P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 小林祐希が拓いた新境地。ヘーレンフェーンの“頭脳”、実力で引き寄せた厳しいマーク【海外組の真価〜日本人選手の現在地】

小林祐希が拓いた新境地。ヘーレンフェーンの“頭脳”、実力で引き寄せた厳しいマーク【海外組の真価〜日本人選手の現在地】

P R

P R

ヘーレンフェーンの中心選手に成長した小林祐希【写真:Getty Images】

ヘーレンフェーンの中心選手に成長した小林祐希【写真:Getty Images】

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ヘーレンフェーンの小林祐希。3月の日本代表メンバーからは漏れてしまったが、オランダではヘーレンフェーンの絶対的主軸として活躍し、各方面から高い評価を獲得している。渡欧から約9ヶ月、オランダで新たな境地に達しつつある司令塔の今に迫る。(取材・文:中田徹)

「コネクティングMF」としてヘーレンフェーンの頭脳に

 これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ヘーレンフェーンの小林祐希。3月の日本代表メンバーからは漏れてしまったが、オランダではヘーレンフェーンの絶対的主軸として活躍し、各方面から高い評価を獲得している。渡欧から約9ヶ月、オランダで新たな境地に達しつつある司令塔の今に迫る。(取材・文:中田徹)

—–

 2月25日に開催されたヘーレンフェーン対ローダJCの前半は少し退屈なものだった。冬になり芝が荒れ、ピッチ状態が悪い中、ヘーレンフェーンの選手はミスパスを恐れて長いボールを蹴ってしまった。

 ハーフタイム、ユルゲン・ストレッペル監督は選手たちに「もっと早く、もっとたくさん、祐希にパスを出せ。祐希も声をもっと出してボールを要求するんだ」と指示を出した。後半、小林祐希がボールにたくさん絡むようになってから、試合の流れがヘーレンフェーンの方へ傾いた。

 後半一気にゴールを固め取りしたヘーレンフェーンは3-0で快勝した。試合後、ストレッペル監督は「祐希はうちのチームの頭脳。他の選手が気付かないスペースを、彼は見ている」と小林の後半のパフォーマンスに唸っていた。

 オランダサッカーへの小林の適応力は目を見張る。ジュビロ磐田時代は5-3-2あるいは4-5-1フォーメーションのトップ下として活躍した小林を、ストレッペル監督は4-3-3フォーメーションの“コネクティングMF”に抜擢した。

 日本では聞き慣れないこのポジションは、チリ代表のアルトゥーロ・ビダルのように中盤で攻撃にも守備にも絡む非常に難しいものだが、小林はすぐにコツを会得してアンカーのスタイン・スハールスと素晴らしいコンビを組んだ。

 そのスハールスが負傷離脱した今年の1月、小林はアンカーにコンバートされ、チームの要として存在感を増している。また、負傷者の発生、交代要員の関係もあって左サイドバック、センターバックに入った時間帯もあった。

「俺はアホではないから、2度、同じ間違いを犯さない」

 ここまで小林はリーグ戦23試合に出場し、1ゴール、ノーアシストと数字は残せてないが、相手チームはヘーレンフェーンの攻撃の起点となっている小林を抑えようと厳しいマークを付けている。3月3日の対戦相手、ゴー・アヘッド・イーグルスはダニエル・クローリーを小林のマーク役にし、幾度となく小林の持っているボールを狩るように奪い取った。

「俺はアホではないから、2度、同じ間違いを犯さない」

 そう反省した小林はボールを貰う前の首を振る回数を1、2回から、3、4回に増やすことを意識して練習に取り組み、周りの選手の配置、人数、気配、空間を把握するようにした。それが実り、3月19日のフェイエノールト戦の前半、小林は見事なゲームメークを見せた。

 ハーフタイムにはフェイエノールト兼オランダ代表番記者のミコス・ハウカが唸るように「小林は素晴らしい。彼はスペースを見る目がある。味方に落ち着きを与える姿も見事だ」と私に語りかけてくる一コマもあった。

 もっとも好調だった前半、フェイエノールトの選手は荒いファウルで小林を痛めつけていた。腿に打撲を負った小林は、後半になってから「力が入らなくなってしまった」(本人試合後談)ため、ボールタッチが減ってしまい、64分でベンチに退いた。

 フェイエノールトの度を越した小林潰しに、ストレッペル監督は憤りを交えて語った。

「フェイエノールトは何度か厳しいファウルを祐希に与えた。彼らは祐希がいいプレーをすることを分かっていた」

レジェンドや識者たちからは絶賛の声

 この夜、NOS局の「ストゥディオ・フットボール」では往年の名ストライカー、ピエール・ファン・ホーイドンクが「小林はこの試合でいいプレーをみせた」と讃えた。

 これまでも、フック・ボーイ、アルフォンソ・フルーネンダイク(現ADOデン・ハーグ監督)といったテレビ解説者たちはこぞって「左足のテクニックが素晴らしい。非常に戦術眼が高い。コミュニケーション能力もある」などと、小林を高く評価してきたが、このフェイエノールト戦で改めて実力を示した。

 さらにはストレッペル監督が「祐希はもっと決定的な仕事をしたいと思っているが、今は我慢してチームのために戦っている」というコメントしており、「もっと高いレベルで通用する選手だ」という評判が小林には立っている。

 コネクティングMF、アンカーという地味なポジション柄、ゴールとは縁遠く、それがステップアップの足かせになるのではないかと思っていた節が小林にはあったが、それも杞憂だろう。指揮官は言う。

「私は祐希があまりヘーレンフェーンで長くプレーすることなく、去ってしまうことを恐れている」

代表は「おまけ」。さらなる成長とともに6月を目指す

 3月16日、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が選んだ日本代表メンバーの中に「小林祐希」の名前はなかった。フェイエノールト戦後、小林は思いの丈を打ち明けてくれた。

「代表はおまけみたいなもの。クラブチームで頑張って、結果を出して、試合に出続けていたら自然と選ばれる場所です。だけど、それを決めるのは監督の仕事ですから、俺がどうこう言うことではない。俺は試合のプレッシャーだけでなく、精神的なプレッシャーの厳しい中でやっている。

(ハリルホジッチ監督は経験のなさを懸念したが)今、経験し、今、感じているんだから、今、感じている人の方が強いでしょう。だけど決めるのは監督ですから、俺は文句はないです。代表に選ばえることは名誉なことだし、呼ばれたらやる準備は常にしておく。だけど選ばれなかったら逆に休めるし、自分の良かったこと、良くなかったことを整理できる時間になるし、家族や友だちと過ごしてリフレッシュする時間にもなる。どちらにせよ、有意義な時間になると思います」

 私は試合の前々日、ストレッペル監督に「祐希が代表チームに選ばれなかったのは残念だけれども、そのことをヘーレンフェーンは代表マッチウイークのチームビルディングで有効に使えるのでは?」と尋ねていた。すると指揮官は「落ち着け」と私を制してこう続けた。

「祐希は1年半プレーし続けているんだ。今、彼に必要なのは休息なんだよ」

 監督の思いを聞いた小林は少し感傷的になった。

「(今年に入ってからチームが)本当に勝ててない。俺はずっと監督から信頼してもらえて使ってもらえて、一番責任感を感じているので、彼の優しい言葉が逆に突き刺さりますね。そう言ってもらえるので、感謝したいです。代表は勝ってもらわないとね。2連勝が必要なので、メンバーどうこうじゃなく、出た選手がしっかり結果を出す。ハードワークする。戦う。それで負けたらしょうがない」

 UAE戦とタイ戦は仲間に託した。「休息もトレーニング」と捉えるオランダでしばし英気を養い、小林は6月の代表復帰に向けて歩みを始める。

(取材・文:中田徹)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年