P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 乾貴士がエイバルで重宝された背景。誤魔化し利かぬシステムで進化、日本のキーマンが“完成品”になるまで【西部の目】

乾貴士がエイバルで重宝された背景。誤魔化し利かぬシステムで進化、日本のキーマンが“完成品”になるまで【西部の目】

P R

P R

エイバルで成長を遂げた乾貴士【写真:Getty Images】

エイバルで成長を遂げた乾貴士【写真:Getty Images】

 12日の親善試合・パラグアイ戦で日本を勝利に導いた乾貴士。スペインのエイバルでは攻撃的な能力を遺憾なく発揮するだけでなく、新たな力も身につけた。予算規模の小さいこのクラブではスペシャリストとしての働きが求められ、適応することで不可欠な選手となった。エイバルでの経験は、ワールドカップに臨む西野ジャパンでも必ず生きる。乾は日本のキーマンである。(文:西部謙司)

乾が所属したエイバルというチーム

 12日の親善試合・パラグアイ戦で日本を勝利に導いた乾貴士。スペインのエイバルでは攻撃的な能力を遺憾なく発揮するだけでなく、新たな力も身につけた。予算規模の小さいこのクラブではスペシャリストとしての働きが求められ、適応することで不可欠な選手となった。エイバルでの経験は、ワールドカップに臨む西野ジャパンでも必ず生きる。乾は日本のキーマンである。(文:西部謙司)

——————————

 リーガ・エスパニョーラのSDエイバルは小クラブというより零細クラブだ。ホームスタジアムのイプルーアの収容人数はわずか5000人程度。レアル・マドリーやバルセロナとは比較にならず、その他のクラブと比べてもかなり規模が小さい。しかし2017/18シーズンの最終順位は9位だった。一時はEL圏内まで食い込んでいた。

 エイバルは身の丈に合った戦い方をしている。コンパクトな4-4-2は1990年代のスタイル。後方からのビルドアップはやらないし、中盤を経由するパスワークすらあまり使わない。カッチリした4-4-2のままポジションの流動性もない。

 メンディリバル監督が古くさいスタイルを徹底させていた理由の1つは、おそらくスタジアムの狭さだと思う。スタンドが小さいだけでなくフィールドも少し狭い。狭いのでプレスが効きやすい。ビルドアップはやりにくいが、エイバルはあまり中盤でパスをつなぐつもりがないからマイナスにならない。無理してつなぐぐらいなら、DFへ下げてロングボールを前線へ蹴っている。これも狭いので確実に届く。

 もう1つの理由は予算。ビッグクラブは言うに及ばす、中堅規模ほどの補強資金にも恵まれていない。どんなシステムにも対応できるような選手を集めるのは難しい。そこで各ポジションのスペシャリストを集め、各ポジションで役割を全うしてくれれば機能するようなチームを作った。乾貴士もその1人だった。

明確な役割の中で身につけた守備力

 乾の特徴は左サイドでのドリブルだ。縦に抜けてクロス、カットインしてのシュート、どちらもできる。武骨な選手の多いエイバルでは、左右のワイドに位置するMFは例外的なテクニシャンだ。

 乾の役割は左サイドに張って1対1で仕掛けること。パスワークでの崩しを意図していないエイバルの攻撃は、2トップにロングボールを蹴ってセカンドボールを拾うか、逆サイドへ蹴って1対1の形を作るか。だから乾はボールが来ても来なくてもタッチラインいっぱいに開いていなければならない。ボールが来たら勝負、とてもシンプルだ。

 位置関係を崩さないエイバルでは、守備も左サイドを抑えればいい。ただ、担当エリアが明確なぶん、ある意味誰も助けてくれない。自分のエリアの守備を全うできなければそこに穴が開いてしまう。移籍当初、乾の弱点は守備だった。

 しかし、やがて守備力も身につけていった。いつ相手の右SBに寄せるか、あるいは寄せきらずにパスを出させてから挟みに行くか。そのメリハリが効くようになった。カッチリした4-4-2はワイドポジションの選手の動きがプレスのスイッチになる。ここで判断を間違えると全体に影響する。守備力を身につけた乾は不可欠の存在となり、来季からはベティスへ移籍することになった。エイバルとしては良い形で乾を卒業させたといえる。

日本代表ではエイバルでの経験がそのまま生きる

 格上のクラブからオファーが届いた選手をブロックする財力はエイバルにはない。というより、もともと育てた選手は売るつもりなのだ。

 やや旧式の4-4-2は、一芸に秀でた選手を完成品にするための教育システムとして適している。かつてはフランスのオセールが4-3-3の育成システムを使っていた。守備がマンツーマンなので誤魔化しがきかず、そのぶん選手が鍛えられていった。90年代のオセールは一貫した旧式システムで多くのスターの卵を孵化させ高値で売って経営を成立させていた。

 現在はゾーンで区割りのはっきりした4-4-2が育成システムになっている。ASモナコ、RBライプツィヒ、シャフタール・ドネツクなど、選手の引き抜きを想定してシステムはシンプルな形にして、その中で選手を完成品にしていく。

 ロシアワールドカップに臨む日本代表は、リーガ・エスパニョーラでいえばバルセロナやレアルではなく、エイバルに近い立場である。組織的な守備からのショートカウンターという戦い方になりそうだ。

 パラグアイとの最後の強化試合、乾は2ゴールで西野監督に初勝利をプレゼントした。守備面での貢献も見逃せない。ゾーンを抑えるか、ハイプレスに切り替えるか、スイッチ役はエイバルでの経験がそのまま生きていた。キーマンの1人になるかもしれない。

(文:西部謙司)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年

P
R