P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 早くも昨季の2倍。首位独走マンCのチーム得点王が見せた「変革」とは…

早くも昨季の2倍。首位独走マンCのチーム得点王が見せた「変革」とは…

P R

P R

今季はゴールを量産しているラヒーム・スターリング【写真:Getty Images】

今季はゴールを量産しているラヒーム・スターリング【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングがゴールを量産している。英メディア『スカイ・スポーツ』は、『Opta』のデータを基に好調の要因を分析した。

 23歳のスターリングは、2015年にリバプールからシティへ移籍した。そのポテンシャルに疑いの余地はなかったものの、「フィニッシャーとは考えられていなかったはず」と同メディアは記している。その彼がここまでシティで最もゴールを挙げていることは「変革」だとした。

 2016/17シーズンのプレミアリーグでスターリングは7ゴールを挙げているが、今シーズンはすでに14ゴールを決めている。これはFWセルヒオ・アグエロを上回ってチームのトップだ。

 「変革」はどうもたらされたのか。『スカイ・スポーツ』は、スターリングのいくつかの数字に注目した。

 まずは敵陣ペナルティエリア内でのボールタッチ数だ。スターリングは今季のプレミアリーグで相手ボックス内で159回ボールに触っている。これはリバプールのモハメド・サラー(156回)、ワトフォードのリシャリルソン(148回)、トッテナムのハリー・ケイン(145回)を上回ってトップである。

 シティはここまでの平均ボールポゼッション率が72%を誇っており、これがスターリングのボールタッチ数増加にもつながっている様子だ。

 実際、スターリングのポジションは高くなっている。同選手がファイナルサードでボールを触れる割合は、15/16シーズンは56.6%、16/17シーズンは57.3%で、今シーズンは62.7%と飛躍的に高くなった。

 さらに決定力という点でも優れた数字が残っている。スターリングとサラーはともに決定機で10得点を挙げているが、決定機を外した回数はサラーが15回あるのに対し、スターリングはわずか5回。『BBC』のデータによると、枠内シュートの確率ではサラーの方が高いものの、決定的な場面で得点につなげる確率ではスターリングに分があるようだ。

 プレミアリーグの首位を独走するシティ。多くのチャンスをつくっているだけに、まだまだスターリングの得点も伸びそうだ。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年