P-one Wizの口コミ・評判【ショッピングにお得なカード】

P-one Wizは、ポケットカード株式会社が発行するクレジットカードです。ポイント還元率が高く設定されているため、クレジットカードの利用で節約したい方におすすめです。

でも、いざP-one Wizを作りたいと思っても、

「どんなポイントに交換できるのか」
「付帯サービスはあるのか」

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、P-one Wizのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際にP-one Wizを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

【PR】JALカード3券種|今なら最大16,000マイルがもらえる!

カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

今なら、下記のキャンペーンも実施中です。気になる方は公式サイトで詳細をチェックしましょう。

JALカードキャンペーン情報
  • 入会と搭乗で最大8,500マイル
  • 「楽Pay」新規登録と利用で最大5,500マイル
  • Visaタッチ決済の利用で最大2,500マイル
※カードの種類によって、受けられるキャンペーンが異なります。

P-one Wizとは

ー引用元:P-one Wiz公式サイト

では、P-one Wizの基本的な特徴をご紹介します。

P-one Wizの基本情報

おすすめポイント
  • 1.5%の高還元率
  • ポケットモール経由でさらにお得に
  • ショッピング保険が付帯
年会費初年度:無料/2年目以降:無料
ポイント還元率最大1.5%
付帯サービス紛失・盗難保障/購入商品安心保険(購入日から90日間、年間補償限度額50万円、1事故免責金額3,000円)
国際ブランドMastercard/VISA/JCB
ランク一般

P-one Wizはこんな方におすすめ!

P-one Wizは、以下のような方におすすめします。

  • クレジットカードでショッピングする機会が多い
  • ネット通販をよく利用する
  • 割引やポイントで節約したい

P-one Wizは利用額の1%が請求時に自動的に割引され、さらに約0.5%のポイント還元を受けられるため、クレジットカードでショッピングする機会の多い方におすすめです。会員サイト「ポケットモール」経由で通信販売を利用することで、よりポイントが貯まりやすくなるのも魅力です。

貯まったポイントを最大の還元率で交換するなら、Tポイントへ。1ポイントあたり5円相当と、かなりお得に交換できます。それ以外は1ポイントあたり3円相当で交換可能。割引やポイントで節約したい方に適したクレジットカードといえるでしょう。

  • ECナビClip!編集部
    ここまでP-one Wizの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • P-one Wizのメリット・デメリット

    それでは、P-one Wizの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    P-one Wizのメリット3つ

    まず、P-one Wizのメリットを3つご紹介します。

    1. 高還元率でポイントを貯めやすい

    P-one Wizは、最大還元率1.5%とポイントを貯めやすく節約に効果的なクレジットカードです。利用用途を問わず請求時に自動的に1%の割引が適用されるため、家賃や公共料金など毎月発生する生活費をP-one Wizで支払うのもおすすめです。自動で割引が適用されるクレジットカードはめずらしく、口コミでも評価の高いポイントです。

    さらに、割引後の利用額には1,000円ごとに1ポイントのポケットポイントが付与され、これにより最大1.5%の高還元率となります。一般的なクレジットカードは0.5%、高還元率といわれているものでも1%であり、すべてのクレジットカードの中でも最大級に還元率が高いといえます。

    獲得したポイントは、1ポイントあたり5円相当で交換可能なTポイントへの交換がベストです。Tポイントへの交換は100ポイントからOK。この仕組みを活用すれば、十分な還元を受けられるでしょう。

    2. お得にネット通販が利用できる

    P-one Wizは、会員専用の通販サイト「ポケットモール」を経由して買い物することで、お得にポイントを貯めることができます。

    ポケットモールは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの主要ネット通販サイトのほか、ビックカメラ.comやヤマダウェブコムなど大手家電量販店の通販サイト、ヤフオク!、じゃらん、ホットペッパーグルメにも対応しており、日常的に利用しやすい店舗がそろっています。

    ポケットモール経由で楽天市場を利用すると、ポケットポイントと楽天ポイントを同時に貯めることができます。ポケットモールを経由する一手間はかかりますが、節約効果は十分といえるでしょう。年会費が永年無料で作りやすいこともあり、1枚持っておきたいカードともいえそうです。

    3.購入した商品の補償が付帯している

    クレジットカードでショッピングするときに便利な付帯サービスがショッピング保険。購入した商品が偶発的な事故で破損したり、盗難にあったりした場合に補償を受けることができます。

    特に、高価なものを購入する際は、ショッピング保険が付帯しているクレジットカードを利用するとよいでしょう。P-one Wizのショッピング保険は年間補償限度額50万円、補償の対象期間は購入から90日間です。

    この年間補償限度額は、他社のクレジットカード付帯のショッピング保険と比べて決して高くはありません。しかし、年会費無料でショッピング保険が付帯しているのは大きなメリット。年間を通して高価な買い物を続けることがない限りは、おおむね問題ない限度額といえるでしょう。

    P-one Wizのデメリット3つ

    つぎに、P-one Wizのデメリットを3つご紹介します。

    1.高還元率を得るにはTポイントへの交換が必要

    P-one Wizの最大のメリットである還元率最大1.5%ですが、この還元を得るには貯まったポイントを必ずTポイントに交換しなければなりません。

    それ以外のポイントに交換した場合、還元率は約1.3%に下がってしまいます。Tポイントを利用できる状態を作り、Tポイントで利用する場合のみ、最大の還元率1.5%となる点を覚えておいてください。その点、日常的にTポイントを利用している方には、他社よりもお得なクレジットカードといえるでしょう。

    2.旅行保険が付帯していない

    P-one Wizには旅行保険が一切付帯していません。旅行する機会の多い方は、旅行保険が付帯した他社のクレジットカードを選んだほうがメリットが多いかもしれません。年会費無料で国内、及び旅行保険が付帯したクレジットカードは複数あります。

    ただし、P-one Wiz独自の特典として、JALパックやANAハローツアーといったパッケージツアーが3〜8%オフで購入できるメリットも。オンラインショッピングで節約効果を期待できるP-one Wizと旅行保険が付帯したクレジットカードを併用することも検討してもよいでしょう。

    3.利用開始前の手続きが煩雑

    オンライン申込みの後、無事審査が通るとクレジットカードが郵送されます。一般的なクレジットカードは、特に利用開始前の手続きは必要ないことが多いのですが、P-one Wizの場合、手元にカードが到着してからの手続きがいくつかあります。以下を参照してください。

    • 会員専用ページ「ネットカウンター」へ登録する。登録時は個人情報の入力が必須。
    • 引き落とし口座を登録する。
    • リボ払い設定を「ずっと全額コース」に変更する(リボ払いから一括支払いに変更するため)。

    3は必須の手続きではありませんが、この設定を変更しなければ自動的にリボ払いとなり、毎回の支払いで手数料が発生してしまいます。一括払いで手数料を支払わずに使用したい場合は、使用前に手動で設定を変更しなければなりません。

    P-one Wizの口コミ・評判

    これから、P-one Wizのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.5

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    口コミ詳細

    4.3
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/青森県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル飲食店ガソリンスタンド習い事・趣味/月間利用金額:10~15万円未満
    • 選んだ理由
      カードデザインが良くて、持っていてカッコいい。ポイント還元率や常に使用額の1パーセントオフになる特典があり、長く使えば使うほどお得になると思ったから。また、口コミの評判が良く、信頼できるカード会社だったから。
    • メリット
      ポイント還元率が高い。常に1%オフになる。ポイント交換先が豊富で、特にTポイントカードへの交換がかなりお得。マイページも見やすく、オンラインの明細もしっかりと確認できる。
    • デメリット
      ETCカードを発行できて年会費無料で使用できるのは非常にありがたいが、発行手数料や更新手数料に1,000円かかる点が残念に思う。他のカード会社は年会費や更新手数料、発行手数料が無料なところが多い。P-one Wizはそれらがかかるのがデメリットだと思う。
    • お得な活用術
      使えば使う程、お得になるのでメインカードとしてどんどん使うこと。ポイント交換先をTポイントにすることでかなりお得な還元率になる。
    3.8
    男性/30代/自営業/年収100万円以下/岡山県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
       
    • 選んだ理由
      年会費が初年度以降も無料だから。基本はクレジット使用時100円ごとに1%オフです。ポイントを付加するだけのカードと違ってポイントの使い忘れや、一定量のポイントが貯まるまで使えないなどの面倒な制約がない面が良い。
    • メリット
      クレジットカードを使用したらポイントを付加するタイプではなく、1%オフになります。少ないお金で買い物できます。1,000円ごとに1ポイントが付きます。ポイントは一定量貯めるとショッピング利用時に使えたり、他のポイントに交換できたりします。
    • デメリット
      カードの申し込み方法がネットのみ。申し込み時はリボ払い設定でしか作れないです(あとで一回払いに変更可能)。ポイントが1,000円ごとしか付加されません。1,,000円未満は切り捨てされます。ポイントを一定量貯めないと使えないのが不便です。
    • お得な活用術
      支払う買い物には1,000円単位で1ポイント付きます。金額が大きな買い物ではこのカードを使うべきです。公共料金、家賃なども金額が大きいのでお得です。1,000円未満の細かい買い物はポイントが付きませんが、1%オフになります。出費を減らせて使いやすいです。
    3.5
    男性/50代/会社員/年収700~1,000万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピングガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      メインカードが度々利用可能上限に達していたため、サブカードとして申し込みしました。サブなので、年会費無料でポイント還元が1%のカードの中からこのカードを選びました。支払い方法がリボ払いで後から定額での返済になるのも、サブカードとして家計のやりくりに合っていました。
    • メリット
      年会費無料でポイント還元率が1%というところ。請求額から自動的に1%オフされる仕組みで、利用額が少なくても、期間が空いても、設定をしなくても、確実に1%還元が受けられる。別途で0.1%のポイントが付くのもメリットです。
    • デメリット
      P-one Wizをリボ払い専用カードとして使う場合は注意が必要です。18%という高い手数料を取られるので高額購入やメインのカードには向きません。あくまでもサブカードとして短期返済での使用をおすすめします。
    • お得な活用術
      別のメインカードと一緒に、いざというときのサブのカードとして使用するのが良いと思います。年会費無料なので使用金額がゼロでも失効しません。利用金額が少なくても自動でポイント1%還元を受けられます。
    3.0
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/長野県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      いろんなクレジットカードがありますが、このカードは年会費無料っていうところがとても良いなと感じました。クレジットカードでのショッピングご請求時に「自動1%オフ」&カードショッピング1,000円(税込)ごとにポケット・ポイント「1ポイント」が付いて、使えば使うほどお得感を感じられるところが良いなと感じました。毎月の支払いは、自分の都合で月々の支払い金額を決められるショッピングリボというのがあります。そういうのもあってこのカードを選びました。
    • メリット
      リボ払いができます。支払いが少し厳しいときは支払い額を少なくして、余裕があるときは多めに払うことが可能です。毎月、ポイントが貯まっていくのも良いなと感じました。ETCカードも作れました。このカードは使えば使うほどポイントが貯まっていきます。メリットのあるカードであることは間違いなしです。
    • デメリット
      審査にかなり時間を要することです。3日程度で審査が通る会社もありますが、この会社は2週間程度はかかります。さらに発行まで2週間かかりました。審査から発行まで約1か月かかってしまったことになります。Tポイント以外への交換は0.3%です。Tポイントへの交換にはかなり強みがあっても、他への交換では微妙なので、使い方には十分に注意しないといけないと感じています。
    • お得な活用術
      このカードを上手く使っていけばTポイントをかなり貯められると感じました。P-one wizカードを使ってTポイントを貯めていく。そのポイントで買い物をするようにしています。Tポイントは還元率が0.5%とかなり良いです。Tポイントでの買い物をしていく為に上手く利用するのがオススメです。リボ払いの調整に関しても、毎月の支払い額を余裕のある時とない時で変更が効くので、自分の財布と上手く打ち合わせできるのが良いです。
    2.8
    女性/30代/会社員/年収300~500万円/愛知県
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):1/付帯サービス:2/利便性:4/サービス対応:2
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      使い勝手が良くて年会費がかからないカードを探していた時にP-one wizを知りました。P-one wizは1,000円で1ポイント貯まりますが、メインの魅力は常時1%の自動オフがあることです。クレジットカードでポイントを貯めたけど交換し忘れてしまってせっかくの高還元率の恩恵を受けられなかったことがありますが、P-one wizは請求時に上限なしで自動的に1%オフされるので恩恵をほぼ確実に受けられるのが良いです。
    • メリット
      メリットは請求時の1%自動オフだと思います。ポイントの管理が面倒くさいけどクレジットカードで得をしたいという人には検討の価値があるカードだと思います。日々のショッピングはもちろん、電気代やガス代、スマホの電話代など家計の中でクレジットカード払いできるものをP-one wizにしておくと、自動的に1%オフされるのは大きいと感じます。自営業などの国民年金を自分で支払う方はP-one wizでの支払いができるのでよりお得になると思います。
    • デメリット
      基本的にリボ払い専用のカードであるため、デフォルトの支払い方法がリボ払いになっていることです。サイト上のオンラインカウンターでずっと全額コースに変更することで一括払いになりますので、発行された場合は忘れずに変更しておくことをおすすめします。どんなに1%オフでお得に使っていたとしても、高いリボ払いの手数料を取られてしまっては元も子もないので。モバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージは1%オフの対象外なので注意が必要です。
    • お得な活用術
      少額であってもクレジットカードで決済できるものはとにかくP-one wizですることです。ポイントも1,000円で1ポイントと僅かですが貯まります。たポイントはTポイントへと交換でき、さらに1ポイントを5Tポイントのレートで交換できるのでTポイントユーザーであればよりお得に使うことができると思います。発行したらすぐに一括払いに変更して、ひたすらP-one wizで決済し、ポイントが貯まったらTポイントに変換するだけで実質1.5%の高い還元を受けることができるカードだと思います。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、P-one Wizのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • P-one Wizのお申し込み方法と審査基準

    P-one Wizのお申し込み方法

    P-one Wizは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおP-one Wizは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 本人確認書類
    • 住所確認書類
    • 銀行口座

    P-one Wizは、インターネットから申し込みのみで発行できるクレジットカードです。申し込みには本人確認書類・住所確認書類・銀行口座が必要となります。

    有効な本人確認書類は、現住所が記載されている運転免許証もしくは運転経歴証明書、マイナンバーカード、パスポート、健康保険被保険者証、年金手帳など。運転免許証・運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードのいずれかを本人確認書類として使用する場合は、スマホでアップロードして手続きが行えます。

    有効な住所確認書類は公共料金領収書、国税・地方税領収書、納税証明書、各種社会保険料領収書で、この中から1点が必要です。P-one Wizを利用した請求額は毎月口座から引き落とされます。引き落とし口座の登録手続きはカード到着後に行いますが、事前に口座を準備しておくとよいでしょう。

    P-one Wizの審査基準

    P-one Wizの審査基準
    • 18歳以上(高校生は除く)
    • 電話連絡可能
    • 安定した収入がある人、もしくはその配偶者

    日本国内に居住している方のみが対象で、20歳未満の方は親権者の同意が必要です。保証人は必要ありません。審査の過程で電話での本人確認があり、公式サイトには、「後日、自宅または勤務先に確認の電話をする可能性がある」と書かれています。

    安定した収入があることも審査基準のひとつ。雇用形態は問われず、パート、アルバイト、派遣の方、自身に安定した収入はないが配偶者に安定した収入がある方でも申込み可能です。収入金額は具体的な基準が設けられておらず、審査難易度はそれほど高くないといわれています。

    審査に通過した後、クレジットカードが届くまでの目安は約2週間です。やや時間がかかるため、必要なタイミングに間に合うよう発行手続きを進めるとよいでしょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、P-one Wizの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にP-one Wizのおさらいをしておきます。

    P-one Wizのおすすめポイント
    • 1.5%の高還元率
    • ポケットモール経由でさらにお得に
    • ショッピング保険が付帯している

    もしP-one Wizを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月8日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ