P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 「優先席」空いていたら座る? 座らない? 「全席優先席」の場合は

「優先席」空いていたら座る? 座らない? 「全席優先席」の場合は

P R

P R

電車やバスなどの「優先席」に健常者が座ることについて、「空いていたら座る」「たとえ空いていても座らない」と意見が分かれるようです。本来の趣旨はどういうものなのでしょうか。

座り方の「ルール」は書かれていない

 電車やバスなど、公共交通機関の多くには、高齢者や体の不自由な人の着席が優先される「優先席」(「優先座席」など事業者ごとに呼称は異なる)が設置されています。電車では、高齢者や妊婦、ケガ人など席を必要とする人を意味するピクトグラムなどとともに、「おゆずり下さい」などといった文言が添えられ、シートの色なども一般座席と区別されているケースが多いようです。

171113 yusenseki 01ピクトグラムが配された優先席を示すステッカーのイメージ(画像:写真AC)。

 この優先席に、特に障害などが見られない健常者が座ることについては、意見が分かれるようです。各所で「空いていたら座る」「たとえ空いていても座らない」といった声が散見されるほか、いずれの光景も実際の車内で見られます。

 そもそも、優先席はどのような趣旨で設けられているのでしょうか。毎年、鉄道各社からの集計に基づき「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表している日本民営鉄道協会(東京都千代田区)に聞きました。

――そもそも、優先席はどのような趣旨で設けられているのでしょうか?

 各事業者の見解があると思いますので一概には言えませんが、席が埋まっているときに、必要とされる方に対して積極的に譲るべき席であって、空いているときは座ってもよい、つまり健常者が座ることを禁止するものではないでしょう。

――「空いていても座らない」という人がいるのは、どのようにお考えでしょうか?

 障害があることが見た目からではわからない人もいますし、車内がいつ混んでくるかもわからないので、「そのために空けておかないと」と考えるからではないでしょうか。

 優先席は多くの場合、「おゆずり下さい」などと書いてある一方で、「空いていれば座っていい」とは書いていないはずです。お客様それぞれの見解があってしかるべきものですから、座席のルールを明確にはしていないのです。

※ ※ ※

 優先席に関する見解は各事業者で異なるといいますが、なかには、車両の一部ではなく全席を「優先席」としていた事業者も存在します。

「全席優先席」でも「譲ってもらえない」?

 優先席だから「空いていても座らない」という人もいるなか、横浜市営地下鉄では2003(平成15)年から列車を「全席優先席」とし、2012(平成24)年からは一部に「ゆずりあいシート」なるものを設定しています。同地下鉄を運営する横浜市交通局に話を聞きました。

――全席優先席はいつ始めたのでしょうか?

 2003(平成15)年からです。ただ、お客様から「席を譲ってもらえない」という声もあったことから、2012(平成24)年にこれを見直し、「全席優先席」の理念は残しつつ、必要な方に譲っていただく席をよりわかりやすくするため、一部座席を「ゆずり合いシート」としています。「ゆずりあいシート」はシートやつり革の色をほかの座席と区別し、携帯電話の電源オフをお願いするなど、一般的な優先席に近い形といえます。

――優先席には空いていても座らない、という人もいますが、全席優先席の場合はいかがでしょうか?

 全席優先席であることを意識して座席に座らない、という方はいらっしゃらないと思いますし、逆に現在は「ゆずりあいシート」であっても「譲ってもらえない」という声もあります。譲り合いの精神を広めるべく、「ゆずりあいシート」のさらなる周知を図っています。

171113 yusenseki 02横浜市営地下鉄「ゆずりあいシート」のイメージ(画像:横浜市交通局)。

※ ※ ※

 ちなみに。先述の日本民営鉄道協会「駅と電車内の迷惑行為ランキング」では、さまざまな迷惑行為のなかでも「座席の座り方」は例年、ランキングの3位以内に位置する関心の高い項目だそうです(優先席、一般席いずれも含む)。そのうち「体の不自由な人に席を譲らない」という項目は、2016年度の集計でも「多くの幅を占有したり、足を投げ出して座ったりする行為に次いで回答数が多い」(日本民営鉄道協会)といいます。

【画像】昔の優先席「シルバーシート」知ってる?

171113 yusenseki 03かつて優先席は、国鉄・JRを含むさまざまな鉄道事業者で「シルバーシート」と呼ばれていた。写真はイメージ(画像:写真AC)。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年