楽天ビジネスカードの口コミ・評判【楽天市場で高還元率の法人カード】

楽天ビジネスカードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。経費の支出をまとめて管理でき、振込コストの削減、精算負担の軽減などが可能。楽天市場の利用でポイント最大5倍になります。ただし、楽天プレミアムカードとセットでの申込が必要です。

でも、いざ楽天ビジネスカードを作りたいと思っても、

「小規模法人でも審査通るかな?」
「申込条件は厳しいのかな?」

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、楽天ビジネスカードのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際に楽天ビジネスカードを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

楽天ビジネスカードとは

ー引用元:楽天ビジネスカード

では、楽天ビジネスカードの基本的な特徴をご紹介します。

楽天ビジネスカードの基本情報

おすすめポイント
  • 法人カードなのに通常1.0%の高還元率
  • 経費支出の管理が簡単になり清算負担を軽減
  • Visaビジネスオファーが自動付帯
年会費楽天ビジネスカード:2,200円/楽天プレミアムカード:年会費11,000円/セットで必要になるので計13,200円
ポイント還元率通常1.0%/最大5.0%(楽天市場でビジネスカード決済利用)
付帯サービスVisaビジネスオファー/ETCカード複数枚発行可能/楽天プレミアムカードの特典も利用可能
国際ブランドVisa
ランクゴールド

楽天ビジネスカードはこんな方におすすめ!

楽天ビジネスカードは、以下のような方におすすめします。

  • 無条件でポイントの高還元率を受けたい方
  • 経費処理の負担や時間を削減したい方
  • 経費で少しでもお得になりたい方

一般的に法人カードの還元率は0.5%が多いですが、楽天ビジネスカードは「○○万円以上の利用」などの条件なしで、常時1%の高還元率が特徴です。さらには、楽天市場でショッピング利用すると最大5倍になるため利用額によっては数万円分のポイントが得られます。

楽天ビジネスカードの引き落としは法人預金口座です。経費支出を一枚に集約させてまとめるため、経費の見える化に繋がり無駄な費用も把握できます。

Visaビジネスオファーは、さまざまなシチュエーションで利用料金の割引や特典の追加などの待遇を受けられるサービスです。オフィス用品、宿泊施設、オンライン書店、タクシーなどビジネスで必要になる経費を抑えられます。

  • ECナビClip!編集部
    ここまで楽天ビジネスカードの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • 楽天ビジネスカードのメリット・デメリット

    それでは、楽天ビジネスカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    楽天ビジネスカードのメリット3つ

    まず、楽天ビジネスカードのメリットを3つご紹介します。

    1. 還元率が高くポイントが貯まりやすい

    法人カードの平均的なポイント還元率が0.5%であるのに対し、楽天ビジネスカードは利用額の税込金額に対して常時1%の還元率でポイントが貯まります。また、楽天市場での利用は最大5倍の付与です。

    楽天市場での利用を活用すると年会費もポイント分でまかなえてしまうかもしれません。たとえば、楽天市場でポイント最大の5%還元で使用するとした場合、年間約26万円もしくは月々約2万2千円弱で年会費分のポイントを貯められます。会社規模などにもよりますがオフィス用品などの必要経費を諸々合算すると難しくはないでしょう。

    楽天ビジネスカードの利用獲得ポイントは楽天プレミアムカードの楽天ポイントに合算され、毎月13日以降に楽天PointClubより確認が可能です。

    水道光熱費や通信料金などの固定費にもポイントは付与されるので、経営者にとっては大きなメリットです。また、ETCカードの発行は、複数枚発行可能で高速料金もポイント付与対象。営業車の数が多い会社には利便性が高くポイントも貯まるので便利な特典です。

    2. 楽天プレミアムカードのサービスも利用可能

    楽天ビジネスカード自体は、付帯サービスが少なく保険などの利用ができません。しかし、楽天ビジネスカードを申し込むには楽天プレミアムカードを保有しているか、保有してない方は申込もセットで必要になります。この楽天プレミアムカードは付帯サービスが充実しており、プレミアムカードのサービスや特典を利用することが可能です。

    楽天プレミアムカードの旅行傷害保険は、海外・国内各5,000万円に加え海外トラベルデスクのサービスもあり旅行が快適に過ごせます。旅行傷害保険は楽天プレミアムカードで費用を支払っていなくても補償範囲内です。プライオリティパスの無料発行も可能なので、世界各国の高級空港ラウンジをゆったりと過ごせるのも魅力のひとつ。

    国内・海外空港ラウンジの利用に加え、お誕生月サービスでポイント還元率もアップします。誕生月に楽天市場で楽天プレミアムカードを利用すると還元率は最大6倍。2枚の年会費の合計は13,200円ですが十分なサービス内容やポイント還元率と言えるでしょう。

    3.VISAビジネスオファーでお得なサービスが利用可能

    楽天ビジネスカードはVisaビジネスオファーが付帯します。Visaビジネスカードの保有者を対象にした優待サービスで、ホテルの宿泊やオフィス用品購入、ハイヤーや通信サービスなど、ビジネスに欠かせない各種サービスが優待特典で利用可能です。

    たとえば、対象通販サイトでのオフィス用品の3~10%OFFや、エグゼクティブ・センターでの指定サービスの利用料金20%OFF、Yahoo! プロモーション広告で新規申込でスポンサードサーチ広告費用5,000円分プレゼントなどがあります。日本交通でハイヤーを安心料金にて利用もでき、あらゆるビジネスシーンで助かるサービスが幅広く揃っています。

    また、VISAビジネスグルメオファーも付帯。ビジネスカード会員限定で全国のレストランや居酒屋などを優待特典付きで利用できます。通常価格からの5~10%OFFやドリンクのサービス提供などの特典があります。しかし、2021年8月31日(火)にサービスが終了する予定なので早めに利用するのがいいでしょう。

    楽天ビジネスカードのデメリット3つ

    つぎに、楽天ビジネスカードのデメリットを3つご紹介します。

    1.クレジットカードの利用枠は最大300万円でプレミアムカードの年会費は経費にならない

    楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの2枚の合算で利用枠は最大300万円となります。2枚ともビジネス用に限定して使用する場合は、中小企業や小規模企業の経費支払には十分耐えられるかもしれません。しかし、プライベートと分けて使用し、プレミアムカードの費用が多い経営者の場合は、ビジネスカードの利用枠は自然と減ります。

    楽天プレミアムカードはあくまで個人で決済利用するプライベート用とされています。つまり、個人用で楽天プレミアムカードを使用している場合、年会費を法人経費として処理できません。

    ポイントの還元率が高いとはいえ年会費が11,000円かかるのはネックに思う方もいるでしょう。プライベートでも法人利用でも年会費を支払いたくない方やポイント還元率で補えるほどの利用額がない方には不向きなカードなので別のクレジットカードを検討することをおすすめします。

    2.支払は一括払いのみでキャッシング機能がない

    ビジネスカードの中には、分割払いやキャッシング機能が付帯しているカードも存在します。しかし、楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの子カードとしてセットで利用しなくてはいけない法人カード。分割やキャッシングには対応していません。楽天プレミアムカードの方は分割払いやキャッシングにも対応しています。

    どうしても資金繰りや経費処理などの事情でビジネスカードで分割払いやキャッシングしたいという方には、楽天ビジネスカードは不向きなカードです。

    また、ビジネスカード単体で申込したい方なども不向きです。楽天ビジネスカードは、必ず楽天プレミアムカードとセットで申込が必要になります。既にお持ちの別カードをプライベートで利用したい方は、他社のビジネスカードを検討するようにしましょう。

    3.ポイント利用時には経費精算が必要

    楽天ビジネスカードの利用分で貯まったポイントは、楽天プレミアムカードの利用分と合算されて楽天プレミアムカードに付与されます。つまり、ビジネスカードで貯まったポイントを法人で使用するときは、経費精算が必要です。

    ビジネスカードの利用分で貯まったポイントはあくまで会社のものであるため個人的な使用は原則的にできません。法人の経費で貯めたポイントを個人利用するのは、グレーゾーンの領域なのでしっかり確認するようにしましょう。また、法人としてちょっとした備品などを購入する際にビジネスカードで貯まったポイントを使用したい方は、経費精算の手間がかかります。税理士を付けずに税務処理を行っている方は覚えておくといいでしょう。

    楽天ビジネスカードの口コミ・評判

    これから、楽天ビジネスカードのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    4.2

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    口コミ詳細

    5.0
    男性/40代/その他/年収300~500万円/香川県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:5/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:保有していない/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:20万円以上
    • 選んだ理由
      私は勤務している病院からこちらを貸し出されていました。何故こちらのクレジットカードを発行してもらったのか、理事長に聞いてみたら、理事長はオンラインショッピングである楽天市場での買い物をした際のポイントが、こちらのクレジットカードを利用するとかなり貯まるから、他のクレジットカードではなくこちらのクレジットカードを発行してもらうことにしたと言っていました。確かに私も自分の立場に立つとポイントは大きいなと感じました。
    • メリット
      こちらのクレジットカードを使って楽天市場で買い物をすると、キャンペーンなどがあれば、通常の2倍程度の楽天スーパーポイントがもらえました。その結果として他のクレジットカードを利用するよりもかなりお得になりました。しかも買い物に関する盗難保険もきちんと付いており、補償額もかなり高いです。そのためノートパソコンなどのかなりの高額な買い物をしても大丈夫でした。実際に利用した際にはすぐに対応してもらいました。
    • デメリット
      私の職場ではほとんどないので、私の職場ではデメリットではないのですが、こちらのクレジットカードは確かに楽天市場での買い物には滅法強く、こちらのクレジットカードを利用するとかなりのポイントが付きます。しかしスーパーマーケットやガソリンスタンドでの買い物でこちらのクレジットカードを利用しても、楽天市場で買い物をした時のようなポイントは付与されません。その点はこちらのクレジットカードのデメリットだと思いました。
    • お得な活用術
      お得にしたいのであれば、楽天市場などの楽天のサービスをこちらのクレジットカードでお支払する事ですね。かなりの楽天スーパーポイントが付与されます。次に空港ラウンジを利用する際にもこちらのクレジットカードを利用するとかなりお得になります。有料のサービスが無料になる時があります。また高額な買い物をする際にも保険があるので、こちらのクレジットカードを利用して買い物をすると安心して買い物する事ができますよ。
    4.7
    男性/40代/その他/年収500~700万円/香川県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:保有していない/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:15~20万円未満
       
    • 選んだ理由
      私がこちらのクレジットカードを利用するようになったのは会社から使うように言われたからです。何故会社がこちらのクレジットカードを利用するようになったのかと言うと、会社の備品を楽天市場でよく購入しているからです。そしてこちらのクレジットカードを利用すると楽天スーパーポイントがたくさんもらえるのも理由の一つにあったようです。そのような理由から、私はこちらのクレジットカードをよく利用するようになりました。
    • メリット
      こちらのクレジットカードを使って楽天市場で買い物をすると、キャンペーンなどがあれば、通常の二倍程度の楽天スーパーポイントがもらえました。その結果として他のクレジットカードを利用するよりもかなりお得になりました。しかも買い物に関する盗難保険もきちんと付いており、補償額もかなり高いです。そのためノートパソコンなどのかなりの高額な買い物をしても大丈夫でした。実際に利用した際にはすぐに対応してもらいました。
    • デメリット
      デメリットはあまりなかったと思いますが、敢えて言えば空港ラウンジでのサービスが、他のクレジットカードよりは少なかったと思います。他のクレジットカードで無料になるドリンクサービスなどが、こちらのクレジットカードだと有料である場合がありました。またクレジットカードを申し込みをして実際にクレジットカードが会社に郵送されるまで、約二週間程度かかりました。もう少し早く郵送されても良かったと思いました。デメリットはそれくらいです。
    • お得な活用術
      こちらのクレジットカードを有効活用したいのであれば、やはり楽天市場でのオンラインショッピングが一番お得ですね。本当にリーズナブルなオンラインショッピングをする事ができますよ。会社の経理も「かなり助かった。」と言っていました。また電話代などもこちらのクレジットカードでの支払いにすると、楽天スーパーポイントが貯まりますので、こちらのクレジットカードを使わない場合よりも結果的にかなりリーズナブルになりますね。
    4.5
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/兵庫県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      楽天ビジネスカードで良かった点としましては、まずは、ポイントの還元率が非常に高いことでありました。ポイントの還元率が高く、ビジネス利用分の明細ができること、また、ETCカードを複数枚発行可能であり、VISAビジネスオファーが利用できる点についても魅力的でありました。法人カードの平均的なポイント還元率が0.5%であるのに対し、楽天ビジネスカードは常時1%のポイント還元率を誇りますので常時1パーセント還元してもらえるので、非常にお得感がありました。
    • メリット
      楽天ビジネスカードのメリットとしては、私は、いつも楽天市場や、楽天スーパーセールを利用しているのですが、そのセールにつきまして、かなり高い還元を受けることができる内容に大満足でありました。具体的には、楽天アプリ、楽天市場、楽天ブックスなどの各種サービスを駆使すると、ポイント還元率は最高7%にまでなりますので、次の大掛かりな楽天スーパーセールに備えての楽天ポイントの獲得をスムーズに稼ぐことができるものでありましたので、楽天グループでの高い還元率に感激しました。
    • デメリット
      楽天ビジネスカードのデメリットとしては、まずは、キャッシング機能が無いことでありました。一般的なビジネスカードではキャッシングできるような状態になっているのですが、楽天ビジネスカードでは、キャッシング機能がありませんでした。次に注意したいデメリットの内容としては、楽天ビジネスカードの支払いは1回払いのみでありますので、高額な商品を購入したい時でも、分割での支払いができないことに注意しなければならないと言う内容でありました。
    • お得な活用術
      楽天ビジネスカードのメリットとしては、VISAビジネスオファーを利用できることでありました。その魅力的な特典としまして、VISAビジネスグルメオファーがあること、トラベル優待が付帯していることでした。次に、ビジネスサービスを受けれることができる内容として、「トランクルーム使用料1か月相当額を無料」「バーチャルオフィス・ボードルーム利用時の割引」「サイト価格より5%割引」等様々な場所でビジネスサービスを受けることができる内容に大満足でした。
    4.2
    男性/30代/自営業/年収300~500万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品飲食店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      楽天ビジネスカードを選んだ理由は「知り合いの自営業している人が紹介してくれた」からです。経費の支出をまとめてくれるビジネスカードを探しており、楽天ビジネスカードならやってもらえるとのことを聞いたので、ネットで検索すると、経費の支出をまとめて管理できることや振込コストの削減ができることがわかったので、少しでも経費が削減することができるし、精算する作業の負担を軽減できると感じたので、楽天ビジネスカードを選びました。
    • メリット
      楽天ビジネスカードを利用していてメリットに感じている点は「楽天ETCカードを必要な枚数だけ発行することができる」ところです。自営業で車を動かす仕事をしているので、楽天ETCカードを複数枚発行して、社員に持たせることができています。しかも、使った分はちゃんと楽天ポイントで還元してくれるので、お得に利用することができています。入会時からいきなり「9枚」もETCカードを発行することができるのも楽天ビジネスカードだけだと感じています。
    • デメリット
      楽天ビジネスカードを利用していてデメリットに感じている点は「限度額がある」ところです。楽天ビジネスカードを作る時に一緒に作らなければならない「楽天プレミアムカード」があるのですが、この2枚のカードは限度額が共用されており、すぐに限度額に達してしまいました。初期の限度額が「100万円」だったので、少しずつ増額していって今では限度額まで達しなくなりましたが、限度額が低い設定になっているので利用する時は気をつけましょう。
    • お得な活用術
      楽天ビジネスカードは、他のビジネスカードと比べても「ポイント還元率が高い」と感じています。楽天ビジネスカードは通常時「1%」の還元率で、ビジネスカードは「0.5%」のところが多く、それでも少し高めだと感じています。そのため、自営業している店で買い物するものは全部このカードで支払いをしています。楽天市場や楽天ブックなどの楽天グループのサービスを利用すると、最高で「7%」ものポイント還元をしてくれるので、とても重宝しています。
    4.0
    男性/40代/自営業/年収700~1,000万円/兵庫県
    年会費:3/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):4/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング旅行・宿泊・ホテルガソリンスタンド/月間利用金額:15~20万円未満
    • 選んだ理由
      個人費用と会社費用を分け経費をわかりやすく管理しようと思ったときに、こういうカードがあると知人に教えていただきました。優待もホテルや食事に関した物の多さ、仕事に便利な他と少し違うものなど便利だと思いました。また、ETCカードが多数発行できるところも魅力だと思いました。会社の車が多数あるので便利です。楽天のカードということで楽天ポイントもビジネスカードですと上乗せされるので、楽天での買い物にとても得になる気がしました。
    • メリット
      使用してみて楽天のポイントが沢山たまっていきました。楽天で買い物をするとゴールドカード並みにポイントがもらえるとのことで、会社備品などは楽天を利用するようになりました。ビジネスカードで貯まったポイントはプレミアムカードに貯めることができるので個人の買い物に使用できてとてもいいです。そして当初の狙いどおり個人使用とビジネス使用を分けることで費用の用途がわかりやすくなり、事務作業もだいぶ手間が省けるかたちになり、導入してよかったと思ってます。
    • デメリット
      デメリットは楽天プレミアムカードも持たなくてはいけないというところです。プレミアムカードの年会費が11,000円、ビジネスカードが年会費2,200円になるので13,200円はけっこう大きいです。そして支払いは一括のみなのでそこは気を付けなければいけないと思いました。ガソリンや備品、出張などで使用するので大丈夫かとおもいますが、注意は必要と思いました。社員用にも作ることができればもっと楽になるとおもいますが、カードを追加でつくることができないのが一番のデメリットだと思います。
    • お得な活用術
      ビジネスに使用する分と個人に使用する分をしっかり分けることができお金の流れや使用用途がはっきりわかりやすくなります。事務用品や備品などは楽天市場でビジネスカードを使い買い物をします。その分の楽天ポイントは個人のプレミアムカードに移行することができるので大変お得です。ポイントの還元率も高いのですぐに貯まっていきます。同時加入のプレミアムカードの特典ももちろん使用できるので2つのカードの優待で幅広いサービスをうけることができます。
    3.7
    女性/30代/自由業/年収100万円以下/奈良県
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      友人、家族に進められ、年会費のかかるカードを初めて作りました。それまであまりカードを使った経験がなかたのですが、仕事も落ち着いてきたころに、楽天市場で買い物をする機会が多かったので、よく利用していました。キャンペーンが多かったり、ポイントの還元率がよかったので、毎回チェックして使っていました。海外の空港を利用する機会が多かった時期に使用してプライオリティパスはとてもお得で本当にありがたかったです。年会費以上の価値がありました。
    • メリット
      普段の楽天市場での買い物が多い方にはかなりメリットのあるカードだと思います。様々なキャンペーンをたくさんしているので、毎日楽天市場をチェックするのがとても楽しいです。使うごとに他のカードより多くポイントがついていると感じることができました。また、海外へ行く機会の多い方には、プライオリティーカードは非常にいいと思います。乗り継ぎのわずかな時間も有意義に過ごすことができるので、本当に価値のあるカードだと思います。
    • デメリット
      カードで買い物する方にはお得でいいと思いますが、カードを使わない方には、年会費が高く感じてしまうと思います。実際私はポイントでお得を感じましたが、それ以上にプライオリティーカードに年会費を払っていたように思います。ですので、海外へあまり行かない方々はもったいないと感じてしまうかもしれません。また、海外の小さすぎる空港の場合、プライオリティカードが使用できないこともあるので、100%満足できるかと言われれば、少し物足りなさを感じる方もいるかもしれません。
    • お得な活用術
      ポイント還元率が高いので、日常生活に使う生活必需品をスーパーで買うのでなく、あえて楽天市場でまとめ買いをしていました。ETCも1枚は無料でついてくるので、車を使う方にはかなりお得です。ネット利用履歴等しっかり把握できるので、管理もしやすかったです。プライオリティカードはかなり便利で、10時間以上の乗り換え時間もラウンジで仮眠や軽食を取りながら過ごすことができ、無駄なホテル代や食事代を省くことができました。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、楽天ビジネスカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • 楽天ビジネスカードのお申し込み方法と審査基準

    楽天ビジネスカードのお申し込み方法

    楽天ビジネスカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイト>にアクセスしてみましょう。なお楽天ビジネスカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 楽天プレミアムカードの申し込みと楽天アカウント
    • 商業登記簿謄本(6カ月以内)または法人登記印の印鑑証明書(3カ月以内)
    • 個人名義の預金口座と法人名義の預金口座(通帳やキャッシュカード)
    • 運転免許証

    楽天ビジネスカードの申し込みは、WEBから申請可能です。その際に楽天アカウントがない場合は楽天会員登録が必要です。また、楽天プレミアムカードとセットになるためプレミアムカードの申し込みも同時にしましょう。

    楽天プレミアムカードでは、申し込み時にインターネットで口座設定手続きを行うとカード発行後の口座登録手続き(お届印の捺印、書類の郵送)が不要になります。楽天ビジネスカードでは、楽天銀行以外は郵送で口座設定手続きになります。

    口座振替依頼書が郵送されてきたら、必要事項を記入・捺印して返送し、支払預金口座が法人名義の場合には商業登記簿謄本(6カ月以内)または法人登記印の印鑑証明書(3カ月以内)の提出が必要です。

    また、2つのカードの口座振替を個人と法人に分ける場合、個人と法人の各名義の預金口座が必要です。口座振替郵送の手続きは登録完了まで1~2カ月程度かかるので、余裕をみて申請するようにしましょう。

    楽天ビジネスカードの審査基準

    楽天ビジネスカードの審査基準
    • 20歳以上で安定した収入のある法人代表者(会社登記上、代表権を有する方)
    • 20歳以上で安定した収入のある個人事業主の方
    • 楽天プレミアムカードの所持とクレジットヒストリー

    楽天ビジネスカードの審査基準には、楽天プレミアムカードを所持していることが条件の1つです。プレミアムカードの審査通過難易度が比較的高いからです。プレミアムカードをまず審査通過した時点でスコアリングが高いと判断され、楽天ビジネスカードの審査が通りやすくなります。

    たとえば、楽天プレミアムカード保有者だと、起業したての設立年数が浅い場合や事業を立ち上げてから間もない個人事業主であっても実際にすんなり通過することもあります。

    また、楽天プレミアムカードの他に楽天カード・楽天ゴールドカードなどのクレジットヒストリーも審査に影響します。一般的にクレジットカードの審査は、自社カードの優良顧客に対して優遇される可能性が高いです。決済額の多さや支払の延滞がないかなどを含め楽天ビジネスカードも同様であると考えられます。

    まずは、楽天の発行するクレジットカードに決済を集中させ信用を増してから、楽天ビジネスカードの申し込みすると審査が通る可能性は高まるでしょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、楽天ビジネスカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後に楽天ビジネスカードのおさらいをしておきます。

    楽天ビジネスカードのおすすめポイント
    • 法人カードなのに通常1%の高還元率
    • 経費支出の管理が簡単になり清算負担を軽減
    • Visaビジネスオファーが自動付帯

    もし楽天ビジネスカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月21日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ