まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > スペイン坂のアジサイが満開! 「梅雨」と漢字にまつわるエトセトラ

スペイン坂のアジサイが満開! 「梅雨」と漢字にまつわるエトセトラ

P R
P R
雨に濡れるアジサイ(2019年6月、時事)

雨に濡れるアジサイ(2019年6月、時事)

 梅雨入りし、アークヒルズ・スペイン坂のアジサイが見頃を迎えています。4〜5月の暖かい気候が影響しているようです。今回は、田代幾美さん(会社員、ブロガー「100歳以上生きる!!」)、伊東稔さん(カイロプラクティック伊東=長野市=院長、漢検2級、整体師、カイロプラクター)に、梅雨にまつわる漢字のエピソードを伺いました。

梅雨の語源をご存じでしたか

 沖縄は5月には既に梅雨入りし、本州も梅雨入りしました。6月の雨が多い季節、または、そこで降る雨のことを「梅雨」と呼びますが、梅雨とは何なのでしょうか。

「新明解国語辞典(三省堂)によれば、6月から7月初めごろまで降り続く長雨と解説されています。では、なぜ梅雨の季節がやって来るのでしょうか。実は、世界中で梅雨があるわけではなく、東アジア特有の気候として知られています」(伊東さん)

「梅雨の語源として、中国では元々、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で『黴雨(ばいう)』と呼ばれていましたが、カビでは語感が悪いため、同じ『ばい』で季節に合った『梅』の字を使い『梅雨(ばいう)』になったとする説があります」

 確かに、「梅」の字を当てたことでさわやかさが増したように思えます。

「なぜ梅雨を『つゆ』と読むのでしょうか。いくつかの説があります。1つ目は『露(つゆ)』から連想したという説です。雨が降って植物に露が付いている状態が長く続くので、季節そのものを『つゆ』と表現したのでしょう。

2つ目は、梅の実が熟す時期だから、『つはる』から連想したという説です。古語で『つはる』は『(芽などが)外に現れようとする。芽ぐむ』の意味があります。現代の『妊娠の兆しが現れる』を意味する『つわり』の語源ともなる『つはる』から、梅の実が熟すことを『つはる』と表現し、それが変化して『つゆ』になったとの説です。

3つ目は、梅の実が熟してつぶれる時期なので『潰ゆ(つゆ)』と関連付けた説です」

 他にも、カビのせいで物が損なわれる「費ゆ(つひゆ)」から連想したなどの説もあるようです。カビがよくないことは昔の人も知っていたことでしょう。

「私は、『梅雨』を『つゆ』と読むのは『露』からの連想だと考えています。はっきりと語源が分からないほど昔からあった言葉だとする説が有力だと思います」

令和最初の夏がやって来ます

「令和の出典元となった、万葉集の『梅花の歌三十二首の序文』『于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香』は『時は初春の令よい月(『令』=物事のつやがあるように美しい)であり、空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉おしろいで装うように花咲き、蘭は身を飾る衣にまとう香のように薫らせる』という意味です」(田代さん)

「新たな時代が幕を開け、春から夏へと移ろってゆく。令和最初の夏はどのような季節になるのでしょうか。梅雨から盛夏へと向かってゆくときに、和歌や漢字を見ながら思いをはせるのも楽しいものです」

<ここで、読者の皆さまに例題があります>

 田代さんと伊東さんから、「雨」に関する例題が7問あります。漢字の読み方と意味が分かれば、かなりのセンスの持ち主ということになります。ぜひチャレンジしてください。

(1)五月雨(さみだれ)
→陰暦五月ごろに降る長雨。梅雨。

(2)黒雨(こくう)
→空を暗くするばかりに降る大雨。

(3)法雨(ほうう)
→仏語。仏の慈悲が衆生 (しゅじょう) をあまねく救うことを、雨が万物を潤すことに例えた語。のりのあめ。

(4)麦雨(ばくう)
→麦が熟する頃に降る雨。五月雨。

(5)怪雨(かいう)
→つむじ風で巻き上げられた土砂や魚、虫などが雨に交じって降ってくるもの。

(6)膏雨(こうう)
→農作物を潤し、生育を助ける雨。恵みの雨。甘雨。

(7)糠雨(ぬかあめ)
→霧のような細かい雨。霧雨。こぬかあめ。

 実は「アジサイ」は、中国では外来種である「ライラック」だったという説もあります。アジサイのかれんな咲き姿とともに、歴史のロマンを感じる、6月は梅雨のシーズン。家族サービスにアジサイの名所で漢字談義はいかがですか。文章を書きたくなったら拙著「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)もお勧めです。

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年