JCB カード Wの口コミ・評判|メリット・デメリットや W plus Lとの違いを解説

JCBCARD-W

JCB カード Wは株式会社ジェーシービーが発行する、年会費無料・還元率1.0%のポイント面で優れたクレジットカード。同社の発行する他のカードと比べて2倍の還元率があり、ポイントアップモール「Oki Doki ランド」ではポイント最大20倍、さらにAmazonやスターバックス、セブン-イレブンといった誰もが使用する店舗では3~11倍もポイントアップします。

18~39歳以下しか申し込めないため、39歳以下でクレジットカードの作成を検討している方にとっては有力な選択肢の1つです。

しかし、実際にJCB カード Wを申し込もうとしても、「40歳以降もそのまま利用できるのか?」「どんな場面で利用するとお得なのか?」など、気になることも多いはず。

そこで、この記事ではJCB カード Wを実際に利用しているユーザーから、編集部が独自に口コミを集め調査しました。メリットやデメリットに加え、使ったからこそわかるお得な活用術まで詳しく紹介しています。

また、JCB カード Wの基本情報やほかのJCBカード・他社カードとの違い、おすすめのユーザーについても詳しく解説しています。申し込みの流れや、審査基準にいたるまで網羅しているので、クレジットカード選びの参考にしてください。

キャンペーン情報
  • 新規入会&MyJCBアプリへログインし、Amazonで利用すると利用金額の20%を最大10,000円までキャッシュバック
  • Apple Pay・Google Pay利用で最大5,000円キャッシュバック
  • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)
  • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック
  • 友達紹介で1,500円キャッシュバック

※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

\Amazonでキャッシュバック/

目次

JCB カード Wの評判|良い口コミとネガティブな口コミを紹介

編集部独自に調査した口コミをもとに、JCB カード Wの良い評判とネガティブな評判をまとめました。

JCB カード Wの良い口コミ

JCB カード Wに関する良い口コミのうち、おもなものは次の通りです。

  • 提携店舗でのポイント還元率が高い
  • 日常的によく利用する店舗でポイントアップできる
  • 基本還元率が高く使いやすい
  • 家族カードやETCカードも年会費無料なので申し込みやすい

ユーザーの多くが、ポイント還元率について言及しています。特に、提携店舗でのポイント倍率アップが強力だと感じているユーザーがほとんどでした。対象店舗にAmazonやセブンイレブンなど、日常的に利用できる店舗が含まれているため、多くのユーザーが恩恵を受けているようです。また、優待店以外でも還元率が1.0%と高水準なので、どこでも使いやすいとの口コミも多数見られました。

さらに、年会費無料であることも評価する声が多いです。年会費は初年度のみならず永年無料で、家族カード、ETCカード、QUICPayカードも無料で発行ができるため、家族カードを駆使して家計をまとめているユーザーや、ETCカード目当てのユーザーから重宝されているようです。

クレジットカードが対応していない店舗でも、QUICPayによるキャッシュレス決済でポイ活できるのが嬉しいとの声も見られました。

  • 男性/20代/会社員/年収100~300万円/千葉県
    【基本のポイント還元率が高い】 JCBカードwのメリットは、なんといってもポイント還元率が高いことです。
  • 女性/30代/会社員/年収100~300万円/神奈川県
    【特定店舗での還元率が高い】 セブンイレブンでの利用はポイント3倍になるところが、私にとって最大のメリットです。会社ビルにセブンイレブンが入っているので毎日利用しています。
  • 男性/30代/会社員/年収300~500万円/愛知県
    【年会費無料で気軽に所持できる】 JCBカードWのように年会費無料でポイント還元1%を受けられるカードは数少なく、ポイント重視の若い層におすすめのクレジットカードでありましたので、30代以下の世代に幅広く受け入れられると思いました。
  • \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wのネガティブな口コミ

    一方、ネガティブな口コミとしては次のような意見が目立ちました。

    • 加盟店以外ではお得さを感じられない
    • ポイントの使い方やどのくらい貯まっているのかが一見してわかりにくい
    • 国内旅行保険がついていない

    カードの使い道が限られるという内容が多く見られました。JCBの提携店舗での還元率が高い一方、特典のない一般の店舗では特にお得ではないため、対象店舗を利用しないのなら他のクレジットカードでよいとの声もあります。

    ポイントの使い道も初めてだとややわかりにくい面があるようで、すぐに利用状況やポイントの内訳などを確認したいときに不便を感じる方もいるようです。他社ポイントやマイルなどに交換するときにレートが下がるため、還元率1.0%でポイントを貯めても使い道次第では0.7%程度になってしまうという意見もありました。

    また、国内旅行保険に対応していないことを残念に思う声もありました。対応しているのはあくまで海外傷害保険のみなので、韓国やハワイなどJCB加盟店が集中するアジア圏に旅行に行かない方にとってはメリットが薄いようです。

  • 男性/30代/会社員/年収500~700万円/山形県
    【街での利用はそれほどお得にならない】 ネットショッピングを利用する方には、ポイントの還元率が高いためお得ではあるが、リアル店舗を利用することが多い方に関しては、ポイント還元率が高い店舗が限られているため、他のカードを利用するのとあまり変わりはない
  • 男性/30代/自由業/年収100~300万円/山口県/山形県
    【39歳以下限定のクレジットカードで申し込みしにくい】 39歳までしか申し込みができません
  • 男性/30代/自由業/年収100~300万円/山口県
    【旅行保険の付帯がない】 多くのカードでは国内旅行保険などが付帯していますが、このカードには付帯していない点もやや残念です。還元率が高い分、保証サービスや保険などが、ややウイークポイントとなっています。
  • \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wの口コミ・評判の分析まとめ

    ご紹介した以外にも、実際にJCB カード Wを利用しているユーザーからさまざまな口コミを集めました。使ってみて感じたメリットやデメリット、お得な活用方法についても意見を集めているので、参考にしてみてください。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    総合評価
    3.7

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \Amazonでキャッシュバック/

    口コミ詳細

    4.7
    男性/20代/会社員/年収100~300万円/千葉県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      私がJCBカードwを選んだ理由はJCBカードの中でも年会費が無料、かつポイント還元率が高いカードだからです。安心のJCBブランドでカードが勝手に使われることもないと聞き、申し込みを致しました。年会費が無料でサービスはバッチリです。
    • メリット
      JCBカードwのメリットは、なんといってもポイント還元率が高いことです。セブンイレブンやアマゾンなど所定のサイトを経由してお買い物をすると、ポイントが2~4倍還元されます。通常の利用でもポイント還元率は高いですが、ポイントをためてJCBギフトカードなどと交換したい方にはおすすめです。
    • デメリット
      デメリットと感じた点は、カード券面がいまひとつということです。カード券面が青色なので高級感がなく、ちょっと人前でカードを出すのが恥ずかしいです。年会費が無料だからカード券面も安っぽいのかもしれません。
    • お得な活用術
      JCBカードWのお得な使い方は、ポイント還元率が高いサイトを見て買い物することです。なぜなら所定のサイトとそうでないサイトで買い物をしたときにポイント還元率に大きな差が出てしまうからです。また、ポイント還元以外にも、JCBプラザラウンジなどのサービスを楽しむとさらにお得になります。
    4.3
    女性/30代/会社員/年収700~1,000万円/山梨県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      JCBの中で年会費がかからず、若いうちからポイントが多く貰えるところが魅力的で所有しました。39歳以下でないとカードを作れないため、それも限定的でいいなと思ったのもきっかけです。デザインもスタイリッシュです。
    • メリット
      他のJCBカードより年会費がかからないのにポイント還元率が高く、39歳以下でしか持てないのに40歳以降でも使い続けられるところがメリットだと思います。普段からカードで買い物する方にはお得だと思います。
    • デメリット
      年会費はかからないのでデメリットにはあげたくありませんが、やはり普段からカードを使わない人は持っていてもそれほどメリットはないかもしれません。カードを使わないとポイントも貯まらないのでそれがデメリットかなと思います。
    • お得な活用術
      普段の買い物や公共料金の支払いにカードを使う場合はこのカードに統一して支払いをすると、ポイントも貯まりやすいですし、まとまったポイントを使うときにも選択肢が広がるのでいいと思います。他のポイントともWで貯めることができる場合も多いので確認するとよりお得にポイントが貯められます。
    3.8
    男性/30代/自由業/年収100~300万円/山口県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      日頃からセブンイレブンやスターバックスなどを利用することが多く、これらのお店でお得に利用できるカードを探していたところ、このカードにたどり着きました。特にスターバックスで利用したときの還元率はすごいです。
    • メリット
      通常のJCBカードの2倍の速度でポイントが貯まりますし、セブンイレブンでは3倍、スターバックスでは10倍と高還元率です。優待店舗で利用をしていると意識しなくてもどんどんポイントが貯まっていく点が気に入っています。
    • デメリット
      39歳までしか申し込みができません。また多くのカードでは国内旅行保険などが付帯していますが、このカードには付帯していない点もやや残念です。還元率が高い分、保証サービスや保険などが、ややウイークポイントとなっています。
    • お得な活用術
      スターバックスでの支払いに利用するとポイント還元率が跳ね上がるので、スターバックスをよく利用する人にはそれだけで利用する価値があります。貯めたポイントはnanacoに交換すると還元率が高く、利用しやすいです。
    3.8
    女性/20代/会社員/年収500~700万円/神奈川県
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:20万円以上
    • 選んだ理由
      デザインがすごく可愛く上品だったので選びました。ポイントや付帯条件などは他カードと遜色ありませんでしたが、とにかくデザインが好きで選びました。女性らしいピンクでありながら可愛いという感じではなく上品といった印象。これだと思いこちらのカードにしました。
    • メリット
      アマゾンでの買い物がすごくお得でした。ちょうどキャンペーン期間中に入手したため、アマゾンでの買い物の30%がキャッシュバックされました。大きい買い物をすればするほどお得になったので、ここぞとばかりに買いものをしました。
    • デメリット
      ウェブサイトの作りが見にくいです。他クレジットカードのサイトやアプリは、直感的に使用金額やポイントが分かりましたが、こちらは複数の操作が必要となって来るので、すぐに使用状況を確認したい場合は時間がかかり大変です。
    • お得な活用術
      とにかくアマゾンでよく使うのがお得に使うポイントかと思います。オリジナルシリーズ専用サイトを経由してクレジットカードを使用しアマゾンで支払いをすると、ポイントが3倍になります。ここまでポイント還元率が良いカードは、なかなかないので大変おすすめです。
    3.7
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/愛知県
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      私がJCB カード Wを選定した理由としては、30代までの女性ユーザーにとって非常に良いカードであると思いましたので、妻のためにも家族で保有したいと思いました。
    • メリット
      JCBカードWは年会費が無料のクレジットカードでありますので、無料で作成できると言うのが非常に良い内容でありました。JCBカードWのように年会費無料でポイント還元1%を受けられるカードは数少なく、ポイント重視の若い層におすすめのクレジットカードでありましたので、30代以下の世代に幅広く受け入れられると思いました。
    • デメリット
      特にありません。
    • お得な活用術
      JCB CARD Wは旅行・ショッピングガード保険も充実しておりまして、補償金額は他の年会費無料のクレジットカードとほぼ同じくらいなので、金額にこだわらないのであれば十分な補償内容と言えるので良かったと思いました。
    3.7
    男性/30代/会社員/年収500~700万円/山形県
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      個人的にネットショッピングを利用することが多く特にAmazonを利用することが頻繁にあるため、購入金額に応じたポイントがたまるカードを探していたところこのカードを見つけ、詳しく調べたところ年会費も無料でポイントを貯めることができるため選んだ。
    • メリット
      Amazonでショッピングをする際に他のクレジットカードを利用してもらえるポイントより、JCBカードWを利用した場合のポイントが多くもらえる。またセブンイレブンを利用した際にもポイントが多くもらえてお得だった。
    • デメリット
      ネットショッピングを利用する方には、ポイントの還元率が高いためお得ではあるが、リアル店舗を利用することが多い方に関しては、ポイント還元率が高い店舗が限られているため、他のカードを利用するのとあまり変わりはない
    • お得な活用術
      比較的頻繁にキャンペーンを行っており、その都度お得なものになるため、自分に合ったキャンペーンのときに申し込みを行ったほうがお得に長く利用できるのではないかと思います。また、現在利用しているカードの見直しを行ってお得だと感じたら切り替えるのもありかと思います。
    3.7
    女性/30代/会社員/年収100~300万円/神奈川県
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      職場の同僚からキャンペーンの特典が良くオススメであると聞きました。Amazonのギフトコードのプレゼントや、Amazonでのオンラインショッピング時のポイント還元率が高いことに大変魅力を感じました。Amazonでポイ活するためです。
    • メリット
      セブンイレブンでの利用はポイント3倍になるところが、私にとって最大のメリットです。会社ビルにセブンイレブンが入っているので毎日利用しています。会社の人のランチを代理で買いに行くことも多々あり、その時に立替しているのでその分のポイントもいただいてます。
    • デメリット
      JCBオリジナルシリーズパートナーという提携店が複数あり、ポイント還元率も高いのですが提携店によってポイントアップの登録が必要な場合と不要な場合があるところがわかりづらいです。高額な買物になりやすいビッグカメラは登録が必要なので要注意です。
    • お得な活用術
      Amazonでのオンラインショッピングのポイントは3倍、セブンイレブンでの買物もポイント3倍です。オンラインショップやコンビニはいろいろあり、それぞれ魅力的なキャンペーンなど開催していますが、1つに絞込んで利用する方がポイントが溜まります。
    3.0
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/神奈川県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      仕事で使う際に経費精算専用のカードが欲しくて探していたところ、アフィリエイトのセルフバック経由で作れることを知り作成。確かその時はカード作成で5000円~7000円のキャッシュバックがあり、小遣い稼ぎにもちょうどいいし、経費用でほしいタイミングが重なったので作成。
    • メリット
      メリットらしいメリットはなく、言ってしまえば普通のクレジットカードだが、セルフバックでいくらかお金が入ってきたことが最大のメリットです。あとはポイント倍率が2倍な事、年会費が無料な事でしょうか。スマホのみで作成できたのは楽。
    • デメリット
      ポイント還元は確かにあるが、使い方や管理がいくらか不親切な作りに思える。また、貯めたポイントの還元がギフト券だったり、現金化だったりするが、簡潔で分かりやすいサイトだと尚良いかなと思います。あとは、貯めたポイントでクレジットカードの支払いを出来れば尚良い。楽天ポイントのように。
    • お得な活用術
      あくまで私の場合ですが、仕事の経費精算用ということで使っているので、自分の買い物以外でポイントが貯まり、そのポイントでギフト券がもらえるのは良い。会社に禁止されていなければやることでお小遣い稼ぎはできるかなと思います。
    3.0
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/兵庫県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      デザインがかわいかったため、選びました。他には、知名度も高く安心感がありました。他のカード会社とも迷いましたが、ネットで申し込みする際に子供と見ていて、子供もこのデザインがかわいいと言っていたので、選びました。
    • メリット
      近くのお店でどこでも使えて、普段はカードをあまり使わない方ですが、もちあわせがない時などに使っていてとても便利です。デザインが気に入ったので財布やスマホに入れていてもすぐに探すことができます。とても助かります。
    • デメリット
      普段、カードを使わない人は他のカード会社でも同じですが、カードを作ってもお得感は感じられないと思います。あとこれは、どのカードを使う時も思うのですが、ふとしたときにスルリと財布やスマホから落ちてしまう時があります。
    • お得な活用術
      あまり、使いこなせてはいないので活用術は教えて頂きたい方なのですが、ポイントが貯まるので現金がないときは使うようにして、お得感を感じます。でも、どのくらい使っているのかあまり実感がないので使い過ぎないようにネットショッピングも月にいくらまでと決めています。
    3.0
    男性/40代/自営業/年収100~300万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):1/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      JCBの39歳までの限定カードと言う事で、ギリギリの年齢で作成しました。40歳を過ぎても使う事ができます。ポイントの還元率もまずまずで。
    • メリット
      スターバックス、セブンイレブン、アマゾン等を中心とした使い方なら、お得なカードだと思います。他のお店でも、一般的な無料カードと同じ位の還元率です。ETCカードも利用金額に関係なく無料で使える所が良いです。
    • デメリット
      当初はTポイントとの交換が可能と言う事で、申し込んだのですが。申し込んで1ヶ月で交換の取り扱いを辞めるとの通達がありまして。そこから別の良いカードは無いかなと言うことで、試行錯誤を繰り返しています。
    • お得な活用術
      ネットの買い物は、アマゾン。コンビニは、セブンイレブン。スターバックスの利用頻度が高い方には、オススメできるカードかなと思います。ただ、JCBのカードは小さな小売店の場合、使えない事もあるので、何処でも使える普段使い用のカードとしては不便な部分もあります。

    SNS調査でわかった、JCB カード Wの良い口コミとネガティブな口コミ

    SNSではJCB カード Wについて実際にどんな意見があるのか、Twitterから参考になりそうな口コミを集めてまとめました。

    ※ここに掲載した投稿は、すべて掲載許可をいただいております

  • ECナビClip!編集部
    ここまでJCB カード Wの口コミについてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • JCB カード Wの基本情報

    JCB カード W

    口コミを確認したところで、JCB カード Wの基本情報を紹介します。

    おすすめポイント
    • ポイント還元率1.0~5.5%
    • JCBのプロパーカード
    • 優待店やポイントサイトで2~20倍のポイント獲得
    年会費 永年無料
    ポイント還元率 基本1.0%
    付帯サービス 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)/海外ショッピング保険(最高100万円)
    ETCカード(発行・年会費無料)/家族カード(発行・年会費無料)
    ポイントアップ店舗の例 Amazon/スターバックス/セブン-イレブン/ビックカメラ/ウェルシア・ハックドラッグ/ドミノ・ピザ/ソフマップ/apollostation、出光SS、シェルSS/一休.comレストラン など
    ポイント交換先の例 nanaco/ANAマイル、JALマイル、スカイマイル/JCBプレモカード(ギフトカード)/Amazonでの支払い など
    国際ブランド JCB
    ランク 一般
    \Amazonでキャッシュバック/

    他のJCBカードシリーズとの違い

    JCB カード Wは国際ブランドとしても有名な株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカードです。同社には他にも「JCBカード(JCB一般カード)」や「JCBゴールド」、「JCB CARD W plus L」といったクレジットカードがあります。

    「JCB CARD W plus L」との違いについては別途詳しく解説するので、まずは「JCBカード(JCB一般カード)」や「JCBゴールド」とJCB カード Wを比較してみましょう。

    カード画像 JCB カード W JCBカード
    カード名 JCB カード W JCBカード JCBゴールド
    年会費 永年無料 1,375円(税込)WEB入会で初年度年会費無料/定められた条件を満たせば翌年の年会費無料 11,000円(税込)
    ポイント還元率 1.0% 0.5% 0.5%
    特典 海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険 国内・海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険 国内・海外旅行傷害保険/国内・国外航空機遅延保険/グルメ優待サービス/国内・海外での空港ラウンジ利用/ショッピングカード保険 など
    発行日数 約1週間 翌日~約1週間 翌日~約約1週間
    デザイン 1種類 3種類 1種類
    年齢条件 18~39歳以下 18歳以上 ・20歳以上
    ・継続した安定収入のある方
    上位カードへの招待 なし あり あり
    ランク 一般 一般 ゴールド
    詳細

    表からわかる通り、JCB カード Wは年齢条件がある代わりに2倍の還元率が設定されているのが特徴です。若年層向けのカードということもあり、年会費無料で利用できます。

    上位ランクのゴールドカードであるJCBゴールドほどの付帯特典はありませんが、還元率が高い分ショッピング面ではJCB一般カードよりお得になっています。

    JCB カード Wが他の2券種に劣る点としては、インビテーションがないことです。JCB一般カードを使い続けると、利用履歴に応じてJCBゴールドへの招待が届くことがあります。

    JCBゴールドも同様に、年間100万円以上の利用を2年続けるとJCBゴールド ザ・プレミアへの招待が届きます。しかし、JCB カード Wはそのような特典がなく、何年使い続けたとしてもJCB カード Wのままです。

    JCBゴールドやさらに上位ランクのカードの付帯特典に興味がない方や、年会費無料のカードがほしい方であれば、JCB カード Wでも問題ありません。

    JCB カード W plus Lとの違い

    JCB カード Wとよく比較されるのが、同じ株式会社ジェーシービーが発行する「JCB カード W plus L」です。それぞれのスペックを比較してみましょう。

    カード画像 JCB カード W JCB CARD W plus L
    カード名 JCB カード W JCB CARD W plus L
    年会費 永年無料 永年無料
    ポイント還元率 1.0~5.5% 1.0~5.5%
    特典 海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険 海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険
    女性疾病保険(有料オプション)/LINDAリーグ協賛企業優待/ギフトカード抽選「LINDAの日」
    発行日数 約1週間 約1週間
    デザイン 1種類 1種類
    年齢条件 18~39歳以下 18~39歳以下
    詳細

    上記の表からわかる通り、JCB カード WとJCB カード W plus Lは基本的なスペックが同一のクレジットカードです。

    唯一の違いとして、JCB カード W plus Lには女性特有の疾病に対する有料の保険や、「LINDAリーグ」という美をサポートする企業群の優待・キャンペーンが受けられる特典が付帯しています。

    JCB カード W Plus Lだけの特典
    • 女性疾病保険(有料オプション)
    • LINDAリーグ協賛企業19社による優待・割引キャンペーン
    • 毎月10日・30日は「LINDAの日」として抽選キャンペーンを開催

    LINDAリーグの協賛企業には一休.comレストランやスターバックス、プリンスホテルなど誰でも利用できる店舗・サービスも多いです。

    JCB カード Wの内容に特典をプラスしたのがJCB カード W plus Lであるため、迷ったらJCB カード W plus Lを選ぶのもおすすめです。もちろん男性もカードの作成申し込みができます。

    JCB CARD W plus Lの口コミ・評判|女性向け特典が充実した高還元率なカード

    JCB カード Wのメリット

    JCB カード Wの魅力は、ポイント還元率の高さや使いやすさ、プロパーカード(※)ならではの信頼性にあります。ここからは、JCB カード Wがなぜ選ばれるのか、JCB カード Wの具体的なメリットをそれぞれご紹介します。

    ※プロパーカードとは・・・国際ブランドが直接発行するクレジットカードのこと

    1.「Oki Doki ランド」経由でポイント倍率が最大20倍

    Oki Doki ランドでポイント最大20倍

    引用元:Oki Doki ランド公式サイト

    JCB会員限定のポイントアップサイト「Oki Doki ランド」を経由してオンラインで買い物をすると、ポイントの獲得倍率が最大20倍にアップします。

    Oki Doki ランドに掲載されているサービスには、Yahoo!ショッピングやAmazon、楽天など有名ショップが多数含まれています

    日用品や食糧の購入、あるいはパソコンのような高価な買い物、レストラン予約など、あらゆるジャンルを網羅しているのが魅力。必ず経由して買い物するように習慣づけましょう。

    Oki Doki ランド参加ショップと倍率の例
    • ノートンストア(20倍)
    • サンスターオンラインショップ(16倍)
    • シャディ ギフトモール(12倍)
    • 山田養蜂場(12倍)
    • 成城石井.com(11倍)
    • Amazon.co.jp(2~9倍)
    • カタログ通販ベルーナ(Belluna)(8倍)
    • シュウ ウエムラ公式通販サイト(8倍)
    • マウスコンピューター(6倍)
    • 楽天市場(2倍)
    • Yahoo!ショッピング(2倍)
    ※ポイントアップ対象の店舗や倍率は毎月変更されます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    2. JCBオリジナルパートナー店でポイント最大11倍

    JCBオリジナルシリーズパートナーの利用でポイント倍率が最大20倍

    引用元:JCB カード W公式サイト

    「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の対象店舗であれば、最大11倍ものポイントが獲得できます。オンラインショッピング用のサイトであるOki Doki ランドと異なり、JCB ORIGINAL SERIESパートナーでは実店舗でもポイントアップするのが魅力です。

    加盟店や倍率の一例
    • Amazon.co.jp(4倍)
    • スターバックス カード入金(10倍)
    • セブン-イレブン(3倍)
    • メルカリ(2倍)
    • ウエルシア・ハックドラッグ・金光薬品(2倍)
    • ドミノ・ピザ(2倍)
    ※倍率には基本還元率1倍分を含む

    たとえばスターバックス カードの利用であれば、次のように合計11倍となる5.5%還元を受けられます。

    • JCBの基本還元率:0.5%
    • JCB カード Wで還元率2倍:+0.5%
    • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店のポイント+9倍:0.5%×9倍=4.5%

    加盟店には日常的に、全国規模で利用できる店舗が多く含まれているので、積極的に利用して効率よくポイントを貯めましょう。

    3. 年会費無料でポイント還元率が高い

    年会費無料でポイント還元率が高い

    引用元:JCB カード W公式サイト

    JCB カード Wは次の理由から、加盟店以外の普段の買い物でもお得です。

    • 年会費が永年無料
    • 基本還元率が一般的なクレジットカードの2倍にあたる1.0%
    • 月間利用額に対してポイントが付与される

    JCB カード Wの基本還元率は1.0%で、平均的なクレジットカードの2倍にあたります。実際、同社が発行するスタンダードなカードである「JCBカード(JCB 一般カード)」では0.5%が設定されています。

    JCB カード Wは基本還元率が高いので、キャンペーンやポイントサイトを経由できない場合や、普段の街での買い物でも高いポイント還元が受けられるのが魅力です。特に意識しなくても、支払いに利用しているだけでどんどんポイントが貯まっていくでしょう。

    ポイントは1,000円(税込)利用ごとに2ポイント(Oki Dokiポイント)が付与されます。ポイントは清算ごとに付与されるのではなく、月間の利用額に対してまとめて付与されるのも特徴です。このため、清算のたびに端数を切り捨てられて計算される心配がありません。

    ポイント付与方法でお得度が変わる
    たとえば1,500円(税込)の買い物を2回した場合、端数切り捨てだと500円が毎回切り捨てられてしまうため、1,000円+1,000円=2,000円(税込)分に対してポイントが付与されます。しかし、JCB カード Wは月間利用額に対しての付与なので、3,000円(税込)分に対してポイントが付与されるためとてもお得です。

    4.セキュリティやサポートが充実

    安心安全のセキュリティの案内

    引用元:JCB カード W公式サイト

    JCB カード Wは国際ブランドであるJCBが直接発行しているプロパーカードなので、セキュリティには定評があります。たとえば、次のように多くのセキュリティ制度が導入されています。

    JCBのセキュリティ例
    • 「JCBでe安心」制度:不正利用があっても、第三者による利用と認められれば請求を取り消す
    • カードの紛失・盗難補償:不正利用の届け日から60日さかのぼって損害額を保証
    • 安心お知らせメール:利用金額が設定額を上回ったときにメールでお知らせが届く
    • 不正使用検知お知らせメール:不正利用と思われる場合にカードを自動停止しメールでお知らせ
    • 「J/Secure」:本人認証サービスにより不正利用を防ぐ
    • MyJCBアプリ:PC・スマホどちらからでも利用状況を確認できる

    このように数多くのセキュリティや、不正利用を防止する便利なサービスが導入されているため、適切な管理下で利用している限り、不正利用に泣き寝入りする心配がありません

    また、株式会社ジェーシービーは日本生まれの企業であり、サポート時に日本語が通じるのも魅力です。海外旅行中に盗難に遭い現地から電話をかける際も英語と日本語の両方に対応しています。問い合わせ時の対応もスピーディーなので安心できます。

    他の国際ブランドは海外の会社が運営しており、VISAやMastercardのようにそもそもプロパーカードを発行していない会社もあります。日本人向けの対応とプロパーカードのステータスを両立できるのはJCBブランドだけです。

    5.貯まったポイントの使い道が多彩

    多彩なポイントの使い道

    引用元:Oki Doki ランド公式サイト

    JCB カード Wの利用で貯まる「Oki Doki ポイント」は、次のように多彩な利用方法があります。

    • クレジットカード請求額への充当
    • JCBギフトカードやカタログギフトへの交換
    • dポイントや楽天ポイントなど他社ポイントへの交換
    • nanacoポイントなど電子マネーへの交換
    • 「国境なき医師団」や「京都大学 iPS細胞研究所」などへの寄付
    • Amazonでの支払いに充当

    キャッシュバックの他にも、JCBギフトカードのような全国のお店で使える商品券やdポイント、楽天ポイントなどに変換できるため、どんな人でも使い道に困る心配がありません。

    ポイントの交換レートや手数料は商品によって変わり、最終的には1ポイントあたり3~5円の価値になります。特に、nanacoポイントへの変換は1ポイント=5円と最大の効率(還元率1.0%のまま)になるのが魅力です。

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wのデメリット

    とても便利で評判のよいJCB カード Wですが、デメリットもあります。申し込み前にこちらをよく読み、自分に合っているかどうか必ず確認してください。

    1.39歳以下でないと作成できない

    JCB カード Wには申し込み時の年齢制限があります。ルールは次の通りです。

    • 18~39歳以下の方のみ申し込みができる
    • 一度作成してしまえば、40歳以降も使い続けられる
    • 家族カードには年齢制限がない

    JCB カード Wは40歳の誕生日を迎えると一切申し込みができません。もし、「今年39歳になるけど、申し込むべきか?」と悩んでいるのであればいまからでも申し込んだ方がよいでしょう。

    すでに40歳を過ぎてしまった場合は、別の高還元率のクレジットカードを探すか、JCB一般カードなど他のプロパーカードに申し込むかのどちらかです。あるいは、弟や妹など39歳以下の家族がいれば、その家族に本会員になってもらい、自分は家族会員になる方法もあります。

    2.インビテーションがない

    JCB カード Wは、上位カードへのインビテーションがありません。通常、国際ブランドが直接発行するプロパーカードは、優良な利用履歴を積み重ねていけばいずれインビテーションといって、上位カードへの招待が届きます。

    このインビテーションがあれば、審査で一喜一憂することなくスムーズに上位カードへ移行でき、場合によっては一般申し込みを受け付けていないプラチナやブラックといったハイランクのクレジットカードを得ることも可能です。

    しかし、JCB カード Wの場合はどんなに利用履歴を積み重ねても、JCBゴールドのような上位カードへの昇格は見込めません。もし、将来的にJCBゴールドやJCBザ・クラスなど、高ステータスなカードを所持したいのであれば、JCB カード Wではなく通常のJCBカードに申し込むべきです。

    3.「JCB STAR MEMBERS」に加入できない

    JCB カード Wは「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」に加入できないため、これらの特典を受けられません。「JCB STAR MEMBERS」は年間利用額に応じて自動登録され、カードの基本還元率アップや、プレゼントへの抽選口数が2~6倍に増加するのが特徴です。JCBが発行するほとんどのカードでは、専用のメンバーシップ「JCB STAR MEMBERS」に参加できます。

    しかし、JCB カード Wはもともとの還元率が1.0%と高水準なこともあり、「JCB STAR MEMBERS」の対象外となっています。ただし、JCBカード(還元率0.5%)+「JCB STAR MEMBERS」で得られる還元率は0.7%程度で、JCB カード Wの基本還元率の方が高いため、ポイント還元率の面では損をするわけではありません

    デメリットとしては、「JCB STAR MEMBERS」で開催されるプレゼントへの抽選口数が増えないことのみです。キャンペーンの抽選そのものにはJCB カード Wでも参加できます。

    4.ポイント付与について1,000円単位で計算される

    JCB カード Wは、月間利用額に対して1,000円(税込)ごとにポイントが付与され、端数の999円は切り捨てられてしまうのがデメリットです。

    一般的なクレジットカードは100円、もしくは200円ごとにポイント付与されることが多いですが、JCB カード Wはあくまで1,000円単位で計算されるためポイントが無駄になってしまいます。

    1Oki Dokiポイントは3~5円相当になるため、わずかではありますが、気になる人は1,000円単位ではなく100円単位、かつ月間利用額に対して計算される楽天カードPayPayカードのようなクレジットカードを選びましょう。

    JCB カード Wを持つべきユーザーの特徴

    ここまでJCB カード Wの特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、「他にもっとよいクレジットカードがあるのではないか?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

    そこで、JCB カード Wと同様に年会費無料で加盟店でのポイントアップがある、楽天カードと三井住友カード(NL)をピックアップしそれぞれ比較しました。どれを選ぶべきか悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてください。

    カード画像 JCB カード W 楽天カード
    カード名 JCB カード W 楽天カード 三井住友カード(NL)
    年会費 永年無料 永年無料 永年無料
    ポイント還元率 1.0~5.5% 1.0~3.0% 0.5~5.0%
    ポイントアップ例 ・Oki Doki ランド経由でポイント最大20倍
    ・JCBJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店でポイント最大11倍
    ・常時、ポイントがJCB一般カードの2倍
    ・楽天市場+アプリ利用で楽天市場の還元率が常時3.5%以上
    ・楽天ポイントカード機能により、カード提示でポイントが貯まる
    ・コンビニ2社などでポイント3倍
    ・コンビニ2社などでタッチ決済すると最大5%還元
    ・家族カード利用で最大5%還元
    ・選んだお店で+0.5%還元
    ・ポイントUPモール利用で最大10%還元
    特典 海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険 海外旅行傷害保険/カード盗難保険/デュアル発行対応 海外旅行損害保険※個人賠償責任保険・入院保険(交通事故限定)・携行品損害保険から任意の保険に切り替え可能/デュアル発行対応
    電子マネー iD/Apple Pay/Google Pay Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ iD/Apple Pay/Google Pay/PiTaPa/WAON
    ナンバーレス 表のみナンバーレス 表のみナンバーレス 完全ナンバーレス
    国際ブランド JCB JCB/VISA/Mastercard/American Express VISA/Mastercard
    年齢条件 18~39歳以下 18歳以上 18歳以上
    おすすめポイント ・Oki Doki ランド経由でポイントが最大20倍
    ・JCBのプロパーカード
    ・アプリで使いすぎを管理できる
    ・楽天経済圏でポイントアップしやすい
    ・国際ブランドが4種類から選べる
    ・同時に2枚発行できる
    ・完全ナンバーレスで覗き見・盗難対策になる
    ・タッチ決済するだけで最大5%還元が実現
    ・ポイントアップする店舗を選べる
    詳細

    3券種を比較したとき、JCB カード Wの強みはポイントアップ倍率の高さです。Oki Doki ランドを経由すれば楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどあらゆるECモールでポイントがアップします。また、若年層向けのカードでもあるからか、アプリによる使いすぎ防止機能が利用できるのも他のカードにない特徴です。

    楽天カードは楽天市場をはじめとする楽天グループのサービスに特化し、大幅なポイントアップができるカードです。国際ブランドが4種類から選べるのが強み。デュアル発行に対応しており、楽天カードだけでなく、楽天PINKカードや楽天プレミアムカードといった、他の楽天系カードとの2枚持ちもできます。

    三井住友カード(NL)は基本還元率こそ0.5%と低いものの、コンビニ2社などでタッチ決済を利用すれば5%還元を受けられるのが大きなメリットです。完全ナンバーレスデザインを採用しているため、盗難にあっても加害者側には番号がわかりません

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wがおすすめなユーザー

    上記を踏まえて、JCB カード Wがおすすめなのは以下のような方です。下記のチャート図を参考に、自分にぴったりの1枚を見つけてください。

     

    特徴その1:ポイント還元率の高いカードを求めている

    JCB カード Wは基本の還元率が1.0%と、年会費無料のクレジットカードの中では高水準の還元率が特徴です。ポイント還元率が少しでも高いクレジットカードを求めているなら、申し込んで損はないでしょう。40歳を過ぎると、申し込めるクレジットカードは還元率0.5%のJCBカードになってしまいます。

    また、JCB ORIGINAL SERIESパートナーの対象店舗でポイントアップするので、優待店の利用頻度が高い方にもおすすめです。

    優待店のポイントアップ例
    • Amazon(3倍)
    • メルカリ(2倍)
    • セブン-イレブン(3倍)
    • ウェルシア・ハックドラッグ(2倍)
    • ビックカメラ(2倍)
    • ドミノ・ピザ(2倍)
    • スターバックス※オンライン入金・オートチャージ(10倍)
    • モスフードサービス(2倍)
    • apollostation、出光SS、シェルSS(2倍)
    • 成城石井・成城石井.com(2倍)
    • 洋服の青山(5倍)
    • 一休.com(宿泊予約)(2倍)
    ※特に記載のない場合、カード払いした金額に対してポイントアップ

    特徴その2:ハワイやアジア方面への旅行が多い

    JCB カード WはJCBの特典としてカード提示でハワイ・ワイキキトロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料になるサービスや、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」の利用権などもあるため、特にハワイやJCBの加盟店が多いアジア方面に旅行に行く方におすすめです。

    プロパーカードならではの質のよいサポートも期待できます。たとえば、「JCBプラザコールセンター」は、海外渡航前にチケットやホテル、レストランなどを電話予約できる無料サービス。「この国に行きたいが、どこのお店がおすすめか?」といった相談も受け付けてもらえます。

    また、旅行保険やショッピングガード保険はどちらも海外対象です。旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円、海外ショッピング保険も最高100万円が補償されます。

    特徴その3:Amazonユーザー

    JCB カード WはAmazonユーザーにおすすめです。AmazonはOki Doki ランドにも掲載されており、JCB ORIGINAL SERIESパートナーの対象店舗でもあるためポイントを非常に獲得しやすくなっています。

    また、キャンペーンとして新規入会時にAmazonでキャッシュバックを受けられるのもAmazonユーザーにおすすめする理由の1つです。

    キャッシュバックの割合や内容、時期は変わりますが、常時開催といっても過言ではないほど頻繁にAmazonユーザー向けのキャンペーンが実施されているため、ヘビーユーザーほど高額のキャッシュバックを受けられます。

    特徴その4:39歳以下である

    JCB カード Wは39歳以下でないと申し込みができないクレジットカードです。40歳以上になってしまうと申し込みたくても申し込めないため、できるだけ優先して選ぶとよいでしょう。一度加入してしまえば、40歳を過ぎても問題なく使い続けられます。

    なお、18~24歳限定のキャンペーンも開催されていることがあるため、24歳までの方は早めにキャンペーンを利用して入会するとお得になります。

    JCBのプロパーカードの中でも、還元率が基本1.0%あるクレジットカードはJCB カード WとJCB CARD W plus Lだけです。40歳になるまでに作っておけば、JCBの高還元率プロパーカードをずっと所持できます

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wのキャンペーン情報

    JCB カード Wで実施しているキャンペーンは次の通りです。

    キャンペーン情報
    • 新規入会&MyJCBアプリへログインし、Amazonで利用すると利用金額の20%を最大10,000円までキャッシュバック
    • Apple Pay・Google Pay利用で最大5,000円キャッシュバック
    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)
    • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック
    • 友達紹介で1,500円キャッシュバック

    JCB カード Wでは、新規入会とAmazonでの利用でお得になるキャンペーンを実施しています。新規入会後にMyJCBアプリへログインしてからAmazonで買い物した場合、カード利用合計金額の20%が最大10,000円までキャッシュバックされます。

    JCB カード WはAmazonでのキャッシュバックが受けられるキャンペーンを定期的に開催しています。JCB カード WはAmazonでのポイント還元率が高いことを理由に申し込みを検討している方は、ぜひキャンペーンに合わせて申し込みと買い物をしましょう。

    ※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    \Amazonでキャッシュバック/
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、JCB カード Wのお得な活用術について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • JCB カード Wの使い方・お得な活用術

    JCB カード Wの使い方について、公式サイトの情報をはじめ実際に利用したユーザーから「どんな点に注目できるか」をまとめました。ユーザーの声のなかには、公式サイトには記載されていないお得な活用術も紹介されていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

    ※掲載しているユーザーの声は、編集部独自が調査して収集したものです(2021年8月現在)。最新情報については、公式サイトからご確認ください。

    公式サイトの声

  • 公式サイトの声
    【利用付帯の海外保険】 JCBカード Wで事前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いになった場合、海外旅行傷害保険が適用されます。
  • 公式サイトの声
    【JCBの加盟店は世界中にあります】 約3,600万のJCB加盟店で使えます!日本発唯一の国際カードであるJCBの加盟店は世界で約3,600万店。国内・海外で安心して利用できます。
  • 公式サイトの声
    【USJのオフィシャルパートナー】 JCBは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャル・マーケティング・パートナーです!JCBは、ワールドクラスのエンターテイメントを集めたテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のオフィシャル・マーケティング・パートナーとして「ザ・フライング・ダイナソー」に協賛しています。
  • 公式サイトの声
    【Amazon.co.jpでも欠かせない】 Amazon.co.jpでのお買い物に、Oki Dokiポイント1ptを3.5円分として利用できます。
  • 公式サイトの声
    【キャッシュレス決済でスピーディーに!】 Apple PayやGoogle Payが利用できます。カードのメリットはそのまま受けながら、スピーディーで安全な、プライバシーに配慮したお支払いが可能です。
  • ユーザーの声

  • ユーザーの声①
    【付帯サービスもチェック】 ポイント還元以外にも、JCBプラザラウンジなどのサービスを楽しむとさらにお得になります。
  • ユーザーの声②
    【レートがいいのはnanaco】 他のポイントともWで貯めることができる場合も多いので確認するとよりお得にポイントが貯められます。貯めたポイントはnanacoに交換すると還元率が高く、利用しやすいです。
  • ユーザーの声③
    【スタバがお得】 スターバックスでの支払いに利用するとポイント還元率が跳ね上がるので、スターバックスをよく利用する人にはそれだけで利用する価値があります。
  • 専門家の声

  • 専門家の声
    【JCBギフトカードと交換しよう】 Oki Dokiポイントは1,000円(税込)につき2ポイント貯まります。交換先には、交換レートの高いnanacoポイントやJCBギフトカードがおすすめ。特にJCBギフトカードは有効期限がないので、一度交換してしまえば好きなタイミングで利用できます。
  • SNSの声

  • Twitterより
    【デート費用の節約におすすめ】 デートする時にスタバを使うのですが一番オススメのクレカはJCB CARD Wです。ポイント還元率が5.5%他のクレカよりお得です。何回もスタバを使う人はカードを変えるだけでスタバ代が浮くのでマジで気にしましょう。
  • JCB カード Wのお申し込み方法と審査基準

    JCB カード Wの申し込み方法や、審査基準について解説していきます。JCB カード Wは公式サイトから申し込み可能です。以下の準備や流れに関しての解説をあらかじめ読んでおくとスムーズに申し込めます。

    JCB カード Wを申し込む前に準備しておくもの

    JCB カード Wは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 引き落とし口座番号
    • 運転免許証(持っている方のみ)
    • 本人確認書類(必要に応じて)

    引き落とし口座は、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行などの都市銀行から楽天銀行、じぶん銀行などのネットバンク、各地方銀行や労働金庫などまで幅広く対応しています。

    申し込み時に口座情報を入力できれば一般的なクレジットカード申し込みで必要な本人確認書類や顔写真が原則不要です。運転免許証も必須ではなく、条件次第で求められた場合にのみ運転免許証番号を添えます。この場合、カードが自宅に発送されるときに配達員に免許証を提示して番号を照合する仕組みです。

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wのカード発行までの流れ

    オンラインでの申し込み手順
    • 公式サイトにある「申し込みはこちら」のリンクをクリック
    • 個人情報を画面の指示にしたがって入力し送信
    • 審査が行われ、合格すればカードが発送
    JCB カード Wの申し込みフォーム見本

    引用元:JCB カード W公式サイト

    JCB カード Wの申し込みは、原則としてすべてWeb上で完結します。手続きはとてもシンプルで、申し込み時に口座設定ができていれば受取時に本人確認も必要ありません。申し込みからカードの到着は、平均して約1週間です。

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wの審査基準

    審査基準
    • 申し込み基準に一致した年齢であるか
    • 本人または配偶者に、安定した継続収入があるか
    • クレヒス(利用履歴)に傷がないか

    JCB カード Wは18~39歳までが対象のカードであり、何より年齢が基準に一致していないと申し込みができません。若い層限定のカードで高水準の収入を求められていないクレジットカードです。

    公式サイトでは条件として継続収入が挙げられており、自営業や年収100万円程度のアルバイト・パートでも安定した収入源があることが大切です。ただし、学業が本業の学生の場合は、本人の収入は考慮されないことが予想されます。

    あわせて、クレヒス(利用履歴)に傷がないことも求められます。少なくとも過去3~5年の間に返済の遅れや破産などの経歴がなければ問題ないでしょう。

    \Amazonでキャッシュバック/

    JCB カード Wに関するよくある質問

    • 家族カードも年齢制限がある? JCB カード Wは家族会員なら年齢制限なく申し込みできます。40歳以上でも問題ありません。また、本会員はいったん加入してしまえば40歳を過ぎても更新が可能です。
    • 申し込みしたいのにできないのはどうして? JCB カード Wは口座番号をもとに審査するため、入力した引き落とし口座を管理する金融機関が営業時間外だと受け付けてもらえません。年末年始、GW、深夜・早朝のメンテナンスにも重ならないように注意しましょう。
    • プロパーカードってどういう意味? カード会社が直接発行するクレジットカードのことをプロパーカードと呼びます。カード会社でない企業、あるいはカード会社と提携して発行するカードは提携カードです。提携が終了するとクレジットカードが使用できなくなるリスクのある提携カードに対し、プロパーカードはその心配がありません。
    • JCB カード WはJCBしか選べないの? 国際ブランドが直接発行しているため、選べるのはJCBだけです。加盟店は全世界に約3,500万店舗があり、日本やアジアに加盟店が集中しています。決済手数料が他ブランドより高めなことから、JCBだけ使えない店舗も。あらかじめ利用する店舗が対応しているか確認しましょう。
    • カードが届いたあとはどうすればいい? カードが届いたら、まずはカードや台紙に記載してある名前・住所・口座番号などの情報に間違いがないか確認しましょう。確認できたら裏面に署名をします。署名がない場合、不正利用があっても補償対象外となることがあるため忘れないようにしてください。その後、MyJCBアプリへの登録を行うと、キャンペーンの参加対象になり、利用状況も確認できるので必ず登録しておきましょう。

    JCB カード Wの口コミ・評判のまとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、JCB カード Wの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にJCB カード Wのおさらいをしておきます。

    おすすめポイント
    • ポイント還元率1.0%
    • JCBのプロパーカード
    • 優待店やポイントサイトで2~20倍のポイント獲得

    もしJCB カード Wを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    カード画像 JCB カード W 楽天カード
    カード名 JCB カード W 楽天カード 三井住友カード(NL)
    年会費 永年無料 永年無料 永年無料
    ポイント還元率 1.0~5.5% 1.0~3.0% 0.5~5.0%
    ポイントアップ例 ・Oki Doki ランド経由でポイント最大20倍
    ・JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店でポイント最大11倍
    ・常時、ポイントがJCB一般カードの2倍
    ・楽天市場+アプリ利用で楽天市場の還元率が常時3.5%以上
    ・楽天ポイントカード機能により、カード提示でポイントが貯まる
    ・コンビニ2社などでポイント3倍
    ・コンビニ2社などでタッチ決済すると最大5%還元
    ・家族カード利用で最大5%還元
    ・選んだお店で+0.5%還元
    ・ポイントUPモール利用で最大10%還元
    特典 海外旅行傷害保険/海外ショッピングガード保険 海外旅行傷害保険/カード盗難保険/デュアル発行対応 海外旅行損害保険※個人賠償責任保険・入院保険(交通事故限定)・携行品損害保険から任意の保険に切り替え可能/デュアル発行対応
    電子マネー iD/Apple Pay/Google Pay Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ iD/Apple Pay/Google Pay/PiTaPa/WAON
    ナンバーレス 表のみナンバーレス 表のみナンバーレス 完全ナンバーレス
    国際ブランド JCB JCB/VISA/Mastercard/American Express VISA/Mastercard
    年齢条件 18~39歳以下 18歳以上 18歳以上
    おすすめポイント ・Oki Doki ランド経由でポイントが最大20倍
    ・JCBのプロパーカード
    ・アプリで使いすぎを管理できる
    ・楽天経済圏でポイントアップしやすい
    ・国際ブランドが4種類から選べる
    ・同時に2枚発行できる
    ・完全ナンバーレスで覗き見・盗難対策になる
    ・タッチ決済するだけで最大5%還元が実現
    ・ポイントアップする店舗を選べる
    詳細
    キャンペーン情報
    • 新規入会&MyJCBアプリへログインし、Amazon.co.jpで利用すると、最大10,000円をキャッシュバック

    ※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    \Amazonでキャッシュバック/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年11月15日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ