JFRカードの口コミ・評判【大丸松坂屋が発行するJFRカードのメリット・デメリットは何?】

JFRカードは、大丸松坂屋が発行するクレジットカードです。百貨店である大丸や松坂屋で買い物をする機会が多い方であれば効率的にポイントが貯まるのでおすすめです。

でも、いざJFRカードを作りたいと思っても、

「普段大丸や松坂屋であまり買い物をしなくても作るメリットはあるの?」
「ポイントはどの程度効率的に貯められるの?」

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、JFRカードのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際にJFRカードを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

JFRカードとは

JFRカード券面画像

では、JFRカードの基本的な特徴をご紹介します。

JFRカードの基本情報

おすすめポイント
  • ポイント還元率が高く効率的にポイントを貯められる
  • ネットショッピングでも高いポイント還元率を実現できる
  • 支払額に応じてお得なボーナスポイントが付与される

年会費2,200円(税込)
ポイント還元率0.45%~5.00%
付帯サービスQIRA(キラ)ポイント付与/海外・国内旅行傷害保険/お買物安心保険/家族カード(1名につき年会費275円(税込))/大丸松坂屋の最新情報お届けサービス/大丸松坂屋カードクラブオフなど
国際ブランドVisa/Mastercard
ランク一般

JFRカードはこんな方におすすめ!

JFRカードは、以下のような方におすすめします。

  • 大丸や松坂屋で買い物する機会が多い方
  • クレジットカードのポイントを効率的に貯めたい方
  • さまざまな優待サービスを利用したい方

JFRカードの最大の特徴は、大丸・松坂屋各店でのお買物がポイント還元率5%と非常に高い点です。大丸や松坂屋で買い物をするだけでなく、オンラインショッピングをしても同じ還元率である点も魅力的です。

さらにJFRカードにはQIRAポイントという独自のポイントを200円で1ポイント貯められます。優待セールや特選ブランドの買い物をする際にもQIRAポイントは貯まることから、大丸や松坂屋で買い物をすれば2種類のポイントが効率的に貯まります。

また、特典や優待サービスが豊富であることもJFRカードの特徴のひとつです。グルメやトラベル、舞台・コンサート、アミューズメント・カルチャー、ライフサポート、ヘルス・ビューティーの6ジャンルにおいて、さまざまなサービスを受けられます。

  • ECナビClip!編集部
    ここまでJFRカードの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • JFRカードのメリット・デメリット

    それでは、JFRカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    JFRカードのメリット3つ

    まず、JFRカードのメリットを3つご紹介します。

    1. ポイント還元率が高い

    5%という高いポイント還元率が、JFRカードの大きなメリットです。大丸や松坂屋でJFRカードを利用すれば、100円の買い物につき5ポイントが貯まります。

    さらに実店舗だけでなく大丸松坂屋のオンラインショッピングでも同様に100円の買い物につき5ポイント貯まります。JFRカードの年会費は2,200円(税込)です。年間4万円超の買い物をすればこちらの年会費の元が取れる計算となります。

    また、ポイントは大丸・松坂屋のポイントだけでなく、QIRAポイントも200円につき1ポイント貯まります。QIRAポイントは大丸や松坂屋のポイント対象外商品や特選ブランドの購入の際や、VisaやMasterCard加盟店での利用によって貯められます。

    ポイントはクレジット払いだけでなく、現金での支払いでもJFRカードを提示すればポイントが貯まります。大丸や松坂屋ではさまざまポイントアップセールを随時実施しており、うまく活用することでポイントを効率的に貯められるのもこのカードの魅力の1つです。

    2. 特典や優待サービスが多い

    魅力的な特典や優待サービスが多い点も、JFRカードのメリットです。たとえば厳選食品セットや宅配グルメ、一休.comでのレストラン予約、映画チケット、カラオケやレジャーランド、エステや人間ドックなどが優待価格で利用できます。

    Visa会員であれば旅行に関するサービスが多いのも魅力的です。海外Wi-Fiレンタルサービスや空港ラウンジサービス、レンタカーサービスや海外キャッシング、日本出発前のヘルプデスクサービスなど多数のサービスを受けられます。

    さらにレンタルスーツケースやレンタルモバイル、空港宅配サービスや手荷物預かりサービスなど、海外旅行をサポートするサービスがお得な価格で利用できるもの大きなメリットです。

    特典をエリア別に用意している点にも注目です。北海道では札幌東急REIホテルのレストラン割引や、札幌ドームの特別クーポン、関西ではリッツカールトン京都のレストラン特別メニューなど、地域の趣向を凝らしたサービスが多数用意されています。

    3.利用できる場面が多い

    大丸や松坂屋以外でも私たちの生活のさまざまな場面で活用できる点も、JFRカードの大きなメリットです。具体的には、スーパーやコンビニ、ショッピングモールやレストラン、ホテルや旅行代金、通信販売やゴルフ場など、国内外のVisaやMastercardのマークのある店舗で利用が可能です。

    さらに毎月の光熱費や電話料金、インターネットやスマホの通信費、税金や年金、ふるさと納税や各種サブスクリプションサービスの支払いで活用できます。

    定期券や電子マネーへのチャージ、航空機や新幹線のチケット、タクシーやガソリンスタンド、車検やレンタカーにも利用可能です。

    各種施設における支払いにも対応しています。病院や歯科医院、人間ドックや動物病院、b美容院やネイルサロン、引っ越しや宅急便の支払いもJFRカードは大丈夫です。

    スマートフォンでの電子決済に対応している点もメリットです。決済はVisaタッチやQRコード決済、Apple Pay、Google Payなど各種決済手段に対応しています。

    JFRカードのデメリット2つ

    つぎに、JFRカードのデメリットを2つご紹介します。

    1.大丸や松坂屋を利用しない人には恩恵が少ない

    JFRカードは大丸や松坂屋で買い物をするとポイント還元率が5%とお得に利用できる反面、大丸や松坂屋以外の場所での利用の場合はポイント還元率が0.5%と一気に低くなります。

    普段から頻繁に大丸や松坂屋で買い物をする方であればポイントを効率的に貯められる一方で、大丸や松坂屋で買い物をする機会があまりない方は高いポイント還元率の恩恵を受けられない点はJFRカードのデメリットです。

    JFRカードは年会費が2,200円(税込)かかります。普段から大丸や松坂屋で買い物をする方であればすぐ年会費の元が取れる反面、大丸や松坂屋で買い物をしない方の場合この年会費の存在を負担に感じるかもしれません。

    2.あまり海外旅行に行かない人は付帯サービスが物足りない

    JFRカードの付帯サービスの中には、海外旅行に関連するサービスが多く含まれています。たとえば海外旅行傷害保険や海外Wi-Fiサービス、空港ラウンジサービス、レンタカーサービス、空港宅配サービス、手荷物預かりサービスなどがあります。

    しかし海外旅行にあまり行かない方は、このような付帯サービスの恩恵を受けられません。海外旅行に関連したサービスが多いほど海外旅行に行く人との差が大きくなり、海外旅行に行かない方は不満を感じることもあるでしょう。

    国内旅行においても同様のことがいえます。JFRカードを利用して専用サイトで予約すればQIRAポイントの付与率がアップしてお得ですが、あまり国内旅行を行わない方であればこの恩恵を受けられず、メリットがありません。

    JFRカードの口コミ・評判

    これから、JFRカードのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.2

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    口コミ詳細

    4.2
    女性/20代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/兵庫県
    年会費:4/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル百貨店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      私は大丸百貨店でよく買い物をするため、JFRカードを作りました。最初はゴールドではなかったのですが、大丸で購入するとポイントが貯まるとのこと。大丸以外での購入も還元率は下がりますがポイントがつくということは魅力的です。大丸でよく買い物をする私によいと思ってこのカードを選びました。貯まったポイントは大丸でしか使えませんが、ポイントアップデイなどもあり、化粧品などの消耗品やお惣菜などに使いたいと思いました。気に入っているので今回ゴールドにしました。
    • メリット
      大丸で購入するとポイント還元率が高いです。ゴールドなので年会費7000円を支払っていますが、年間5万円ぐらいはポイントか貯まっていると思います。大丸では人への贈り物や服、化粧品、お惣菜、パンなど購入してポイントを貯めています。ブランドによっては一気にポイントが貯まるところが大きなメリットです。大丸以外の買い物でも100円に1ポイントに還元されるので、普通のクレジットカードと同じぐらいのメリットがあると思います。
    • デメリット
      貯まったポイントは大丸でしか利用ができないところはデメリットだと思います。一時期近くに大丸がない地域に住んでいたので、その時は気軽にポイントを使えず、期限が切れそうな時は大丸のオンラインショップで買い物をしてポイントを使っていました。また、大丸の中に入っていてもロレックスやカルティエなど一部の店舗ではポイントが還元されないことがある点もデメリットだと思います。あと、最近ゴールドカードの年会費が10,000円に上がったのもよくないです。
    • お得な活用術
      大丸での買い物は全てこのJRFカードで落としています。また、昨年結婚披露宴をしたのですが、大丸のブライダルサロンから式場を申し込み、引き出物など全て大丸のクレジットカード払いにしたのでかなりのポイントが貯まりました。大丸以外での購入でも、携帯電話料金や公共料金、以前は家賃もこのカードで落としてポイントを貯めていました。日常的に使えば余裕でゴールドカードの年会費の元が取れるので、気に入っています。
    3.8
    男性/40代/自営業/年収700~1,000万円/東京都
    年会費:4/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      大丸をよく利用していた時にカードを作りました。やはり一番の魅力は、大丸・松坂屋で買物をすると100円につき5ポイント貯まるので、この2店舗利用の還元率が高いのがカードを作った大きな理由のひとつです。また、実店舗のショッピングだけでなく、オンラインの大丸・松坂屋ショッピングでもポイント還元率が同じなので、かなりお得なカードだと思います。カードのデザインもシンプルで清潔感がある点も自分の好みで良かったです。
    • メリット
      通常のカード利用はポイント還元率0.5%で、大丸・松坂屋でのカード利用はポイント還元率5%です。日常の食品や消耗品を大丸・松坂屋で購入している人は、かなりお得なカードです。海外、国内旅行保険、ショッピング保険も付帯しています。バランスの取れたカードなので、主婦層にオススメなカードです。また、半年間のカード利用額に応じてボーナスポイントがあります。大きな買い物をした年は、かなりポイントが貯まります。その他にもポイントアップイベントが頻繁に開催されるので、上手く併用すればポイントを大幅に獲得できます。
    • デメリット
      通常のカード利用はポイント還元率0.5%なので、他のカードと同じだと思います。大丸・松坂屋の利用でポイント還元率が跳ね上がるカードなので、大丸・松坂屋を利用しない人は可もなく不可もないかな?と思います。また、一番のネックは、貯めたポイントが大丸・松坂屋の実店舗及びネットショッピングでしか利用できない点だと思います。大丸・松坂屋の利用ユーザー以外で、このカードを作るメリットはないのかな?と思います。
    • お得な活用術
      大丸・松坂屋でのポイント還元率が5%なので、普通に買い物しているだけでもかなりポイントが貯まります。とくにポイントアップdaysは1~2%還元率が上がるので、かなりおすすめです。また、家族カードを4枚まで発行することができるので、ポイントが貯まる速度が上がります。また、半年間のカード利用額に応じてボーナスポイントがあるので、計画的に利用することをおすすめします。お中元やお歳暮、ギフト返礼などを頻繁に行う人は、トータルで還元率が10%ぐらいに跳ね上がると思います。
    3.7
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/兵庫県
    年会費:4/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      私が、JFRカードを選択した理由としましては、大丸・松坂屋でポイントがお得に貯まると言うことでよく私自身としては、大丸や、松坂屋に出掛けることが多かったのですが、そこで、定期的に利用できてポイントが貯まるカードとして利用したかったので、保有させて頂くことにしました。通常ポイント還元率は0.5%ですが、大丸・松坂屋では還元率が5%にUP!と言う点で力を入れている店舗に関しては私がよく行く店舗でありましたので、そのような点からも最適でありました。
    • メリット
      JFRカードを使用してメリットであると思える点については、大丸・松坂屋以外でも、国際ブランド(VISA、Master Card)加盟店での利用200円につき1ポイントが貯まりますので、総合的に様々な店舗で、いつも行き付けの店舗でもお買い物をすることによりまして、ポイントが加算されることになりましたので、最高の条件でカードを利用できると思いました。「ポイントアップday」には通常マイル付与+1~2%のボーナスマイルが加算されますので楽しみが増えるカードでした。
    • デメリット
      私が、JFRカードを利用されて頂く中でデメリットであると思えた部分については、大丸と松坂屋でポイントが格段にアップする点については申し分ないと思う点であったのですが、あまりにも一般のお店と比較しまして、ポイントの還元率に開きがあると思えるものでありました。しかしその分、大丸、松坂屋では非常にポイント加算ができるお店としまして、最高の条件でポイントによる還元を受けることができるものでありましたので、条件的には優れていると思いました。
    • お得な活用術
      JFRカードのお得な使い方についてですが、私は、申し込みの際は本人名義のキャッシュカード(一部取り扱いができない金融機関の場合は、通帳とお届け印が必要)と本人確認書類が必要ですので、誰でも気軽に作成することができない点でセキュリティの頑丈さを確認することができました。最初に審査の行程を設けて下さっておりますので、安心してカードを作成することができることに繋がりました。また、店頭での受け付けと平行して、オンラインでの受け付けもできるので良かったです。
    3.7
    男性/40代/その他/年収300~500万円/香川県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:5
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:保有していない/利用シーン:公共料金・携帯電話料金旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      私は家の近くに松坂屋があり、そちらでよく買い物をしていました。こちらでの買い物を少しでもリーズナブルにしたいと考えていたら、スタッフからこちらのクレジットカードを勧められました。内容を聞くと松坂屋での買い物がリーズナブルになるだけでなく、リーズナブルな費用の医療保険もあるという説明を受けたので、是非こちらのクレジットカードを発行しようと考えるようになりました。そして、発行してもらうことにしました。
    • メリット
      メリットは松坂屋でのポイントが本当に良かった点ですね。松坂屋のポイントとクレジットカード会社のポイントが貯まりました。また時々ポイントアップキャンペーンも実施しており、そちらが適応されると実質二割引程度にはなりましたね。本当に良かったです。また医療保険もかなり充実した内容で、一般の保険会社の医療保険と遜色の内容で、しかも保険料はかなりリーズナブルでした。本当に素晴らしいクレジットカードだと感じました。
    • デメリット
      ほとんどデメリットはありませんでした。敢えて言えばクレジットカードを申し込みして二週間程度時間がかかった程度です。他のクレジットカードは公式サイトから申請をして一週間程度でクレジットカードが発行してもらいました。その一週間は長かったです。こちらのクレジットカードのデメリットはそれくらいだと感じました。こちらのクレジットカードのデメリットはそれくらいですね。後は本当に素晴らしいクレジットカードだと感じました。
    • お得な活用術
      松坂屋や大丸での買い物にはこちらのクレジットカードは無類の強さを発揮します。それは他のクレジットカードの追随を全く許さないと思いました。またこちらのクレジットカード会社が提供している医療保険は本当に素晴らしい内容の商品ですね。一般の保険会社が提供している医療保険と遜色ない内容だと思いました。また保険料も本当にリーズナブルで、その点も本当に良かったです。このような使い方が本当に良いと、私は思います。
    3.7
    女性/50代/自営業/年収100~300万円/京都府
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店百貨店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      もともと外商のお得意様カードを持っていましたが、VISA付きのカードに順次変更する方針になったそうで、お得意様係の担当者からぜひとも切り替えてほしいと依頼されました。VISA付きのカードになれば、VISAの加盟店ならいろいろなところで使えるというメリットもあると思いました。付帯サービスを調べてみると、海外旅行保険も付いてくるので便利と思いました。切り替え時の特典として、一年間年会費免除もお得だと思いました。VISA付きになっても、お得意様カードの表示があるので、お店では今まで通りとても丁寧に対応してもらえるのが期待できると思いました。
    • メリット
      JFRカードにしてから海外旅行に2回行きましたが、条件を満たせばいちいち海外旅行保険を買わなくてもよく手間が省けて助かりました。VISAの加盟店は多く、いろいろなところで使えて、思っていたよりポイントが多くたまります。1ポイントから使えるので、ポイントも使いやすいです。ときどきいろいろなキャンペーンをやっているのが楽しみで、当たったこともありますが、他のカードより当たることが多いです。クラブオフが使えるのはカードを持ってから知りましたが、ホテルが割引料金で泊まれたり、喫茶店でコーヒーのサイズアップができたりするクーポンは重宝しております。
    • デメリット
      楽天ポイントのカードと併用ができないので、キャンペーンをやっているときは、どちらをつかえばより有利かいちいち考えないといけないのが面倒くさいです。結局は考えずにJFRカード使っていますが、後で損したかもという思いがでてくるとがっかりします。クラブオフが使えるのはよいのですが、クーポンの画面をスマホで出すのが面倒くさいことがあります。店によっては、事前にクーポンを紙に印刷しておかないといけない場合もあり、結局使えないこともあり残念です。コンビニでクーポンを印刷するやり方の案内もあるのですが、近くのコンビニを捜さないといけないので、諦めることもありました。カードを見せるだけでクーポンを利用できるようになれば、より便利になるとおもいます。
    • お得な活用術
      なんといっても付帯サービスの海外旅行保険が、海外旅行によく行く人にとっては、一番便利でお得だと思います。各種公共料金の支払いなども銀行引き落としからJFRカード払いにまとめれば、ポイントもつくのでお得と思います。大丸だけでなく松坂屋でも使えるので、日本国内で百貨店を利用するときには、使える店が多いので便利だと思います。クラブオフのプレゼントも時間があればこまめに応募しておくとよいと思います。3回ほど当選して、たとえばネコのトイレ砂にあたるものをもらったこともあります。
    3.3
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/大阪府
    年会費:2/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):2/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    • 選んだ理由
      JFRカードを作ろうと思った理由は「お得なキャンペーンをしていた」からです。百貨店の松坂屋に行った時に、JFRカードへ入会したら「松坂屋の商品券」を貰えるとのことだったので、入会することにしました。それだけではなく、入会したら1000ポイントも貰え、さらにカードを2万円以上利用したら最大4000ポイントも貰えるキャンペーンもしており、魅力的に感じたので、松坂屋でJFRカードの入会手続きをしました。
    • メリット
      JFRカードを利用していてメリットに感じた点は「大丸や松坂屋での買い物が多い人にはお得に利用することができる」ことです。大丸や松坂屋でJFRカードを利用して買い物すると、ポイントが5%も付くため、他のクレジットカードで購入するよりも断然お得にポイントが貯まります。魅力的なのは、大丸や松坂屋の実店舗だけではなく、オンラインショップでも購入したら実店舗と同じ5%のポイントが付くのはとても良いと感じています。
    • デメリット
      JFRカードを利用していてデメリットに感じている点は「年会費がかかる」ことです。初年度は無料なのですが、2年目からは1,100円の年会費がかかってきます。いくらJFRカードを利用しても年会費がかかってくるので、大丸や松坂屋をあまり使わない人にはもったいないクレジットカードだと感じています。利用する人からすれば、大丸や松坂屋での優待特典があるクレジットカードなのでまだいいですが、なるべく年会費がかからないようにしてほしいと感じています。
    • お得な活用術
      JFRカードは、大丸や松坂屋で買い物するのにはおすすめのクレジットカードです。大丸や松坂屋で買い物すれば5%もポイントが付くので、他のクレジットカードを利用するよりお得にポイントを貯めることができます。自分は実店舗を利用することもありますが、どちらかというと大丸・松坂屋公式オンラインストアで買い物することが多く、こちらも実店舗と同じ5%のポイントが付いてくるので、お得に利用することができます。
    3.0
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/北海道
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:2/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      私の居住地が北海道なのですが、普段から化粧品や食料品、また、誰かへのプレゼントを購入する際、ほとんど大丸札幌にて買い物をしていました。買い物をする際JFRカードを利用するとポイント還元があるため、頻繁に大丸を利用する私とってはとても使いやすく、メリットも大きいと考えたため作成に至りました。もともとは私の母が利用しており、母からの勧めで作りました。現在も継続して利用しておりますが、貯まったポイントで色々買い物もできるのでとてもありがたいです。
    • メリット
      JFRカードを利用して買い物をするとポイントが結構貯まるため、普段から大丸で買い物を頻繁にする私にとってはそのポイント還元はとてもお得です。公共料金などの決済にカードを利用していないのですが、ポイント還元が良いため公共料金の決済などに利用してもとてもメリットがあるカードだと思います。大きな買い物をする時は必ずJFRカードを利用するようにしています。日用品の買い物などにカードを使う方にもメリットが大いにあるカードだと思います。
    • デメリット
      自分自身にとってデメリットとなる点は特にありませんが、そもそも大丸や松坂屋を利用することのない人や、利用頻度がとても低い人が持ってもメリットはあまり無いように思えますし、そのような方々にとっては特別なお得感もないと思います。また、年会費も他社カードと同様にかかるので大丸や松坂屋が近くにない人などは他社カードを利用した方が、その他のメリットや恩恵を受けれると思います。私にとってはすごくメリット満載のカードなので今後も使っていこうと思っています。
    • お得な活用術
      JFRカードを利用して買い物をすると、大丸などで利用することができるポイントにて還元されるので、大きな買い物などする時は利用した方が効率的だと思います。また、普段の日用品の買い物はもちろん、公共料金の決済などの利用、ガソリンや飲食店での決済にも利用するのが良いと思います。最近はインターネットを利用しての買い物なども増えてきていますので、インターネットを使って何か購入する時等も利用するべきだと思います。
    2.7
    女性/40代/パート・アルバイト/年収100万円以下/東京都
    年会費:4/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:4
    • 選んだ理由
      当時、関西地方に在住しており、買い物といえば大丸百貨店でした。来店ポイントが1日1ポイントつき、買い物せずとも地道にポイントが貯まるのも良かったです。現在はそのサービスはなくなりましたが。服や靴、お持たせのお菓子などは元々大丸で買うことが多かったです。カード会員優待でポイントが多めにつく期間もあったので、同じ買い物をするならカードを持ってその期間にお買い物をしたほうがお得だと思って、カードを発行しました。
    • カード優待でポイントが多くつくことが良かったです。服飾品で数万使うなら、ポイントが付くほうがいいなと思い、路面店などではなく意識して大丸で買物をしていました。また、お買い物の際に、1ポイント1円で1ポイントから利用できるのも魅力でした。現金払いでもカード払いでも使えるので、少し貯めたポイントが不足していて使えないということもなくて使い切ることができるのは一番良かったです。VISAやマスターなど、別のカードで持っているものと別のところを選ぶことで使い勝手も良くなりました。
    • デメリット
      現在、引越をして大丸を利用する機会が激減し、カードもほとんど利用していません。東京にも大丸はありますが、自分の好みに合うテナントが入っておらずあまり足を運ばなくなってしまいました。またdポイントカードや楽天ポイントカードなど、複数の商業施設や店舗で貯まるポイントが登場したことで、JFRカードにこだわらなくていいかなと思うようになりました。自分から調べに行かないと他にもこんな使い方があってお得だと分からず、またそれなら使い勝手のよい他のカードでいいかなと思ってしまいます。
    • お得な活用術
      現在はほとんどカードを利用していないので、特別お得に感じることがありません。日常生活のお買い物や公共料金の支払いなども、今は別のカードを利用しています。大丸松坂屋が近くにあり、気に入るテナントが入っていてよくお買い物をするのであれば、所持していたほうが断然お得で使いやすいカードになると思います。また施設や飲食店などの優待があるので、それもよく行くところであれば活用できるかと思います。改めて見てみましたが、持っているのだから今度使ってみようかなと思うところがありました。
    2.5
    女性/20代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/愛知県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):1/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:2
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      京都と名古屋が生活の拠点で、大丸や松坂屋をよく利用していました。その百貨店においてはJFRカードを持っていることによって、①ポイントが還元される点(大丸・松坂屋内で購入した際のポイント率が高い)、②優待イベント(10%引きやポイントアップ等)が割と頻繁にあったりしたのが魅力的で、発行に至りました。また、パンダのかわいいキャラクターとピンク色のデザインが素敵だったことも発行のきっかけのひとつです。
    • メリット
      ポイントを使用したいときに、何ポイントからでも使用できる点、また、商品券等を発行する必要がなく、レジで「ポイントを使用したいです。」と伝えるだけで簡単にポイントを使える点が、いちいちカウンターや発券機まで行く手間がかからず、「使いたい」と思ったときにすぐに使えるので良かったです。また、結構たくさんカード優待(値引きやポイントアップ)が使用できる日があり、商品をお得に買えたのでカードを使用してよかったです。
    • デメリット
      引き落としの日に間に合わなかった際には再引き落としがされるのですが、それに気づかずカードカウンターにお金を支払いに行ったことがありました。のちに記帳して二重に支払ってしまったことを知り、カウンターまで行って返金対応をしてもらったのですが、あまり対応が気持ちの良いものではありませんでしたので、窓口の対応を気にされる方はおすすめしません。また、最近、松坂屋では楽天カードもポイントが付くようになりましたので、楽天カードを所持している方はあえて作らなくてもいいかもしれません。
    • お得な活用術
      大丸・松坂屋の買い物以外は200円で1ポイントしかつかないので、このカードを使用するのはお得ではないと思います。他社のカードの方が100円で3ポイントついたりします。やはり、大丸・松坂屋内で使用するのがお得だと思います。また、最近優待内容が増えて、人間ドックやホテルのラウンジ、エステや旅行やコンサート等で使用できる割引優待があったりするので、そういった付帯サービスをしっかり利用していくことがお得だと思います。
    2.3
    女性/30代/パート・アルバイト/年収100万円以下/兵庫県
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):2/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      作った当初は、よく大丸を利用していて、デパコスなど少し高い値段の物を購入するだけですぐポイントも溜まるしポイント還元も考えながらカードを使っていたので、カードを作ってみようかなと思い作ってみた。カードのデザインも当初は選ばれて、大丸のキャラクター?の可愛いデザインなどもあり、カード利用者の特典や他店の割引特典などもありメリットが沢山あるなと思い作成しました。今と当初では内容は変わっているかと思いますが。
    • メリット
      高い商品を大丸で購入した時にポイント還元が高い気がする。毎月デパコスを私は買うので、商品の値段が少し高い分ポイントも気付けば溜まっているので、数ヶ月後に購入する時にポイント分を値引きしてもらいお得に感じでいるのが一番のメリットだと感じています。他のカードと利用目的や利用する場所でカードの使い分けをしたら、上手にお買い物も出来るので、自分の買い物対象のお店であればお得だと思います。
    • デメリット
      年会費と書面の明細発行をするとお金が発生する。昔は書面の明細書も発行代がかからず、ずっとそのつもりでいたが最近カードを利用していないのに毎月数百円の利用がしているのは何かな?と思っていたら、気付かないうちに書面発行料が発生していた。普段DMなどで、保険に入りませんか?とかゴールドカードにしませんか?とか勧誘がすごいくせに、そうゆう大事なお知らせはしっかりしてくれない。
    • お得な活用術
      年会費はかかるので、それ以上にお得に使いこなし方を理解してる方が良いです。大丸で良く買い物をする方、デパコスを定期的に買う方、ブランド物をカードで購入する方など、小さいお買い物をたまにする程度の方より少々値段が高い物を購入する方はこちらのカードでポイントが溜まりやすいかと思います。但し、ポイントの有効期限のお知らせなどDMやwebではわからないので、購入時のレシートなどで自分で把握する必要があります。
    2.3
    女性/20代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/愛知県
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:1/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      大丸松坂屋を普段から利用しており、申込時に特別にクーポン券が多く発行されていたからです。また、年に数回ポイントアップやカード会員限定の割引があり、年会費分を値引きやポイントとして還元できそうだったからです。ハイブランドもポイントがつくし、ブランドによっては割引も使えるので普段から松坂屋で買い物している自分にはぴったりだと思っています。また、催事の入場料が無料となるところもJFRカードを選んだ理由の一つです。
    • メリット
      松坂屋の中でのお買い物に対し、5%のポイントがつくこと、年に数回、ポイントアップ期間がありその期間は7%のポイントがつくことです。また、ポイントアップとはべつに、カード会員限定の10%オフセール等が実施されることです。そのため、年会費分を割引やポイントで還元することができます。季節の衣服やアクセサリー、バッグなどをいつも松坂屋で購入する人は持っていて損がないと思います。数年に一度だが、大きな買い物をするとポイント還元が100%となる場合があるので、その年はかなりお得になっています。
    • デメリット
      松坂屋以外で利用した場合のポイント付与が200円で1ポイントの0.5%しかつかないことです。0.5%しかつかないのなら、普段使いのカードにはできません。また、ポイントが基本的には松坂屋内でしか使えないことです。また、松坂屋内にある店舗でも稀にポイントがつかない場合があります。その案内が全くなく、買い物をした後に気づくことがあったので、もっとわかりやすいところに掲示や案内をしておいて欲しいと感じております。年会費分は基本的には取り戻せるが、やはり年会費千円ではなく年会費無料にしてほしいです。
    • お得な活用術
      百貨店での買い物を全て松坂屋に統一することです。また、買い物をする際はポイントアップやカード会員限定のセール期間をきちんとチェックした上で来店することです。その2点を気にせずにカード利用していると、年会費のぶんを取り戻すことができません。「これは松坂屋で買えるな!」というものをあらかじめチェックしてからお買い物に行くと良いと思います。ゴールドカードもありますが、持っていることのステータスにはならないので、通常カードを利用して年会費分を取り戻せるように考えてお買い物を楽しむのがいちばんお得だとおもっています。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、JFRカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • JFRカードのお申し込み方法と審査基準

    JFRカードのお申し込み方法

    JFRカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおJFRカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • メールアドレス
    • 電話番号
    • 本人確認書類
    • キャッシュカードまたは通帳
    • 未成年者の場合、親権者の同意

    JFRカードは申し込み方法が3つあります。オンラインで公式サイト、郵送、、各店舗のクレジットサービスセンターで申し込みできます。

    申し込み方法により必要なものが異なるため注意が必要です。郵送やクレジットサービスセンターで申し込む場合は、本人確認書類が必要になります。具体的には、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどがあげられます。

    オンラインや郵送での申し込みの場合は、申込者名義の通帳かキャッシュカードが必要です。クレジットサービスセンターでの申し込みの際は申込者名義のキャッシュカードが必要になります。

    申し込み後クレジットカードが発行される期間ですが、オンラインでの申し込みの場合は申し込みから約2週間、最短では4日で発行されます。

    郵送やクレジットサービスセンターの場合には、申し込みから約2〜3週間で発行されます。クレジットサービスセンターでは臨時発行カードを即日発行できますが、その際は顔写真付きの本人確認書類が必要になります。

    JFRカードの審査基準

    JFRカードの審査基準
    • 18歳以上で安定した収入のある方
    • 上記の配偶者、または学生(高校生・留学生は除く)
    • 入会申込書に記入した自宅と勤務先に電話連絡が可能な方
    • 会員規約などを自分で読み内容を了承いただける方
    • 日本国内に居住し、申込書の必要事項を日本語で自筆で記入できる方

    JFRカードの審査基準は、他社のカードと比較してそれほど厳しいものではありません。他社のカードの中には未成年者は加入できないケースもありますが、JFRカードは18歳以上で安定した収入があれば、基本的に誰でも加入できます。18歳や19歳の未成年者が申し込む際は、親権者の同意が必要な点には注意が必要です。

    また外国人であっても、日本国内に居住しており日本語の読み書きができるのであればJFRカードの申し込みが可能です。さらに大学生や専門学生であっても、安定した収入があれば加入できます。

    なお、JFRカードの申し込みをした際は確認のため、自宅や勤務先に電話連絡が入る可能性があります。事前に家族や職場にその旨を伝え、了承を得る必要があるでしょう。

    ちなみに家族カードは4枚まで発行可能です。家族カードを発行する家族会員は、本会員と生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供や孫、および両親に限ります。また本会員が学生の場合、家族カードは配偶者だけが発行できます。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、JFRカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にJFRカードのおさらいをしておきます。

    JFRカードのおすすめポイント
    • 大丸・松坂屋で利用するとポイント還元率が5%
    • オンラインショッピングでも還元率が5%
    • 半年に一回ボーナスポイントがある

    もしJFRカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月19日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ