~6歳までの子どものパパ、ママ300人にアンケートを行い、「どのような声かけをすれば、子どもがやる気になるのか」を徹底調査。
現役のパパ&ママが太鼓判を押したベスト50の声かけが掲載されています。

「ありがとうが、言えない」「嫌いな野菜が、食べられない」「できるのに、やりたがらない」……など、誰もが経験する育児シーンで、言いがちな言葉を効果的な言葉に言い換えて、お悩みを解決。親子のコミュニケーションを楽しめるようになります。

言いがち 「早く起きないと、遅れちゃうでしょ!」
おすすめ 「10数えるうちに起きないと、くすぐっちゃうぞ」

言いがち 「静かにしなさい!」
おすすめ 「ママにだけお話聞かせて?」

言いがち 「ほら、眠いんでしょ」
おすすめ 「じゃあ1分、とりあえず目をつぶってみよう?」

などなど、具体的な声がけの例と先輩パパ&ママのアドバイスが満載です。

堀田秀吾先生のプロフィール

明治大学法学部教授。法と言語科学研究所代表。
専門は社会言語学、理論言語学、心理言語学、神経言語学、法言語学、コミュニケーション論。研究においては、特に法というコンテキストにおけるコミュニケーションに関して、言語学、心理学、法学、脳科学など様々な学術分野の知見を融合したアプローチで分析を展開している。執筆活動においては、専門書に加えて、研究活動において得られた知見を活かして、一般書・ビジネス書・語学書を多数刊行している。アイドルのプロデュースから全国放送のワイドショーのレギュラー・コメンテーターなど、研究以外においても多岐に渡る活動を見せている。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。