まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > コロナ禍の入社シーズン マナー講師の私が新社会人に伝えたいこと

コロナ禍の入社シーズン マナー講師の私が新社会人に伝えたいこと

P R
P R
感染防止のため、間隔をあけて行われたコニカミノルタの入社式(2020年4月1日、時事)

感染防止のため、間隔をあけて行われたコニカミノルタの入社式(2020年4月1日、時事)

 新型コロナウイルスに関連した感染症などにより、被害に遭われた方々やご遺族に心より深くお悔やみ申し上げます。また、現在闘病中で、不安な思いを抱えながら過ごされていらっしゃる方々に心よりお見舞い申し上げます。

 このような時期に、誠に勝手ながら、この2週間に問い合わせや取材を頂いたテーマについて、筆者が専門としているマナー・人財育成の立場から記したいと思います。

「健康」を優先させるのもマナー

 新型コロナウイルスに関連し、今、世界中の人々の生活や仕事にさまざまな影響が出ていますが、その中の一つに「新入社員教育」の問題があります。例年であれば、4月1日の入社式や新入社員研修に向け、新入社員も企業の担当者たちも、緊張感やワクワク感の中、多用を極めていました。

 しかし、2020年は当初の計画を変更すべきか否か、各企業はその対応に追われ、苦渋の決断を強いられた現状があります。早期に方向性を決定した企業もあれば、ギリギリまで検討した企業もあり、環境などに応じてさまざまな状況があります。新入社員も、例年以上にさまざまな不安を抱えているのは想像にたやすいところです。

 新型コロナウイルスの影響で、経済的被害を受けている企業や人が相当な数であることは言うまでもありません。この時期、例年であれば、フレッシャーズやベテランも新年度に向け、スーツやかばん、靴、名刺入れなどを新調したり、飲食店もにぎわったりします。ところが、2020年は不要不急の外出は控えるとの通達も出ているため、これらの業界も深刻な状況です。

 それぞれに思うことはあるはずですが、けなげに従っている姿には感動すら覚えます。方々から聞こえる声は「自分がこのウイルスに感染したら、家族やペットなど周囲に迷惑をかける。だから、言われることを守っている」。自分より、まずは周囲、相手のことを思う心、気持ち、まさにマナーの神髄です。

 さて、コロナウイルスによる経済的影響は、春の新入社員研修の時期が繁忙期といわれてきたマナー講師たちも例外ではありません。新入社員研修を予定していた企業は集合型研修を中止したり、外部のマナー講師を招かずに、自社の社員で指導していく方向に切り替えたりする現状も少なくありません。

 もちろん、企業が個々の間隔を空けて座り、換気をよくし、マスク着用での研修や、リモート型で外部のマナー講師に依頼をしてくれれば、まだ救われることもあるでしょう。また、eラーニングなどに対応できるマナー会社や講師であれば、出張研修より1回の収入は少ないかもしれませんが、収入はゼロにはなりません。

 この20年間、筆者は多くのマナー講師を育成してきました。企業のビジネスマナー研修といえば、とかく、あいさつの仕方や電話応対、名刺交換の仕方などの「型」を指導するものと思われがちですが、筆者は「型」以前の「人」としてのあり方、社会人としての心の持ちようなどの「人間力」を養う人財育成を行った上で、さまざまなビジネスマナーのスタイルを伝える指導法を講師たちに徹底しています。

 例年この時期になると、「仕事中にマスク着用はマナー違反か」といった趣旨の取材をよく受けてきましたが、見た目以前にまずは命、健康を優先することもマナーの一つです。メディアは「マスク着用はマナー違反」というコメントを取りたかったのかもしれませんが、筆者はそういう考え方ではありません。

 マスク着用姿を不快に思う人も、今はそういうことを言っているときではありません。互いが互いを思いやるという一人一人のマナー力が、今後の社会を形成していくのです。マナーは決まり事ではなく、「TPPPO」。相手や状況などに応じた対応をするからこそ、お相手の満足などにつながるのです(「TPPPO」=「Time(時)」「Place(場所)」「Pearson(人、相手)」「Position(立場)」「Occasion(機会)」。

ビジネスマナーは心と形の両輪で

 新入社員研修のメインともいわれてきたビジネスマナーは、心と形の両輪をバランスよく身に付けることが大事です。それは、その後の社会生活や仕事生活で、スムーズな人間関係やコミュニケーションを取れる人として周囲にかわいがられ、結果を出せる人財に成長する礎となります。

 そういう指導をするマナー講師自身に、まずはビジネスマナーが身に付いていなければ本末転倒ですが、「○○会社様御中」「●●先生様」などと書いたり、「△△株式会社」「株式会社□□」と、前株と後株の違いを分かっていない、領収証の書き方を知らないマナー講師も実在します。正しい「型」を熟知したマナー講師だからこそ、心の重要性や人間力も伝えることができるのです。

 仕事が減少したとき、その分時間ができます。こういうときにこそ、自分を見つめ直し、その道の専門家としての知識をさらに身に付け、ブラッシュアップするかしないかで、その後の明暗が決まります。もちろん、筆者自身もそうです。

 飲食店のアルバイトで閉店を余儀なくされ、収入の見込みのない人たちが「互いに協力して頑張ろう」などとSNSでメッセージを発信なさっている姿に、敬服、感服の気持ちでいっぱいになります。同時に、元気も頂きます。さらには、感染者の方が実体験を公開し、感染拡大予防につながる行動を考えさせてくださっていることにも頭の下がる思いです。改めて、日本はマナーのある人が多いことに敬意を表したいと思います。

 入社式や新入社員研修が中止となり、入社はしたものの、いきなり自宅待機の指示。今後の社会生活に不安を抱えている新入社員も多いと思いますが、どうか自分一人ではないということを肝に銘じてほしいと思います。この思い、考え方は、会社の一員として社会に出て仕事をするときも必須で基本の考え方です。

 本やeラーニングなどで、ビジネスマナーの「型」を学ぶことも大事なことですが、それ以前のマナーの本質である「相手の立場に立つこと」「相手の立場に立てる自分作り」、そして、相手と自分が「Win−Win」「プラス−プラス」の関係を創造することの大切さを理解することで、社会人生活への活路が見いだせるのです。

マナーコンサルタント マナーズ博子

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年