P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 「銀色の銀座線」01系ラストラン密着リポート 地下鉄の踏切、途中から丸ノ内線へ

「銀色の銀座線」01系ラストラン密着リポート 地下鉄の踏切、途中から丸ノ内線へ

P R

P R

特製の中づりポスターなどが用意された「メモリアルトレイン」の車内(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

特製の中づりポスターなどが用意された「メモリアルトレイン」の車内(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

東京メトロ銀座線から2017年3月、銀色の01系電車が引退。「ラストラン」イベントが行われました。銀座線を33年間にわたって走ってきた01系、その最後は、これまでの通常運行とは大きく異なるものになっています。

33年間、走り慣れた銀座線

 東京メトロの「銀色の銀座線」01系電車が2017年3月10日(金)、通常の営業運転を終了。それから2日後の「ラストラン」イベントをもって、銀座線から引退しました。01系は1983(昭和58)年にデビュー。228両38編成が製造されましたが、2012(平成24)年に後継の1000系電車が登場し、数を減らしていました。

 33年の長きにわたって銀座線を走り続けた01系電車。2017年3月12日(日)に行われた、ルートも車内も通常の運行とは大きく異なる「銀座線01系ラストラン」の密着リポートです。

特製の中づりポスターなどが用意された「メモリアルトレイン」の車内(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

「さよなら銀座線01系 メモリアルトレイン」と題されたこのラストランイベント、集合場所は銀座線の上野検車区(東京都台東区)。ここから、銀座線を最後に走る01系に乗車します。駅からではなく車両基地から電車に乗るというのも、珍しいことです。

 イベントの参加者は、「鉄道ファン限定」で100名が募集されました。「メモリアルトレイン」乗車証にも、「私は○鉄です!」と自分で書き入れる欄が。そのため、「メモリアルトレイン」車内は発車前から「撮影会」状態です。別れを惜しむシャッター音が各所から聞こえてきました。ちなみに、応募は1072名からあったといいます。

「メモリアルトレイン」へは車両の正面から乗車(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

「メモリアルトレイン」への乗車は、非常時に使用する車両正面の扉から行われました。東京メトロによると、なかなか体験できない方法で乗車し、楽しんでもらう意図もあるといいます。

 なお、最後まで残り「メモリアルトレイン」に使用された銀座線の01系電車は、1991(平成3)年に製造された01-130編成です。また01系は、3両が訓練用として東京メトロに今後も動く状態で残るほか、熊本電鉄で銀座線から引退した4両が「第2の人生」を送っています。

ある条件が存在した「メモリアルトレイン」乗車

「メモリアルトレイン」の中づりポスターには、ラストランを伝える文言とともに、以下のようなコメントが掲載されていました。

「メモリアルトレイン」車内の様子(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

「『古くて電気がきえる』銀座線を、『未来の、21世紀の』銀座線へとかえた!! それくらい印象的なデビューでした!」

「大学の通学途中に、嫁さんに告白された思い出の01系」

「チョッパ制御とアルミボディはメトロの誇り! ありがとう01系!」

「走行音がとても好きです! 今でいうと『音鉄』とでもいうのでしょうか。加速、減速時に聞こえる1オクターブ上げたような『レ#』の高さの音が当時から好きです!」

「メモリアルトレイン」車内には、往時の銀座線ダイヤグラムも掲示された(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 この「さよなら銀座線01系 メモリアルトレイン」イベントは、参加の申込みにあたり「01系への思い」記入が必須。そこに記された「思い」が、中づりポスターとしてラストラン列車の車内に掲示されたのです。そのため、まさに「思い」を乗せて走ったラストラン列車でした。

まず「東京メトロからの挑戦状」と対決

 発車前に、車内ではクイズの解答用紙が配られましたが、これがまた参加者が参加者だけに超難問でした。

「銀座線01系の車輪は製造時で直径860mm。では、摩耗の限度値は直径何ミリでしょうか? (760mm、770mm、780mm、790mmから正解をひとつ選ぶ)」

「銀座線に槇町停車場が計画されていた場所は、何駅と何駅の間でしょうか?」

「営団地下鉄の時代に走っていた2000形の車両の2040と2046の2両が銚子電鉄に入線したことは、ご存知の人が多いと思いますが、両運転台付きに改造するために前面の接合に使われた車両は2000形の何番と何番の車両でしょうか? (2031、2032、2033、2036、2037、2039から正解をふたつ選ぶ)」

 こうした11の難問に対し、回答の制限時間は10分。「残り時間3分です!」の声がかかると、車内からは「ええ〜っ……」と、そして終了時も同様に、無数の苦笑いが参加者からあがりました。ちなみに答えは「780mm」「日本橋駅と京橋駅の間」「2033と2039」です。

もう2度と戻ってくることがない01系に手を振り、送り出す上野検車区の東京メトロ社員(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 そして「メモリアルトレイン」は10時ごろ、上野検車区を発車。手を振る東京メトロ社員に見送られるなか、01系のラストランが始まりました。

地下鉄に踏切がある? いきなり訪れた見どころ

 この「メモリアルトレイン」、その大きな見どころのひとつは、いきなりやって来ます。「地下鉄の踏切」です。

「地下鉄の踏切」を通過する「メモリアルトレイン」。多くのファンが付近に訪れ、01系との別れを惜しんだ(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 地上にある上野検車区より銀座線の本線へ向かうにあたり、道路を横切ることから、銀座線の上野検車区付近には珍しい「地下鉄の踏切」があります。

「メモリアルトレイン」車内で乗客からカメラを向けられる鉄道写真家の中井精也さん(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

「メモリアルトレイン」車内では、こうした「地下鉄の踏切」があり、銀座線は電気が地上側に流れている第三軌条方式であることから、危険防止のため踏切の線路側が柵で入れないようになっていること、01系は当初、冷房がなかったことなど、ゲストとして乗車した鉄道写真家の中井精也さんが放送で逐次、教えてくれました。

 そして列車は地下へ潜り、銀座線の本線へと進入していきます。

車窓が「オレンジ」から「赤」に 運転士の父親も乗車

「メモリアルトレイン」が銀座線の本線へ進入し、上野駅に到着すると、ホームにはこの列車を待っていた鉄道ファンと思われる人たちの姿が少なくありません。また、普通に電車を待っていた人は、いったい何事かと目を白黒させていました。

上野駅に到着した「メモリアルトレイン」。ホームから列車へカメラを向ける人も(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 各駅のホームにカメラを持った人を見かけながら、「銀座線最後の01系」は慣れた道を走行。溜池山王駅(東京都千代田区)に到着すると、次のような車内放送が流れました。

「銀座線における01系の運行は、あと少しで最後です。まもなく丸ノ内線に入ります」

溜池山王駅に到着した「メモリアルトレイン」。車外の駅名標が銀座線のラインカラーである「オレンジ」(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

「メモリアルトレイン」の目的地は、丸ノ内線の沿線にある中野車両基地(東京都中野区)。この溜池山王駅と、次の赤坂見附駅のあいだで、銀座線から丸ノ内線に進路を変えるのです。

丸ノ内線内を走る銀座線01系の「メモリアルトレイン」。車外が丸ノ内線のラインカラーである「赤」に(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 ちなみに今回の「メモリアルトレイン」には、赤坂見附駅から中野車両基地に到着するまでその列車を走らせた運転士の父親も乗車していました。父親は「娘が運転するから」ということで「思い」を記し応募。当選に至ったそうです。

中野車両基地で、オレンジの帯をまいた「メモリアルトレイン」を出迎える、赤い帯をまいた丸ノ内線の02系電車(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 そして「メモリアルトレイン」は10時50分すぎ、“終点”の中野車両基地に到着。01系の33年間におよぶ銀座線、そして東京メトロ線での運行が終了しました。

中野車両基地で「虎ノ門」

 中野車両基地では、車両の整備を行う工場(中野工場)の見学と、ラストランを終えた01系の撮影会が行われました。

整備中の丸ノ内線02系電車が並ぶ中野工場(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 中野工場の内部には、台車(車輪などがある部分)と分離した丸ノ内線02系電車の車体がズラリ。パンタグラフといった部品や、車体の床や屋根の構造が分かる教材なども、合わせて展示されています。

ラストランを終えた01系の撮影会(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 撮影会は、「虎ノ門」という珍しい行先を掲示しての実施。その際、ゲストである鉄道写真家の中井精也さんが、「絞って後ろのほうまでピントを合わせて」といった上手な撮り方をレクチャーしてくれました。

 なお撮影会は車内でも行われ、運転台の見学も行われています。

デビュー当時の「記念」を、ラストランを終えた01系に「サプライズ」で

 撮影会では「サプライズ」もありました。

およそ30年前に製作された「01系ローレル賞受賞記念」のヘッドマーク(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 鉄道愛好家団体「鉄道友の会」が優秀な車両へ贈る「ローレル賞」、それを01系が1985(昭和60)年に受賞したことを記念する、つまりおよそ30年も前のヘッドマークが、ラストランを終えた最後の銀座線01系に掲示されたのです。

「01系ローレル賞受賞記念」ヘッドマークのアップ。東京メトロの前身、帝都高速度交通営団のマークも見える(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 そして13時すぎ、「さよなら銀座線01系 メモリアルトレイン」イベントは終了。解散式で、中井精也さんが「特急などと違い、通勤電車は人知れずなくなっていくことが多いです。01系は今回、大勢が見送るなか引退でき、良かったのでは」と、このイベントと01系のラストランを締めくくりました。

東京メトロの中野工場にある銀座線風のエレベーター(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 ちなみに、解散式では出発前に行われたクイズの表彰式も行われましたが、1位になった人の正解数は11問中の5問。難問ぞろいだったことを裏付ける結果になっています。

【画像】「01系ラストラン」の乗車証 「○鉄」と書く欄も

01系の銀座線ラストラン車両になった01-130編成が描かれた乗車証。裏面(下)には01系の最初と最後の編成が描かれている(画像:東京メトロ)。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年