みずほマイレージクラブカード/ANAの口コミ・評判【マイルが貯まる】

みずほマイレージクラブカード/ANAは、株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードです。みずほ銀行キャッシュカード・クレジットカード・ANAマイレージクラブカード・電子マネーEdyを1枚のカードで利用できる多機能カードです。

でも、いざみずほマイレージクラブカード/ANAを作りたいと思っても、

「一体どんなカードなの?」
「作るメリットはあるの?」

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、みずほマイレージクラブカード/ANAのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際にみずほマイレージクラブカード/ANAを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

みずほマイレージクラブカード/ANAとは

ー引用元:みずほマイレージクラブカード/ANA公式サイト

では、みずほマイレージクラブカード/ANAの基本的な特徴をご紹介します。

みずほマイレージクラブカード/ANAの基本情報

おすすめポイント
  • 年会費が永年無料
  • ポイントに有効期限がなく永久不滅
  • ポイントからマイルに優遇レートで交換
年会費初年度:無料、2年目以降:無料
ポイント還元率0.5%
付帯サービス電子マネー(iD、QUICPay)/ETCカード(発行手数料・年会費無料)/家族カード発行無料
国際ブランドMastercard
ランク一般

みずほマイレージクラブカード/ANAはこんな方におすすめ!

みずほマイレージクラブカード/ANAは、以下のような方におすすめします。

  • みずほ銀行をメインバンクに利用している方
  • 飛行機をよく利用する方
  • コンサートや演劇などの公演を見るのが好きな方

みずほ銀行キャッシュカードとクレジットカードが1枚になっているため、2枚所持する必要がなく財布がかさばりません。みずほ銀行をメインバンクで利用している場合、取引条件によってみずほ銀行ATMの時間外手数料も無料となります。そのほか、イオン銀行ATMの時間外手数料やコンビニ(イーネット・ローソン・セブン銀行)ATMの利用手数料もかかりません。

ANAグループやスターアライアンスメンバーなどの提携航空会社のフライトの利用でマイルが貯まるため、飛行機をよく利用する方にもおすすめです。さらに家族カードを発行すれば、家族で効率よくマイルを貯められます。

また、チケットオンラインサービス「イープラス」にてコンサートや演劇、スポーツなどの人気の公演チケットの先行予約や優待割引などの会員限定のサービスをお得に利用できます。



  • ECナビClip!編集部
    ここまでみずほマイレージクラブカード/ANAの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • みずほマイレージクラブカード/ANAのメリット・デメリット

    それでは、みずほマイレージクラブカード/ANAの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    みずほマイレージクラブカード/ANAのメリット3つ

    まず、みずほマイレージクラブカード/ANAのメリットを3つご紹介します。

    1. マイルが貯まりやすい

    基本ポイント還元率は0.5%、マイル還元率は0.35%です。ANAグループ便やスターアライアンスメンバーなどの飛行機の利用だけでなく、ホテル宿泊・レンタカー利用など、ANA提携グループでのカード利用でもマイルを貯められます。

    他のみずほ銀行提携カードでも、ポイントを貯めてマイルに交換できますが、みずほマイレージクラブカード/ANAは、優遇レートで交換可能。通常200ポイント=600マイルなのに対し、100ポイント=350マイルで交換できます。そのため、マイルが貯まりやすく、旅行や出張が多い方にはメリットが大きいです。

    2. 年会費が負担にならない

    年会費は永年無料なので余計なコストがかかりません。カードに維持費がかかると、少額しか利用しない場合はせっかく貯めたポイントが相殺されてしまう可能性があります。「ポイントを効率よく貯めたい」「年会費を気にせずにクレジットカードを持ちたい」方は永年無料のものを選びましょう。

    みずほマイレージクラブカード/ANAでは、ANAの提携するフライトやホテル、店舗などで利用するとポイントやマイルが付きます。そのほか、公共料金の支払いでも貯められるため、効率的にポイントを増やすことが可能です。

    3.人気の公演チケットが優先的に予約できる 

    取り扱いチケット総数が国内最大級を誇る「eプラス」で人気の公演チケットが優先的に予約できます。コンサート、演劇、スポーツ、イベントなど幅広いジャンルから選べ、優待割引など会員限定特典もあります。

    全国のファミリーマートやセブン-イレブンで発券でき、また電子チケット(スマチケ)と紙のチケットの両方を発行できるので、利用シーンや好みで選ぶことが可能です。コンサートや演劇などの公演を観ることが多い方にはうれしい特典でしょう。

    みずほマイレージクラブカード/ANAのデメリット3つ

    つぎに、みずほマイレージクラブカード/ANAのデメリットを3つご紹介します。

    1.旅行傷害保険の付帯がない

    みずほマイレージクラブカード/ANAにはさまざまなサービスが付帯していますが、旅行傷害保険は含まれません。

    年会費が無料でも、旅行損害保険が自動付帯や利用付帯になっているクレジットカードもありますが、みずほマイレージクラブカード/ANAはそのどちらでもありません。

    海外旅行に行く際に保険に入りたい場合は、別途「みずほ海外旅行保険」に加入する必要があります。みずほ銀行のウェブサイトから簡単に契約できるので、海外保険に入る方は事前に加入しておきましょう。

    2.ポイント還元率が0.5%と低い

    みずほマイレージクラブカード/ANAのポイント還元率は0.5%です。1,000円の利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=5マイルに交換できます。

    他の年会費無料のカードでもポイント還元率が1%や1.5%のものなどある中で、みずほマイレージクラブカード/ANAは0.5%と低め。ポイントに有効期限がないメリットはありますが、よりポイント還元率が高いカードで貯めた方が効率がよいでしょう。

    3.紛失すると不便

    みずほ銀行をメインバンクとして利用している方は、万が一紛失してしまうと非常に不便です。キャッシュカードとクレジットカードが一体しているため、紛失してしまうとお金を下ろせなくなってしまいます。さらに再発行には2〜3週間かかります。

    再発行まで他のクレジットカードを使用するか、手持ちなどでやりくりするしかありません。万が一の時に不安な方は、何枚かクレジットカードを所持しておくと安心です。みずほ銀行以外の銀行をメインバンクとして使用している方は、不便さをあまり実感しないかもしれません。

    みずほマイレージクラブカード/ANAの口コミ・評判

    これから、みずほマイレージクラブカード/ANAのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.3

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    口コミ詳細

    4.3
    女性/30代/会社員/年収300〜500万円/東京都
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金家電飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      このみずほマイレージクラブ/ANAの存在をはじめは知らなかったのですが、会社からの給料口座をみずほ銀行にしていて、たまたまみずほ銀行に用事に行った際に、このカードの広告を目にしてカードの存在を知りました。みずほ銀行のスタッフの方にお聞きしたところ、永久不滅ポイントだけでなくカードの利用でANAマイルも貯まるということ聞いて、大変お得なカードであることを知りました。私の友人も加入していたので、そのことも選ぶ理由となりました。
    • メリット
      航空提携会社利用のフライトでもマイルが貯められ、航空券購入時や空港でのチェックイン時に自分のマイレージカード番号を入力するだけでよいので、手続きのハードルが低く面倒に感じませんでした。空港のANAが運営しているお店等でANAカードで支払いをすると、マイルが貯まるだけでなく割引も受けられます。飛行機を利用する際にはほぼ毎回お土産を購入するので、お得に利用できると感じています。加盟店が多く、コンビニエンスストアも含まれているので毎日の少しずつの買い物でもマイルが貯めやすいです。
    • デメリット
      フライト後にマイレージカード登録を忘れても半年以内であれば後日申請できるのだが、その申請が少し面倒でした。オンラインで申請したが、まず申請方法を調べるのにも苦労し、時間がかかった記憶があります。航空券購入時やチェックイン時にマイレージカード番号の登録も済ませておいた方が絶対によいと学びました。当然のことですが、マイルを効率よく貯めようとしたり付帯サービスを充実させようとすると会員費が高額になるので、自分の生活に照らし合わせ適当なものを選択する必要があります。
    • お得な活用術
      公共料金や携帯電話の支払い等、固定費と言われるものでもマイルが貯められるので、支払い方法を見直すだけでお得になります。ANAマイルをANA SKYコインに変換でき、航空券の購入やショッピングに利用できるので、少ないマイルも無駄なく使うことができます。普段電車を利用する人なら、電子マネーのオートチャージ機能付きのカードにすると効率よくマイルやポイントが貯められるのでたまにしか飛行機を利用しない陸マイラーにもおすすめです。
    3.8
    女性/30代/会社員/年収500〜700万円/神奈川県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ百貨店/月間利用金額:10〜15万円未満
    • 選んだ理由
      加盟店が多くANAマイルを効率よく貯められ、マイル還元率がよいからです。海外旅行傷害保険が自動的に付帯されており、内容も充実していると感じています。電子マネーのオートチャージでもマイルが貯められ、飛行機に乗らなくてもマイルが貯められます。空港ラウンジが無料で利用できる点も選んだ理由です。
    • メリット
      航空提携会社利用のフライトでもマイルが貯められ、空港のANAが運営しているお店等でANAカードで支払いをすると、マイルが貯まるだけでなく割引も受けられます。飛行機を利用する際にはほぼ毎回お土産を購入するので、お得に利用できると感じています。加盟店が多く、コンビニエンスストアも含まれているので毎日の少しずつの買い物でもマイルが貯めやすいです。このみずほマイレージクラブカード/ANAは、普段から国内旅行や海外旅行、出張にANAの飛行機やスターアライアンスグループの飛行機を利用する人におすすめなカードです。特に、ANAの発着便がある空港が最寄りの人は、このカードを利用することで永久不滅ポイントが100円で1ポイントと貯まりやすいのでメリットがあります。その永久不滅ポイントをANAマイルへと交換することができるので、大変お得で満足度が高いです。
    • デメリット
      フライト後にマイレージカード登録を忘れても半年以内であれば後日申請できるのですが、その申請が少し面倒でした。オンラインで申請しましたが、まず申請方法を調べるのにも苦労し、時間がかかった記憶があります。航空券購入時やチェックイン時にマイレージカード番号の登録も済ませておいた方が絶対によいと学びました。当然のことですが、マイルを効率よく貯めようとしたり付帯サービスを充実させようとすると会員費が高額になるので、自分の生活に照らし合わせ適当なものを選択する必要があります。このみずほマイレージクラブカードは、普段からANAの便の飛行機の発着空港を利用する人には特におすすめですが、飛行機の利用が少ない人にはあまりおすすめできないと感じます。ANAの飛行機の利用でマイルがたくさん貯まりるので、利用がないとマイルが貯まりにくいため、お得とは言えないからです。
    • お得な活用術
      公共料金や携帯電話の支払い等、固定費と言われるものでもマイルが貯められるので、支払い方法を見直すだけでお得になります。ANAマイルをANA SKYコインに変換でき、航空券の購入やショッピングに利用できるので、少ないマイルも無駄なく使うことができます。普段電車を利用する人なら、電子マネーのオートチャージ機能付きのカードにすると効率よくマイルやポイントが貯められるのでたまにしか飛行機を利用しない陸マイラーにもおすすめです。ANA系列の飛行機に乗るだけでなく、公共利用のこのカード支払いでも永久不滅ポイントが100円に1ポイント付与されるので、どんどんポイントが貯まります。貯まった永久不滅ポイントはANAマイルへと交換ができるので、ANA系列の飛行機にマイルを利用することができ大変お得です。
    3.8
    男性/40代/その他/年収300〜500万円/香川県
    年会費:3/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):4/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:保有していない/利用シーン:旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      私達家族は年に一回程度旅行をしています。その際にANAをよく利用していました。空港のANAのカウンターでこちらのクレジットカードの案内を見たのですが、こちらのクレジットカードを利用すると航空機代金がリーズナブルになるだけでなく、クレジットカード会社のポイントもたくさん付与されますので、結果としてかなりリーズナブルになるという事が分かりました。そのためこちらのクレジットカードを是非利用しようと思いました。
    • メリット
      ANAを利用した時にかなりマイレージが貯まりました。そのため航空機代金は結果としてかなりリーズナブルになりましたね。またこちらのクレジットカードをラウンジで提示すると、空港によってはドリンクサービスが提供される場合もありました。そのため空港を利用する際には無類の強さを発揮するクレジットカードだと思いましたね。あと買い物の盗難保険もきちんと付いているので、パソコンなどの高額な買い物をしても安心でした。
    • デメリット
      空港のラウンジや航空機代金などにはとてもよいクレジットカードですが、公共料金の支払いやスーパーマーケットでの支払い時のポイントは、他のクレジットカードの方が強いと思いました。またキャッシング枠も一応付いているクレジットカードですが、私が付与されたキャッシングの枠は10万円と、クレジットカードのキャッシングとしては少ない枠でした。クレジットカードのキャッシング枠がもう少し欲しかったです。
    • お得な活用術
      空港での支払いや航空機代金の支払いでこちらのクレジットカードを利用すると、結果としてかなりリーズナブルになります。使い方によっては2割引程度にはなると思います。空港ではかなり有効活用できます。他のスーパーマーケットや公共料金などの支払いは、他のクレジットカードを利用した方がよいです。あとキャッシングの枠も少ないので、キャッシングを利用したいのであれば、他のクレジットカードを利用した方が良いです。
    3.7
    女性/40代/パート・アルバイト/年収300〜500万円/東京都
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      ANAを頻繁に利用するので、メインバングのみずほ銀行と提携してくれてよかったです。カードのデザインも気に入っています。セキュリティー対策もしっかりされているようなので安心して使っています。また、きちんとメールで使用状況や利用できるポイントの情報、ショッピングの利用明細、ANAのお得な情報、銀行のセミナーの情報などを知ることができるので便利に感じています。みずほマイレージクラブカードではセキュリティー強化のため、パスワードを変更するように注意喚起もしてくれるので、安全対策もしっかりしていると感じます。
    • メリット
      ANAの航空券をよく購入するので、みずほの永久不滅ポイントをANAのマイルに換算できるところがとてもありがたいです。カードにEdyを付帯できるところも便利で使い勝手がよいです。ポイントが永久不滅なので、せっかく貯めたポイントが消失することもなく、消失してがっかりすることもありません。
    • デメリット
      ANAを利用しない人にとってはメリットはあまりないと思います。送られてくるダイレクトメールもうっとうしく感じるのではないかと思います。優待航空券なども飛行機に乗らない人には必要ない情報だと思います。メールで送られてくるツアーやホテルの情報は観光が好きな人には見て楽しい情報だと思いますが、ANAのカードを契約しなくても得られる情報なので。付随する楽天Edyも利用しない人にはメリットがないと思います。
    • お得な活用術
      このカードが使える場所ではすべて支払いをこのカードで済ませてポイントを貯めています。普段の日用品から介護用のおむつ、観劇や映画、コンサートの支払い、病院での薬の支払い、水道光熱費はもちろんのこと、ガソリン代から新幹線代、友達へのプレゼントや出産祝いなどのお祝いもカードで決済するようにしています。また貯まったポイントでは父の日に父親に1泊ですが温泉旅行をプレゼントして喜ばれました。普段の買い物で貯まったポイントを使用して親孝行ができました。
    3.5
    男性/30代/会社員/年収300〜500万円/大阪府3.5
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):4/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金旅行・宿泊・ホテル飲食店百貨店/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      学生時代、下宿先の家賃の振込先の関係などからメインの口座をみずほ銀行で持っていました。海外に長期間旅行することとなり、クレジットカードが必要になりましたが、20歳の当時クレジットカードに対する知識などなかったため、親に相談しました。親が「使っている銀行の提携しているカードであれば安心」と言っており、また海外で使うことを考え国際ブランドを進められたため、Mastercardが発行できるこのカードを選択しました。
    • メリット
      ANAマイレージカードとクレジットカード、さらに預金口座のカードが一枚となっているので、旅行の際はこの一枚で事足ります。またみずほマイレージクラブに登録されるため、カードを利用したり、みずほダイレクトの登録する等の条件を満たすと、みずほ銀行および提携ATMの利用手数料が無料になります(イーネットは回数制限あり)。夜間にちょっとお金が要るというときでも、みずほ銀行か一部コンビニであれば無料でお金が引き出せるので非常に重宝しています。
    • デメリット
      自分が使っているのは年会費0円のノーマルなカードなので、ステータスという点では皆無に等しいです。高級ホテルやレストランで出すにはちょっと気が引けてしまうので、そういったお店で利用するときには別途ゴールドカードなどある程度ステータスのあるカードを持つ必要があるように感じます。また、還元率は1000円で1ポイント(1ポイント=Amazonポイントで5円相当。実質0.5%)であり、1%の還元率を誇るカードがある中、決して高いとは言えません。
    • お得な活用術
      ANA提携のカードであるため、当然ANAに対する支払にはポイントが優遇されます(2倍のポイントが付与されます)。その他ヤマダ電機などいくつかの会社でポイントの優待があるので、そういった会社への支払いに使うのがよいかと思います。また、たまるポイントはセゾンの永久不滅ポイントなので、有効期限を気にする必要がないのは良いかと思います。地道にためて、そろそろ旅行でも計画しようかなというときに、ボーナス的にANAマイルに振り替える(通常永久不滅ポイント200ポイントで600ANAマイルですが、このカードだと100ポイントで350ANAマイルに還元できるのでお得です)のが、お得感があってよいのではないでしょうか。
    3.5
    女性/30代/会社員/年収300〜500万円/東京都
    年会費:5/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店百貨店習い事・趣味/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      みずほ銀行で口座開設をする際にクレジットカードを勧められ、カード会社にいくつかの選択肢があったが一番還元率が高くお得感があったため選択しました。マイレージカードと2枚持ちする必要が無くなることもメリットだと考えたためです。デザインも、キャッシュカードとクレジットカード、2方向で使えて当時は画期的だと感じたことも好感を持った点です。ANAでなければキティ柄があり、少し悩んだのも事実ですが、やはり利便性が優りました。
    • メリット
      数年前はメインバンク、メインカードとして利用していたため、何を買うにも利用していました。現金で購入するところをカードで支払うだけでマイルとポイントが貯まることは主婦にとって、とても有難いことです。今のようにキャッシュレス社会になる前から、意識してクレジットカードを使ってマイルが貯まることを喜びに感じていました。カードのデザインもスタイリッシュで、人前に出しても恥ずかしくないデザインだったと思います。
    • デメリット
      ANAマイレージポイントの貯まり方がどちらも緩やかなことです。近年マイレージポイントも他社競合が激しく、例えばダイナースカードのANAタイプは年会費の違いはあれど桁違いにポイントが貯まります。そういった観点からみずほマイレージクラブカードANAを手放すに至ってしまいました。やはりクレジットカード所持者にとって還元率は最重要項目であると思います。
    • お得な活用術
      支払いは全て同じカードで行い、単価の小さい支払いも全てクレジットカードで支払います。もちろん公共料金や習い事の月謝、保険の支払い等、クレジット登録出来るものは全て活用します。私は医療保険の支払いがクレジットカード支払いが出来るものに乗り換えて、毎月ポイントが貯まる仕組み作りをしました。永久不滅ポイントは、失効期限を気にしなくていいので、他のクレジットカードポイントに比べて管理が不要で、忙しい方にもお勧めです。
    3.3
    女性/30代/会社員/年収300〜500万円/東京都
    年会費:5/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      メインバンクがみずほ銀行なので、口座開設したのと同時にこのカードを作りました。キャッシュカードとクレジットカードが一体になっているので、何枚ものカードを持ち歩く必要がなく、お財布もスッキリします。カードのデザインも爽やかなブルーで、他のカード会社のものより優れていると思います。また貯まったポイントは永久不滅なので、うっかりポイント期限を失効させてしまう心配もありません。ANAマイルに還元することもできるので、旅行好きの私にとって打って付けのカードです。
    • メリット
      公共料金やネットショッピングで口座から引き落とされる金額分のポイントが貯まるので、みずほ銀行がメインバンクの方であれば、毎月自然とポイントが貯まります。さらに永久不滅ポイントなので、こまめにポイントを使用するも良し、たくさん貯めて高価な品物と交換したり、マイルに変えて旅行をお得に楽しんだりと様々な使い方を選べるのでとても使い勝手が良いところもメリットだと感じています。年会費も無料なので、手軽にカードを作ることができるところも魅力だと思います。
    • デメリット
      他のクレジットカード会社に比べ、ポイント還元率があまり良くないと感じています。以前は別のクレジット会社のカードを使用し、今とほぼ変わらない金額の支払いを毎月していましたが、ポイントが貯まるスピードが速かったです。永久不滅ポイント制をとっているからでしょうか。ポイントの還元率を上げるためには毎月の利用額を7〜8万円ほどに増やせば良いのですが、さすがにそれだけの金額を毎月利用するのは家計的に厳しいです。
    • お得な活用術
      可能であればメインバンクをみずほ銀行に変え、公共料金の引き落としから買い物の支払いまで1枚のクレジットカードで済ませれば、毎月自然とポイントを貯めることができます。また車に乗る方であれば、ETCカードも年会費無料で作れるのでお得かもしれません。とにかく出来るだけ日常の支払いは全てこのカードでまとめられれば(毎月7万円以上)カードのステージを上げることができるので、ポイント還元率がアップし、よりポイントの貯まるスピードを速くすることが可能です。
    3.3
    男性/40代/会社員/年収500〜700万円/長野県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      選んだ理由は、自分の利用するメイン銀行がみずほ銀行であったからです。またみずほ銀行のATMが近場になかったこともあり、コンビニ等に設置されているATMを回数制限はあるものの、手数料無料で使用できることも選択した理由になります。さらに、たまに明細と一緒に送られてくる広告宣伝の中に、自身が泊まりたいと思う各地のホテルに割引で泊まることができる特典があることを知ったのも、選択した理由になります。
    • メリット
      クレジットカードの利用によって貯まったポイントの有効期限がないため、欲しい物があるなど、自身の使いたいタイミングでポイントを使わずに貯め続けることができる点です。 みずほ銀行/イオン銀行ATMの時間外手数料が無料になる点や、イーネットATM時間外手数料・利用手数料が月1-3回(ご本人のお取引条件による)無料になる点です。キャッシュカードを紛失した時など、キャッシュカード新規発行手数料が無料になる点です。
    • デメリット
      ご本人の取引条件によって利用可能な特典の内容が毎月異なるため、常に一定の取引条件を継続することができない場合は、特典内容を意識して活用する必要がある点です。 ポイント還元率が極端に高いわけではないため、普段あまりクレジットカードを使って買い物をしない人にはポイント還元の特典がない点です。 またみずほ銀行をメイン銀行としてご利用されていない方には、メリットにあげたいくつかの特典がない点です。
    • お得な活用術
      とにかくポイントの有効期限がないので、普段欲しい物がなく、あまりポイントに関心がない方でも、たまに大きな買い物をしたい時に利用することができる点が、このカードの大きな強みと言えます。買い物などをする際に使用するクレジットカードは基本的にはこの1枚に集約させ、着実に少しずつでもポイントを獲得することがおすすめの活用方法です。また、マイルに交換することも可能なので、飛行機を頻繁に利用される方は活用をおすすめします。
    2.8
    男性/20代/会社員/年収300〜500万円/大阪府
    年会費:2/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      海外や日本国内での出張が多いため、飛行機を利用する機会が多くそのためANAのマイルと連結させることができるのが魅力の一つです。実際に日常生活でクレジットカードを利用することで買い物をする度にポイントが付与され、のちにマイルと交換することで家族旅行や海外までの航空券の足しにすることができます。また毎回レジでクレジットカードを出す時に財布から差し出す時にデザインが個人的に好みのデザインとなっているためカッコつけて「カードで」と言えることも魅力です。
    • メリット
      仕事で出張が多く、飛行機をよく使用される方にとってはマイルがたくさん貯まり、それがプライベートなどでも活用できるのは大きなメリットです。日頃からクレジットカードでお買い物、お支払いされる方にとっては多ければ多いほどポイント/マイルが貯まるのでそれを海外旅行・国内旅行での航空券で使えます。
    • デメリット
      私は海外出張だけでなく国内出張でもできる限りANAで航空券を予約しようと意識していますが、企業によっては自身で航空会社を指定することができない方もいるので、そのような方やJALを利用される方にとっては、ANAカードの魅力は低いのではないかと思います。
    • お得な活用術
      クレジットカードとポイントカードのダブルでの活用を意識しています。具体的にはコンビニで支払う時にはクレジットカードとコンビニのポイントカードの2枚出すことを意識しています。また将来的には水道代や光熱費の公共料金なども一つのクレジットカードで支払うことができればポイントがもっと効率的に貯めることができると思っています。携帯代なども毎月1万円程度ですのでクレジットカードで支払うことでポイントをゲットできると思います。
    2.7
    女性/30代/その他/年収100万円以下/岩手県
    年会費:3/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):2/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:10-15万円未満
    • 選んだ理由
      新しく銀行の口座を開設する際に、ANAのマイレージカードを付帯できるところに利便性を感じ、みずほマイレージクラブカードに入会しました。私は旅行が趣味なので、公共料金や携帯電話料金等、日常生活で消費する支出をこのカードで支払うことで、貯めたマイレージで旅行に行けたら一石二鳥だと思います。また、永久不滅ポイントなところにも魅力を感じています。
    • メリット
      キャッシュカードとクレジットカードが一体になり、財布がコンパクトになるところがよいです。また、最近、資産運用に興味を持ち始めたので、永久不滅ポイントで投資ができることも魅力的だと思います。投資初心者なので、お金を使って運用する自信が無いので、まずはポイントで運用することで投資の勉強と練習をし、慣れてきたらお金で投資したいとしたいと考えています。
    • デメリット
      紛失した際には、キャッシュカードとクレジットカードが同時に使用出来なくなるため、不便です。クレジットカードは再発行に時間がかかるので、もう一つ口座を持っていた方が安心出来ます。また、みずほマイレージクラブカードでも、様々な付帯特典でカードが分かれており、バリエーションも豊富でどれも魅力的なため、どれか一つを選択するのが大変でした。
    • お得な活用術
      このクレジットカードは、普段から旅行や出張にANAの航空便やスターアライアンスの航空便を利用するなどANAマイルを貯めている方には、大変お得でおすすめなカードです。なぜならANA系列の飛行機に乗るだけでなく、公共利用の支払いでも永久不滅ポイントが100円に1ポイント付与されるので、どんどんポイントが貯まります。貯まった永久不滅ポイントはANAマイルへと交換ができるので時間にANA系列の飛行機にマイルを利用することができ大変お得です。
    2.3
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/東京都
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:2/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      5年前に家を購入したときに住宅ローンを組んだのですが、その時のメーカーさんがみずほ銀行を使わないといけなかったので口座開設をしてカードを作りました。開設する前に少し調べたのですが、女性の場合はカードのデザインが選べたのでとてもよかったです。その当時はあまりカードを選べるという銀行はなかったので、とても新鮮でした。また、その当時はよく飛行機に乗る機会があったので、ポイントも貯められ、一石二鳥でした。
    • メリット
      まず、銀行カードとクレジットカードが一体型になっているところが、財布がかさばらずよいので選びました。みずほ銀行やイオン銀行ATM時間外手数料、振込手数料、イーネットATM利用手数料が月4回まで無料なので、とてもお得です。また、有効期限のない永久不滅ポイントが貯まります。交換ポイントの有効期限を気にする必要がないのでとてもよいです。
    • デメリット
      みずほマイレージクラブカードの通常ポイント還元率が0.5%と低いです。もっと高い還元率のカードがたくさんあるので、あまり使う頻度が少なくなりました。また、保険の付帯がなく、優待特典も少ないと思います。以前カード紛失してしまったのですが、再発行の手続きから2〜3週間もかかりその間ATMで引き出せなかったのでとても不便でした。他の銀行でカード紛失したことがあるのですが、その時は大体1〜2週間でカードが届きました。
    • お得な活用術
      永久不滅ポイントによりポイントの有効期限がないので、使用頻度が低くても普段あまり使わなくてもコツコツポイントを貯められます。また、 年会費が無料なので負担になりません。今はコロナでなかなか旅行ができませんが、旅行の時にANAマイレージが貯まるのでよく旅行に行かれる方にはとてもおすすめです。そして、ポイント交換も商品の種類が他のカード会社よりも豊富なので自分の欲しかったものが見つけられる可能性が高いと思います。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、みずほマイレージクラブカード/ANAのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • みずほマイレージクラブカード/ANAのお申し込み方法と審査基準

    みずほマイレージクラブカード/ANAのお申し込み方法

    みずほマイレージクラブカード/ANAは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおみずほマイレージクラブカード/ANAは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • お届け印
    • キャッシュカードまたは通帳
    • 本人確認書類

    申し込み方法は、アプリやインターネット、店舗の3つがあります。

    みずほ銀行の普通預金口座を持っていない場合は、店舗にて口座開設とともに申し込みましょう。普通預金口座は持っているけれど、みずほダイレクトやみずほマイレージクラブカードのどちらにも入会していない方は、店舗での申し込みが必要です。

    みずほ銀行の普通預金口座を持っていて、みずほダイレクトに契約している方やみずほマイレージクラブカードに入会している方は、アプリやインターネットで申し込みができます。

    アプリで口座開設すると、申し込みから約3~4週間でカードが届きます。インターネットでの開設は1〜1.5ヶ月かかるので、アプリでの開設がおすすめです。そのほか、直接相談しながら申し込みたい方は店舗にて行うといいでしょう。

    アプリやインターネットでの申し込みには、本人確認書類のみ必要となりますが、店舗での申し込みには、お届け印・キャッシュカードまたは通帳・本人確認書類が必要なので、注意しましょう。

    みずほマイレージクラブカード/ANAの審査基準

    みずほマイレージクラブカード/ANAの審査基準
    • 高校生以外の18歳以上
    • 安定した収入がある
    • 過去に大きな金融トラブルがない

    みずほマイレージクラブカード/ANAに申し込むには、高校生を除く18歳以上でないとできません。また、みずほ銀行の口座開設や、みずほダイレクトへの契約、みずほマイレージクラブへの入会が前提です。

    みずほマイレージクラブカード/ANAは、銀行系カードなため審査が厳しい印象がありますが、毎月安定した収入があれば審査は通る可能性が高いです。学生や専業主婦(夫)の方でも、世帯主の収入が安定していれば審査は通るでしょう。

    また、過去に他社のカードも含めて延滞歴があるなど金銭トラブルがあると、審査に落ちてしまう可能性があります。心当たりがある方は他のクレジットカードを検討しましょう。

    みずほマイレージクラブカード/ANAに関するよくある質問

    • 他のみずほマイレージクラブカードからみずほマイレージクラブカード/ANAに変更したら、ポイントやマイルは引き継げますか? 旧カードで貯まったポイントは、みずほマイレージクラブカード/ANAに引き継ぐことができます。ポイントの移行を希望する場合は、切り替え手続きの時にANAマイレージの会員番号が必要となります。ただし、本人名義以外のカードでのポイントの引き継ぎはできません。
    • ポイントからマイルへの移行に手数料はかかりますか マイル交換手数料は無料です。みずほマイレージクラブカードANAでは、永久不滅ポイント100ポイントを350マイルに交換できます。また、永久不滅ポイントは1,000円につき1ポイント付与されるので、1,000円につき3.5マイル獲得できます。
    • iDやQUICPay利用時にもポイントは貯まりますか? 電子マネーiDやQUICPayの利用でも永久不滅ポイントが貯まります。カードやおサイフケータイで使用するには、事前に申し込みが必要なので、使用したい場合には別途設定が必要です。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、みずほマイレージクラブカード/ANAの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にみずほマイレージクラブカード/ANAのおさらいをしておきます。

    みずほマイレージクラブカード/ANAのおすすめポイント
    • 年会費が永年無料
    • ポイントに有効期限がなく永久不滅
    • ポイントからマイルに優遇レートで交換できる

    もしみずほマイレージクラブカード/ANAを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月23日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ