ルミネカードの口コミ・評判【Suicaやルミネの利用がお得に!】

ルミネカードは、株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。Suicaや定期券、JRE POINTカードとしても利用できる多機能型クレジットカードで、ルミネでの利用には強力な割引サービスが適用されます。

でも、いざルミネカードを作りたいと思っても、

他のクレジットカードよりどれくらいお得なのか?
実際の使い勝手はどうか?

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、ルミネカードのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際にルミネカードを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

\JRE POINTでルミネ商品券がお得/

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

ルミネカードとは

ー引用元:ルミネカード公式サイト

では、ルミネカードの基本的な特徴をご紹介します。

ルミネカードの基本情報

おすすめポイント
  • Suicaや定期券として使える多機能クレジットカード
  • ルミネ系列店での買い物が5%~10%OFF
  • Suicaのオートチャージや定期券購入でポイント3倍
年会費初年度:無料/2年目以降:1,048円(税込)
ポイント還元率0.50%~1.84%
付帯サービスETCカード/国内・海外旅行傷害保険/Suica/Suica定期券/JRE POINTカード/優待サービス「LUMINE STYLE」
国際ブランドVISA/JCB/Mastercard
ランク一般

ルミネカードはこんな方におすすめ!

ルミネカードは、以下のような方におすすめします。

  • ルミネをよく利用する方
  • Suicaや定期券を頻繁に利用する方
  • JR東日本エリアに住んでいる方

ルミネカードは名前のとおり、ルミネやニュウマンなどルミネ系列店をよく利用する方だと割引や商品券プレゼントなどのサービスが受けられ、お得なクレジットカードです。

Suica機能やSuicaのオートチャージ機能が付属しているため、普段の通勤・通学にSuicaを利用している方や、コンビニや駅ビルでの決済にSuicaを利用する方だと残高を気にせず利用でき、通常のSuicaカードよりも利便性がはるかに向上します。ルミネはJR東日本エリアを中心に展開するため、JR東日本エリアに住んでいる方におすすめのクレジットカードです。

\JRE POINTでルミネ商品券がお得/
  • ECナビClip!編集部
    ここまでルミネカードの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • ルミネカードのメリット・デメリット

    それでは、ルミネカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    ルミネカードのメリット3つ

    まず、ルミネカードのメリットを3つご紹介します。

    1. ルミネ系列店なら常時5%~10%OFFで買い物できる

    ルミネやニュウマン、ルミネのネット通販アプリ「アイルミネ」で買い物する際にルミネカードを使用すると、利用額に対して5%の割引が常時適用されます。たとえばルミネで1万円買い物した場合、翌月の引き落としでは5%にあたる500円がその月の請求総額から差し引かれる仕組みです。他社のクレジットカードでは割引があっても月に数回、特定の日のみ適用されるケースが多いため、ルミネカードの常時5%割引は画期的な特典といえます。

    また、ルミネでは年に4~6回バーゲンを開催しますが、このバーゲン期間中は普段の5%から10%に割引率がアップするため、さらにお得に。割引は食料品やカフェ、レストランのほか、無印良品やスターバックスといったルミネ内の各店舗でも適用されるため、ルミネを普段利用するのであれば還元率1%前後しかない他社のクレジットカードよりも、はるかにお得に利用できます。

    普段あまり利用しない方でも、たとえばバーゲン中に10万円のバッグを1回購入すると、それだけで1万円の割引が受けられる計算です。利用回数よりも、利用するタイミングと利用額が重要なクレジットカードといえるでしょう。

    2. Suicaのオートチャージや定期券購入でポイントが3倍貯まる

    ルミネカードはビューカードの券種の1つであるため、ほかのビューカード同様Suica機能が付帯しており、オートチャージや定期券、きっぷの購入といった特定の行動でポイントが3倍還元されます。普段の還元率は0.5%と標準的ですが、3倍になれば1.5%と他社のクレジットカードを大きく上回るのが魅力です。特に定期券の購入は、高額になりやすいため一度に大量のポイントを獲得できます。

    普段の通勤・通学にSuicaを利用する方や、コンビニや駅ビルでの買い物でSuica決済する方は、ルミネカードを利用するだけで自然にポイントが貯まっていきます。オートチャージ対応のため、残高を気にする必要もありません。

    貯まったポイントは1:1のレートでSuicaの残高に加算できるほか、ルミネの商品券と交換も可能です。ルミネ商品券は交換レートが優れており、高額の商品券になればなるほど1ポイントあたりの価値が高くなります。3万円の商品券なら24,400ポイントで交換できるため、ポイントをそのままSuica残高として利用するより5,600円分もお得になる計算です。

    3.優待サービスが充実している

    ルミネカードはルミネ内での買い物がお得にできるだけでなく、ほかにもさまざまな優待サービスや特典が付属しています。たとえば、「LUMINE STYLE」はホテルやバーラウンジ、映画館やレジャー施設など、国内20万ヶ所の施設を50%オフや80%オフなど優待価格で利用できるサービスです。本来は法人専用のサービスですが、ルミネカード会員であれば会員登録することで個人でも利用できます。

    また、ルミネ系列店での年間利用額に応じて商品券がプレゼントされる特典もあります。年間利用額20万円から特典が受けられ、年間利用額100万円では5,000円の商品券を獲得可能です。

    ほかにも、ビューカードの特典として国内・海外旅行傷害保険が付帯します。海外保険は自動付帯されるため、所持しているだけで保険の対象になるのが魅力です。国内保険は利用付帯ですが、ツアー代金やきっぷの購入はポイント3倍の対象になるため、自然とルミネカードで決済する方も多いはず。意識せず利用付帯の条件をクリアできます。

    ルミネカードのデメリット3つ

    つぎに、ルミネカードのデメリットを3つご紹介します。

    1.2年目以降は年会費がかかる

    ルミネカードは2年目から年会費1,048円(税込)がかかるため、年会費無料のクレジットカードを中心に利用している場合は申し込むのをためらう方も多いかもしれません。また、ETCカードを作成する場合も年会費524円(税込)がかかります。年会費無料のクレジットカードは数多くあり、ETCカードを無料発行できるケースもよくあるため、年会費を払う価値があるのか考えてから申し込む必要があります。

    ただし、ルミネカードはルミネでの買い物が常時5%オフになるため、年間で約2万円分買い物をすればそれで年会費のもとは取れてしまいます。バーゲンであれば1万円の利用でよく、年会費のもとをとるのは難しいことではありません。しかし、逆にルミネをほとんど利用しない場合は、年会費を払ってまで入手するメリットは薄いでしょう。

    2.ルミネ以外での還元率が低い

    ルミネカードはルミネ系列店でこそ5%や10%の高い割引が適用されますが、それ以外の店舗やルミネ以外の駅ビルではポイント還元率が0.5%と低めです。Suica決済が可能であればオートチャージにより1.5%のポイントがつくため他社のクレジットカードよりお得になりますが、そうでない場合は他社のクレジットカードを使用した方がよいでしょう。

    しかし、Suicaやポイントカードなど、ほかのカードとまとめて1枚にできるからこそルミネカードを選ぼうとしている方にとっては、他のクレジットカードを所持するのは本末転倒です。また、ルミネカードは年会費がかかるので、年会費無料のクレジットカードよりサブカードとして所持しにくいという側面もあります。

    ルミネ系列店以外での利用が多い場合は他社のクレジットカードの併用を受け入れられるかよく考えましょう。

    3.JR東日本エリア以外だとメリットがほとんどない

    ルミネカードのメリットであるSuicaのオートチャージは、首都圏や新潟、仙台などJR東日本エリアにしか対応していない機能です。また、定期券の購入によるポイント3倍獲得も、JR東日本エリアにあるみどりの窓口や券売機を通してしか行えません。ルミネ自体も首都圏を中心とした展開であるため、あえてJR東日本エリア以外でルミネカードを所持するのはほぼメリットがありません。

    特にルミネカードを申し込んだあと他のエリアに引っ越した場合、近所にルミネもなく、オートチャージも使えず、ポイント3倍の機会もありません。しかし年会費だけはかかり続けるため、長く使用するつもりなら今後の引越しや転勤などは慎重に考える必要があるでしょう。

    ルミネカードの口コミ・評判

    これから、ルミネカードのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.2

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \JRE POINTでルミネ商品券がお得/

    口コミ詳細

    4.0
    女性/30代/会社員/年収300~500万円/東京都
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      私は普段から会社の通勤の際にはJRの鉄道を利用しているので、JRに関してなにかお得なクレジットカードを探していました。そんなときに、LUMINEのお店に買い物に行った際にルミネカード入会のキャンペーンの広告を見つけました。そこでキャンペーンのスタッフの方に、ルミネカードはルミネでショッピングをしたりJRの鉄道を利用する人に対して、とてもお得で便利であるクレジットカードであると説明を受けたので、このカードを選びました。
    • メリット
      このルミネカードは普段のショッピングの際に、ルミネを利用する人に大変魅力的でお得なクレジットカードです。なぜなら、ルミネで買い物をするときにセールではない通常の買い物日でも、会計のときにルミネカードを利用すると5%引きの価格になるからです。それだけでなく、年に数回あるルミネのセールでは、会計をするときにこのクレジットカードを使用すると、10%の割引きがされるので、ただでさえセールで安いのに割引されてとてもお得ですし、1000円ごとに5ポイントの通常ポイントがつくので大変魅力的です。
    • デメリット
      このルミネカードは、初年度は年会費が無料ですが、翌年度以降の年は年会費が1048円かかってしまいます。ですので、普段からルミネにショッピングに行かない人はルミネカードの割引きの恩恵を受けにくくデメリットであると感じてしまいます。また、このクレジットカードはsuicaも付帯することができるので、普段からJRの鉄道を利用しない人はメリットが薄いです。suica定期券の購入にもポイントがつくので通勤などにsuicaを利用しないとカードの恩恵を受けにくいからです。
    • お得な活用術
      このルミネカードは普段からJRの鉄道を利用する人にとって大変お得なカードです。なぜならこのカードにsuicaを付帯できて、suica定期券をカードで購入にもポイントがつくので、通勤にJRを利用する人にはとてもお得なカードであると感じます。それだけでなく、このルミネカードはルミネで普段からショッピングする人にはとてもお得なカードです。セールでない日もこのカードで会計すると5%引きになりますし、セールの日の会計時の利用も10%引きになるため、お得すぎるカードだと思います。
    3.8
    女性/30代/会社員/年収500~700万円/東京都
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド習い事・趣味/月間利用金額:10~15万円未満
    • 選んだ理由
      転職をした会社の近くにルミネがあり、セールの時に、ルミネカードで支払えばセール分プラスカード特典の割引がきいてとてもお得に買い物ができると勧められたので、入会を決めました。ルミネカードでお買い物をすると、いつも5%オフ。そして、時々10%オフになることもあり、服や化粧品を買っていると、年会費分はすぐにもとが取れてしまうと思えたからです。また、Suicaに連携してポイントチャージできる点も、ものすごく便利でお得だと思ったので迷わず入会しました。
    • メリット
      昔働いていた会社の近くにルミネがあったので、仕事帰りによくルミネで服や化粧品を購入しており、いつも5%オフなのがすごく助かっていたので使い続けていました。また、時々やる10%オフのセールなども、とても便利でありがたく、年会費くらいは軽く元が取れてしまう印象です。最近はルミネが近くにないので、あまり5%オフの恩恵を受けていませんが、付帯しているビューカードの機能で、JRポイントで特典交換ができるので、とてもお得だと思って使っています。
    • デメリット
      デメリットと感じることは、正直あまりありません。あえてあげるなら、ビューカードを使っていると、少し安っぽいイメージを与えることかもしれませんね。他の方がゴールドカードなどを出される時に、一緒にビューカードを出すと、ちょっとだけ恥ずかしい、というのはあるかもしれません。最新のカードは、シンプルなデザインで少し高級な感じがでているので、以前に比べてあまり気にならなくなりました。また、ルミネカードをメインにしている理由がJRポイントが貯まってSuicaにチャージできることなので、聞かれた時はそう答えています。
    • お得な活用術
      ルミネカードをルミネで使うと、いつも5%オフが受けられます。なので、まずルミネが近くにあって、化粧品や雑貨、食料品など日常使うものを買うのでしたら、この5%還元で年会費分はあっという間にもとがとれます。また、ビューカード提携しているので、ポイントをJRポイント→Suicaにチャージすることができます。これが、私がイチオシする活用方法です。Suicaにポイントチャージができるおかげで、電車や普段の買い物などに還元分が使えてとてもお得です。
    3.7
    女性/40代/会社員/年収100~300万円/千葉県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネはわりと家から近いところにあり、昔からよく使っているファッションビルで、高校生の頃から使っていました。その頃はカードが使えなかったので、作れなかったのですが、社会人になって、カードが作れるようになり、ルミネでルミネカードで支払うと、請求の時に5%OFFになるということを聞いて、ちょうどキャンペーンか何かをしていて、その場でその日から仮カードで利用出来て、5%OFFになると聞いたので、便利だと思い作りました。
    • メリット
      ルミネはわりと家の近くにあって、よく使っているのもありますが、都内にも何箇所かあるので色々なところで使えて便利です。また、JR系列の会社なので、Suica付きのルミネカードを持っていると、Suicaとしても使えるところが良いと思います。また、Suica付きだとルミネの買い物でも貯まったポイントで、Suicaへチャージ出来るのでお金を使わずにSuicaに貯められるのはとても良いと思いました。Suicaをよく使う人にはホントに便利です。
    • デメリット
      私は関東地方に住んでいるので、他の地方にルミネがあるか、分からないのですが、ルミネの無いところでは、クレジットカードとしての利用や、スイカとしての利用は使えると思いますが、ルミネでの利用する機会が無い人には年会費もかかってしまうので、持っていてもあまりメリットはないような気もしてしまいます。また、当然のことかもしれませんが、VISAカードとして支払った時は、JR系列の利用よりも還元率が少し低くなってしまうのは、デメリットかと思います。
    • お得な活用術
      どんな買い物でも、なるべくルミネを利用するようにしています。また、年に何回か10%OFFで請求時の支払いが、ルミネで買い物をした場合、少し割安になるので買いたい物がある時は、なるべくそのキャンペーンの時まで買い物を控えて、キャンペーンが始まったら買うようにしています。他にも、VISAカードとしての機能もあるので、ルミネ以外でカード支払いの時に利用したり、生命保険の支払いや、病院でカード払いが出来るところはルミネカードを使って、ポイントを貯めるようにしています。
    3.7
    女性/40代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/埼玉県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネで洋服や化粧品などの買い物をすることが多く、いつでも引き落とし額が5バーセントオフになり、年に何度かは10パーセントオフになる期間があるため、作ろうと思いました。初年度の年会費が無料だったので、作ってみてもデメリットはないと感じました。また、電車通勤していたので、スイカとしても使用できるところもよいと思いました。カード発行の専用カウンターがあり、発行手続きをしたその日から割引を使えることも作ろうと思うきっかけになりました。
    • メリット
      ルミネでの買い物なら、引き落とし額が金額に寄らずいつでも5パーセント割引になるので、ルミネでよくお買い物をされる方にはとてもお得だと思います。セール品でも割引になることもいいと思います。年に数回、4日間ほどの10パーセント引きになる期間があり、化粧品などはこの期間にまとめ買いをするとどこよりもお得に購入することができました。また、Suica機能がついていて、定期券としても使用することができて、便利でした。
    • デメリット
      年に数回の10パーセントオフのキャンペーンの時やセールの際に、お得だからとたくさん洋服などを買ってしまうことがあり、出費が多くなってしまうことがありました。引っ越しをしてルミネをあまり利用することがなくなると、年会費の千円ももったいないように感じるようになりました。普段ルミネや通販のアイルミネでのお買い物をあまりされない方には、あまりおすすめできないと思います。初年度の年会費が無料なので、その期間に判断した方がよいと思います。
    • お得な活用術
      ルミネやアイルミネでのお買い物はいつでも5パーセントオフになり、10パーセントポイントオフの期間もあるので、とてもお得にお買い物できます。ポイントも貯めることができます。ポイントはSuicaグッズにも交換できるのでお好きな方にはよいと思います。Suica機能も付いているので、定期券などとしても使えますし、Suicaのポイントも貯まります。オートチャージ機能も付いているので、残高を気にする必要がなくて便利です。
    3.5
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/東京都
    年会費:2/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネでよくお買い物をするのでカードを作りました。また、ルミネカードはルミネで買い物をすると、常に5パーセントオフになるのと、不定期に10パーセントオフになる期間もあるのでとても魅力的です。食品やお食事するお店や本屋までも割引が使えるのでとても活用させていただいています。そして、ルミネカードで定期券購入してもポイントがたくさんもらえるのでとても重宝しています。年会費は初年度以外はかかってしまうのですが、元は充分取れています。
    • メリット
      WEB明細サービスに登録するだけで毎月20ポイント、年間240ポイント(600円相当)がもらえるので絶対にWEB明細書にした方がいいです。そして、他のカードにはなかなかないと思ったのは、カードを新規申し込みを店頭でした場合、仮カードというものが当日中に貰えてすぐにカードとして使えます。保険についてですが、国内旅行傷害保険は最高1,000万円の利用付帯が付き、海外は最高50万円の自動付帯が付いています。
    • デメリット
      ほとんどルミネを使わない人は年会費が次年度以降はかかってしまうのであまりおすすめできません。また、ルミネ以外のお店は還元率0.5%と低く、ルミネをあまり利用しない人にはメリットが少ないです。また、JR東日本の電車に乗らない人にはポイントがなかなか貯まらないと思うのであまりオススメできません。あと、私も何回かやったことがあるのですが、カードが折れたり磁気不良で劣化しやすいです。私も今まで3回位磁気不良になりました。カード自体あまり丈夫ではないです。
    • お得な活用術
      やはり、ルミネでお買い物をすると常に5パーセントオフということと、不定期で10パーセントオフになることが最大の魅力なので、10パーセントオフの時を狙ってよく買う商品はたくさん購入するとか、10パーセントオフのタイミングでお食事をするなどしてお得な時にたくさんカードを使った方がいいです。また、ルミネカードでは、内蔵されているSuicaやモバイルSuicaへのチャージが1000円につき15ポイント(JRE POINT)を貯めることができるので、ルミネカードでSuicaを使った方がポイントもたくさん貯まります。
    3.2
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/千葉県
    年会費:2/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネでよく買い物をしていたので、年間を通してルミネでの買い物に5パーセントオフになる点と、年に4回あるルミネカード会員だと10パーセントオフになる点が魅力だと思います。また、1年目は年会費無料であった点も選んだ理由です。また、ルミネカードを保有していると、年に1度ルミネのお店でルミネカードの利用額に応じて商品券をプレゼントしてもらえる、スペシャルサンクスという制度もあり、利用額に応じてルミネ商品券が送られてきました。
    • メリット
      ルミネでのお買い物が常に5パーセントオフになるので、ルミネでお買い物をよくしていたので、大きなメリットを感じました。また、スペシャルサンクスという制度で、年に一度利用金額によって商品券を送ってもらえるので、お得感を感じました。また、定期券や特急券をルミネカードで買うことでJREポイントも付与されるので、通勤・通学定期などを買うときにルミネカードを使用することで、高いポイント還元を得ることもできます。
    • デメリット
      2年目から年会費がかかってしまうことだと思います。ただ、ルミネでのお買い物には常に5パーセントのポイント還元があるので、ルミネでよく買い物をする方ならすぐに元を取れてしまうと思います。あとは、家族カードを作ることができなかったので、妹もルミネカードを作りたがっており、家族カードでの申し込みを希望しましたができませんでした。家族カードは作れませんが、個人でカードを申し込めば問題ないので、大きなデメリットではなかったです。
    • お得な活用術
      年に4回ある全品10パーセントオフのキャンペーンがあるので、スケジュールをチェックしておき、欲しいアイテムをその時期にゲットするようにしました。また、定期券や特急券にJREポイントが付与されるので、通学や通勤の定期は必ずルミネカードで購入するようにするとお得だと思います。また、iPhoneでモバイルSuicaサービスのアプリにルミネカードを登録しておくと、自動チャージもされるのでとっても便利でした。
    3.0
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/埼玉県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:衣服・靴・化粧品百貨店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネカードを作った際の居住地域の近くにルミネがあり、洋服はルミネで購入する事が多かった。そのため、クレジットカードを作れるようになったら衣服類を購入する際に常に5パーセントオフになるルミネカードを作ろうと思っていたことがルミネカードを選んだ理由です。また、定期的にルミネカードを使用するとルミネでの買い物が引き落とし時に10パーセントオフになる期間があり、その期間中だと更にお得になることも選択した理由の一つです。
    • メリット
      ルミネカードを使用してのメリットはルミネでの買い物時に常に5%オフになることと、期間が限られていますが10%オフになる時期があることです。また、定価で売られている本なども10パーセントオフで購入することができるのでメリットだと思います。また、電車通勤であれば定期を購入する際にはポイント還元率が1.5%と高いため通常の買い物時よりもメリットはかなりあると思います。またSuicaと併用して使用することができる点もメリットだと思います。
    • デメリット
      ルミネカードのデメリットはルミネカードという名前の通りルミネをよく利用する方にメリットがあり、あまりルミネに行かない方にはポイント還元率が低いことがデメリットだと思います。また、電車通勤では無く普段の生活が車中心の方にも定期券購入時でのポイント1.5パーセントのメリットが感じられず普段のポイント還元率ですと年会費がかかるためデメリットの方が多いと思います。このルミネカードは電車を利用しない方にはデメリットが目立ちます。
    • お得な活用術
      ルミネカードのお得な使い方は、まずはSuicaと連携してオートチャージに設定することです。オートチャージに設定する事でポイント還元率が通常の還元率の3倍である1.5パーセントになります。また、定期券購入の際にもルミネカードを使用して購入することで通常のポイント還元率の3倍の1.5パーセントのポイント還元を受けることができます。あとは10パーセントオフの期間があることがお得ポイントだと思います
    2.7
    女性/40代/会社員/年収300~500万円/埼玉県
    【スコア詳細の文章 をここに入れる 】
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      職場の最寄駅にルミネがあり、ルミネカードを使用すると常に5%オフになり、ちょっとした買い物でも現金より割引きされるからです。カードのデザインも女性をターゲットにしているのか、ファッショナブルなお洒落なデザインも気に入ってます。またバーゲンの時には、カードを作る案内の担当者が常時配備されており、その場でカードのお手続きができるスピーディー対応も作るキッカケとなりました。作ったその日から、割引されるどの事で、ルミネをよく利用する人なら作ったほうがお得かと思います。
    • メリット
      常にお買い物で5パーセントオフになるという点が1番大きなメリットかと思います。消費税の半分くらいキャッシュバッグされるのは、大きな買い物をすればするほど、かなりお得感が感じられます。またセールの時などは、10パーセントオフになるので、さらにお得感が増します。ルミネはファッションだけでなく、雑貨や美味しい食材などを取り扱いする店舗が豊富ですし、ルミネは主要駅に隣接している事から、デイリーに使うルミネだけでなく、休日に出かけた先でも常にお得にお買い物できるのは嬉しい限りです。
    • デメリット
      特にデメリットを感じた事はありませんが、強いて言えば年会費が取られる事です。年会費を請求されるカードは基本的に作らないようにしているのですが、毎日使用する駅にルミネがあるので、食材や化粧品などちょっとした物でも、常時5パーセントオフになるので、1000円払って作ったほうが良いと考えました。本当にたまにしか、しかも少額しか買い物しない人にとっては、むしろ割引き率より、年会費の方が高く付く場合がありますので、注意が必要かと思います。
    • お得な活用術
      セールの時などは、10パーセントオフになるので、あえてセールの前にもお店に下見に行き、(洋服なら試着まで済ませています)、あえてセールの日までお取り置きをして頂いています。そのおかげで、お気に入りの商品を、確実にゲットする事が出来ますし、セールの時の混雑した中で試着を並ばずに、当日はお会計をするのみで、きちんと10%オフに対応して頂けます。意外と知らない人が多いかと思いますが、ショップの方がオススメするお得に且つスムーズにお買い物が出来る方法です!
    2.7
    女性/20代/会社員/年収300~500万円/東京
    年会費:2/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      洋服やファッション小物におけるお気に入りのブランドがルミネに入っていることが多く、普段からルミネで買い物をする機会が多かったからです。カード発行前は現金で支払っていましたが、ルミネカードで支払いをすると、いつでも割引になるということを知り、ルミネでの買い物用のクレジットカードとして選びました。ポイント還元率が良いという訳ではないと感じていますが、ポイント還元よりも現金値引の方が魅力を感じるので、自分にとってメリットだと思いました。
    • メリット
      普段セールにならない商品(百貨店系コスメなど)も割引で買えることは、非常にメリットに感じます。特にルミネセールのタイミングでは10%オフで購入できるので、他のお店で買うよりお得に購入できます。また、ポイント還元率は特段高いわけではないものの、クレジットカードの利用額に応じて付与されるポイントを、選べる特典に引き替えることができます。私はルミネでの買い物をすることが多いので、ルミネで使える商品券に替えています。私の場合ルミネカードはルミネの買い物以外では利用していませんが、1年に1回ポイントを特典に替え、2~3万円分程度の商品券をもらうことができ、大変お得に感じています。
    • デメリット
      年会費がかかる点は、デメリットに感じます。普段利用しているクレジットカードは年会費がかからないので、比べてしまうとお得感が減ってしまいます。ただし、年間ルミネで買い物をする際に割引される金額が、年会費を大きく超えているため、年会費を払ってでも利用する価値があると思い、利用を続けています。あとは私はネット銀行を利用しているため銀行印ではなくサインをもって銀行登録しているのですが、クレジットカードの引き落とし口座としてネット銀行を連携させるのに銀行印がないということで手間がかかりました。楽天カードを作る際は手間がかからなかったので、そこもデメリットに感じてしまいました…。
    • お得な活用術
      自分が買い物をしたいお店がルミネにどの程度集まっているのかを、カード作成前にチェックしておき、その店舗数が多い時に、ルミネカードを利用されるのをオススメします。買い物する場所をルミネに集約させることで、実質現金値引きができる額が高くなりますので。ポイントの還元率が多少悪くても、現金値引きの方が魅力に感じる方には合っているかと思います。ただし、ルミネ以外での買い物や公共料金の支払いなどについては、ポイント還元率の高い別のクレジットカードを利用したほうがお得になるかと思います。
    2.5
    女性/40代/パート・アルバイト/年収100~300万円/徳島県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):2/付帯サービス:2/利便性:2/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      東京で働いていたころはよくショッピングに行っていたので、持っていないと損するような雰囲気でした。入会するとポイントがたくさんもらえるキャンペーンをしていたので、気軽な気持ちで入会しました。買い物が毎回5%オフになるので、大きな買い物をするときはお得感がありました。ルミネで買い物をする以上は持っているべきだと思いました。カードのデザインもシンプルでお財布にいれておいても違和感がありません。
    • メリット
      東京で働いていたころは、大体夜勤明けにルミネによって、今とは比べ物にならない価格や量の買い物をしていました。なので、5%オフは大きかったです。商品券も何回かいただきました。微々たる量でしたが、1000円くらいが何年かもらえました。たまにカード払いで10%オフになるときがあったのでかなりお得にお買い物ができた時期がありました。私ルミネ以外でこのカードを使うことはなかったので、メリットをのがさないように利用していました。
    • デメリット
      年会費がネックでした。あまりポイント還元率はよくないのに、年会費が1000円近くかかりました。わけあって、地方にもどってきた今としては、ルミネもなく、年会費だけを払う事態になったため、その年に解約しました。東京にいた時期も電車は使用しなかったので、半分損をしているような気持ちにもなりました。ポイント還元率は0.5%なのでこのカードを続けて使うメリットが今の私にはなくなりました。メインカードとしてはお勧めできません。
    • お得な活用術
      ルミネに相当買い物に行く人だと、恩恵を受けやすいと思います。いつも5%オフですし、年に数回10%オフの日もあります。web上で明細書をチェックするサービスを使うと毎年600ポイントがもらえます。ペーパーレス時代なので、当たり前のことにポイントが付加されるのはいいと思います。カードを発行すればルミネスタイル加入ができるので、飲食店や映画館も、お得な優待価格で利用できるので、大きな買い物をしなくても、知っていれば、人よりちょっと得します。中にはありえない値引きがある商品もあるので、チェックしながらプランを立てると楽しいと思います。
    2.0
    女性/30代/自由業/年収500~700万円/埼玉県
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):2/付帯サービス:2/利便性:2/サービス対応:2
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店百貨店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      ルミネで衣服を購入する機会が多くあるため、常に5%オフできる点に魅力を感じ発行しました。その他付帯特典はさほど利用していないため知らないことの方が多いと思いますが、現在はアイルミネなどのオンラインショッピング利用連携もでき、suicaサービスとの連携もあり、ポイントを使うという点に関しては選択肢もどんどん増えて、以前よりも魅力的になっているように感じます。カードの利用明細を確認するマイページのデザインやユーザビリティも気に入っています。
    • メリット
      やはりなんといってもルミネ及びアイルミネでのショッピング時にカード利用することで、常に5%オフが適用されること、年4回くらいだと思いますが、10%オフのキャンペーンもあり、かなり安く購入できる点がメリットです。年会費は若干かかりますが、年間利用金額とオフ金額を考えると、カード作成してから年会費の方が高くなったことは一度もありません。suicaでの定期券購入時にも使用しているためか、ポイントはすぐに貯まります。
    • デメリット
      他のクレジットカードと比較して年会費無料のカードが多い中、未だに年会費1000円以上しますので、使い始めから年会費に関しては非常に気になっています。前述のとおり損はしていないとわかってはいるものの、カード利用明細をみたときに、年会費引き落としの金額をみると都度やはり残念な気持ちがします。オフ率のことを考えると難しいのかもしれませんが、年会費無料の場合と従来の年会費支払いの場合とで特典を見直すなど、選択肢があるともう少し利用者にとってもメリットが出るように感じます。
    • お得な活用術
      ルミネ、アイルミネでショッピングする際は5%オフになるため必ず使用します。特に10%オフ期間中は、アイルミネを効果的に活用しながら、なるべくカード利用するように心がけています。suicaの定期券購入やみどりの窓口経由での乗車券購入時にも必ずカード使用するようにし、ポイントを貯めています。ポイントの利用については、一般的な商品券への交換だと手数料を含め割高になってしまうため、できるだけルミネ商品券やグリーン車乗車券への交換など、お得なものを選んでいます。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、ルミネカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • ルミネカードのお申し込み方法と審査基準

    ルミネカードのお申し込み方法

    ルミネカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおルミネカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 本人確認書類(運転免許証やキャッシュカードなど)
    • 引き落とし用の口座情報

    ルミネカードを申し込む際には本人確認書類や銀行口座が必要です。ただし、引き落とし用の口座にオンラインバンクを登録すると、本人確認書類が原則不要になります。この場合は申し込み時にオンラインバンクを通じて手続きするため、それを本人確認の代わりにできるのが特徴です。

    登録できるオンラインバンクはゆうちょ銀行や、三菱UFJ銀行・りそな銀行などの都市銀行のほか、地方銀行や信用組合、労働金庫などがありますが、楽天銀行やauじぶん銀行など対応していないオンラインバンクも多くあります。公式サイトに対応銀行の一覧があるので、事前に確認しておきましょう。

    申し込み自体は簡単で、公式サイトの申し込みフォームに住所や勤務先などの個人情報を入力していきます。そのあと、画面にしたがってオンラインバンクの手続きを済ませましょう。オンラインバンクを使用しない場合はいったんスキップし、後日あらためて口座登録と本人確認書類の送付を行います。

    ひととおり入力を終えて申し込み完了すると審査が始まり、審査に通ればカードが最短1週間程度で発行される流れです。

    ルミネカードの審査基準

    ルミネカードの審査基準
    • 日本国内在住で、電話連絡のとれる方
    • 満18歳以上の方(高校生不可)
    • 未成年の方は親権者の同意が必要

    ルミネカードは未成年でも申し込み可能で、入会資格には「安定した継続収入」といった文言が記載されていません。したがって、収入の少ないパートタイマーの方や大学生・専門学生の方などでも申し込みのハードルはそこまで高くないでしょう。

    また、ルミネカードはキャッシング枠が付帯されていないため、月々の利用額に対する返済能力さえ認められれば発行されると考えられます。一般的に収入の少ない方は家族と同居している、または一定収入のある配偶者がいることで基本的に審査は通ります。

    逆に、無職の方や独立して間もない、1人暮らしの自営業の方などは審査に落ちやすいため注意しましょう。そのほか、過去に返済遅延や自己破産といった経歴があると、クレヒス(利用履歴)に傷がつき審査に通りにくいです。

    一般的に審査はまず、機械によるスコアリングが行われます。個人情報の内容に不審な点があった場合は確認のないまま機械的に落とされてしまう可能性が高いため、個人情報はミスや偽りのないように記載しましょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、ルミネカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にルミネカードのおさらいをしておきます。

    ルミネカードのおすすめポイント
    • Suicaや定期券として使える多機能クレジットカード
    • ルミネ系列店での買い物が5%~10%OFF
    • Suicaのオートチャージや定期券購入でポイント3倍

    もしルミネカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \JRE POINTでルミネ商品券がお得/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月23日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ