まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 「親として、子どもの夢を心から応援できない……」この葛藤にどう向き合っていけばいいのか

「親として、子どもの夢を心から応援できない……」この葛藤にどう向き合っていけばいいのか

P R
P R
「親として、子どもの夢を心から応援できない……」この葛藤にどう向き合っていけばいいのか

「親として、子どもの夢を心から応援できない……」この葛藤にどう向き合っていけばいいのか


takasuu/gettyimages

ライフオーガナイザー®︎ でサンキュ!STYLEライターの木村みずきです。

いよいよ春めいてきましたね。春といえば『始まり』の季節。
転職や異動、人との出会い……大人だけでなく子どもたちも新しい環境になんだかワクワク、夢がふくらみますね。

今回はその『夢』について。
子どもが目を輝かせて「〇〇になりたい!」と言ってきたけれど、内心(え〜!頼むからほかのにして〜!!)なんて胸がザワつくこと、ありませんか?

そんなとき、子どもの気持ちを否定せずに応援できるようになる、心の捉え方についてお話します。

夢がある・言えるだけで◎!



だれだって自分の子どもには幸せになってほしいし、成功もしてほしいですよね。では、子どもに突然「ユーチューバーになりたい!」なんて言われたら、どうでしょう?

(ユ、ユーチューバー?!そんなものでいつまでも食べていけないじゃない!)私たちのころにはなかった仕事、心の拒否センサーがブーブー鳴りそうですね。

じゃあいつの時代も小学生に大人気の「サッカー選手」なら?(なれる人は本当に一握りだから……)とやっぱり心から応援できない気持ちになるのも、子どもの幸せを願うからこその想い。

それでは、あなたが子どものときはどうでしたか?お父さんやお母さんはあなたの夢を応援してくれましたか?

私は小学生のとき「ピアノ」を仕事にしたいと思っていました。

でも、小学生3年生のピアノのレッスンで「将来プロになりたい?それとも趣味で弾きたい?」と先生に聞かれたとき、どうしても『プロ』という言葉が言えなかったのです。

なぜなら自信がなかったから!そんなこと自分が言うなんて恥ずかしいと思っていました。それに「仕事にするのはたいへん」と言われるのが目に見えていたので、親にも言えませんでした。でも今は言えなかったことを後悔しています。もの忘れのひどい私でもはっきり覚えています。

だから子どもが「〇〇になりたい!」と言ってくれたら、私はそれだけで素直にうれしい!それはきっと親を信頼している証拠。だからどんな夢でも、まずは否定せず受け止めてあげてほしいのです。

夢を決められるのは本人だけ



それでは、ここでイメージワークをしてみましょう!

仮に、子どもがなりたい夢をあなたは応援せず、ほかの仕事や働き方をすすめたとしましょう。子どもは素直にきいて、それに向かって勉強しました。

そしてときは経ち、子どももあっという間に社会人数年目。しかし、働きながら「何か違う!」とモヤモヤし始めました(やっぱりあれがやりたかった……あのとき、親に言われなければ……)。

そう悩んでいる我が子。そう思われているあなた。今何を感じましたか?

起こりうる不幸な未来は「やりたい夢に全力で向き合ったけど、うまくいかなかったこと」ではなく「本人がやりたかったことが親のせいでめざせなかった」と恨まれることなんじゃないかな、と思います。

親はプロセスだけ見る



でも嫌なものは嫌!我が子を大事に思う親だからこその感情ですよね。なのでここはひとつ、親であることをいったん忘れちゃいましょう!

私は『職業紹介所』になりきります。

「そうですか!ではこんなお仕事がありますよ〜。あんなお仕事もありますよ〜」希望は聞く。持っている限りの情報を提供する。そしてプロセスを見守る。

プロセスって、本人ががんばっても子どもだけでは限界があります。ネットで調べられるからこその混乱だってある。

「そもそもやりたいことが本当にその仕事になるのか?それならこういう仕事も希望に合うかもしれないよ?」と広い視野で見られるのは、大人ならでは。

そこで力になれるのなら、専属・職業紹介所として全力でプロセスだけに関わってみませんか?夢は変わるかもしれないけれど、そのプロセスは必ず次に生かせるはず。

そう信じて、我が家は今日も「お馬さんのお医者さんになりたい」娘のために面白い本を見つけ、「先生になりたい」息子のために生徒の役を演じています。

さて、お次は何がくるかな。

この記事を書いたのは・・・木村みずき


ライフオーガナイザー®︎(あたまとこころのやさしい整理術)
「家族の幸せはママの幸せから」自分を見失いがちなママが本来の自分らしさを取り戻し、夫婦と親子それぞれの幸せが見つかる生き方を応援します。現在コーチ・カウンセラーをめざして勉強中。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年