まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > グルメ人が「また来ます!」と必ず言い残す大注目のビストロ! 食いしん坊が「本当に通いたい店」〜アンファス

グルメ人が「また来ます!」と必ず言い残す大注目のビストロ! 食いしん坊が「本当に通いたい店」〜アンファス

P R
P R
グルメ人が「また来ます!」と必ず言い残す大注目のビストロ! 食いしん坊が「本当に通いたい店」〜アンファス

グルメ人が「また来ます!」と必ず言い残す大注目のビストロ! 食いしん坊が「本当に通いたい店」〜アンファス

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

すっかりグルメの街として定着した人形町エリア。
その中でオープン当初から人気レストランの最前線にいる「アンファス」。

まるでシェフの亀山知彦さんのお家に招かれているような雰囲気と、外からでもそのおいしさと楽しさが伝わるせいか、通りすがりの人がつい扉を開けてしまう、そんなお店です。

カウンターのみ12席、手前だけ向かい合わせになる6席がありますカウンターのみ12席、手前だけ向かい合わせになる6席があります

雑誌掲載されたのを見たことがない(一誌だけ取材を受けたそうです)のに、業界ではすごいビストロと注目の的。
さらにグルメなお友達がこぞって「素晴らしい」「おいしい!」とSNSに投稿していて、これは行かねばと思っていました。

ところがオープンしたばかりなのにすでに予約困難!
行きたい想いは募るばかりで数ヶ月、なんと予約を持つお友達から奇跡のお誘いがあり、もちろん飛びつきましたよ。

これがアンファスとの出逢いとなり、今も通い続ける大好きなお店のひとつとなりました。

手書きの黒板メニューとか食器とか、インテリアのセンスも抜群です手書きの黒板メニューとか食器とか、インテリアのセンスも抜群です

だってお料理はおいしい、ワインは進む、そして何より亀山さんが出す空気感が良いのです。

ワンオペレーションなので、お料理を待つこともあります。
でもね、おいしい音や匂い、そこに居合わせた人たちの会話で、待っているのも楽しくなるから不思議。

それにこちらがおしゃべりに忙しいと亀山さんもオーダーを取りにきたりしないし、亀山さんがお料理に集中していると誰もオーダーしたりしない、何というか自由にここに居ることを楽しんでいる雰囲気なのです。

フワッフワの生ハムには季節のフルーツをフワッフワの生ハムには季節のフルーツを

ではこちらでふるまわれるお料理をいくつかご紹介しましょう。

私が毎回頼むのはこの生ハム。
お店には“ハムスライサーのフェラーリ”と呼ばれているイタリア製「ベルケル」の手動型が鎮座していて、これでイタリア・パルマ産の生ハムをスライスするとふわりとした極薄でなめらかな食感になるのです。
これを食べちゃうと、もう他の生ハムはいいかなぁって思ってしまうほど。

ちっちゃい車が買えちゃうお値段の「ベルケル」のスライサーですちっちゃい車が買えちゃうお値段の「ベルケル」のスライサーです

その生ハムをこんもりするくらいスライスして、柿だったりいちじくだったりと季節のフルーツを添えているのですが、今回は梨でした。
梨のシャリシャリ感と爽やかさがたまりません。

これで980円というのは、びっくりです。

「生ハムは採算度外視しています。でもせっかくこのスライサーがあるので生ハムのおいしさを味わってほしいから」と太っ腹。

「シャルキュトリーの盛り合わせ」(2,900円)「シャルキュトリーの盛り合わせ」(2,900円)

お次は「豚肉のリエット」「鶏レバームース」「パテドカンパーニュ」「ブータンノワール」「キャロットラペ」が、どどど〜んと一堂に集まった「シャルキュトリーの盛り合わせ」です。

これだけでお腹いっぱいになりそうなボリュームでしょ?

肉感がある、練らない「パテドカンパーニュ」とか、どれも味わったことがなく、困るくらいの超絶品ですが、さらに困るのがおいしすぎるパンの存在。

料理のボリュームを知っている人は絶対にセーブする“食べ過ぎ注意!”のパン料理のボリュームを知っている人は絶対にセーブする“食べ過ぎ注意!”のパン

そのパンとは「エクラデジュール」の「カンパーニュ」と「アン ヴデット」の「バゲット」。

両店のパティシエさんたちは亀山さんのパリ修業時代からの友人で、アンファスのために特別に焼いてくれているそうです。
亀山さんのお料理をずっと食べてきたからでしょうね、本当にピッタリで手が止まらなくなります。

でも、ここで調子こいて食べると本当にメインまでたどり着けないので我慢ガマン。

水タコ、キュウリ、トマト、ナス、イタリアンパセリ、クスクスが盛りだくさんの「水タコとクスクスのサラダ」(2,400円)水タコ、キュウリ、トマト、ナス、イタリアンパセリ、クスクスが盛りだくさんの「水タコとクスクスのサラダ」(2,400円)

お料理はどれも腹ペコさんを大満足させてくれるサービス満点のボリュームです。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、このクスクスのサラダは直径24cmの大皿にてんこ盛り状態です。
生ハム、シャルキュトリー盛り合わせを完食したら、この段階で大抵の人は腹パンになっているはずです。

寸胴鍋にいっぱいの「モン・サン・ミッシェル産ムール貝の白ワイン蒸し」(3,000円)寸胴鍋にいっぱいの「モン・サン・ミッシェル産ムール貝の白ワイン蒸し」(3,000円)

このサイズ感、日本ではなかなかお目にかかれませんが、それはこのお店のコンセプトである亀山さんが行きたいお店、つまりパリで修業していたビストロをイメージしているからです。

「量が多いのは食べて欲しいっていう想いがあふれちゃうからでしょうか(笑)。ビストロ料理の良さってシンプルで何を食べているかわかる、頭で考えるのではなく食べて素直においしいと感じられるところなんです。その方が雰囲気も会話も楽しめるんです」と亀山さん。

そう、アンファスって本当にそんな感じ。

メニューにあったら絶対食べたくなる「牡蠣とキノコのクリームグラタン」(1,900円)メニューにあったら絶対食べたくなる「牡蠣とキノコのクリームグラタン」(1,900円)

亀山さんは栃木県佐野市出身。ラーメンが有名すぎるあまり、フランス料理は地元にはほとんどなく、どうせなら未知の世界へ、と上京し調理師学校を卒業後、ビストロに就職。
みっちり下積みしてから、さらに本場の味を勉強するために渡仏。
パリに住んで生活することで地元の人がどうしてこの料理を食べるのかを肌で感じてきました。

「ガッチガチに予約して行く星付きのレストランではなく地元の人がふらっと立ち寄ってワインと料理2〜3品を食べて、また来るよって帰っていくビストロがすごく良いなって思って、そんな店を作りたかったんです」と、地元密着型のビストロにこだわり、また、一箇所に留まらず修業先を変えることでバスクやブルターニュといった様々な地方の郷土料理を学び、レパートリーを増やしてきました。

甘ったるくないのでいくらでも食べられそうな「いちじくの赤ワイン煮とヨーグルトアイス」(1,000円)甘ったるくないのでいくらでも食べられそうな「いちじくの赤ワイン煮とヨーグルトアイス」(1,000円)

帰国後は銀座「ル・ブール・ノワゼット」(現在は丸の内に移転)や、浜松町「レピフエドディーヌ」などでオープンからシェフを務め「レピフエドディーヌ」ではビブグルマンの星を4年連続獲るまでにし、1年の休養期間は豊洲の魚屋さんでお魚の勉強をしながら働き、アンファスをオープン。

プレオープンには12席の小さなお店に、待っていました!とお祝いに訪れた150人もの亀山ファンであふれてしまい、近所の人に「火事でもあったんじゃないか」と思われたそう。

すぐに近隣住民に愛される憩いの場となり、最近は周辺のレストランのシェフたちが休日にやってくるプロにも人気のお店なので、予約をゲットするのはなかなか難しい。

だから付近の方々は仕込み時間にお店を覗いて予約を取ったり、今日空いてる時間ある? と聞いて週2〜3回訪れている人も。
あぁ、そんなことができる地元民がうらやましい。

こんな真っ黒な「タルトタタン」(1,000円)にフロマージュブランを添えるなんて見たことない! けどめっちゃくちゃおいしいですこんな真っ黒な「タルトタタン」(1,000円)にフロマージュブランを添えるなんて見たことない! けどめっちゃくちゃおいしいです

そうそう、知らなかったけどコース(8,000円で生ハムもついてます)もあるそうで、貸切であればランチも営業してくれるそうです。

「みなさん、食べたいものがあるので、コースにたまたま入っていれば良いですが、そうもいかないとアラカルトになるみたいですね」と亀山さん。
なにせこのボリュームなので、2人だったらコースも良いかも。

亀山知彦さんのこの笑顔に癒される! 絶対また来ます!亀山知彦さんのこの笑顔に癒される! 絶対また来ます!

店名のアンファスとはフランス語で「向かい合う」という意味。
お料理だけじゃない、食材にもお客さまにも真摯に向かい合いたいという想いで名付けたそうです。

亀山さんを通してそこにいる人たちが仲良くなるし、なんならお料理をシェアし始めたりもします。

「うちは縛りがほぼありません。時間も決まっていませんし、自由に選んでもらえるようメニューも多めにしています。子供さんもOKなので週末はベビーカーを横に置いたご夫婦や、70歳過ぎの方がひとりでいらしたりもします。レストランは星の数ほどあるのに、うちを選んでいただいたからには私が出せる最高のものを提供したいという想いで作っています」と、亀山さん。

ここにはクラシックなビストロ料理に“亀山イズム”があふれる、どこにもない味わいのお料理と、温かくて楽チンで心地良い空間と自由がある。
お店がまるで亀山さんそのもの。

帰り際、みなさんが必ず言うのは「楽しかった、また来ます!」なのです。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年