まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

P R
P R
1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

焼ニシュラン2019も遂に最後の1つ星焼肉店の発表。

数は多いが、その全てが一度は行くべき焼肉店なので、ぜひ制覇してみて欲しい。

☆【和牛と小麦粉のハイレベルな融合を成し遂げた焼肉】[和牛焼肉KIM 白金本店/茅場町店]

肉好きの間で「パン工場」と呼ばれる焼肉店が存在する。

料理長はもちろん「ジャムおじさん」。
洋食などの料理人を経て焼肉の世界に入り、10年以上の経験を活かした焼肉はもちろん旨い。

だが、それ以上に和牛と小麦粉のマリアージュを楽しませてくれる肉料理の数々には魅了されっぱなしだ。

極上の和牛を使って作られたカレーが食べれるお店は何店かあるが、それを使ったカレーパンが食べれるお店は他にないだろう。
厳選した小麦粉からこねて発酵させたパン生地のカレーパンは全てジャムおじさんの手作り。

これ以上のカレーパンは食べたことがない。

また、バンズから手作りのハンバーガーも忘れてはならない。
一口頬張った瞬間に小麦の香りに包まれ、肉々しいパティとソースの旨味が押し寄せる。

和牛と小麦の最高峰のマリアージュをぜひ堪能して欲しい。

カレーパンの最高峰はこれだ!カレーパンの最高峰はこれだ!

☆【唯一無二の暴力的な塩ダレ】[静龍苑]

とにかくパンチの効いた塩ダレが最高なのが静龍苑。

その旨さが爆発するのがやはりタン。
タンから溢れ出る肉汁と塩ダレのマリアージュは、脳まで響くインパクト。

静龍苑名物のタンはタン塩と中タン塩の2種類で、タン塩の方が根元のより上質な部分。
タン塩は当然の如く旨いが、中タン塩のサクサク感も素晴らしく、値段の差を考えると、中タン塩で満足出来てしまう。

森下から清澄白河に移転後、味付けが若干上品になった感じはあるが、最近の若いお客さんの好みに合わせて進化する老舗の底力だろう。

肉汁と塩ダレの暴力的な旨さが脳にガツンと響く肉汁と塩ダレの暴力的な旨さが脳にガツンと響く

☆【安くて旨い、ノスタルジックな焼肉】[味楽亭]

京成線の新三河島のというマイナーな駅(新三河島の方、申し訳ありません)を降りると、すでにそこは昭和の雰囲気がそのまま残っている。

駅から徒歩で2分程度だろうか、味楽亭の看板を見つけたら中に飛び込んで欲しい。

昔ながらの丁寧な仕事と新鮮なホルモン、そして美味しいタレ。
焼肉好きが求める全てがそこには揃っている。

オススメはまず上タン塩。
分厚いタンをロースターで焼きあげれば、サクサクとした心地よい食感に包まれる。

他にも絶対食べてもらいたいメニューとしては上ミノとヤン。
食感を活かすカットが美しく、ザクっとした食感についついトングを持つ手にも力が入る。

事前に予約しなくても、食べたい時にふらっと入れる貴重な名店である。

絶対にオーダーして欲しい上タン塩絶対にオーダーして欲しい上タン塩

☆【まだまだ知られていない未知の名店】[炭火庭]

炭火庭、通称、庭にわが本当に素晴らしい。

ひっきりなしに入店してくる地元のお客さんの多さが、庭の良さを物語っている。

何を食べてもハズレはないのが庭だが、特上タン塩には驚かされた。
厚切りもあるようだが、薄切りで十分だと思う。
と言っても薄切りと呼ぶにはしっかりとした厚さがある。

ピンク色の肉肌、細かなサシが驚くほど美しいピンク色の肉肌、細かなサシが驚くほど美しい

☆【西新宿に存在する最先端の昭和焼肉】[若葉]

昔は写真撮影禁止であったが、最近解禁になったそう。

最近流行のド派手な焼肉ではなく、昭和を感じさせる焼肉ながら、基本的にはコース。

当然ウニやキャビアは登場せず、あくまでもオーソドックスな焼肉。
それでいて、随所にオリジナリティが見えるのに惹かれる。

コプチャンの脂を吸わせた茄子や、強い脂に合わせる酢など、とにかく工夫が素晴らしい。

昭和焼肉は一体どこまで進化と革命を続けるのか……!?昭和焼肉は一体どこまで進化と革命を続けるのか……!?

☆【大阪らしいノリノリやっちゃん劇場】[焼肉やっちゃん 京橋店]

大阪焼肉らしさ満載の「ちゃん系」の中でも若手No.1といえばやっちゃんに尽きる。

カウンターから見える手際の良い仕事、お手頃な値段で楽しませてくれる旨い焼肉。
焼肉という文化が根付いた街に相応しい極上の空間がそこにある。

タンもハラミもホルモンも、何を頼んでも満足できる。

大阪焼肉の若手No.1といえばここ!大阪焼肉の若手No.1といえばここ!

☆【わざわざ茨城まで車を走らせたくなる焼肉】[翔苑]

茨城県の水戸にある翔苑。

独自のルートで仕入れる、地元茨城の常陸牛のタンやハラミは最上級品。
全体的にパンチを効かせた味付けで、お肉とニンニクの相性の良さを再認識させてくれる。

黒タンは事前予約がマスト。

肉好きを名乗るなら、この極上ハラミを求めて茨城まで足を運ぶのは当然肉好きを名乗るなら、この極上ハラミを求めて茨城まで足を運ぶのは当然

☆【東北を代表する極上焼肉】[龍園]

岩手県の奥州にある伝説的な名店。

まず何を食べても安くて旨い。
個人的にハマったのはタンとハラミ。

地方で焼肉を食べる醍醐味を存分に感じさせてくれる。

東北を代表する名店で、肉バカがハマったハラミがこれだ!東北を代表する名店で、肉バカがハマったハラミがこれだ!

☆【川崎の金竜山】[好楽園]

勝手に「川崎の金竜山」と呼んでいる川崎の楽園。

リブロースの芯や巻きをカルビとして食べさせてくれるのだが、その霜降りによる脂の重たさを感じさせないタレのクオリティが凄い。

もちろんご飯が進んで仕方ない。

食べたいメニューを片っ端からオーダーして、一気に食べるのが好楽園には合っている。

極上ダレのクオリティがすさまじい極上ダレのクオリティがすさまじい

☆【ハイクオリティホルモン焼き店の飲み放題セルフ焼肉】[三百屋 F3]

神泉にあるホルモン焼きの名店、三百屋。

1階は通常のホルモン焼き、2階はコース仕立てのホルモン割烹、そして3階にオープンしたのが三百屋F3。

流行の飲み放題付きセルフ焼肉だが、そのクオリティがホルモン好きを唸らせる。

三百屋で普通に食事をしたことがある人なら想像付きだろうが、あのクオリティがF3でも再現されているのだ。

飲み放題付きセルフ焼肉の常識を覆すレベルの高さ飲み放題付きセルフ焼肉の常識を覆すレベルの高さ

☆【うしごろ系列の底上げを感じるクオリティ】[うしごろバンビーナ 銀座店]

何年も前に恵比寿にあるうしごろバンビーナに入ったことがあった。

カジュアルにおしゃれな焼肉を楽しむことが出来る良いお店であったので、人に勧めることは出来るが自分では滅多に行かないジャンルの焼肉という印象。

ところが、会社の忘年会で銀座店にいって、その進化に驚かされた。
のざき牛を中心に揃えられたお肉は、脂があっさりとしていて噛むほどに旨みが溢れる。

多店舗展開といって敬遠していた自分が恥ずかしいレベルだ。

チェーン店を侮ってはいけなかった!チェーン店を侮ってはいけなかった!

☆【銀座の路地裏にひっそりと佇むカオス】[都内某所T]

銀座の焼きにいえばオシャレな高級焼肉を想像するが、そんなイメージとは似ても似つかぬ焼肉店がある。

今時のビルが並ぶ通りを路地に入ると赤い看板が目印。
女店主のワンオペなので、オーダーは手短に一気に決めてしまおう。

お店の看板メニューはロース。

薄切りにしたお肉を甘みのある独特なタレでつけ焼きに。
ロースターの火力の弱い真ん中で焼くことを指示されるが、これを守らないと女店主に怒られる。
どこまでも柔らかなロースをタレが包み込み、中毒になるほどの美味しさがある。

店名を公表しないが、生粋の焼肉好きであれば、自然と辿り着くだろう。

病みつきになるうまさとは、まさにこのこと病みつきになるうまさとは、まさにこのこと

☆【東京ベスト3に入るスーパーニンニク焼肉】[都内某所S]

西東京市にあるS。

恵比寿にある名店(焼ニシュラン2つ星)出身の店主が鮮度抜群なホルモンを丁寧な仕事で昇華させている。

店主は仕入れが大変だというが、タンやハラミは文句なしの極上品。
それらをたっぷりのニンニクに絡ませ焼く。

食欲を刺激する香りが立ち込めるが、焼き上がるまでとにかく我慢。

その我慢の先にある至福は何物にも変えがたい。

我慢こそ最高のスパイス!?我慢こそ最高のスパイス!?

☆【ハワイからやってきた黒船】[焼肉冷麺ユッチャン。]

ハワイで人気のユッチャンが六本木にオープン。

ハワイの同店譲りの冷麺とLAカルビだけでなく、日本では焼肉も外せない。

あえて希少部位をうたうようなお店ではく、メニューはシンプルにカルビやロースという言葉が並ぶ。
個人的にはザブトンを使った上カルビやシンシンなどが使われる赤身を毎回オーダーしてしまう。

肩肘張らずに焼肉を楽しめる貴重な存在だ。

肉バカが必ずオーダーするザブトンの上カルビ肉バカが必ずオーダーするザブトンの上カルビ

☆【線路沿いで食べる極上ハラミ】[光陽]

大崎駅から徒歩1分。
線路沿いにあるオンボロの看板に哀愁を感じさせる焼肉店、光陽。

外観からはあまり期待が高まらないが、お皿が運ばれてくると状況が一変する。

特に肉厚なハラミは秀逸。

仕入れ業者との長い付き合いだけが、こんな仕入れを可能にしているのだろう。

外観からは想像できない極上ハラミが待っている外観からは想像できない極上ハラミが待っている

☆【内臓卸の直営店だからこそ可能な極上のホルモン】[松阪牛 田じま]

東陽町にある田じまは、東京食肉市場の内臓卸である田島商店直営の焼肉店。

とにかくその強靭な仕入れ力をまざまざと見せつけられる。

どこの焼肉店でも品薄なタンやハラミは、常時在庫があり、いつ行っても最高のクオリティだ。
それ以外のホルモンも鮮度抜群で、臭みなど一切感じられない。

内臓好きの聖地がここにある。

内臓卸会社直営店ならではの仕入れ力で、肉のクオリティでは他店の追随を許さない内臓卸会社直営店ならではの仕入れ力で、肉のクオリティでは他店の追随を許さない

☆【衰えぬ爆発力を持った焼肉】[焼肉酒家 傳々]

10年ほど前は毎月の様に通った傳々。

今ではその頻度も落ちたが、変わらず通い続けている。
その理由は、焼肉の基本ともいえるニンニク、ネギ、ごま油という三種の神器の使い方が天才的だから。

もちろん、仕入れているホルモンやお肉も良い。

ニンニク、ネギ、ごま油。この天才的なバランスが味わえるのは「傳々」だけニンニク、ネギ、ごま油。この天才的なバランスが味わえるのは「傳々」だけ

☆【大阪府大正区にあるこだわりの仕入れ】[たつみ]

肉バカが勝手に抱いている大阪焼肉のイメージから逸脱してるのがたつみ。

手頃な値段の仕入れではなく、生産者までこだわり抜いた仕入れで魅せてくれるのだ。

しっかりとした肉の味で勝負する焼肉は、いくらでも食べてしまいそうになる。

肉バカの大阪焼肉に対する固定観念の壊してくれた名店肉バカの大阪焼肉に対する固定観念の壊してくれた名店

☆【老舗中の老舗焼肉】[スタミナ苑(北砂)]

江東区北砂にあるスタミナ苑。

有名な鹿浜のスタミナ苑とは一切関係がない。
ただし、創業は70年ほどの超につく老舗だ。

老舗の看板に胡座をかく事なく、常に進化を続ける姿にリスペクト。

貪欲に進化を続ける下町焼肉の超老舗貪欲に進化を続ける下町焼肉の超老舗

☆【阿佐ヶ谷にあった超名店焼肉】[香苑]

残念ながら、今はもう香苑はない。
2019年に閉店してしまったのだ。

ごま油をたっぷりと入れたお皿に盛られたお肉はどれも美味しかった。

肉バカも閉店のちょっと前に初めて行ったニワカファンだが、あの味がもう食べれないのは悲しい。

肉バカも一度しか行けなかったことが悔やまれる肉バカも一度しか行けなかったことが悔やまれる

☆【月島を再び焼肉激戦区にする新店】[月島焼肉 牛タン処 兎月]

店主は元々月島の「傳々」出身。
そこから湯島の「一輪咲いても花は花。」で働き、今回地元月島で独立を飾った。

焼肉は間違いなく美味しいが、個人的には餃子や唐揚げといった牛肉料理の数々。

お酒は飲めないが、これをつまみに烏龍茶を飲むのが至福なのだ。

一口噛めば熱々の肉汁が溢れ出すホルモン餃子一口噛めば熱々の肉汁が溢れ出すホルモン餃子

☆【ホルモンの名店出身の店主が繰り出すホルモン焼き】[新井屋 阿佐ヶ谷店]

ホルモン焼きの名店として知られる山田屋出身の店主がオープンさせた新井屋。

店主の履歴書通り、タンやハラミの仕入れは素晴らしいのひとこと。

肉好きなのが伝わる店主の笑顔が、さらに美味しい調味料になっている。

店主の肉愛を感じる上質なタン店主の肉愛を感じる上質なタン

☆【三宿にある隠れ家】[かくれ家]

希少部位を売りにした焼肉全盛の時代にかなり絞ったメニュー構成なのがかくれ家。

焼肉はヒレやサーロイン、リブロースが中心で、さらにタンも抜群に旨い。

10年くらいご無沙汰していたが、変わらぬクオリティに驚かされた。

厳選された希少部位がそろう、三宿の隠れ家厳選された希少部位がそろう、三宿の隠れ家

☆【店主の勧める並が間違いない】[清香園]

肉バカの住んでいる千葉にある貴重な名店。

メニューを見て悩んでいると、優しく並を勧めてくれるのも嬉しいが、それ以上に並がちゃんと旨い。

たまに化調のインパクトが強すぎることもあるが、これはこれで嫌いじゃない。

店主の言葉を信じて、まずは並を注文すれば間違いない店主の言葉を信じて、まずは並を注文すれば間違いない

☆【予約の入った日だけ営業するカオス焼肉】[都内某所K]

江戸川区に存在するK。

予約の入った日のみ営業すると言うスタイルながら、美味しい焼肉を食べさせてくれる。

お世辞にも店内はキレイとは言えないが、そんなことを気にするのがバカらしく感じるほどの素晴らしさがある。

肉好きを自称するなら自力でたどり着いて欲しい肉好きを自称するなら自力でたどり着いて欲しい
P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年