ブッチのリアルな口コミ・評判とは?おすすめポイントを徹底調査!

ブッチは、豊富な水分量と自然由来の栄養素が含まれているドッグフードです。ウェットフードなので素材の風味がそのままでワンちゃんの食いつきもよいと評判です。

でも、いざブッチを購入したいと思っても、

「自然由来のものを使っていても、本当に安心して与えられるフードなの?」
「ウェットフードだけど、保存方法はどうすればいいんだろう…」

といった悩みや疑問を抱いてしまう方は少なくありません。

そこで、この記事ではブッチの原材料・成分をはじめ、与え方のコツや保存方法も解説します。また、実際にワンちゃんにブッチを与えた飼い主さんの口コミや筆者の愛犬に与えた体験談も一緒に紹介しているので、きっと役に立つ情報が見つかるはずです。

あなたの大切な愛犬に合うドックフードが見つかるように、本記事が少しでも参考になれれば幸いです!

\トライアルセットで1本分無料/
ブッチの記事を書いた人
ペットの飼育歴5年4カ月・ペットフード愛好家
Hiro(チョコ) さん

5歳の愛犬と暮らすドッグフード愛好家。幼い頃から犬のいる環境で育ってきました。愛犬がグルメな子なので気に入ってくれるフードを探すのに苦労してきました。現在は在宅ワークがほとんどなので愛犬と過ごす時間も多く毎日癒されています。

これでまるわかり!ブッチの特徴

ブッチの特徴

はじめに、ブッチの基本情報を紹介します。

ブッチの基本情報

おすすめポイント
  • 生肉とほぼ同等の栄養成分と水分量
  • 農産物に対する規制が世界一厳しいニュージーランド産
  • 人工調味料・香料が無添加
商品名ブッチ
価格通常:1,430円(税込)
定期:1,287円(税込)
※トライアルセット
通常:4,455円(税込)
特別お試し価格:3,000円(税込)
内容量800g(約179円/100g)
カロリー116Kcal/100g
メイン食材ブラック・レーベル:ビーフ(33%)、ラム(25%)、チキン(18.5%)
ホワイト・レーベル:チキン(80%)
ブルー・レーベル:チキン(67%)、フィッシュ(25%)
賞味期限開封後10日以内(冷蔵)
原産国ニュージーランド
販売会社名株式会社ブッチ・ジャパン・インク

\トライアルセットで1本分無料/

ブッチで使われるメインの食材は、「牛肉・ラム肉・鶏肉」の『ブラック・レーベル』、「鶏肉」の『ホワイト・レーベル』、「鶏肉・魚肉」の『ブルー・レーベル』と3種類の味があるので、あなたの愛犬の好みにあわせて選べます。ブルー・レーベルはキャットフードとしても食べられるので、愛猫にもおすすめできます。

原材料はすべて、農産物に対する規制が特に厳しいとされているニュージーランド産。また、ブッチはヒューマングレード(人間が食べることのできる品質)のドッグフードで添加物を一切使用していない点も安心できます。

価格は100gあたり約179円とやや高めですが、比較的手が出しやすいドッグフードといえるでしょう。

ブッチはこんなワンちゃんにおすすめ!

ここまでブッチの基本情報を紹介してきましたが、果たしてどんなワンちゃんにおすすめなのか気になりますよね。 結論として、商品特徴・口コミ・筆者の体験談から、ブッチは以下のような特徴を持つワンちゃんに向いていることがわかりました。

  • ドライフードが苦手なワンちゃん
  • 水をあまり飲まないワンちゃん
  • 食欲が落ちてきているワンちゃん

ブッチは、食感が生肉に近いウェットタイプのドッグフードです。一般的なドライフードの水分量が10%なのに比べ、ブッチは70%と豊富に含まれているので普段あまり水を飲まない子やドライフードが苦手な子におすすめです。ただし、栄養価はドライフードと比べると低めな設計なので、ドライフードと混ぜて食べさせるのもひとつの方法です。

加えて、肉が本来持つ匂いや風味を活かすために低温調理されているので、ドライフードに飽きて食欲が落ちてきているワンちゃんにもおすすめできます。

  • ECナビClip!編集部
    ここまでブッチの特徴について紹介してきました。これからは、筆者の体験談から解説していきます!
  • ブッチを実際に愛犬に与えてみた【体験談】

    ブッチを与えてみた

    ではさっそく、筆者の体験談を紹介していきます。ブッチの保存方法から食いつきの良さまで具体的にレビューしていくのでぜひ参考にしてくださいね!  

    レビュー①パッケージの開け口・保存方法

    パッケージの開け口・保存方法

    ブッチはソーセージのようなパッケージに入っていて、100gごとに印字されているメモリを目安に必要な分だけカットして使用します。使わない分は専用のフレッシュキャップ(付属)をつけるかラップと輪ゴムを使って包み、冷蔵庫で保存します。フレッシュキャップを付ければ、冷蔵庫のドリンクホルダーに縦置きできるので便利ですよ。

    もし冷蔵庫内にスペースがない場合は、細かく切ってジップロックなどに入れて保存するのもひとつの方法です。冷蔵庫のスペースが限られている方におすすめです。

    レビュー②原材料・成分

    原材料・成分

    商品butch_blackbutch_whitebutch_blue
    原材料ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%チキン(生)80%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.5%、大豆 4%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)4%、玄米(破砕・ゆで)2%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%、玄米(破砕・ゆで)3.5%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、魚油(オメガ3脂肪酸)1%、パセリ 0.2%、ケルプ(海藻)0.1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、タウリン、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ユッカ 0.1%

    ー出典:ブッチ公式サイト

    ブッチは、ウェットフードなので賞味期限が開封後10日とかなり短めです。可能な限り10日以内使い切りましょう。期限内に消費しきれない場合は1食分ずつ小分けして冷凍することで長期間(半年〜1年程度)保存できますが、解凍後の再冷凍は品質劣化の原因になるので絶対にしないでください。

    原材料はグレインフリー(穀物不使用)ではありませんが、穀物の中でもアレルギーリスクが高いとされる小麦は含まれていないのと、トウモロコシもグルテン(※)を除去してあるので安心して与えられます。

    ※小麦粉に含まれるたんぱく質と水が結びついてできる物質。消化不良や便秘、アレルギー反応を起こす可能性が高い

    レビュー③粒の大きさ・形状

    粒の大きさ・形状

    ブッチはその都度切り分けるタイプのウェットフードです。写真のように、ワンちゃんの食べやすいサイズに切り分けてあげるのが大切です。もし食べづらい様子だったら、サイズをさらに小さく切り分けることで食べやすくなるので覚えておきましょう。

    実際に触ってみると、形状が思ったより柔らかかったので「ワンちゃんの歯の隙間に食べかすが残りやすいかも?」と懸念しました。しかし、水分量が多く含まれているためか口内の水分が失われにくく、愛犬の口に食べかすは残っていませんでした。歯周病につながる歯石ができにくいのは、うれしいポイントですね。

    レビュー④愛犬の食いつきの良さ

    ペットと商品

    ブッチは肉の匂いが強いため、開けた瞬間からそわそわし始めた愛犬。お皿にのせると、その場でクルクル回ったり吠えたりするほど興奮していました。

    食いつきのよさ

    うちの愛犬は割とグルメな子で好き嫌いが激しく、ウェットフードを与えるのは今回が初めてだったこともあり、「警戒して食べないのでは?」という不安がありましたが、あっという間にペロリとたいらげてしまいました。

    食べ切ったあとも空になったお皿をずっと舐めていたので、かなり美味しかったようです。今回はブッチだけで与えましたが、次回は今まで与えていたドライフードも混ぜて与えようかと思います。

  • Hiroさん
    【最初に食べさせてから、2週間してからの感想】 初めてのウェットフードだったのでお腹の調子が悪くならないか心配でしたが、問題なく便も良好です。かなり気に入ったようで今まで与えたフードの中でも、とりわけ食いつきが良い気がします。
  • Hiroさん
    【最初に食べさせてから、1ヶ月後の感想】 与え始めてから1ヶ月経ちましたが、お腹の調子も問題なく、便も変わらず良好です。今はドライフードと混ぜて与えていますが、ペロリと平らげてしまいます。
  • ブッチのリアルな口コミ・評判

    ここからは、Webアンケート調査とSNSで収集したブッチのリアルな口コミ・評判を紹介します。そこからわかったブッチの良い/悪いの口コミ・評判については、それぞれ下記のような特徴が挙げられます。

    ブッチの口コミまとめ

    ブッチには、ポジティブな口コミが充実してる一方で、ネガティブな口コミが一定数あるのも確かです。その点詳しくは、下記に掲載している口コミを確認しながら、あなたの愛犬に合うドックフードか見極めるようにするとよいでしょう。

    Webアンケート調査でわかったブッチの良い口コミと悪い口コミ

    ここで紹介している口コミ・評判は、当メディアが独自に収集したWebアンケート調査の内容です。利用者が実際に感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由・きっかけや食いつきを良くするポイントまでリアルな評判がわかるので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本メディアのペットフード関連の口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年12月〜2021年4月
    • 調査対象:対象ペットフードを利用している、過去に利用したことがある方
    • 調査回答数:2,421 ※ペットフード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.5

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \トライアルセットで1本分無料/

    口コミ詳細

    4.3
    トイプードル/13歳/オス
    原材料・成分:3/栄養バランス:4/安全性:5/価格・コスパ:4/におい:4/食いつきの良さ:4
    持っているが、今は与えていない/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      最初は、ネットで見てすごくいいなと思っていて、値段が高くて諦めたのですが、知り合いにすごくいいよ!と言われ購入を決めました。ニオイも人間でも食べれるのでは?というぐらいよくて食いつきも良かったです。輪切りにして冷凍保存できるというのも魅力的でした。冷凍だと鮮度そのままで食べさせてあげることができるので便利だなと思いました。
    • 良い点
      冷凍できることが一番の魅力かなと思いました。普通の缶詰だと食べきる前に色が変色したりしてだめになっていたので、冷凍できるのはすごい魅力だなと思います。また、とても美味しそうなニオイでワンちゃんも大喜びでした。普段はゆっくり食べる子なのにがっついて食べていました。栄養もバッチリなので老犬のうちの子にはちょうど良かったと思いました。
    • イマイチな点
      ニオイもよく、栄養もよくすごく魅力的なフードだったのですが、ちょっと値段が高いかなと感じました。たまにトッピング程度にあげるにはちょうどいいかなと思いました。また、ウェットフードなので食べごたえがなく、おやつなどをたくさん欲しがるので少し太ってしまいました。うちの子にはウェットフードだけでは物足りないようでした。
    • 食べやすくするためのポイント
      これまで食べていたフードに最初はトッピング程度に入れて、徐々にブッチの量を増やしていきました。ブッチはとても食いつきがいいので、簡単に切り替えることができ手助かりました。しかし、ウェットフードで水分が多いのでうんちが柔くなってしまい、カリカリフードを増やしたりして、うんちを見ながら切り替えていきました。
    3.8
    雑種/3歳5ヶ月/オス
    原材料・成分:5/栄養バランス:5/安全性:5/価格・コスパ:3/におい:4/食いつきの良さ:4
    過去に与えていた/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      我が家のワンコにブッチを与えたのはご飯の食いつきが悪くなっていると感じていたからでした。それでそれまで与えた事がなかったブッチを与えてみてたところニオイですぐに反応して一気に食べてくれました。味もかなり好みだったようでそれまで与えていたドライドッグフードとは全く違ってかなり食いつきが良かったので満足しています。
    • 良い点
      ブッチを与えて良かったと感じたのはやはりご飯をたくさん食べてくれるようになった点です。それまでも食べないという事はなかったのですが、最近食いつきが悪くなっていると感じていたので、たくさん食べるようになってくれたのは本当に良かったと思っています。おかげでこちらとしても安心できたのでこちらを与えて正解だったと思っています。
    • イマイチな点
      ブッチを与えてイマイチに感じたのはそれまで与えていたドライドッグフードよりも価格が高いと感じた点です。確かに食いつきが良くなったのは良かったのですがその分ご飯にかける費用が高額になってしまったのでそこは正直こちらを与えてみてイマイチだと思いました。もう少し手頃な価格だと良かったとは思いました。そこは少し残念でした。
    • 食べやすくするためのポイント
      ブッチに切り替える際にはそれまで与えていたドライドッグフードに混ぜて与えていました。いきなりブッチだけ与えるよりは自然にブッチに慣れると思ったので混ぜるのが良いと思います。また、ブッチを購入した段階ではまだドライドッグフードが残っていたというのもあり、混ぜて与えるのが良いと思ってそうしたという理由もありました。
    3.3
    ミニチュアダックスフント/4歳8ヶ月/メス
    原材料・成分:4/栄養バランス:4/安全性:4/価格・コスパ:2/におい:3/食いつきの良さ:4
    持っているが、今は与えていない/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      それまで使っていたドックフードの食いつきがあまり良くなかったため、別のドックフードを探していました。保存料や着色料がその原因の一端ではないかと考え、無添加であるブッチを選びました。さらにフード自体が高タンパクでかつ低脂質であり、その中に野菜類や海藻類が少量含まれていてとても栄養バランスが良いという事も選んだ理由です。
    • 良い点
      良い点は食いつきが格段に良くなった点です。袋から切り分けた瞬間からハムの様ないい匂いがしてきてので「これは絶対に美味しいやつだ」と確信しました。犬も待ちきれずにすぐに寄ってきて周りをグルグルと回って、早く早くと催促してきました。与えるとすごい勢いでガツガツと一心不乱に食べ始めて、あっという間に完食してしまいました。
    • イマイチな点
      デメリットとしては価格が高いので、コストパフォーマンスがあまり良くないという点だと思います。一般のスーパーなどではほとんど取り扱っていない様な高級ドックフードなので、毎食継続して利用していると、毎月2万円程度の出費が必要になると思います。そのため、ドックフードにそこまでのお金をかける事ができない方にとっては魅力的ではないと思います。
    • 食べやすくするためのポイント
      原料は全てニュージーランド協会認定の生産農家から供給される新鮮な輸出グレードのものを使用するなど品質にはとてもこだわっており、人間でも食べてみたくなるようなものなので、別段の工夫は必要ありませんでした。強いて挙げるなら食べやすい様に潰したり、ちょっと温めて肉の匂いを高めて食欲を促進させるくらいの工夫をしました。
    3.3
    小型犬/3歳6ヶ月/メス
    原材料・成分:4/栄養バランス:3/安全性:3/価格・コスパ:3/におい:4/食いつきの良さ:4
    過去に与えていた/ひと月あたりのペットの食費:3,000円以下
    • 選んだ理由・きっかけ
      日本ではとても高く評価されているドッグフードです。やはり一番の理由はワンちゃんがおいしそうに食いついてくれることでしょうか。私に味はわかりませんがあきらかに違いますね。もう一つは安全性ですね。無添加なので人間が食べる添加物の多いものを食べさせるよりもずっと安全です。犬も人間と同じで健康には気を使わないといけない時代です。
    • 良い点
      やはり安全なことですが、安全である由縁はアレルゲンのもととなる添加物をまったくつかっていないからだそうです。人間にも同じことがいえますがグルテンやイースト、、その他の科学調味料は一切使っていないのでとても安心です。しかも食材はニュージーランドの自然で育てられたものを使っているらしいので本当に安心して使っています。
    • イマイチな点
      私の家でもブッチを小さいことから与えてしまったため、違う餌だと食べなくなってしまいました。何度か餌代を安くしようと思い、他のドッグフードを与えてみたのですがまったく食べようとしないため高いけどいまだに使い続け抜け出せずにいます。また、賞味期限が近く開封後に10日しか持たないので冷凍して解凍してつかっています。
    • 食べやすくするためのポイント
      どの犬でもそうかもしれませんが、うちの犬は特に最初は怪しんで食べてくれませんでしたね。わりかし小さい時に体にいいものをと思い切り替えたのですが、なかなか食いついてもらえずに苦労したのを覚えています。私がやった工夫は元々使っていたドッグフードにバレないように少量づつ混ぜていって一カ月ぐらいかけて慣らしていきました。
    3.3
    柴犬/2歳2ヶ月/オス
    原材料・成分:5/栄養バランス:5/安全性:5/価格・コスパ:5/におい:3/食いつきの良さ:4
    現在、与えている/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      食べむらがひどく何をあげても食べないので困っていた時、ネットでどんな犬でもよく食べるとの口コミを見たので調べたら内容が良く気になっていたが、値段がそこそこするのとセット売りなため食べないなら購入してもと悩んでいた。そんな時YouTubeでトイプードルを飼っている人が毎食与えている事を知り購入を決断しました。
    • 良い点
      種類が3つあったので、その時の食欲で変更する事ができる点と量の調節が可能点、大きさも穴の好みに合わせて調節が可能なところはとても良いと感じた。また、新鮮フードのため食いつきも良くバランスの取れた食生活が維持できる。ドライフードの補助として使用さていたが食事の悩みが解決する事ができてとても助かりました。
    • イマイチな点
      形状がソーセージタイプな為、必要な量を切り分けて使用する形になるが専用のまな板とナイフを用意していなかった為、最初は困りました。セットで購入できると助かると感じました。また、使用途中の保存が困り冷蔵庫に入れていましたが食べる時に冷たいのでそのまま与えるのが心配になりましたが腐敗するのも心配なのでどれが正解か分かりませんでした。
    • 食べやすくするためのポイント
      与えるきっかけになったYouTubeを参考に今まで与えていたドライフードと一緒に少しずつ混ぜ合わせて与えました。大きさもあまり大きくせずに小さめにカットした食いつきをよくする工夫をしました。味も飽きを心配してローテーションを組んで偏りが出ないようにしたのと、バッチを混ぜない日もところどころにつくりました。
    3.0
    小型 ミックス/10歳5ヶ月/オス
    原材料・成分:4/栄養バランス:4/安全性:4/価格・コスパ:2/におい:3/食いつきの良さ:4
    現在、与えている/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      知り合いのドッグトレーナーから勧められたため。夏場になるとご飯の食いつきが悪く、何か良い方法はないかとトレーナーに相談したところブッチを勧められました。ちょうどそのころ、近所でシェパードを飼っている先輩も以前同様の症状があり、ブッチに変えたところ少し改善されたとの事をお聞きしたので、一度試してみようと購入しました。
    • 良い点
      良い点は実際に犬の食欲が改善された所です。夏場にあまりご飯の食いつきが悪く良く食べ残しをしていた犬がブッチに変えて改善されました。完全に改善とまではいきませんでしたが、満足はしています。あとは、栄養面の高さです。無添加なのか、栄養面が高く、犬の健康管理面でも役に立っています。よく起こしていた下痢も無くなりました。
    • イマイチな点
      イマイチな点はやはり価格面でしょう。他のフードとは異なり効果があるとはいえ、コストは高いです。気になる点がなければ中々手を出しにくい商品だと感じています。また、フードの匂いも個人的には好ましくないです。栄養価が高いため、色々な原材料を混ぜているのだろうと思いますが、部屋中に充満する独特な匂いはイマイチです。
    • 食べやすくするためのポイント
      基本的に臭いが強いので液体系の従来のフードに少しずつ混ぜて最初は提供した方が良いと思います。栄養価が高いのでそれでも効果は十分です。そのあとは、混ぜる量を少しずつ多くしながら調整して下さい。また、臭い消しという点では我が家は牛乳に混ぜていた時期もありました。これは非常に効果が高く匂いも完全に消えました。
    3.0
    トイプードル/4歳/オス
    原材料・成分:4/栄養バランス:4/安全性:4/価格・コスパ:3/におい:3/食いつきの良さ:2
    過去に与えていた/ひと月あたりのペットの食費:3,000〜5,000円
    • 選んだ理由・きっかけ
      ドッグフードで検索して見つけたページに「無添加」や「獣医師推奨」と書かれていたからです。生肉に近いとか必須脂肪酸などが含まれるなど栄養面でのこだわりとかも購入のきっかけになっています。ただし他のドッグフードもそういった面はPRしていたりします。それで実際に買って与えてみなければわからないと思って、とりあえず試してみたというのが一番の理由です
    • 良い点
      3種類のタイプがあって成分が(おそらく味も)違うものでした。最初にその3種類をまとめて買って試した結果、うちの子はホワイトレーベルが一番気に入ったようでした。味と柔らかさがよかったと思います。ドッグフードは、健康面に問題なく元気に育ってくれて、しかも気に入って食べてくれるのが一番だと思いますので、その点では良かったと思っています。
    • イマイチな点
      大きなソーセージのようなパッケージは、ちょっと慣れない感じでした。保存方法も「ケースで蓋をして冷蔵庫に入れる」のは抵抗感がありました。それと、毎日ブッチを与えて続ける場合かなりコストがかかるので、他のドックフードを与えつつ時折ブッチを与えるようなやり方になってしまってました。それではあまり意味がないようにも思えて結局やめました。
    • 食べやすくするためのポイント
      他のドックフードと併用していたので、切り替えるために特別なことはしていません。うちの子の場合、あまり好き嫌いなく何でも食べるので気にしていませんでしたが、最初に3種類とも買って一番喜んで食べるのはどれかを比べてみた程度のことです。それで一番よいのがホワイトレーベルだとわかったので、それを買うようにしていました。

    SNSからわかったブッチの良い口コミと悪い口コミ

    SNSではどんなブッチの口コミが上がっているのでしょうか。実際にTwitterとInstagramでブッチで調べてみて、参考になりそうな口コミを集めてみました。

    ※ここに掲載した投稿は、すべて掲載許可をいただいております

    Twitterに寄せられたブッチの口コミ・評判

    Instagramに寄せられたカナガンドッグフードの口コミ・評判

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    村山 亜里(@ant9151)がシェアした投稿

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    nene-ko(@xrinxrin)がシェアした投稿

    ブッチのメリット・デメリット

    ブッチの特徴を飼い主目線で掘り下げていきます。必ず購入する前に、メリットだけではなくデメリットも理解してから、愛犬に必要なドックフードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    ブッチのメリット

    まず、ブッチのメリットを3つ紹介します。

    • ヒューマングレードの素材を使用しているため安全性が高い
    • 肉の風味があり、食いつきがよい
    • ドライフードに比べて水分量が豊富

    ブッチは、人間が食べる食肉と同様の検査をしたヒューマングレードの原材料のみを使用しています。肉をはじめ野菜や魚、海藻など自然由来で栄養素が高いものを中心に原材料を厳しく選定しています。ペットの健康に配慮して無添加で作られている点も注目できます。

    また、素材の風味を活かした調理方法を採用しているため、ワンちゃんの食欲が刺激され食いつきのよさもバッチリ。健康維持のサポートや毛並みにも配慮して作られているので、デリケートな悩みを持つワンちゃんにもぴったりです。

    水分量が70%と豊富に含まれているので、普段あまり水を飲まないワンちゃんは水分補給としても摂取できます。

    ブッチのデメリット

    つぎに、ブッチのデメリットも見ていきましょう。

    • 常温保存ができないので管理が大変
    • 与える際の切り分けに手間がかかる
    • 価格が少し高め

    ブッチは水分量が多く含まれているので痛みやすく、常温保存ができないので冷蔵保存が必須となります。また、冷蔵庫に保存するスペースを確保する必要があるので、冷蔵庫のサイズが限られる一人暮らしの飼い主さんは購入前にしっかり検討しておくとよいでしょう。その際には、もしもの停電時の対策も忘れずに。

    そして、ブッチは与える際に毎回カットする必要があるので、手間がかかるのを避けたい忙しい飼い主さんにはあまりおすすめできません。

    価格は、ドライフードと比べると少し高めなので、定期購入が難しい場合はドライフードのトッピングとして限定的に使用するのもひとつの方法です。ワンちゃんと飼い主さんの状況に合わせて、選ぶようにしてください。

  • ECナビClip!編集部
    ここからは、ブッチの購入方法や注意点まで紹介していきます。最後までしっかり確認しておきましょう!
  • ブッチをお得に購入する方法

    ブッチの価格を公式サイト・楽天市場で比較

    ブッチは、インターネットで購入できます。また、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。 ちなみに、市販販売されていないためご注意ください。

    なおブッチは、下記のサイトから購入できるので、自分の購入手段に合ったものから選ぶようにしてください。 

    区分公式サイト楽天市場
    通常価格1,430円(税込)1,430円(税込)
    定期購入価格1,287円(税込)
    送料本州:880円(税込)
    北海道・四国・九州:1,100円(税込)
    沖縄:1,870円(税込)
    1,210円(税込)
    ※税込5,500円以上の購入で送料無料(沖縄以外)※クール便別途550円(税込)が必要
    特典なしなし
    URL

    ブッチは基本的にペットショップやホームセンターでの販売はありません。また、Amazonでの販売もありませんでした(2021年4月現在)。現在は、公式サイトと楽天市場から購入可能です。通常価格は同じですが、送料と合わせると公式サイトの方がお得に購入できます。

    安さとその都度買う手間の要らなさを求めるなら、公式サイトの定期購入をおすすめします。ブッチの公式サイトで定期コースで注文すると、常に通常価格の10%OFFで購入できます。

    ブッチの定期コースの解約方法

    ブッチの定期コースは解約が可能です。公式サイトを見ると、下記の方法で自由に解約ができるのでチェックしておきましょう。

    ブッチ定期コースの解約方法
    • 公式サイトのマイページから手続き
    • お問い合わせフォームより手続き
    • 電話連絡(カスタマーセンター):03-6457-5820※平日10:00~17:30のみ受付

    ブッチの定期コースを解約する方法は、①公式サイトのマイページ、②お問い合わせフォームからの手続き、③直接カスタマーセンターに電話連絡する、の3つから選べます。

    変更・中止・解約いずれかの流れも、次回発送の1営業日前の17時30分までに手続きを済ませる必要があるので注意してください。定期コースは「◯回まで」といった縛りはなく、「2回目から」でも解約できるので、お試しで購入する場合も10%OFFが適用される定期コースの方がお得です。 

    ブッチに関するよくある質問

    • 今までのフードからブッチへの切り替え方は? ブッチに限らずドッグフードを新しいものへ切り替える場合は、いきなり変えずに今までのドッグフードと混ぜて少しずつブッチの割合を増やしていきましょう。食べ慣れたフードから、突然新しいフードに変えてしまうと、ワンちゃんによっては警戒して食べなかったりお腹の調子が悪くなったりする可能性があります。
    • ブッチは温めたり焼いたりしても大丈夫? ブッチは、食べ物の消化吸収にかかるワンちゃんの身体の負担を抑えるために水分量を多くしています。焼くことで含まれている水分が蒸発してしまい、消化にかかる負担が増える場合があるので、あたたかいフードを与えたいときはレンジで30秒ほど温めたり湯煎で与えましょう。
    • ブッチは子犬や老犬に与えてもよい? ブッチは全年齢・オールステージ対応なので子犬や老犬に与えても問題ありません。生肉と同等の栄養素と水分量でバランスよく配合されているうえ、無添加なので安心して与えられます。
    • 食べかすはまったく残らない? ブッチは水分量が多いので食べかすが残りにくい作りになっていますが、まったく残らないということはないので、歯石ができて歯周病などの口内トラブルを防ぐためにも3日に1度くらいのペースで定期定期に歯のブラッシングをしてあげましょう。
     

    ブッチのまとめ

    いかがだったでしょうか。この記事では、ブッチのリアルな口コミ・評判を紹介しました。

    はじめてブッチを購入する方であれば、本当に愛犬にぴったりなものかどうかしっかり吟味してから検討してみるとよいでしょう。もしまだ悩んでいるのなら、最初はお試しで購入してみるのもひとつの方法です。

    では、最後にブッチのおさらいです。

    ブッチのおすすめポイント
    • 生肉とほぼ同等の栄養成分と水分量
    • 農産物に対する規制が世界一厳しいニュージーランド産
    • 人工調味料・香料が無添加

    もしブッチを魅力に感じたなら、ぜひこの機会に購入を検討してみてください。

    \トライアルセットで1本分無料/
  • ECナビClip!編集部
    あなたの大切な愛犬に合うぴったりなドックフードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年4月17日に調査・ライティングをした記事です

    TOPへ