P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > エアバス、日本市場シェア50%へ虎視眈々 市場展望とA330neoほか最新鋭機をプレゼン

エアバス、日本市場シェア50%へ虎視眈々 市場展望とA330neoほか最新鋭機をプレゼン

P R

P R

エアバスは同社航空機の最新状況について発表。航続距離を伸ばし、優れた燃費の実現、ニーズによって航空機を最適化することでシェアの拡大を図るといいます。

2020年度には約30%程度のシェアに達する

 エアバスは2018年5月15日(火)、同社航空機の最新状況と市場展望について発表しました。

Large 180515 airbus 03シンガポール航空へ2018年下半期の引き渡しが予定されている、エアバスA350XWB型機の超長距離タイプ、A350-900 ULR(画像:エアバス)。

 2017年度のエアバスの納入数は718機で過去最高を記録しました。15年連続での納入機数が増加といいます。2018年4月時点で、エアバス機の納入数は1万1098機に及び、これは、1.4秒毎に1機が世界のどこかで離着陸を行なっている計算になるそうです。

 エアバスの大きな魅力となっているのは、経済性と客室の快適性にあると話します。日本では現在、ANA(全日空)、ピーチ・アビエーション、バニラエア、スターフライヤー、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンの6社がエアバス機を運航しており、総数は92機で受注残が80機。「ナローボディ」と呼ばれる単通路型機を使用している日本のLCC市場において、A320が95%以上のシェアを占めています。また、2019年にANAがA380型機を、JAL(日本航空)がA350XWBを運航開始予定です。したがって、「ワイドボディ」と呼ばれるこれらの双通路型機の日本市場でのシェアが拡大されます。同社では2020年度には約30%程度のシェアに達すると見込んでおり、長期的には50%台を目指すといいます。現在、日本の航空会社からの受注残はボーイング社を上回っているそうです。

 2019年にANAに納入される総2階建てA380は、量産初号機の就航から10年が経ち、現在226機が納入されています。60都市に就航しており、典型的な4クラス制の客室仕様で575席を提供。アメリカのマイアミから日本まで、強い向かい風でも飛行できる航続距離を持ち、ゆったりとした機内、静寂性などが好評とのことです。

 エアバスのインベスターマーケティング・ディレクターのキース・ストーンストリート氏は、「日本では2017年時点で約2900万人の訪日外国人がいるとされ、2020年には4000万人を目標とすると言われています。その達成には現時点で、500万人分の旅客を収容するための何らかの策が必要と考えられており、空港が混雑した状態で、機体のキャパシティの増大が有効だと考えられます」とした上で、A380の有益性について話しました。実例として、この6年間、ロンドンのヒースロー空港は航空機のキャパシティがフル状態にもかかわらず、900万人旅客を増やすことに成功。それは就航する旅客機の平均サイズが大きくなったことが要因といわれ、A380は同空港の発着数のわずか4%ながら、800万人の旅客を運んでいるといいます。

正しいキャパシティを正しいタイミングで提供する柔軟性が必要

 キース・ストーンストリート氏は、短距離向けにナローボディ、長距離向けにワイドボディといった「神話」のようなものがあったのを、日本はワイドボディを短距離路線に使用してきたことで、その神話が間違いであると明らかにした国といいます。また、「いまのニーズは旅客に対して正しいキャパシティを正しいタイミングで良い価格でもって提供できる柔軟性」とし、エアバスでは様々なタイプの飛行機を開発しているといいます。

Large 180515 airbus 01エアバスの会見模様(2018年5月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

 A330はアジアでのシェアが高い飛行機です。納入数は1402機(2018年3月現在)。航空機の燃料効率を左右するのはエンジンですが、最新型のA330neoはロールス・ロイス製新型エンジンを搭載。主翼はシャークレットを装備し、サイズもより大型化。客室は同社が「エアスペース」と称する、2017年納入機より導入したデザインコンセプトに基づいた内装が施されています。A330-800や900と比べて25%燃費が優れています。

 A350XWBは、167機を納入(2018年4月現在)。ワイドボディの長距離用最新鋭機です。効率性の高いロールス・ロイス製最新エンジンを搭載しています。機体設計に革新的技術を組み合わせることで、前世代機と比べて25%燃費を削減することに成功しました。客室もエアスペースを採用。JALがA350-900を18機、A350-1000型機を13機発注しています。

 また、A350XWBに超長距離型が登場しました。航続距離は9700海里。スタンダードのA350XWBの航続距離は8000海里です。大きなウイングレットによって性能もアップしたといいます。シンガポール航空が7機を注文しており、初号の引き渡しは2018年下半期を予定されています。

 A320シリーズは8110機納入されています(2018年4月現在)。中型機の市場をリードしている機材で、ANAが最新型のA320neoとA321neoを運航。シャークレットが空力を改善し、最新かつ最大のエンジンを最適化して搭載しています。A321LRという長距離型も運航されており、東京から大西洋の横断が可能となっています。

 エアバスのリーシング&インベスターマーケティング担当責任者のマーク・ペアマン・ライト氏は、「エアバスはこれまで様々な航空会社のニーズに応えてきました。成熟度高く、信頼度高くが我が社のモットーであり、アドバンテージです」といいます。

 同社は日本の航空機市場の展望として、オリンピックの訪日外国人需要だけでなく、その先も引き続き活性化するとして、さらなる受注に期待を寄せています。

【写真】総2階建てのA380型機

Large 180515 airbus 02A380型機。ANAに2019年に納入される予定(画像:エアバス)。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年