Visa LINE Payクレジットカードの口コミ・評判|他社との比較やお得な入会キャンペーンも紹介

Visa LINE Payクレジットカードは、毎日の買い物でLINEポイントが貯められるクレジットカードです。年会費永年無料のカードでありながら還元率は1%と高く、LINE Payのチャージ&ペイに登録も可能なので、各種LINEサービスを利用している方にはメリットが豊富。

しかし、いざVisa LINE Payクレジットカードを作ろうと思っても、「保険などの付帯サービスはあるのか?」「LINE利用者以外にもメリットがあるのか?」と不安な方もいるでしょう。

そこで今回は、Visa LINE Payクレジットカードを実際に利用しているユーザーから口コミを集め、編集部で独自に調査を行いました。Visa LINE Payクレジットカードの基本情報やメリットだけでなく、ユーザーから集めたお得な活用術や他社カードと比較した結果も紹介しています。この記事を参考に、自分に合ったカードか確認してください。

\年会費永年無料/

Visa LINE Payクレジットカードの評判|良い口コミとその他の口コミを紹介

では、さっそくVisa LINE Payクレジットカードの口コミを紹介します。Visa LINE Payクレジットカードのメリットやデメリットがよくわかる口コミをピックアップしていますので、それぞれ見ていきましょう。

Visa LINE Payクレジットカードの良い口コミ

良い口コミには、Visa LINE Payクレジットカードで買い物をするだけでLINEポイントが貯められることや、LINE Payのチャージ&ペイに登録できることをメリットに感じている声が多く挙がりました。また、年会費が永年無料で利用できることをメリットに感じている方もいました。

  • 男性/40代/会社員/年収300〜500万円/鳥取県
    【買い物でLINEポイントを貯められる】 Visa LINE Payカードを使用してみて、メリットだと思ったことは、やはりLINEポイントが貯まるという点です。
  • 男性/30代/会社員/年収300〜500万円/大阪府
    【LINE Payのチャージ&ペイに登録できる】 Visa LINE Payクレジットカードを利用してメリットに感じている点は、LINE Payの「チャージ&ペイ」を利用することができるようになったこともあるのですが、「ポイント還元率が持っているカードの中でも高い」ところがメリットだと感じています。
  • 女性/20代/自営業/年収100万円以下/宮崎県
    【年会費が永年無料】 大体のクレジットカードは年会費があるのですが、こちらは永年無料で安心して使い続けられますし、たまに使う用でも持っていて損はないところも気に入っています。
  • \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードのその他の口コミ

  • 女性/20代/学生/年収100万円以下/愛知県
    【貯まったポイントでスタンプを買える】 貯まったLINEポイントでLINEスタンプが買えたら嬉しいなと感じたのもあって、LINEポイント還元があるカードを選びました。
  • 男性/30代/会社員/年収300〜500万円/大阪府
    【普段からLINE Payを利用しているから選んだ】 自分はモバイル決済として「LINEPay」を利用しているため、「チャージ&ペイ」が利用することができるようになるので、このカードを選びました。
  • 女性/40代/パート・アルバイト/年収100〜300万円/埼玉県
    【通知がくるので管理がしやすい】 使用したら直ぐLINEで通知が来る。元々チャージしながら使用していて家計簿をつけるのが面倒だったので通知が毎回あるので自宅に帰宅してから使いすぎなどなくなった。
  • \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードの口コミ・評判の分析まとめ

    ここからは、メリット・デメリットだけでなく、Visa LINE Payクレジットカードを選んだ理由や利用者だから知っているお得な活用術も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    総合評価
    3.8

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \年会費永年無料/

    口コミ詳細

    5.0
    女性/50代/その他/年収100〜300万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):5/付帯サービス:5/会員サイト・アプリ:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ラインポイントがたまるというところがとてもいいなと思いました。チャージも不要で年会費も不要なところがとても使いやすくていいなと思いました。カードタイプとカードレスタイプが選べるところもとてもいいなと思いました。海外旅行傷害保険もついているので、海外旅行に行っても安心だなあと思い、申し込みも簡単なので選びました
    • メリット
      とにかく簡単に使えるところがいいと思います。いろいろなお店でつかえるのがとても便利です。とにかくLINEポイントがたまるというところがとてもいいなと思いました。インターネットで申し込みができるのでとても便利です。サポートも24時間無休で対応してくれるのでどんなことがあってもすぐに聞けてとても安心できます。
    • デメリット
      満18歳以上でないと申し込みができないところがちょっと不便かなあと思ったりしました。証明書に運転免許証しか使えないので、それがちょっと不便だなと思いました。保険証書でも証明書として使えたら簡単でいいのになあと思いました。自宅にカードが届くまで、申し込みから1週間かかるのがちょっと時間がかかっていやだなと思いました
    • お得な活用術
      いろいろなお店で使って、ポイントをためるととてもお得に使えていいと思います。いろいろなお店で気軽に使えますし、カードレスならスマホをかざすだけで使えるところがとても便利でいいです。いろいろなお店で使えば使うほどポイントがたまるところがとても便利で、お得な使い方だと思います。どんどん使ってポイントをためるのがいいです
    4.2
    女性/30代/会社役員/年収500〜700万円/東京都
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:3/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      Visa LINE Payクレジットカードを選んだ理由は、東京オリンピックとコラボがありカードのデザインがカッコ良く、4年に1度しかない記念になると思ったからです。もともと LINE Payを使っていたので、どうせ使うなら記念のデザインのやつにしようと思いました。カードを使うとポイントが返ってくるので、これもカードを作った決め手です。
    • メリット
      他のクレジットカードも所有してはいますが、Visa LINE Payクレジットカードを利用して、メリットと感じたことは現金で支払いするよりこのカードを使って支払いしたほうがポイントとしてキャッシュバックされるのとその返ってきたLINEポイントでスタンプを買ったり背景のデザインを買ったりして楽しめているのがとても良いと思いました。
    • デメリット
      このカードのデメリットは、やはりクレジットカードなので買いたい分だけ買えてしまうことです。また、ポイントの還元率も前よりは少なくなってしまったので、このカードをメインにしていた私にとってはかなりのショックでした。たしか1%しか還元されなくなりました。年会費は無料でとても良いのですが、それが残念なポイントでもあります。
    • お得な活用術
      チャージをしても使えるし、クレジットカードとしても使えるので公共料金の支払いやコンビニなどでのバーコード決済でもポイントがたまりますので、現金を持ち歩かなくてもケータイ1つで済んでしまうところがオススメです。スーパーでも買い物や、ネットショッピングで主にこちらのカードを使用しています。気づくとポイントが貯まっています。
    4.2
    女性/20代/学生/年収100万円以下/愛知県
    年会費:4/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      物の管理に自信がないので、クレジットカードやポイントカードなどはあまり持たないようにしていました。カードレスタイプがあり、スマートフォンでのお金の管理にあまり抵抗がなかったので選びました。貯まったLINEポイントでLINEスタンプが買えたら嬉しいなと感じたのもあって、LINEポイント還元があるカードを選びました。
    • メリット
      学生なので日用品や食料品などの買い物でしか使えず、少額の利用ですがLINEポイントがちょこちょこ貯められます。家族で共有するものを買うときは親が別のクレジットカードで決済しています。親にその都度伺いを立てなくてもいいような、少額の買い物を近所でする分でしか使っていませんがその範囲内では手軽で使い勝手が良いと感じています。
    • デメリット
      愛知県名古屋市と静岡県の田舎の方を行ったり来たりする生活を送っているのですが、街中では店員も戸惑われずに決済ができますが、田舎の方に行くとなかなかこの決済をする人がいないのか若干戸惑われることがあります。また、もっとLINEポイントが貯められたらいいのになと思います。もう少しLINEポイントの還元が良くなれば使う幅が広がるのになと思います。
    • お得な活用術
      現在、学生で日常生活で必要な物の大半は親に買ってもらっていて、運ぶのが大変なものとかは別のクレジットカードでネットショッピングで買っています。それ以外の買い物で、近所の薬局やスーパーなどで買い物をする分には送料等を気にしないで良いので、使い勝手が良いと思います。都会の方で化粧品や飲み物を現金で払わずに、このカードを使って決済すればLINEポイントが貯められるのでこの使い方はおすすめです。
    4.2
    男性/40代/会社員/年収300〜500万円/鳥取県
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:5〜10万円未満
    • 選んだ理由
      VisaLINEpayカードを選んだ理由は、まず何と言っても年会費が無料である事です。年会費が無料とはいっても、更に永年無料という点においては他のカードと十分に差別化できるほど魅力的だと思います。もうひとつは豊富なラインナップであることです。通常のカード決済の他にも、Visa等の様々な用途に応じて使用出来るというのが選んだ理由です。
    • メリット
      VisaLINEpayカードを使用してみて、メリットだと思ったことは、やはりLINEポイントが貯まるという点です。ポイントが貯まるのは勿論いい事なのですが、そのポインは1ポイント1円に還元が可能で、オンラインショッピングや、請求書のお支払いなど、自分も色々な用途でポイントを有効に活用出来たのがとてもお得でした。
    • デメリット
      LINEpayカードを使用してみてデメリットだと感じたことは、あまり無いのですが、強いて言うのであれば、ネットショッピングやカード決済をしない人や、そもそもカードを作らない人にはポイント還元も少ないし、そもそも使用する機会があまり無いとおもうので、そういった方にはLINEpayカードはオススメできないという点です。
    • お得な活用術
      VisaLINEpayカードの活用術は、支払い通知がすぐにLINEで届くことです。チャージした際や、クレジットカード決済をした際の利用内容をすぐにLINEで確認できます。これによりカードの使いすぎや、身に覚えがない悪質な利用があってもすぐに分かるので安心です。更に、これは自分の活用方法なのですが、プッシュ通知にしておくとわざわざLINEを開かずにすぐに分かるのでいい活用術だと思います。
    4.0
    男性/30代/会社員/年収300〜500万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):5/付帯サービス:1/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      Visa LINE Payクレジットカードを選んだ理由は、自分はモバイル決済として「LINEPay」を利用しているため、「チャージ&ペイ」が利用することができるようになるので、このカードを選びました。支払いの度に必要な分だけカードから残高チャージをして決済することができるので、とても便利だと感じたので申し込みしました。
    • メリット
      Visa LINE Payクレジットカードを利用してメリットに感じている点は、LINE Payの「チャージ&ペイ」を利用することができるようになったこともあるのですが、「ポイント還元率が持っているカードの中でも高い」ところがメリットだと感じています。Visa LINE Payクレジットカードは、カードショッピング時の還元率は一律で「2.0%」も貰えるため、ポイントが貯まりやすくなっているところがメリットだと感じています。
    • デメリット
      Visa LINE Payクレジットカードを利用していてデメリットだと感じている点は、「特約店がない」ところです。他のクレジットカードだと、提携している店舗で使うとポイント還元率がアップするというサービスが設けられていたりしますが、Visa LINE Payクレジットカードには、その特約店がありません。あと、保険や優待特典がほとんどないところもデメリットだと感じています。
    • お得な活用術
      Visa LINE Payクレジットカードのお得な使い方としては、カードを使う買い物は全てこのカードを使うことです。Visa LINE Payクレジットカードは、ポイント還元率が一律で2%もあるので、なるべくこのカードで買い物しておけば、それだけポイントが返ってきます。ポイントが貯まりやすいのがVisa LINE Payクレジットカードだと思っています。
    4.0
    男性/30代/会社員/年収700〜1,000万円/東京都
    年会費:4/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:15〜20万円未満
    • 選んだ理由
      選んだ理由はカードの還元率が常時2.0%と、とても高い水準だったからです。楽天カードが1.0%なので、単純に比較すると2倍の還元率です。さまざまな電子マネーと連携可能通常のクレジットカードの連携と違ってチャージ&ペイなら0.5%のポイント還元があるので、LINE PAYユーザーならよりお得に買い物ができます。
    • メリット
      還元率2.0%は一般的なクレジットカードなら、特約店でポイントアップしないと届かないようなレベルだと思います。チャージ&ペイは事前に残高をチャージしなくても、LINE Payでの支払いができる機能なので、商品を購入後、その値段分が登録したVisa LINE Payクレジットカードから差し引かれます。財布を持ち歩かなくても、スマホさえあれば買い物ができるのが便利です。
    • デメリット
      個人的な好みの問題になりますが、カードのデザインがあまり好みではありません。LINEのイメージカラーもわかるのですが、もう少しデザイン性があるといいなと思います。また、他のカードにはあるような保険や優待特典がほとんどないところはネックです。旅先での補償が充実したカードやレジャー、グルメをお得に楽しみたいという人は向いていないかもしれません。
    • お得な活用術
      チャージ&ペイは、LINE PayアカウントとVisa LINE Payクレジットカード、もしくは三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードを連携することで、チャージしなくてもできる利用できる決済方法では便利で、チャージ&ペイで利用した金額は、まとめてクレジットカードに請求してくれるので良いです。
    3.8
    女性/20代/自営業/年収100万円以下/宮崎県
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:3/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ネットでの買い物が増えてきて、クレジットカードとしてもなんですがLINE Payを登録することでチャージなどの手間もなく手軽に利用できるところに惹かれたからです。LINEの利用が多いため、なにかお得に使えないかなと悩んだ時にLINE Payの存在を知って、利用について調べていくうちにチャージ不要でお得になるVisa LINE Payクレジットカードの存在を知って選びました。
    • メリット
      まずLINE Payがチャージ不要で利用できるので手間がなくなることが良いなと感じました。LINE Payのお得なクーポンもあるのでよりLINE Payを利用しやすくなりましたし、LINEと連携しているため使用履歴などもまとめてみれるのも便利でした。また大体のクレジットカードは年会費があるのですが、こちらは永年無料で安心して使い続けられますし、たまに使う用でも持っていて損はないところも気に入っています。
    • デメリット
      カードがクレジットカードらしさがあまりなくて利用するたびに店員の方によく見られてしまうこととシンプルすぎてかわいくないところが少し不満なポイントです。またタッチ決済が魅力としてもあるのですがなかなか使う機会がないなとかんじました。また多く利用する電子系のチャージではポイントが付与されなかったり、普通の支払いでも少額だと全く還元がなかったりと小さな不便がいくつかあるところが気になりました。
    • お得な活用術
      LINEを登録すると、LINE Payにいつでもチャージできますし、使い過ぎなど心配がある場合もLINEにチャージのお知らせ、利用のお知らせなど通知が来るのですぐ確認できること、貯めたLINEポイントはLINE Payの支払いはもちろんPayPayポイントに変換することもできるので上手く活用することができます。
    3.5
    女性/40代/パート・アルバイト/年収100〜300万円/埼玉県
    年会費:3/還元率(ポイント・マイル):3/付帯サービス:3/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:10〜15万円未満
    • 選んだ理由
      ポイント還元が2%で良かったのと、使用したら直ぐLINEで通知が来る。LINEpayを使用する際にお店に寄ってクーポンがあったので魅力的だった。元々チャージしながら使用していて家計簿をつけるのが面倒だったので通知が毎回あるので自宅に帰宅してから使いすぎなどなくなった。JCBだと使用出来ない所がたまにあったのでVisaにしたかった為
    • メリット
      キャンペーン中のカード使用の還元率が2%だったので日常の買い物全てLINEpayカードに使用した。また税金支払いも還元率が低いが自宅でも直ぐ支払いが出来るのよい。カードのデザインがとてもスタイリッシュ。カード番号が裏面だけに掲載されているので不正しにくいので安心できる。Visaのアプリもとても使いやすい。
    • デメリット
      Visaカードだけで使用やID支払いだと還元率が良いのですが、LINEpay支払いで使用すると還元率が低いのでLINEpay支払いで使用出来るクーポンを使う時店のクーポンと合わせて値引きが高くなる日など調べて使用しています。最初タッチ決済が分かりずらく、Applepayで設定した時に本当に使えるか不安になりました。
    • お得な活用術
      pay payの支払いのカードにVisa LINE payクレジットカードに設定していればLINE payが使えなくても還元率が高いのでおススメです。ドラッグストアで使用するときは、 LINE内のクーポンとLINEポイントを使用するとお得に買い物が出来ます。またここ最近LINE payでの税金支払い出来る都道府県も増えてるのでポイントがつくのが嬉しいです。
    3.2
    女性/30代/会社員/年収100〜300万円/千葉県
    年会費:3/還元率(ポイント・マイル):2/付帯サービス:3/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      このカードが誕生した当初は還元率がとても高く、普段からLINEポイントをよく貯めていた私にとっては願ったり叶ったりな存在だと思い申し込みました。また当時やっていた石橋貴明さんを起用したTVCMもかっこよく、LINEポイントが貯まりやすいと大々的に謳っていたことも興味を持ったきっかけとなりました。カード番号がカード表面に印字されないことで洗練されたカードのデザインも魅力的で、またそれがセキュリティ面でも役に立ちそうだと思いました。
    • メリット
      初期は還元率が3%と破格で、日常の買い物をするだけでみるみるLINEポイントが溜まっていくのが快感でした。さらにLINEの「チャージ&ペイ」でカードを連携させることで、スマホ決済でいちいちお金をチャージすることなく直接クレジットカード決済することができて、ストレスフリーな決済方法だなぁと感じました。
    • デメリット
      メリット面で書いたストレスフリーな決済方法が実現できたことはよかったのですが、その分お金を払っている感覚がますます失われていくような気がして、毎月の利用代金をしっかり管理する必要があると強く感じました。また当初は3%だった還元率も次第に下がり、今や0.5%になってしまったので、ポイント還元の恩恵は受けにくくなった印象が残ります。
    • お得な活用術
      還元率が高かった時はこのカードを最優先で高い買い物でも利用していましたが、今はささっと払いたい身近な買い物で利用しています。例えばコンビニやスーパーなど、お客さんがレジに並びやすいような場所での日常的な買い物でこそ活躍できそうかなと思います。さっとスマホ決済できて、オマケにLINEポイントがついてくるぐらいの感覚で手軽に使うのがいいのかなと思います。
    3.0
    女性/40代/会社員/年収100〜300万円/千葉県
    年会費:5/還元率(ポイント・マイル):3/付帯サービス:2/会員サイト・アプリ:2/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ習い事・趣味/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      LINE関係のサービスをよく利用しており、LINEペイに紐づけして使えるのが便利そうだったので申し込みをしました。あまりあちこちの企業のサービスに手を広げたくなかったので、LINE関係で一括できてちょうどよかったす。申し込んだ当時はキャンペーンをしていて、初年度のポイント還元サービスが魅力的だったのも理由です。
    • メリット
      年会費が無料のため、あまり使わないのに年会費だけ取られるといったことがなく、損した気分にはならないのが良いと思います。LINEペイアカウントにチャージをしながら使っていますが、簡単な操作に関わらず上限なしでポイント還元があるのも嬉しいです。いつもの買い物などでLINEペイを使っているだけでポイントが貯まるのでとても助かっています。
    • デメリット
      これといった付帯サービスが存在していないので、ただ単に買い物をするだけのカードになってしまっているのが惜しいです。もう少し付帯サービスが特徴的だったり使いやすかったりすれば、買い物用のカードとして以外にも使い道を見つけることができると思います。付与ポイントはLINEポイントとして使えますが、LINEポイント自体を使えるお店がまだ少ないです。
    • お得な活用術
      LINEペイアカウントと連携してスマホ決済などもできるのが便利で、急いでレジを終わらせたい時にもよく使っています。タッチ決済機能も搭載されており、今まで持っていた普通のクレジットカードとは違って一瞬で決済が終わるのでこちらも使いやすいです。意識しなくても使うだけでポイントが貯まります。貯まった分は次の買い物などに活用しています。
    2.5
    男性/30代/会社員/年収700〜1,000万円/埼玉県
    年会費:3/還元率(ポイント・マイル):3/付帯サービス:2/会員サイト・アプリ:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      当時LINEpayをメインに使っていて、ポイントを効率的に貯めるために申し込みをしました。インターネットからの申し込みが出来るので入会の手間はほぼ無く、LINE Payへのチャージもオートチャージが可能で、カードレスという選択もできます。ただ海外のLINEに変更したのに伴って使用ができず解約をおこないました。
    • メリット
      LINE Payをメインに使っている方であれば、LINE pointを効率的に貯めることができます。また、カードレスも可能なので、物理カードが増えて困る方はカードを作らない、という選択もできます。年会費も永久無料なので、とりあえず持っておきたい、という方は0円で運用ができるのでその点もメリットだとおもいます。
    • デメリット
      一方で、カードをたくさん作って解約しない方は0円で運用していると持っている事に気づかないことがデメリットだと考えます。また、さまざまなQRカード決済方式が普及しており、複数の決済を使い分けている人からすると、ポイント回収の効率は落ちてしまいます。カードデザインもとてもシンプルなので、券面にこだわる方は、物足りないかも知れません。
    • お得な活用術
      普段の決済をLinepayに集約する事によって、ポイントの回収効率は最も上がります。ポイント取得率も他のクレジットカードの平均である1%と比べると高いので、カードにこだわらなければLinepayカードを使うのがお得です。使用したら利用明細がlineで届くのでいちいちウェブで見に行く必要がない点も使いやすいと思います。
  • ECナビClip!編集部
    ここまでVisa LINE Payクレジットカードの口コミについてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • Visa LINE Payクレジットカードの特徴|選ばれる理由

    ここからは、Visa LINE Payクレジットカードの基本情報を紹介します。

    Visa LINE Payクレジットカードの基本情報

    おすすめポイント
    • 普段の買い物で各種LINEサービスに利用できるLINEポイントが貯まる
    • LINE Payのチャージ&ペイに登録できるので電子決済に対応可能
    • 海外旅行向け保険が充実しているので安心して旅行が楽しめる
    年会費永年無料
    ポイント還元率1.0%(チャージ&ペイ利用時は0.5%)
    付帯サービス家族カード/ETCカード/海外旅行傷害保険/ショッピング補償/チャージ&ペイ対応
    国際ブランドVisa
    ランク一般
    \年会費永年無料/

    次に、Visa LINE Payクレジットカードの詳しい情報を紹介していきます。必ず入会申請する前に、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    Visa LINE Payクレジットカードが選ばれる理由

    Visa LINE Payクレジットカードは、買い物でLINEポイントが貯められたり、LINE Payのチャージ&ペイに登録ができたりと、LINEユーザーにメリットの多いクレジットカードです。

    1. 買い物でLINEポイントが貯まる

    引用元:Visa LINE Payクレジットカード公式サイト

    Visa LINE Payクレジットカードで買い物をすれば、LINEポイントを貯められます。還元率は1%と年会費無料カードの中では高い水準となっており、クレジットカードを使ってお得にポイントを貯めたい方におすすめです。

    貯まったLINEポイントは1ポイントあたり1円相当として、LINE Payでの決済をはじめ、LINEアプリで使用するスタンプや着せ替えの購入など、LINEの各種サービスで使用できます。そのほか、1ポイントあたり1円相当でPayPayポイントとの交換も可能なので、LINEポイントの使い道は豊富です。

    2. チャージ&ペイに登録できる

    引用元:Visa LINE Payクレジットカード公式サイト

    Visa LINE Payクレジットカードは、LINE Payのチャージ&ペイに登録が可能です。チャージ&ペイは銀行やコンビニから事前にチャージをしなくてもLINE Payで支払いが可能になる機能なので、活用すればチャージの手間なく快適にショッピングを楽しめます。また、PayPay加盟店でもチャージ&ペイでのお支払いができます。

    さらに、Visa LINE Payクレジットカードはチャージ&ペイでもLINEポイントを貯められるのが魅力。還元率は0.5%と通常利用時よりも低くなりますが、電子決済に対応でき、LINE Pay対応店ならVisaのクレジットカードに対応していない店舗でも支払いが可能になります。

    3.海外旅行向け保険が充実

    引用元:Visa LINE Payクレジットカード公式サイト

    Visa LINE Payクレジットカードには、最高2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が付帯しています。気になる傷害治療費用や疾病治療費用もそれぞれ50万円ずつ付帯しているので、旅行先でも安心して過ごせるでしょう。海外旅行傷害保険は自動付帯ではなく、旅費などを事前にVisa LINE Payクレジットカードで決済することで付帯できます。

    また、海外にも適用されるショッピング補償が付帯しているのも魅力。年間100万円までと手厚い内容となっているので、安心して海外でショッピングを楽しめます。

    \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードをおすすめできる方|他券種と比較

    Visa LINE Payクレジットカードはどんな方におすすめなのか、特徴を他券種と比較して紹介します。今回は電子決済ユーザーから人気のある三井住友カード(NL)とPayPayカードを例に挙げて比較しました。

    区分三井住友カード(NL)券面画像
    カード名Visa LINE Payクレジットカード三井住友カード(NL)PayPayカード
    ポイント還元率1.0%0.5%1.0%
    年会費永年無料永年無料永年無料
    主な特典チャージ&ペイ利用で0.5%還元マクドナルドやコンビニ3社でポイント最大5%/好きな3店舗の還元率が1%にアップYahoo!ショッピングでのポイントアップ
    付帯保険海外旅行傷害保険/ショッピング補償海外旅行傷害保険
    詳細

    3社のクレジットカードは全て年会費が永年無料ですが、ポイント還元率を比較するとVisa LINE PayクレジットカードとPayPayカードが1.0%と高い水準にあります。三井住友カード(NL)も0.5%と年会費無料カードの中では一般的な水準ですが、3社の中では低い結果となりました。

    また、PayPayカード以外の2社は海外旅行傷害保険が付帯しており、最高2,000万円まで補償される充実した内容となっています。しかし、他の付帯保険を見るとショッピング補償が受けられるのはVisa LINE Payクレジットカードのみなので、購入する商品の破損や盗難など、もしものときに備えたい方はVisa LINE Payクレジットカードがおすすめです。

    \年会費永年無料/

    ポイント還元率を比較

    3社のポイント還元率を比較すると、Visa LINE PayクレジットカードとPayPayカードが1.0%と、0.5%の三井住友カード(NL)より高い還元率となっています。とはいえ、三井住友カード(NL)はマクドナルドやコンビニの利用時はポイント還元率が5%にアップしたり、好きな店舗を登録すると1%分ポイントがアップしたりと、還元率が上がるサービスも用意されています。

    Visa LINE PayクレジットカードならLINEポイント、三井住友カード(NL)ならVポイント、PayPayカードならPayPayポイントと各社で貯まるポイントが異なるため、活用したいポイントが貯められるカードを選ぶとよいでしょう。

    Visa LINE Payクレジットカードをおすすめできるユーザーの特徴

    もし、Visa LINE Payクレジットカードにすべきか、三井住友カード(NL)やPayPayカードにすべきか悩んでいるのなら、下記のチャート図を参考にしてみて下さい。自分にぴったりの1枚を見つけましょう。

    特徴その1:LINEポイントを貯めたい方

    Visa LINE Payクレジットカードは、LINEポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。Visaに対応した店舗で支払いができ、年会費永年無料でありながら1%の高還元率でLINEポイントを貯められます。Visaは世界シェアトップの国際ブランドなので、世界中の幅広い店舗で利用可能です。

    買い物で貯めたLINEポイントは、スタンプや着せ替えの購入など、LINEのサービス内でも利用できますが、LINE Payでの決済時にも使用できます。また、1ポイントあたり1円相当でPayPayポイントに交換して利用することも可能なので、LINEポイントだけでなく、PayPayポイントを運用している方にもおすすめのカードです。

    特徴その2:チャージ&ペイを活用したい方

    電子決済はLINE Payをメインに使い、チャージ&ペイを活用したい方はVisa LINE Payクレジットカードがおすすめ。チャージ&ペイに登録できるカードは三井住友カードが発行するVisaカードに限られており、中でもLINEポイントが貯められるのはVisa LINE Payクレジットカードのみ。他のカードで貯められるのは三井住友カードで利用できるVポイントとなります。

    チャージ&ペイを活用してLINE Payで決済すれば、都度のチャージ不要で電子決済が可能です。還元率はどのカードでも0.5%ですが、各種LINEサービスを使っているならLINEポイントで還元されるVisa LINE Payクレジットカードがおすすめです。

    特徴その3:海外旅行が好きな方

    海外旅行が好きなら、Visa LINE Payクレジットカードを持っているとメリットが豊富。Visa LINE Payクレジットカードで旅行費用の支払いをすれば、海外旅行傷害保険が付帯します。補償額は最高2,000万円までとなっており、年会費永年無料のカードでありながら充実した補償内容です。

    さらに、海外での買い物にも適用されるショッピング補償が付帯しており、補償額は年間100万円までと十分な内容となっています。国際ブランドは世界シェアトップのVisaなので、世界各地でショッピングが楽しめるのも魅力です。

  • ECナビClip!編集部
    ここからは、Visa LINE Payクレジットカードのお得な活用術について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • Visa LINE Payクレジットカードの使い方・お得な活用術

    Visa LINE Payクレジットカードの使い方について、公式サイトの情報をはじめ実際に利用したユーザーから「どんな点に注目できるか」をまとめました。ユーザーの声のなかには、公式サイトには記載されていないお得な活用術も紹介されていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

    ※掲載しているユーザーの声は、編集部独自が調査して収集したものです(2022年5月現在)。最新情報については、公式サイトからご確認ください。

    公式サイトの声

  • 公式サイトの声
    【1%の高還元率でLINEポイントが貯まる】 LINEポイントをご利用の1%還元
  • 公式サイトの声
    【チャージ&ペイに登録できる】 LINE Payアカウントに登録を行うことで事前にLINE Pay残高のチャージなしにLINE Pay加盟店でお支払いもできるチャージ&ペイ機能有
  • 公式サイトの声
    【サポートサービスが利用できる】 国内・海外ともに、紛失・盗難のご連絡を24時間年中無休で承ります
  • 公式サイトの声
    【Visaのタッチ決済に対応】 クレジットだけでなく、各種電子マネーやVisaのタッチ決済で簡単・便利にお買物できます
  • 公式サイトの声
    【カードレスタイプも選べる】 プラスチックカードは発行されず、会員番号が記載された台紙が後日郵送されます。会員番号・有効期限などのカード情報は、スマートフォンでVpassアプリをダウンロードしていただければ、簡単・安全にご確認いただけます
  • ユーザーの声

  • ユーザーの声①
    【日常的な買い物でLINEポイントを貯める】 化粧品や飲み物を現金で払わずに、このカードを使って決済すればLINEポイントが貯められるのでこの使い方はおすすめです。
  • ユーザーの声②
    【チャージ&ペイに登録する】 チャージ&ペイは、LINE PayアカウントとVisa LINE Payクレジットカード、もしくは三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードを連携することで、チャージしなくても利用できる決済方法では便利
  • ユーザーの声③
    【貯まったLINEポイントをLINE Payで使う】 貯めたLINEポイントはLINE Payの支払いはもちろんPayPayポイントに変換することもできるので上手く活用することができます。
  • ユーザーの声④
    【PayPayに登録する】 PayPayの支払いのカードにVisa LINE payクレジットカードに設定していればLINE payが使えなくても還元率が高いのでおススメです。
  • SNSの声

  • Twitterより
    【貯まったLINEポイントをPayPayポイントに交換する】 PayPayで税金などを支払ってもポイントがつきませんが、代わりにLINE Pay(チャージ&ペイ)で支払い、貯まったLINEポイントをPayPayポイントに交換するのがおすすめです。
  • Visa LINE Payクレジットカードのお申し込み方法と審査基準

    Visa LINE Payクレジットカードを申し込む流れや、審査基準についてそれぞれ解説します。Visa LINE Payクレジットカードはインターネットの公式サイトから申し込みができますので、まずはアクセスしてみましょう。

    Visa LINE Payクレジットカードを申し込む前に準備しておくもの

    Visa LINE Payクレジットカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • インターネット環境
    • 運転免許証もしくは運転経歴証明書
    • 金融機関の通帳やキャッシュカード

    Visa LINE Payクレジットカードは、公式サイト、もしくはLINE Payアプリから申し込みを行います。申し込みフォーム上で氏名や住所、勤務先情報、金融機関情報などを入力するため、事前に確認しておくとスムーズに手続き可能です。

    また、カードを受け取る際に本人確認として運転免許証、もしくは運転経歴証明書の提示が必要なので、事前に準備しておきましょう。

    \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードのカード発行までの流れ

    公式サイトから申し込む際の流れ
    • 1.公式サイトから申し込みフォームへ
    • 2.フォームに必要事項を入力
    • 3.審査に通過後、自宅へカードが郵送
    • STEP.1
      公式サイトから申し込みフォームへ

      引用元:Visa LINE Payクレジットカード公式サイト

      公式サイトから申し込みフォームへ移り、会員規約などの確認を行います。確認後、問題なければ「同意のうえ、入力画面へ進む」ボタンを押し、本人情報などの入力画面へ進みます。

    • STEP.2
      フォームに必要事項を入力

      引用元:Visa LINE Payクレジットカード公式サイト

      会員規約への同意後、本人情報などの入力を行います。氏名や生年月日、勤務先情報など、必要事項を全て入力すれば申し込み手続きは完了です。

    • STEP.3
      審査に通過後、自宅へカードが郵送
      入力した情報をもとに、Visa LINE Payクレジットカード側で審査が行われます。審査に通過後、だいたい2週間程度でカードが郵送されます。本人限定受取郵便での発送となるため、受け取り時に運転免許証、もしくは運転経歴証明書が提示できるよう準備しておきましょう。
    \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードの審査基準

    審査基準
    • 満18歳以上(高校生は除く)

    Visa LINE Payクレジットカードは、満18歳以上であれば申し込み可能です。高校生は申し込みできませんが、大学生や専業主婦の方でも申し込みできます。しかし、20歳未満の方が申し込む場合、保護者の同意が必要なので注意しましょう。

    年齢以外の申し込み条件は公開されていませんが、他社クレジットカードや携帯電話など、支払いに延滞履歴がある場合、審査では不利になると考えられます。現在、必要な支払いで延滞しているものがないか確認し、ある場合は解消した上で申し込みを行いましょう。

    \年会費永年無料/

    Visa LINE Payクレジットカードに関するよくある質問

    • ETCカードは作れる? Visa LINE PayクレジットカードとあわせてETCカードも申し込み可能です。ETCカードの年会費は初年度が無料、2年目以降は550円(税込)ですが、前年度に1度でもETCカードの利用があれば年会費無料で利用できます。
    • 選べる支払い方法は? Visa LINE Payクレジットカードで選べる支払い方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5種類となっています。5種類のうち、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いは手数料無料で利用可能です。
    • ポイント還元対象外の支払いはどのようなものがある? Visa LINE Payクレジットカードでポイント還元がない支払いには、電子マネーなどへのチャージや、携帯キャリアの決済などがあります。そのほか、ギフトカードの購入や投資信託などの金融商品を購入する場合もポイント還元がないので注意しましょう。
    ※詳細はこちら

    Visa LINE Payクレジットカードの口コミ・評判のまとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、Visa LINE Payクレジットカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にVisa LINE Payクレジットカードのおさらいをしておきます。

    おすすめポイント
    • 普段の買い物で各種LINEサービスに利用できるLINEポイントが貯まる
    • LINE Payのチャージ&ペイに登録できるので電子決済に対応可能
    • 海外旅行向け保険が充実しているので安心して旅行が楽しめる

    もしVisa LINE Payクレジットカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    区分三井住友カード(NL)券面画像
    カード名Visa LINE Payクレジットカード三井住友カード(NL)PayPayカード
    ポイント還元率1.0%0.5%1.0%
    年会費永年無料永年無料永年無料
    主な特典チャージ&ペイ利用で0.5%還元マクドナルドやコンビニ3社でポイント最大5%/好きな3店舗の還元率が1%にアップYahoo!ショッピングでのポイントアップ
    付帯保険海外旅行傷害保険/ショッピング補償海外旅行傷害保険
    詳細
    \年会費永年無料/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2022年5月23日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。  

    TOPへ