まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 愛聴アルバムがプリントされているのに外では着られないバンドT

愛聴アルバムがプリントされているのに外では着られないバンドT

P R
P R
愛聴アルバムがプリントされているのに外では着られないバンドT

愛聴アルバムがプリントされているのに外では着られないバンドT

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」

Oasisと並び1990年代のブリットポップムーブメントを支えたバンド、Blurが1991年に発表したファーストアルバム『Leisure』。

このアルバムが大好きな僕はいまでもよく聴いていて、特にシングルカットされた7曲目の「There’s No Other Way」は珠玉の名曲だと思っている。
リアルタイムでは、学生時代に組んでいたバンドでコピーしていたし、いまでもカラオケにいけば必ず歌うほどだ。

ところで『Leisure』のジャケットは、なかなかぶっ飛んだもの。
花をあしらった派手なスウィムキャップをかぶった、眉毛がやたら濃い女性の顔のアップだ。
当時、音楽好きの間ではこのアルバムを指すとき「山瀬まみアルバム」と呼んだりしていたものだ。

この強烈な写真、アルバムのために撮り下ろされたものではなく、1956年に撮影された商業写真をトリミングして使ったものなのだそうだ。
ボーカルのデーモン・アルバーンがストックフォトの中から見つけて「美しい」と称賛し、そのままデビューアルバムのジャケットにしたのだという。

有名スタイリストは、「フォトTは女性がプリントされたものに限る」と言ったが……

で、僕はこのアルバムジャケットの写真をそのままプリントしたTシャツを持っている。

通販サイトで発見したとき、長年愛聴しているアルバムへの礼として、買っておかなければなるまいと思ったのだが、なかなか外に着ていく勇気が出ず、ほぼ寝巻きのような状態になっている。

フォトプリントTといえば僕は以前、あるムックの取材で、スタイリスト・野口強さんのTシャツコレクションを見せてもらったことがある。
野口さんは膨大な量のフォトTシャツを保有しているが、そのほとんどは女性の写真のプリントだった。
理由を聞くと、「だって、野郎の写真の服なんて着たくないでしょ」というシンプル至極な答えが返ってきた。

僕はバンドTシャツが大好きで、野口さんのコレクションには桁ひとつ及ばないが、結構な数を持っている。
でも男性のバンドが好きなので、バンドTは男の写真が中心。
これは好みと解釈によって人それぞれだからなんともいえないが、野郎の写真でも僕は別に嫌な感じはしない。

逆に決して外に着ていけないのが、この五十数年前の美女がプリントされたTシャツなのだ。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年